« お見舞いにお菓子?! | トップページ | たまごっち »

確定申告

結婚して丸10年になりますが、今までで5回ほどこの時期に「医療費控除の確定申告」をしています。ざっと2年に1回は我が家の医療費が10万円を超えているという事になります。上の子(ナツ)を出産した年、下の子(ユウ)を出産した年も軽く10万円を越えました。確定申告の仕方もこの10年でどんどん進歩して、今ではインターネットでできるのですから、楽になりました。初めの頃は返信用の封筒に切手を張って申告書を送ってもらう事から始めていたというのに、去年からは自宅のプリンターから申告書が出てきます。もうこれで何枚書き損じをしても大丈夫。書き方のフォームも何回書いても忘れているものです。申告書とにらめっこをしていても、らちがあかないので去年と今年は「サンキュ!」の特集で組んでいる書き方シートを参考にさっさと…いえ、もたもたとなんとか仕上げて今日郵送で送りました。送付先も今までは電話番号を調べ、電話をかけて住所を聞いてとなんという手間、今なら検索機能を使えばボタン一つで出てくるのですから…

 今年は過去最高の医療費で21万円ほど使っていました。そして還付金が8880円です。もう少し返ってくるかと期待していたんですが、まあないよりはいいでしょう。

17年度分の医療費の領収書を分けたり計算したりしていると、1年間の事をついいろいろ思い出しては手が止まってしまうのです。17年度の1月から3月まではナツの医療費は全くタダでした。そして4月からいよいよ自己負担の導入で、1ヶ月最高で5750円がかかってきます。ところが不思議な事に領収書を見ていると1500円位の月が何回かあります。5750円に達していないのです。実はわたしはしばらくの間、某市民病院で医療事務の仕事をしていました。点数計算も通信教育で勉強した事があります。ただこの業界は改定が多くて昔の知識はあまり役に立たないのですが、それでもなんだか腑に落ちないのです。

 でもただでさえ長い会計待ち、この上計算がおかしいなんて言ってもっと待つのもいやだし、まぁ思ったより少ないのだからいいかといつも帰ってきていたのです。

 昨年は2月に家族全員でインフルエンザになり、下の子、ユウは2日間ですが入院までしてしまいました。思えば、馬鹿が付くほど丈夫だったユウが入院したのは生まれて初めてでした。

 それに1枚だけ見慣れない領収書。それは11月の夜中に喘息発作を起こしたユウが初めて行った夜間急病センターのものでした。寒い中、咳の止まらないユウを車に乗せて始めての道をカーナビだけを頼りに連れて行きました。診てもらうと思ったほどひどくなく吸入だけですぐに帰ってこれました。ほんとに1年振り返るといろいろな事がありました。ナツに負けないぐらい医療費を使う人、わたしです。去年は最悪で花粉症が何年ぶりかの大量飛散で特にひどく、2年ぶりに喘息まで引き起こし(ユウの喘息は母譲りなんです)、実家の両親の介護からストレスで胃酸過多に悩まされ…と悲惨な1年でした。

 医療費を使わない人、それは主人でした。昨年だけはインフルエンザをうつされてタミフルをもらいに受診した1回分がありましたが、ほぼ毎年医療費がゼロのパパです。医療費使いまくりの我が家においては貴重な存在です。

 これから先は、ナツの医療費がゼロになる事はないけど、せめて10万円を越えない年が1回でも多くあるように健康には注意していきたいなぁとしみじみ思って申告完了です。

|

« お見舞いにお菓子?! | トップページ | たまごっち »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/872531

この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告:

« お見舞いにお菓子?! | トップページ | たまごっち »