« もうすぐ遠足 | トップページ | ついにランタス導入~前編 »

当然の結果

 4月13日に出していた検尿の結果をナツが持って帰ってきました。持って帰ってくるということは再検査ということなんです。異常のなかった大多数の子たちには何の通知もありません。発症から2度目の検尿です。去年は、その日の朝の血糖値が確か120ぐらいと低く、余裕でクリアーでした。今年は風邪を引いていたので、ずっと朝の血糖値は200ぐらいでした。

そして検査の朝、208でした。170超えると尿糖が出るのですから、プラスで当然なのですが、改めてこんな紙を持って帰ってくると嫌な気分。こんな事なら、次の日(予備日)に出したらよかったのに。いやそれとも、のじおママさんのところのように最初から放棄させてもらったらよかったかも…

A4の半分ぐらいの大きさの黄色い紙。糖は(3+)でした。蛋白と潜血は(-)。ナツの発症時の検査では、血糖値が500で糖は(4+)。それに比べると208で(3+)はすごく多い感じですが、ともかくひっかかるのは当然の結果です。

再検査用の容器と提出の袋ももらってきましたが、特に調べるまでもないので、今度こそ2次検査は放棄させていただくことにします。その旨、メモに書いてナツに保健の先生に渡させました。

きのう学校から帰ったナツに「先生、それでいいって?」って聞いたら、「まぁそれなら受けなくてもいいけど、他の病気も調べてもらえるのにねって言われたよ」といって帰ってきました。

だから1次検査は受けたんだし、蛋白と潜血が異常なしなんだから、それで、もうわかっているのに。ぶつぶつ…^^;

今日が2次検査の日でした。そして朝の血糖はというと47。あ~~~あ。これが一次検査の日だったらよかったのに…今日出したら多分2次検査異常なしになったのでしょうが、ただでさえ朝は測定、注射と他の子たちよりも余分にする事があるのですから、検尿までやってられません。

ちなみに昨夜も夜中の2時半に低血糖で起きたナツです。42で補食させましたが、朝も47とは、低いな。あっ別に今日に2次検査を意識して低くしたのではありません。

全国的に学校では検尿のこの時期、もしかしたらわたしたちの市のどこかの小学校で、こんなふうに2次検査の紙をもらって帰って、そしてもしかしたらIDDM発症が判明する子どももいるのでしょうか、そんな不謹慎な事をちょっと、考えてしまいました。同じ市内の小学校に一人ぐらいいてくれると心強いな…なんて。それに同じ県内にはまだナツと同じ年の女の子でIDDMの子はひとりもいないから、もしいてくれたらナツと一生涯、病気の事を話せる友だちになってくれたら…なんて、いけない考えですね。

発症率が低いのだから、周りにいないのは仕方がないことだし、こうして今はパソコンを通じて全国の同じ悩みを持つ人と共感しあえるのだから、本当に恵まれた時代だなとつくづく思います。もしこれが10年前で今みたいにネットもブログもこれほど普及していなかったら、どうなっていたかなって思います。

最近ついついいろいろな事があって、「何でわたしだけこんな嫌な思いをしないといけないの~~」って叫びたくなる時があるだけに、しみじみそう思います。ストレスがたまってきているみたいなのでこの辺でまたストレス解消などに励んでいこうと思います。

|

« もうすぐ遠足 | トップページ | ついにランタス導入~前編 »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

なっちゃん、お風邪のほうはどうですか?
のじおも朝に鼻をズルズルしていて、唇が真っ赤(なめてる^^;)になっていて、
これは風邪のひき始めかも~と思っているところです。
もう4月も終わりというのに、関西はなんだかまだ肌寒いですよね。
尿検査は、提出する日が決まってなければいいのに(無理やり?)と思います。
それにしても保健の先生は、いつも一言多いですね(--)
私も時々<どうしてこんな思いをしなきゃ&させなきゃいけないの!>と思うときがありますよ。
ストレス解消したくても、趣味もない私なので(恥)、
海にでも行って叫びたいです!
なっちゃんママさん、体調には気をつけて下さいね☆

投稿: のじおママ | 2006年4月27日 (木) 16時46分

こんにちは。
この時期 尿検査ありますね~。
娘もとりあえず提出させました。
やはり朝の血糖値が気になったのですが 88だったので大丈夫そう。ホッ
1週間前だったら・・ 引っ掛かっていたと思います^^;

そうそう、この尿検査で1型が分かったお友達いますよ。
今は2型の子が増えているそうですね。

なっちゃんママの気持ち
「同じ1型の子が近くにいてくれたら~!」
全く同じ事考えていた時期ありましたよ~!!
発症当時特に強く感じました。
でも今はその気持ちも薄れてきたかな?
家族会でお友達が出来たからなのか?
ブログでいろいろな方とお友達になれたからなのか?
でも、同じ市に1型の子がいないなんて やはり1型は少ないのね・・・

