« 真夜中の低血糖 | トップページ | 吸入薬の進歩~喘息の場合 »

母のプライド

 自己コントロールが大事なこの病気、毎日のインスリンとの日常生活がそのまま治療だから主治医は患者自身、子どもの場合なら母親、そう思って今まで頑張ってきたから、ちょっと胸を張ってナツの主治医はわたしって言えるぐらい、勉強もしているし頭も使っている、そんな母親のプライドが今日は少し傷つきました。

 昨日の補食はナツの勘違いからブドウ糖を2個しか食べずに、また給食前には低血糖、しかも新しい担任の先生には言えず、特に大きな問題にはならなかったのですが、やはりきちんと保健の先生に補食のカロリーをチェックしてもらおうと今日は学校へ行きました。1時半頃の事です。

職員室を覗くと、ちょうどお昼休みで誰もいなかったので、そのまま保健室へ行きました。保健室のドアを開けてびっくり。ちょうどナツが体温を測っていました。

「どうしたの?」とわたし。それはこっちのセリフとばかりに保健の先生。

「あらぁ~~まだ電話していないのにお母さん、来られちゃったわ。」

結局熱はなかったのですが、今日の10時半の血糖値も47と低く、しかも昨夜の低血糖の話を聞いた先生が、ナツの体調が悪そうなので、今日はもうこれで帰ったら…

(ちょっと待ってよ~~)とわたし。何でそんなことで早退しないといけないの。別に熱があるわけでもないのに。ナツも帰る気なんてなさそう。わたしも思わず横から、あと2時間だけだから、授業受けるよねって、口をはさんでしまいました。

「午前中もほとんど、授業聞いていなかったんじゃない?今度からそういう時はね、朝同じ時間に起きてこなくてもいいのよ。2時間ほどゆっくり寝て、それから3時間目から来るほうが、同じ時間に来て4時間とも授業がまともに聞けないよりはいいのよ」と保健の先生。

(ちょっと待ってよ)とわたし。低血糖のたびに遅刻させたり早退させていたら、この病気の子どもってまともに学校に行けないじゃない。第一病気でなくても前の日に夜更かししたり、遊びすぎて寝不足で体調悪いっていう子だっていっぱいいるじゃない。結局ナツも帰りたくないということで、教室に戻りました。

保健の先生がおっしゃるには、10時半に低い値が出たので、3時間目に様子を見にうろうろしていたら、いつもと違って教室でぼんやり授業を聞いていたし、給食も食欲がなくてあまり食べていないようなので、後で保健室においでって呼んで、話を聞いたら頭が痛いって言ったので熱を測らせた…そこへわたしが急に入って行ったようです。

この病気の子どもに低血糖はつきものだし、それも何か食べるとすぐに回復するし、いくら夜中に低血糖をおこしたといっても、起きたのはほんの15分程度でそれでほとんど眠っていないわけではないのに…ときちんと説明しました。

低血糖の状態っていうのはね…って、逆にお説教されてしまいました。そんな状態だと熟睡していないし、今日は身体にもすごく無理がかかっているのだから、そういう時にはしっかり休養を取らないと…無理に学校に来て授業を受けさせるよりも、少し家で休養させてでも、それから登校させたほうが…結局そのほうが本人のために…今日だって今から家に帰って、休ませてやったら明日からまた元気になって…とこんこんと続く(*_*)

今までナツの身体のことは医学的なことも含めて、医師の次によくわかっているという自信とプライドが…激しく傷ついた。確かに言われることには一理あるし、理想はそうだけど、そんな事言っていたら、学校になんてまともに行けないじゃない。わたしにはナツの状態は確かにわからないけど、親として「甘えやサボりたい気持」と「病気のせいでの具合の悪さ」との見極めはしないといけないし、それをした上で登校させているんだけど。

結局それからも1時間ほど話をして、わたしも今後のこともあるし大人げないのであまり感情的には言わなかったのですが、まだナツと出会ってから1ヶ月の先生に、今まで1年半、この病気と付き合ってきたわたしたちのことが何がわかるのって言いたい。少し母のプライドは傷つきました。家に帰ってきたナツも、

「お母さん、ちょっと怒ってるんでしょう。わたしもあの先生のああいう言い方嫌いなんだ」

ナツのこの言葉に少しホッとしました。でもこれから長い付き合いになっていくのだから、あまり感情的にならずにそういう考え方もあるんだろうな…って思うことにしています。

来週には遠足の事でまた打ち合わせに行こうと思っていたのですが、

「歩いて1時間ぐらいのところだから…わたしが車で行くので、その中で注射も打てるし」

何だか打ち合わせには来なくてもいいということでしょうか。それならそのとおり任せておいてもいいのですが。あ、だめだめ、ちょっと感情的に引きずってしまいそう。こうなったら意地でも打ち合わせに行ってやろうか。やっぱり話すと長いからやめておこう^^;

