« からだが求める水分 | トップページ | 当然の結果 »

もうすぐ遠足

 ナツたちの学校では毎年「春の遠足」が4月にあります。が、今年は5月1日です。行き先も変わりました。歩いて40分の何もない大きなグラウンドと池と雑木林の公園です。

去年は発症後、初めての遠足だし、しかも学校から駅まで歩いて15分、電車に乗ること30分、またそこから歩く事40分というなんとも厄介な行程で一体どこで測る、注射の打つタイミングは、場所は…と散々頭を悩ませました。

万全の準備で臨み、注射は車の中で行い、無事低血糖もおこさずに帰ってきました。

帰宅後、保健の先生から電話、

「インスリンを入れているバックを木陰に置いていたつもりだったんですが、直射日光が当たってしまっていてインスリン駄目になってしまったかも…」

でもまぁそれぐらいの事は大目に見て、ふたりで、よかった、無事にすんでと労をねぎらいあったのですが、夕方にナツがポツリと一言。

「注射打つのに、先生の車まで行って帰ってきたら同じ班の○ちゃんが、『どこに行っていたの!単独行動しないで。』って怒られたの。」    あちゃ~~~>_<

確かに大きな公園なので、駐車場まで行って注射打って戻ってくると20分はかかるでしょう。

「ちゃんと言わないで行ったの。やっぱり同じ班の子には言わないといけないじゃない。黙って行ってなかなか帰ってこないとみんな心配するわよ」とは言ったのですが、まだ3年生、そういう気配りは無理でしょう。保健の先生も連れていく時に周りの子にちょっとうまく説明してくれたらよかったのに…でもそんな余裕はなかったのでしょうね。それにそういった子とナツはあまり仲がよくなく、半分は意地悪で言っているのかもしれないのです。

折角入念に打ち合わせして楽しい一日になったと思っていたのに、本当にむずかしい。たった一言で嫌な思いをさせられてしまうのですから…

ナツたちの学校では遠足の時には異学年とペアを組んで班を決めます。6年生と1年生、2年生と5年生、3年生と4年生。この組み合わせを「兄弟学年」と呼んでいます。しかも班組みも、好きなお友達とではなく、誰とでも仲良くしましょうということで、くじ引きとかで決めているようです。だからお昼のお弁当も3年生3人と4年生3人の決められた班で食べるので、その時に「ちょっと注射打ってくるね」という会話はできないのです。

 きのうの夕食の時に、「もう遠足のペアが決まったよ」とユウが言いました。ユウたち2年生は5年生とペアを組みます。5年生の○○くんとペアだそうです。ナツは3年生の女の子とペアです。

じゃあ班は?って聞いたら班は決めていない。どうやら今年は班組みはないそうです。そしたらお弁当は誰と食べるの?自由なの?   そこにこだわるわたし。

「多分自由だよ、だから下の学年の子に合わせてあげるの」そうかつまり相手のペアの子が一緒に食べたい子のペアと一緒に行動するってことね。問題はそこなのです。折角教室では普通に注射が打てるナツも、違う学年の子たちの前では打ちたくないのです。でもその時に先生が呼びに来てまた車のところに行っていると、相手のペアの子が心配するでしょう。だからといってその子に説明するわけにもいかず、ここは一つ同じ4年生の子にうまくとりもってもらうしかないのですが…ああ、ややこしい。

この問題さえなければ、どうということはないのですが、学校の方針ですから変えてもらうわけにもいかず、はたして今回の保健の先生はこの状況が理解できているのでしょうか。いっそ2回法でお昼の注射を打たずに帰らそうかとまで考えたぐらい。

