« 複雑な心境 | トップページ | 新担任との面談 »

春休みのとある一日

 いよいよ始業式まであと2日、でも宿題がないから親も子もの~~んびり。特に今日のような雨の日は、高血糖な一日の予感。春休みに入ってから、あまり体調のよくない実家の父のために買い物に行くことが増えてきました。体調さえよければ、自分でハンドルを握り母と一緒に近くのスーパーへも行っていたのですが…そんなわけで、わたしの実家通いも週2から週3のペースになってしまいました。今日も行きたいところですが、果たして子どもたちは…

朝起きるなり、今日は午後からおじいちゃんの所に行こうかと言った途端、ふたりしてブーイング。無理もないです。春休みになってからもう5回目、うち2回は向こうでお昼も一緒に食べました。でもわたしが行ってあげないと、無理して買い物に行こうとするかもしれない。辛いところです。理屈でせめても最近は無理なので、ひたすら物でつる作戦です。好きなものを買ってあげるも底をついてきているので、今日は実家の近くにある「海洋文化センター」へ遊びにいこうで責めてみました。

一応ふたりとも承諾。やれやれです。で、まず午前中はとにかくお片づけ。今まで使っていた教科書やノートを、4月からも使う分、もう使わない分に分けたり、いらなくなったものを処分したりしているとあっという間に12時です。その間子どもたちは、隣に住む6年生の男の子とゲーム三昧。雨さえ降っていなければ、家の前の道でキャッチボールをしたりする事もあるのですが、今日は仕方ありません。

さぁお昼を食べようということで、測定。    … 378!ガーン、なんで?昼までにはラムネを一個(10kcal)食べただけなのに。これではいけないといつもより多く4単位打って、午後はとにかく歩くぞ~~と決意も新たに小雨の中、実家へと車を走らせます。車で40分かかります。遠距離介護とは言えないけれど、決して近い距離ではありません。今までは用事があるときぐらいしか行かなかったのに、ナツの発症直後などは、2ヶ月ぐらい行けない時もあったのに。こんな介護生活が始まったのは去年の7月の初めからです。

特に夏休みの前に入院した父が9月の終わりに退院するまで、見事に夏休みの間中ずっとふたりを連れての実家と病院通いの日々でした。その頃は母の体調も最悪で、一時は母も違う病院に入院したり、退院してもひとりではおいて置けず、施設への入居を決めたり手続きしたり、介護保険の申請をしたりと大変な夏でした。もちろん夏休みだったふたりをずっと連れて…その頃に比べると少しは楽になっています。必ずしもよくなったとは言えないけれど、落ち着いてはきています。でも冬休み、春休みとやはり子どもたちとの時間と同じぐらいの時間をこうして介護に費やし、ふたりにとってはつまらない時間をニンテンドーDSに助けられながら過ごしてきました。

もう少し大きかったら留守番させておいてもいいのに、いや、もしナツがIDDMでなかったら、誰かお友だちの家で遊ばせておいたり、預かってもらうこともできるのに…そんな愚痴もでてきます。でもいつかはこんな生活も終わる。それはいいことではないのだけれど、それが見えているから今を頑張ろうって思います。でもそんな母の思いは子どもたちにはまだ伝わらないのです。

車の中では、CDを聞きながらいろんなことを話します。学校の事、友だちのこと、きちんと向き合っては話さないようなことも、車の中でふたりが競い合うようにしゃべっています。そんな時は、この移動の時間も無駄ではないよな、なんて思います。

まず、両親のところへ先に行って、買うものを聞いておいてから、「海洋文化センター」へ。

みんな考える事は同じなのでしょうか、今日はすごい人、人、人。結局1時間ほどで切り上げて買い物へ。あさってから学校に着て行くブルゾンとかナツのスカートとか、上靴とかも買いました。そして頼まれていたものを買って実家へ、実家といっても施設の中の部屋ですが。ちょうど時間も3時。今日は3時のおやつにナツのリクエストで、つぶ餡がのっかったお団子(2個ずつ串に刺さっているのが、5本)を買っていたのでそれをみんなで食べました。

当然測定と追加打ち…あんなにお店の中も歩き回ったんだから、もしや2桁?の希望もむなしく、ここでも327!あちゃ~~^^;しかたなく、3.5も追加打ち。朝の予想が当たって高血糖な一日です。でもいいのです。こういう時はとにかく楽しく食べる事を楽しまなくちゃ…だってナツがこんなふうにおじいちゃんと一緒に何かを食べたり話をしたりというのは、これからどれぐらい経験できるか、わかりません。最近はいつも思います。もしかしてこれが最後かな…そう思いながらも半年が過ぎようとはしていますが。

あまりゆっくりもできずに帰路に。行くまではぶつぶつ行っていても、行ってしまえばそんなにぐずぐず言わないので助かっています。無事に買い物もしてやれました。何とかこんなふうに春休みも終わろうとしています。

わたしたち家族の春休みのとある一日でした、泣きたいぐらい高血糖な一日でした。

|

« 複雑な心境 | トップページ | 新担任との面談 »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママも大変そうですね。
体調だけは気をつけて下さいね♪

今日は低いだろう?と思って測って 高血糖だと
「何で~~???」って口走ってしまう事あります^^;
でもやっと明日から学校。
なっちゃんも学校かな? クラス替えとかもあるのかな?
子供が楽しく学校へ通ってくれるのが 親として一番の願いですね。

投稿: プルメリア | 2006年4月 6日 (木) 20時36分

プルメリアさん、ありがとう、健康であっての介護ですもんね。今日は思いっきり多めに打ったので、昨日300台だったところが、今日は200台でした^^;予想外に高い時って壊れたの~~って思うときもあります。明日からやっと学校です。でも1日行ったらまた土、日ですが…「行ってらっしゃ~~い、気をつけてね」って学校に送り出す瞬間が一番幸せな母です♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年4月 6日 (木) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1289953

この記事へのトラックバック一覧です: 春休みのとある一日:

» 介護保険料 [沖縄観光]
介護保険料の値上げで高齢者に大きな負担になっているが、沖縄県那覇市では逆に850円ほど値下げになったそうだ。その背景にはゆいまーるという沖縄独特の互助の習慣が存在しているので、それが可能になったという。 [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 19時34分

« 複雑な心境 | トップページ | 新担任との面談 »