多分ベテランのこういうタイプの先生は、年下の若い(?)お母さんから、いろいろ指示されるのがいやなのでしょう。いっそ任せておいて、最小限大事な事だけ、お願い(?)するのがいいのかもしれません。でも、事IDDMに関しては子どものことなんだからわたしのほうが多少なりともわかっているのです。そんな母のプライドが深く傷ついた一日でした。

|

« 真夜中の低血糖 | トップページ | 吸入薬の進歩~喘息の場合 »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

今日はお疲れ様でした!お話読んで、なんかいっしょに怒っちゃった。しっかりした先生って、「自分はわかってるから」って人の話を聞かないことほんとにありますね。中途半端に知識を持っていると、謙虚に話を聞く気がなくなっちゃうんですよね。正直、なっちゃんのようすなんか見に行かなくていいのに…たんに寝不足の子も、保健室によんだり観察したりするわけじゃないんでしょ?「自分が面倒見なきゃ!」って思ってるんじゃないかな。

子どものことを本当に考えていたら、お母さんのことも大事にしなくちゃいけないと思います。自分の意見を押し付けるだけがいいことじゃないよ…

でも、対決してもきっと聞いてくれないから、怒らずに、冷静に、同じこと言い続けていくしかないですよね。まだまだ大変そうだけど、応援してます!

投稿: もっちん | 2006年4月20日 (木) 20時57分

もっちんさん、ありがとう。今日はホントに疲れちゃって、でるのはため息ばかり。帰宅した主人に一通り話して、ちょっとすっきり。でも夕食後にインスリン打つのをすっかり忘れていて、今測ったら444^^;
だめだわ~~わたしったらもう何やってんだろう!いつもより少なめに10単位打って寝させました。もうちょっとしたら測定しとこう。
きっとまともにぶつかっても、対決しても駄目なので、いろいろあの手この手でやってみます。
ナツによく聞いてみると、この先生、補食用のお菓子とかジュースとかもいろいろ買って保健室に持ってきてくれているようです。もちろんこっちでも十分用意しているんだけどね。なんだかよくわからないわ~^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月20日 (木) 22時01分

こんばんは。お疲れ様でした。
IDDM根本的には分かってらっしゃるんだろうと思うのですが、その子その子で性格や低血糖の状態、その時の状態によって違うと思います。honoも今の生活のほとんどを家で過ごしているわけではなく多分私たち親が一番接している時間が少ない。でもhonoの事一番分かってあげられると自信があります!

夜中に低血糖を起こしたことがないので実感はないのですが、翌朝に引きずらなければ普段どおりの生活でいいと思います。

保健の先生とも<腹を割って話し合えたら>いいですね。もっともっと今より良い関係が築けそうな気がするのですが‥。

ベテランの先生だからこそ、親の気持ちを汲んでくれないとと思います。頑張れ!なっちゃんママさん。感情的にならずあくまでも冷静に‥。でも言うべき事は言う。応援してます。

投稿: honohono | 2006年4月20日 (木) 22時11分

送信したら、なっちゃんママさんのコメントが入ってて、それを読んで書いてます^^
保健の先生って全部自分で管理しないと気がすまないタイプ?
そういう先生なら<おだてる>のも一つの手かも?

投稿: honohono | 2006年4月20日 (木) 22時14分

こんばんは! ちょっと久しぶりになっちゃいました。
4日分ぐらいまとめて読んだんだけど、夜中の低血糖大丈夫で良かったですね。息子も1ヶ月ぐらい前だったかな? 自分で起きてきて「お母さん、お腹すいた。汗もいっぱいかいた」っていいました。その時は、すぐリンゴジュースを飲ませておにぎりまで食べさせたんだけど、それはちょっと失敗でした(^^;
ナツちゃんの場合、朝食後は必ず低血糖になるんだね。どれぐらい打ってるのかなぁ? うちはミックス25Rを4~5単位なんだけど、体育がなければ昼食前が60前後って所です。でも、本人はあまり感じないみたいで・・・
ホント人それぞれなんですね。
保健の先生も几帳面すぎるのかな? 医学関係はばっちりよ!みたいな感じでプライドをもたれてるのかもしれませんね。
どこにでも??ないろんな人がいるもんです。柔軟に受け止めるようにしてますが、やっぱり感情的になりますよね~。
うちの担任は始業式以来、連絡取り合ってません。気にはしてくれてるみたいなんですが・・・
明日はPTAなんでちょっと挨拶してきます!
なっちゃんママ応援してるよ~!