でもそうするとオヤツはあまり食べられなくなるし…と頭が痛いのです。成り行きに任せて、いっそメンバー次第ではお弁当広げながら打ってくれると一番いいのですが。

はたしてどうなる事やら…5月1日、また頑張ってお弁当作りましょう。

|

« からだが求める水分 | トップページ | 当然の結果 »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんももうすぐ遠足なのですね~♪
異学年でペアを作るって、とてもいい取り組みだと思うのですが、
普段一緒にいない子達にこの病気を短時間で説明するのは
難しいですものね。
いっそ2回法にして・・という気持ち、同じです。
帰ってくるまでに低血糖さえ起こさなければ・・と考えたのですが、
いい案が浮かびませんでした(><)
<例の>養護の先生は一緒に行かれるんですか?
とにかく<楽しく・元気に>校外学習に参加できる事を祈っています☆☆

投稿: のじおママ | 2006年4月26日 (水) 16時06分

うちも急遽5月10日に春の遠足で~す♪保健の先生がついていかない(6年につくみたいです。あっ次男の学年だ。今年は春の遠足なんと奈良でした←次男。去年までは京都だったのに。先生たいへ~ん^^)ので「どうなんだろう?」と言う感じなのですが<測定>は別にして<補食>だけしっかりととれたらいいと言う感じです。
なっちゃんのところ私も保健の先生が行かれるか気になります。
お天気が良くって楽しいものになるといいですね☆

投稿: honohono | 2006年4月26日 (水) 17時04分

のじおママさん、本当にこれっていう名案はないですよね。確かに取り組みとしてはいいですけど、一年に一回の遠足ぐらい好きな子同士でもいいじゃないって思ってしまう。そしたら注射も打てるしおやつだっていつでも食べられるのに@-@
例の保健の先生は車で行くようです。その中で注射を打てばいいからって言われていたけど、そんなに単純なものではないのに…
でも4年生になったことだし、少しずつ親のでる幕も減らしていかないと…実のところもうあの保健の先生とは顔を合わせたくないだけかも。

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月26日 (水) 19時54分

honohonoさん、今日実はナツがペットのお茶を持って帰ってきました。「何これ?」って聞いたら保健の先生が「折角なっちゃんのために用意したのに飲まないんだから~今度の遠足の時にでも使って」って言ってくれたとか。わたし、むかっ!
遠足の日ぐらい家でお茶用意するわよ。主治医の先生に電話して、水分は無理に取る必要がないって事、確認してから学校に返しに行きました。
ちょうど保健の先生はいなかったので、きちんとお礼の(いや苦情の)お手紙書いて、お茶と一緒に教頭先生に渡しておきました。
もうどこまでもおせっかいな先生>_<

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月26日 (水) 20時02分

こんばんは! なっちゃんとこも5月1日ですか?
うちもですよ。春の遠足は、バス遠足でここから30分ぐらいのところです。保健の先生はまだ未定らしく、付いていかないならこっそり覗きに行こうかなと考えてるんですが、だめかなぁ?
あんまり歩かないけど、ずっと外だから運動量は普段よりあるだろうし、おやつの時間は午後だろうし・・・
タイミング難しいですね。それに注射を打つとなると普段一緒にいない子達とだったらなおの事ですね。2回法の私としては、それでもいいんじゃない?と思うのですが、やっぱりその子に会った方法がいいですもんね。無事に低血糖にならず、高血糖にもならず帰ってくることを望んでます。
今日はPTAでみんなの前で病気のことについて話をしましたよ。声もかけてくださり、嬉しいことも半分、不安も半分て言うところでしょうか。

投稿: nao | 2006年4月27日 (木) 00時39分

naoさん、遠足同じ日なんですね。てるてる坊主を一緒に作りましょう。晴れるといいですね。バスだと、そんなに下がらないかな。でも着いてから遊ぶとやっぱり普段よりは下がりますもんね。
お昼の注射さえ打たないですむと楽なんだけど、折角、食べる時は打たないと駄目が身についてきているのにそれを覆すみたいで嫌なんです。難しいです(*_*)
みんなにお話されたんですね。すごいです。一歩も二歩も前進ですよ。またブログ覗かせてもらいま~~す♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月27日 (木) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1553970

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ遠足:

« からだが求める水分 | トップページ | 当然の結果 »