« 新担任との面談 | トップページ | ほど良い「いい加減さ」 »

昔の話ですが…

 昨日、学校で先生方との面談を夕方行ったためか、布団に入ってからも何だか神経が高ぶって、寝付けませんでした。そんな時思い出すのは、発症から今までの事、短いような長いような期間だけど、わたしの人生の中でもかなり波乱万丈な時期でした。でもこの経験が随分わたしを成長させてくれたなぁとも思います。

ナツが発症して入院したその日に、主治医の先生から言われたのは、登校できるようになったら、学校に出向いてこの病気の事を説明をしますから…この病気は日常のコントロールがそのまま治療になるので学校できちんと理解してもらえるように手助けするのも医師の仕事なんです。それも治療の一環です…ということ。

で、実際に退院が決まりいよいよ登校ということになって、先生と学校側で日時の調整が行われました。結局退院の日の夕方、5時半からということに決まりました。当初わたしはこの説明の場に出るのが嫌で、サブ担当の先生には、学校側もわたしたちがいると聞きにくいこともあるのではないかと思うので、できれば同席したくないということも言ったのですが、主治医には伝わってなく、結局同席する事になり、ナツを連れて学校へ行きました。もちろん手には測定道具一式から補食まで持って。

今思うとおかしいほど緊張していました。だってナツの病気のために…たった一人の生徒のためにこうして、主治医の先生は仕事が終わってから30分もかけて出向いてきてくださる。学校では普段話もしたことのない校長や教頭先生。そして初めて入った校長室。もちろん保健の先生やら担任やら…

一体わたしはなんて挨拶したらいいの。こんな時はやっぱり主人に行って欲しかった。でも会社だし。ナツはこの状況がどれほど理解しているのだろうか、自分のためにみんなが時間をとって話し合っている。いくら2年生とはいえわかっているはず。

この日の説明はほとんど主治医の先生がされました。意外なことに緊張していたのはわたしだけではなかったようです。説明のさなか、学校の事務員のかたが、

「すみません、どなたか○○○○というナンバーのお車ではないですか?ライトがつけっぱなしなんですが」

多分教職員の車なら、大体ご存知のはず。ということは、わたしか主治医の先生しかいない。あ、でもそんなナンバーじゃないな。ということは先生かな。と思っていたら、先生ナンバーは覚えていらっしゃらないのか、「ええっ、僕かな?ちょっと見てきます。」と、離席。な~~んだ、先生も緊張されているんだって、変にわたしは逆に落ち着きました。

この後、さらに面白かったのは、先生帰ってこられてから、

「ええ~~っと。どこまで説明していましたっけ」

すかさず、当時の担任、「高血圧のところです。」…@-@

とっさに教頭先生、「高血糖でしょう」…^^;

これからの半年間を象徴しているかのような会話でした。そうなんです。担任の先生は医学用語には弱かったのです。

その後、ちょうど時間もいつもならとっくに夕食を食べている時間、で、ちょうどいいので、今から血糖測定してみますってナツにみんなの前で測らせてみました。一瞬シーンとなって、「はぁ~~~~」…もちろん先生方はみんな測定器さえ見るのも初めて。

主治医の先生の説明は、この病気の起こる仕組みとか医学的なことが多くて、どちらかというと、わたしは低血糖の対応とか、救急車を呼ぶ判断とか、学校生活での注意なんかを重点的に説明して欲しかったのですが。とにかく全てを一度に説明するのには無理な病気です。それでも1時間半もかかっていました。担任の先生は、これで安心ですって言われていたけど、安心できなかったのはこっちのほうだったなぁ。過ぎてしまえば、本当にどんな事も思い出ですね。

帰り道に屋台の焼き鳥やさんが、学校のすぐ横にあるのですが、そこで焼き鳥を買っている主治医の先生を発見。

ナツが「ああっ先生が焼き鳥買ってる~」…何だか主治医の先生の違う側面を見てしまった日でした。

|

« 新担任との面談 | トップページ | ほど良い「いい加減さ」 »

「発症当時のこと」カテゴリの記事

コメント

初めて学校に病気の事を説明に行った時は
私もホントに緊張しました~。
でも主治医の先生が学校に出向いてくれるのは素晴らしいですね^^
のじおの時は入院中に担任の先生が病院に来てくださいました。
今年の先生は元気なカンジ?の男の先生なのですね。
うちも40代くらいの男の先生でしたが、暗いカンジ・・・^^;
今まで10年近くもいらした養護のおばあちゃん先生が異動に。
かかわりたくない、というような態度を露骨に見せる嫌な先生でしたが、
新しい先生はどんなカンジかな・・・来週話しに行って来ます。
なっちゃんのトコみたいに百戦錬磨の先生だったらいいな。
それから<焼き鳥>を買う先生、親近感が沸きますね~☆

