« きんぴらゴボウに平天? | トップページ | お腹に注射 »

大皿盛り

 昨日の夕食のことです。同居している義母が仕事仲間と外で食べてくるというので、久々に作ったおかずを4つのお皿に分けました。実は我が家は、義母と同居で夕食は5人分をわたしが作るけど、ほとんどメインのおかずは「大皿盛り」にします。小さなおかずのおひたしとか、酢の物やサラダなどは、分けて出します。メインが焼き魚とか煮魚ならひとり分が決まっているので、取り分けて出します。それ以外は、酢豚にしても鶏の唐揚げにしても、でーんと真ん中において、各自が好きなものを好きなだけ銘々皿にとります。

このやり方、ナツにとっては絶対によくないのはわかっているのです。まずどれぐらい食べたかが、わからない。野菜嫌いのユウにとってもよくないのです。彼はお肉しかとらないから…何とかいい方法はないかなと思いながらも、やっぱりいつもこのやり方です。

どうしてかというと、このお姑さん、誰に聞いたのか、年寄りがお肉を食べると血液がどろどろしてよくないと信じているので、肉は食べたがらない。好き嫌いが多いので口に合わないと残す。嫌いなものは隣に座っているユウに食べさせようと勝手にユウのお皿にいれてしまう。これを目の前で見ていると、気分が悪いので、じゃあ好きなものを好きなだけ食べるようにしたら、と考えて分けないことに決めたのです。最近は、ユウの食欲がすごくて、大好きな唐揚げや照り焼きだとほとんど義母の口には入らない。そのほうが食費だって少しでも安く上がるんだから、ちょうどいいかと、こっちもつい都合のいいようにしていたりして。でもやっぱりきちんと人数分に分けたほうが残らないし食べやすいので、少し考えないと…

全く好みも年代も違う家族が同じものを食べるというのは、正直難しい。時にナツが発症してからは、夕食を別にしたいと何度か主人にも言ったけど、主人は反対。

ユウが保育所に入るまでは、お昼も義母とわたしとユウで食べていたけど、最近昼食だけは、別々に自由に食べています。それだけでもとても楽になりました。

ある日の夕食の事、確かその日は、お刺身の盛り合わせをやはり真ん中にでーんと。そしてナツやユウがすごい勢いで食べていたので、気を使った主人が、

「おばあちゃんも早く取らないとなくなるよ」っていったら、義母曰く、

「歳を取ったら、あまりコレステの高いものや脂っこいものは食べないほうがいいから…」

ちょっとその言い方にむっとしたわたしは、すかさず

「それなら、自分で好きなものを作って食べられたらいいのに。わたしはそれでなくてもナツのことで大変なんだし(それほどでもないけど)、それに子どもたちはこれから成長していくんだから、脂肪やお肉もどんどん食べさせないと…それでなくてもこの子たち細いんだし。」

ナツの発症以来、今までにもまして低カロリー志向で栄養を考えているのに、そんなことも気が付いていない義母にわたしはちょっと切れました。それに口ではそう言いながら、自分の冷蔵庫にはいつも卵を常備して、昼食のおかずには唐揚げばかり買って食べているくせに。

何がコレステよ、何が油よ。横で聞いていた主人は何も言わない。あわてた姑は急に弁明して、「お昼は自分で好きなもの食べているから、晩は何でもいいのよ」みたいなことを言っていました。本当に同居は難しい。特に食事は難しい。どちらかというと、姑に気を使って和食中心だったけど、そういう気持が全然伝わってはいないんだと思うと、やりきれない。これからはとにかくナツの事を第一に考えて食事作りをしよう。そう思えた出来事でした。

「大皿盛り」もやっぱり今一度考えないといけないなぁと昨日は思いました。義母の存在をあまり意識しないで献立を考えて、それをちょっと多めに作るだけ…そんなふうに意識をもっていけたらいいのでしょうが、なかなか難しく、試行錯誤をしながらの毎日です。

|

« きんぴらゴボウに平天? | トップページ | お腹に注射 »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
家族が多いと好みが様々で作る方は大変ですよね・・・
ウチはハルがどちらからも初孫なので、今はハルの思い通りです。
お陰で私はIDDMっ子の母としては、やり易いですが。

実家にいる頃は祖母がいたのですが、祖母と私達子供の好みにはやはり違いがあったので結構大変でした。
祖母はもう亡くなってしまいましたが、今となっては祖母が作る味が懐かしいと思うときもあります。白和えとかちらし寿司とか・・・よくコロッケも作ってくれました。
食事については本当に家庭で様々ですね。