投稿: プルメリア | 2006年4月27日 (木) 17時00分

のじおママさんはいつも優しくて、なんか泣けてしまう>_<
わたしもナツもやっと風邪から解放されたようです。(のじおくんは、くれぐれもお大事にね)
今日は午後から久しぶりにエアロビクスで汗を流す事もできました。今日から今までとは違う場所&先生だったので、ドキドキでした。少しストレスが発散できて、ちょっとすっきりしましたよ。
よく思うんですが、この病気、本当に辛いのは注射の痛みではなくて、周りの人にきちんとわかってもらえないこと。(特に親は)
去年は本当にいい先生たちに恵まれてすごく楽だったのに…最近ナツも少し元気がありません。
だからGWには思いっきり楽しい事をやりたいです(まだ何も決めていないけど^^;)

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月27日 (木) 18時52分

プルメリアさんの娘さんは、1次検査は提出されたんですね。でも88だと大丈夫そう、来年からはどうしようかと考えてしまいます。
確かに小学校でも4年生以上になると2型の子もちらほらいるでしょうね。2型の人数はさすがにつかめないけど、わたしたちの市で、小学生がナツだけ、中1にひとり、大学2回生にひとり、社会人の人でふたり(そのひとりは中学校の先生)ぐらいだと思います。だからそろそろまたひとりぐらい発症される方が出るかなといった感じ(確率からいくとですが)
増えて欲しいというのも不謹慎ですが、複雑な心境です。

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月27日 (木) 19時01分

なっちゃんママさんこんばんは!うちは学校の尿検査で糖尿病がわかったんですよ。学校の検査は押し付けがましくてどれも嫌いだけど、はじめて感謝しましたね。再検査しても平気だったんだけれど、気になって様子を見てたら1ヵ月後に症状が、という感じでした。

学校の検査は、糖尿病がメインではなくて、腎臓関係を調べることがメインだものね。毎年、陽性で面倒だけど、さくさくこなしましょ。もっとも、病院で検査してるからということで、二回目はいつもパスです。

もう一人くらいいたらって気持ち、とってもわかる。でも、サマーキャンプに行っても、やはり友達になる子もいるし、気の合わない子もいます。お母さん同士も同じよ。結局、普段の学校の友達が一番みたい。

最近の内容を読ませてもらってても、「私ならもう、疲れてやけ食いとかしちゃってるかも」って思うくらい大変そうですよ。本人と家族はなんでもないのに、周りの騒がしいこと。連休で一休みして、五月からがんばってくださいね。

投稿: もっちん | 2006年4月27日 (木) 19時43分

こんばんは♪保健の先生はいつも一言多いんですね(余計なお世話という部分で)
尿検査、小学校は腎臓に異常があるか調べる為と書いてありました。中学校は腎臓病と糖尿病を調べる為と書いてあり異常な程反応してしまった自分がいました。うちもまだ結果は分かりません。

なっちゃんママさんに一つ質問していいですか?担任の先生にはクッション的な役割は求められませんか?このままではなっちゃんママさんの心が悲鳴を上げてしまいそうで心配です。(担任の先生を味方につけて保健の先生を一から指導しなおしちゃえ。では駄目ですか?)

私たちが住んでいる市にはIDDMは二人だけと聞いています。honoともう一人は隣町に住んでいる小6の男の子です。
県内対象の家族交流会にはhonoと同じ小2の女の子と一つ上の女の子あとは小6が3人高校生が2人ぐらいだったと思います。

私自身はブログで皆さんに出会えたことすごく嬉しく思っています。すごく強い味方だと‥。
親にとって一番つらいのは人に理解されないことですよね。でも、ブログを通じて出会えた皆さんに聞いてもらえてるので「キィー」っとなったままの心ではないです。(一杯一杯励ましてもらっているし勇気を一杯もらっているから‥^^)

なっちゃんママさんもゴールデンウィークにリフレッシュして、また一緒に頑張りましょう☆

投稿: honohono | 2006年4月27日 (木) 20時39分

もっちんさんも2回目はパスですね。それが無難かな…でも学校の検尿で見つけてもらえたのは、すごくラッキーですよね。
最近…大変です。ひたすらブログに救われています。ついついイライラしてしまうし、で、そんな自分がますます嫌になるし、何でこんな思いさせられないといけないの~~って思う。
わたしたちは、ちゃんとIDDM受け入れて学校生活も問題なく普通にこなしているのに。周りが変わるだけでこんなにも大変なのかなってびっくりしてます。
GWでストレス解消しないと、そしてまた頑張らないと♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月27日 (木) 21時24分

honohonoさん、いつもありがとう。担任の先生…どう考えてもあの保健の先生にかないそうもありません。担任としては、すごく熱意もあって押しの強い先生ですが、医学的なことには逆に弱い感じです。
最後の手段は校長先生だと思っています。女の先生で話せばわかるというタイプです。とても常識的な感じかな。今度参観日&総会もあるので、ちょっと愚痴ってみようかと思います。それに主治医の先生も学校に説明のために来ていただけるのでその時もチャンスです。ナツのために頑張ります♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月27日 (木) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1590589

この記事へのトラックバック一覧です: 当然の結果:

« もうすぐ遠足 | トップページ | ついにランタス導入~前編 »