投稿: nao | 2006年4月20日 (木) 22時54分

honohonoさん、そうなのよ。おだてる、持ち上げる、そういうのに弱いかも…だからきっとわたしが、「いい先生に来て頂いて」とか、「さすが先生…よく気が付いていただいて」とかそういうセリフを言うといいのかも。でもこれって実は一番苦手。ちょっと女優になった気分で練習しておこう^^;
校長先生も自慢してたよ。○○先生は看護士の免許もお持ちだしって。養護の先生はもっていない人も多いのにとか。知識が全てではないんだけど。前の保健の先生に、「ベテランの先生よ」って聞かされた時からちょっと心配していた事が的中した感じ。この病気ってその親子によって付き合い方も考え方も違うから、まずそれを認めてもらわないと、すれ違ってしまうのに。気長に話していくつもりです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月20日 (木) 23時43分

naoさん、お久しぶり♪お昼60前後、すごくいいですね。理想的。ナツは朝は30ミックスを、10から12単位。で、3時間後で150ぐらいになったとして、そこから給食までの2時間にまたぐっと下がるのです。横ばいになってくれないから、逆に給食前に100を目指すと、食後3時間で300近くないと駄目。でもそれだと高い値の時間が長いってことでしょう。最近はインスリンを変えることも検討してます。
最初の説明で1型と2型の違いを強く説明したんだけど、今日その事にも保健の先生は、「2型糖尿病がまるで悪いみたいな言い方だから、あんなこと言ったら駄目よ」って言われてしまいました。
でもその勘違いですごく嫌な思いをしたことがあって、その事を説明したら納得はされていたけど、何かな~~ほんとプライド傷ついたっていう感じです^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月20日 (木) 23時53分

なんだか大変そうですねT_T
シエリだと全部母が管理しているので(養護の先生が居るような大きな園じゃないから)変だとすぐ電話がかかって来る事になってます。あまり無いけど^^
園に日に2度3度と呼ばれると「あ〜私って大変!」って思ってたけど、大変なように見えて、実はその方が楽なのかもね。
合わない人に合わせるのって疲れちゃいますよね、、、
きっとその先生「なっちゃんに何かあったら私の責任にされちゃうから」って心のどこかで思っているんじゃないかしら?
出来るだけ危険を避けたいタイプ。←と、勝手に想像してみました。

投稿: ともか | 2006年4月21日 (金) 06時22分

おはようございます♪またおじゃましてます。
コメントを読んで、はたっと気づきました。それって去年のhonoの担任?その先生もいろんな資格をお持ちでした。最後には笑いあえたからよかったのかな?とも思うこともあるけど、その持ってらっしゃる資格のせいで大事なこと見えない場合がありますよね。(過去にいろんな経験をされているんでしょが、それが逆に邪魔だったりしますよね^^;)
でも<おだて>から入りバシっと決める。練習して頑張って見てください。「先生~いつもお世話になってますぅ~。補食用のジュースなどもご用意いただいているそうで助かりますぅ~。でも、基本的には普通のお子さんと同じように過ごさせてあげたい。症状は本人が一番分かっているから本人が大丈夫と言えば様子を見てあげてください」って。私も<おだて>は苦手。でも、子供のために‥。
お互い頑張りましょう☆

投稿: honohono | 2006年4月21日 (金) 08時06分

保健の先生のお話も うんうんと納得できる所は多少あります。
が!!
でも・・ 低血糖だからと学校を早退したり、遅刻させるのは
やはり親として納得いかないと言うか もっと普通に扱って欲しいと言うか・・・
2回打ちだと午前中(10~11時頃?)に低血糖になってしまう子が多いみたいですね。
同じ家族会の小3の子も 中休みに必ず小さなおにぎりを食べると言っていました。
親は血糖値の変動を勉強して 子供の体を一番気遣っているんだから
先生から ダメだしだれたら ムカッとしますよね。
この保健の先生 相当プライドが高そうですね。
でも、落ち着いて話せたなっちゃんのママは賢いです。
私なら・・ 感情的になっていたかも~?!

投稿: プルメリア | 2006年4月21日 (金) 08時45分

ともかさん、わたしも「危険を避けたいタイプ」かもって思います。昨日もいきなり、「お母さん、インスリン打ちすぎと違う?」って言われました。学校側にしたら、ずっと高めにコントロールしてもらうほうが、楽ですもんね。
それで今回みたいに低血糖だったら、とにかく早退させてしまおうってわけなのかな?今度一度主治医の先生にも会いに行くって言われていました。それまでに主治医の先生に状況を説明して、低血糖でも大丈夫ていうことをちゃんと言ってもらわなきゃ^^;
人間の相性ってほんとに難しい。