投稿: のじおママ | 2006年4月 7日 (金) 16時09分

うちは退院後の説明は、入院先の主治医ではなくて近くの主治医(1.2年の校医もしておられるので)にお願いしました。低血糖の対応、出来れば測定して欲しいむね、クラスメイトにどう説明するか‥。意識がなくなればすぐに救急車を呼ぶこと。何かおかしいと思ったらすぐに近くの主治医まで連絡するなどでした。
最初に話されたことは「病気になったのは、親のせいでもないし、まして本人のせいではありません」でした。
本来、「IDDMはどういう病気か」という説明をするだけに行ってもらうはずだったので、親は参加しないことと主治医との話の中で決まってました(なちゃんママの所とは反対ですよね)
でも、その旨を学校に伝えると、即効で教頭先生から電話があり「親が同席しないなんて前代未聞です!」と言われちゃいました。
その日しか行けなかったはずの私の病院(結構しんどかったんです。それに次はいついけるか分からなかったので‥)をやめて学校に行きました。
今年は主治医抜きで話をし、必要であれば病院に聞きに行くか、健康診断の時にでも話してもらったらいいかな?という感じです。
何かhonoのことばかり書いてしまいましたね。
なっちゃんの主治医の先生、帰りの「焼き鳥」ホッとしてお腹がすいたんだよ。きっと(^^)

投稿: honohono | 2006年4月 7日 (金) 17時25分

のじおママさん、暗い先生なんですか?ちょっと辛いですね。でものじおくんの明るさで、先生も明るくしちゃいましょう!どっちにしても、これから1年楽しみですね。焼き鳥屋さんの前を通ると今でも、ナツが、「先生、焼き鳥買っていたよね。先生だけずるいな~~」って言ってます。焼き鳥といえば、もう一つエピソードがあって、ナツの入院中は病院に泊り込んでるわたしに代わって、同居している義母が、弟ユウの食事を作ってくれていたのですが、ある日、ここの焼き鳥を買っておかずにしたそうです。それが「なんこつ」だったから、5歳のユウには硬すぎて、喉につめて、ヒーヒー言ったそうです。だからユウは、焼き鳥屋さんの前を通ると、なんこつに殺されるところだったよって言います。

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月 7日 (金) 19時17分

honohonoさん、全く正反対なので、なんか面白いですね。先生だって本人を前にして聞きにくいこともあるはずだし、逆に主治医の先生も子どもに聞かせたくないこともあるかなぁって思うんですけどね。今の校長先生が、ナツの主治医の先生と顔見知りで、(保護者と教師という関係で)そのせいでもないのですが、去年プール授業の前にもう一度、説明に来てほしいということで勝手に段取りをつけられていました。で、やっぱり同席してくださいって連絡があって行きましたが、こっちの都合も聞いてくれ~っていう感じ。言えませんけど

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月 7日 (金) 19時27分

なっちゃんママさん、説明などお疲れ様でした。しょっちゅうお邪魔させていただいてたのですが、時々しかコメントを残さなくてごめんなさい。IDDMの掲示板には様子を見て書こうと思っているのですが、6年の娘は、担任が変わらなかったので、来週から給食のとき教室で打たせてもらうことになりました!先生と娘とで説明するので、私は行かなくていいみたいです。4年生のときはとっても無理だと思っていたことが、6年生ではできるんですね。娘だけでなく、周りのお友達も成長するんだなあと思いました。

中一の娘は今日が初お弁当でしたが、「みんな5分で食べていた」といっていました。来年もドキドキです。なっちゃんもどんどん楽になるといいですね。

投稿: もっちん | 2006年4月 7日 (金) 19時47分

もっちんさん、読んでいただけるだけでも嬉しいですよ♪教室で注射打たれるんですね。よかったです。修学旅行も安心ですね。ナツも新しい保健の先生が「しばらく保健室で打ったら」って言われたのですが、せっかくいい環境になっているのでそれはお断りして今までどおり、教室で打たせたいって言いました。でもさすがに6年生、どんどん親の手から離れていってしまうんですよね。嬉しいような、淋しいような…中学はお弁当なんですね。わたしたちの校区は給食なんですが、どっちにしてもその頃までには、測定も注射ももう少し手早くできるようにしていかないといけないんですね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月 8日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1319861

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の話ですが…:

« 新担任との面談 | トップページ | ほど良い「いい加減さ」 »