投稿: はるママ | 2006年3月25日 (土) 14時07分

我が家は別居なので・・・家族だけの食事だから・・・その点は気楽です。
っていうか、IDDM娘(高校生)が居るのに「こんなメニューで良いの(・・?」って感じなんですよね~(^^ゞ
主治医の意見が「成長期は"食べ盛り"だからね。食事を制限するとストレスになります。それが原因で血糖値が乱れると厄介ですよ。食べたい物は身体が求めてる場合も有るから、我慢しないで食べさせて下さい。毎日フライばかりだと困るけどね!週に一回程度なら大丈夫ですよ。後はごく普通のメニューで良いですよ。ただ栄養バランスだけは注意して下さい。親が一生懸命管理しようとしても、親に内緒でケーキやドーナツやピザも玉には友達と一緒に食べたりするでしょ!?まあ基本的に食べた量にインスリンを合わせればOKと気楽に考えて下さいね」って感じで優しいのです。
お陰でA1cは8~9%を行ったり来たりしてます(>_<)←ダメダメじゃん(^_^メ)
友達と遊びに行ってお昼はマクドナルドで食べたりもするけど、ハンバーガーに野菜サラダと爽健美茶をセレクトしたりして、多少は気をつけるようになったのよ♪
面白いのはね。一杯食べた日には「少しでも運動した方が血糖値が下がる気がする」って、友達とバイバイした後は自転車に乗らず小走りで自転車を押して帰って来るの(~_~;)

投稿: ぱんだマム | 2006年3月25日 (土) 14時27分

 はるママさん、ほんとは昔のように3世代が同居していた頃のほうが、色々な味に親しめるメリットはあったんでしょうね。でも我が家の義母は料理が嫌いで、結婚してからはずっとわたしが作るので、ナツたちもおばあちゃんの味なんて全然知らないんですよ。何のための同居かわからない。だからナツの病気がなくても、結構わたしは食事にストレスをもっています。食事は楽しくがいいんですけどね(*_*)

投稿: なっちゃんママ | 2006年3月25日 (土) 17時59分

ぱんだマムさん♪お久しぶりです。すごくいい先生ですよね。ナツの主治医の先生は、IDDM専門なんだけど、やはり食べる事には管理的です。だから制限していないつもりでもやっぱり高い時は、食べないでって思うし、低いと何とかして食べさせようと躍起になってしまう。それがナツには少しずつでも負担に思わせているようで、最近は反省しています。時々親子だけで楽しく食事がしたいななんて思ったりもします。結構わたし気を使うタイプだし、子どもたちも家の中のそういう問題に気づくようになってきて、あんまりいい雰囲気ではないんですよね。
娘さんちゃんとわかってらっしゃるんですね。えらいですね。ナツにもそんなふうに成長していって欲しいなって思いました。

投稿: なっちゃんママ | 2006年3月25日 (土) 18時12分

同居の方でなっちゃんママさんと同じ悩みをかかえている話をよく聞きます。世代が違うので食べる物がぜんぜん違うって言うのもあるかも知れませんがそれプラス好き嫌いが多いと作るなっちゃんママさんも大変ですね。
この際みんなの分全部小皿に分けて、姑さんには旦那さんの方からこそっと嫌いな物で食べたくないものは残してもいいからユウ君のお皿には絶対に入れない様にって言ってもらってはどうかな?旦那さんに言ってもらってもママさんが言わしたようで気まづくなっちゃうかな?

我が家も子供が1型になってから一人分づつ小皿に分けてからはおかずが余らないし次の日にも残ったおかずを食べなくて良いので経済的にも良いのですけどねぇ~よい方法がみつかるといいですね

今日スーパーでブルボンの食べごろシリーズでマンゴプリンや果汁ゼリー5種類位大きく80kcalと表示しているゼリー類を見つけて全種類買っちゃいました。まだ食べてないのだけれど結構大きい♪

投稿: なつき | 2006年3月26日 (日) 16時23分

なつきさんへ♪そうだよね、やっぱり1型家族は小皿盛りよね。残されようが、どうしようが、我が家も小皿盛りにしようかな。主人は義母にはな~~んにも言わない人なの。文句も言わない代わり、親しく話をしたりもしないから、それはそれでいいんだけど…段々わたしもその気持ちわかるようになってきて、義母には必要な事しか言わないことにしているのよ。どっちにしてもストレス溜まるのよね。
ブルボンの食べごろシリーズ、今度探してみよう。情報ありがとう♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年3月26日 (日) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1158991

この記事へのトラックバック一覧です: 大皿盛り:

« きんぴらゴボウに平天? | トップページ | お腹に注射 »