« 低血糖で下校 | トップページ | ご飯の友 »

夢中になれる時間

109_0908 今日は、「トールペイント教室」に出かけ、化粧ポーチにペイントをしてきました。【写真】は、もともとは黒いナイロン製のポーチです。これにアクリル絵の具を使って花の絵をペイントしてきました。

トールペイントは刺繍のように図案があって、塗り方の技法がある程度決まっているので、絵が下手でセンスがないわたしでも、ちょっとしたものが作れます。もともとはママ友に誘われて体験教室に行ったのがきっかけで、かれこれ3年近く習っています。いつもは1つの作品を何ヶ月もかけて仕上げていくのですが、今日は同じ先生の単発の教室なので、生徒さんも1回限りの方ばかりで作品も2時間で完成です。

来られている方たちも全く初対面。中には何年のされているかたや、昔されていたかた、今日は高校生の女の子も来ていました。いつもの教室と違っていい意味の緊張感があります。時間も限られているのでとにかく仕上げて帰らなければ…あっという間の2時間でした。今まではよく木にペイントしていたのですが、ナイロン素材に塗るのは初めて、ちょっとわくわくです。出来ばえは別にして、こういう夢中になれる時間が持てることが大好きです。自分で作ったものには愛着もあります。

ナツが発症して、ともすれば頭の中が血糖のことでいっぱいになってしまうのを助けてくれたのがこういう夢中になれる時間でした。IDDMと付き合っていくということにストレスが全くないとは言えないけれど、それを癒してくれるのもやはり夢中になれるもの。そういうものをどれぐらい持っているかということが、どれだけ毎日を楽しく生き生きと過ごせるかという事につながっていくんだろうなと思います。

ナツにも、生きがいというほどのものでなくてもいいから、何か自分の楽しみを見つけながら人生を歩いていって欲しい、そしたら少々つらいことがあっても、前を向けるし「人生って悪くないな」って思えるはず。そんなことも思いながら、もう次の作品に思いをはせています。

実は今日作った作品は、ナツがもう少し大きくなったら、測定器や注射器を持ち歩くのにはちょうどいい大きさなのです。まだ今はキャラクターのかわいいのがお気に入りですが、もう少ししたらナツのためにかわいい図案でまた塗ってみたいなと楽しみです。

|

« 低血糖で下校 | トップページ | ご飯の友 »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

素敵ですね~♪
去年、トールペイントの体験レッスンに参加しましたが、楽しかったです^^
ポーチなんかにも描けるんですね~。
ちょうどいいポーチを見かけると、「これ、ペンと測定器入れるのにいいかも・・・」としげしげ見てしまいます^^;

私も「何かを作る」というのが大好きです!
数年前からフラワーアレンジをやっていたりします。
ハルが生まれてからは、服や小物を作ったり・・・。
寝たのを見計らって作るのが、癒しになってますね♪

投稿: はるママ | 2006年3月16日 (木) 15時29分

ポーチ、とってもキレイ☆
木製の壁飾りなどの作品は見たことありますが、
やわらかいモノにも描けるんですね~^^
なっちゃんママさんはお料理とかトールなど、
お上手なことがたくさんあって羨ましいです。
私も以前にビーズアクセ作りに凝っていましたが、
のじおの発症後は余裕がなく、しばらくやっていませんでした。
でも1年を過ぎたあたりから、またボチボチ始めました^^
のじおはまだ<やりたい事>や<なりたいモノ>がないようです。
何か目標とか夢があれば、もっと前向きになれると思うんだけど・・・
早く見つからないかしら~

投稿: のじおママ | 2006年3月16日 (木) 15時57分

なっちゃんママ、こんにちは、もっちんです。
ポーチにもトールペイントできるんですね。
とても素敵です。わたしも娘がIDDMになって
一番最初にしたことは、測定器とインスリンのセットが
入る可愛いポーチを作ることでした♪
もともとの入れ物って黒いので、気分が暗くなりそうで。
退院して初めての外出が、いっしょの布選びでした。

手作りって、面白いですよね。

投稿: もっちん | 2006年3月16日 (木) 19時02分

はるママさん♪服も作られるんですか、すごいです。わたしは、糸と針のほうはどうも苦手で、保育園バッグはほとんど既製品。フラワーアレンジは楽しそう…トールも最初誘われた時は、そんなに乗り気じゃなくて、おとなの塗り絵ぐらいのイメージしかなかったのに、これが始めるとすごく奥が深くて、まだまだ塗りたいものがいっぱいあるんです。たまに肩がこってしまうのが悩みです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年3月16日 (木) 21時20分

のじおママさん♪わたしのは単に下手の横好きです。もうほとんど自己満足だけの世界です。たまに子どもたちが、きれいとか言ってくれると、喜んじゃいます。ビーズは今すごいブームですね。去年、子どものビーズ体験教室にナツを参加させたら、意外ときれいに作って帰ってきました。もっとはまるかなと期待していたんですが、やっぱりまだ難しいみたい…ナツもまだ自分がやりたいものって特にはないです。でも逆にいっぱい可能性も秘めているから楽しみですよね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年3月16日 (木) 21時25分

もっちんさん♪そうですよね。「これが注射器を入れておくケースです」って、入院中に見せられたあのケースは、こんなの誰も使わないだろうというぐらい地味でした。今でも引き出しの中に入れておいていますが。女の子は布地の模様でもすごくこだわりがありますよね。わたしの好みで選ぶといつも駄目って言われてしまいます。親子でもなんだか好みが全然違うのです。でも、ほんとに手作りって楽しいですよね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年3月16日 (木) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1055648

この記事へのトラックバック一覧です: 夢中になれる時間:

« 低血糖で下校 | トップページ | ご飯の友 »