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月21日 (金) 09時13分

honohonoさん、最終的にはそこですよね。「子どものため」!そうなんです、この際わたしのプライドは置いておいて、とにかくナツのために頑張らないと…昨日の話の中で、補食をとる時には、お茶を飲んだらいいのにって言われるので、それも今までずっと言うんですけど、本人がほしがらないんですって言ったら、「糖尿病なんだから水分はしっかり取らさないと…」ってまた、こんこんと。
いくら糖尿病でも、血糖値低いと喉は乾かないし、飲みたくないのに飲めって言ってもね。そして、「病気とは楽しく付き合っていかないと」だって。楽しくなくしているのは先生なんですけど…なかなか手ごわいです^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月21日 (金) 09時21分

ぷるめりあさん♪わたしも結構感情が顔に出るタイプなんですよ~~。だっていきなり「お母さんちょっと打ちすぎと違う?」だもんね。むっとしたわ、でナツに「きのう寝てないんだよね」なんて言っているから、「きのうは夜中に低血糖になったんですけど…」って言おうとしたら、
「お母さんに聞いてないの、この子に聞いているの!」なのよね。
なんかああ言えばこう言うって感じ。ほんとにプライドが高いんだと思う。はいはいって適当に聞き流して、大事な事だけはきちんと伝える、こんな作戦でいこうと思います。学校にもあまり行かないで必要な事は手紙にしよう。とにかくナツが自分できちんとできるようになる、それが大事ですね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月21日 (金) 09時34分

なっちゃんママさん、お疲れ様です>_<
逆にお説教・・・だなんて、私なら喧嘩になっちゃいそう☆
「インスリン打ちすぎ」なんて保健の先生に言われるなんて、びっくりです!!
ほっといて、って感じだわ。
一緒に治療に加わるって訳でもないのに、前の捕食のことでは責任逃れ?していたのに、今度は口を出す・・・その内、いろいろと指示されそうで困りますね>_<

投稿: はるママ | 2006年4月21日 (金) 15時54分

プルメリアさん♪↑の名前、間違って打ってた。ごめんなさ~い
^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月21日 (金) 15時56分

はるママさん♪絶対に変よね。今までどの担任&保健の先生からもインスリンの単位の事でごちゃごちゃ言われたことなんてないのに。いくら考えて打っていても子どもは予想以上に運動しちゃったり、だから難しいのにね。
これから先が思いやられます^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月21日 (金) 16時07分

手ごわい先生ですね。私も苦手だなぁ>< 合わすのもちょっと大変かも。
インスリンの量は人それぞれだし、食べる量や体重との関係もあるだろうから上手くいえないけれど、私はその日によって10Rと25Rを変えて打ってます。50Rとかどうなのかな? Nの効きが今より少なくなれば、10時半ぐらいから血糖値があまり落ちなくなるのでは・・・? 私はそれを夜に打つようにしたいなぁと思ってるんですが、まだ先生に相談してません。
先にデミペンが欲しくって・・・(^^;
毎日、試行錯誤ですよね。お互いがんばりましょうね!

投稿: nao | 2006年4月22日 (土) 00時10分

naoさん、そう!目の付けどころは同じです。ナツの場合は、Qのミックス製剤なので、30ミックスと50ミックスしかなくて、一応どっちも持っているんだけど、どうしても使い慣れている30ミックスを打ってしまうんです。多分50ミックスだと逆に下がらない場合に追加うちしたくなる感じ。それと50ミックスはリリィ社のしかなくてデミペンが使えない。つまり0.5単位の調整ができなくて、好きになれないんだ。ああ~~40ミックスのデミペン用のが欲しいよ~!その点Rのミックス製剤は、10R,20R、30R、40R、50Rと全部あるのにね。(25Rもあるなんて知らなかった)成長するにつれていろいろ変わってくるし、試行錯誤は、延々続きそうです^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月22日 (土) 10時29分

50R持ってるんですね。25Rもリリーですよ。私は最初からリリーだったので、抵抗はないんですけど、0.5単位になれるとそのほうがいいのかもしれませんね。
単位が見やすいので、リリー社は好きですよ。
ノボのほうがデザイン的にはいいです。
やっとデミペンを手に入れたので、今日から試してみるつもりです!

投稿: nao | 2006年4月24日 (月) 09時59分

naoさん、デミペン手に入れられたんですね。よかったです。最初がリリーで後からデミペン試すと、重くてなかなか注入できない感じがするかも…また感想聞かせてくださいね。それにデミペンはまわしすぎた時、単純に逆にもどしても駄目っていうのも、ちょっとややこしいんです。でも0.5刻みのおかげで単位を迷わなくてもよくなるはずですよ♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月24日 (月) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1478432

この記事へのトラックバック一覧です: 母のプライド:

» 子供の防犯対策! [防犯対策で安全安心を☆ホームセキュリティで防犯対策☆]
子どもの安全への関心が高まる中、全地球測位システム(GPS)機能などを搭載した小学生向けの携帯電話が人気を呼んでいる。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 00時44分

« 真夜中の低血糖 | トップページ | 吸入薬の進歩~喘息の場合 »