« 熱く語ってしまいました。 | トップページ | パンプキンプリンと母の日 »

こんなの初めて~~?!

 今朝はナツが朝起きてくるなり、低いかも~~って言いました。朝は、40でも測るまで気づかないナツなので、すご~~く低い予感>_<

でも測ると53。なんだ、たいしたことないじゃない。で、朝食は今日に限ってなぜかパンがいいというので、食パン2枚、しっかりマーガリンを塗って食べました。いつものご飯の時よりはカロリーは高いぐらい。でもいつも並に4単位打って、登校まで少し時間があったので、家の前でキャッチボールをしました。そしたら、まだ低いって言うので、測ったら44

ええ~~、何これ?こんなの初めて~~~。だって朝食食べたじゃない。ポカリも少し飲ませたし。段々登校の時間が迫ってきます。いくらなんでもこの血糖値で登校させるわけにも行きません。連絡帳に「少し遅れて登校させます」とだけ書いて、班長さんに渡しました。低血糖で遅刻させたのは初めてです。

「何か食べる?」と言ってももうお腹はいっぱい。とりあえずぷっちょを1個。ナツはもともと血糖の戻りが遅いのです。そのためにポカリやブドウ糖を駆使します。こんな事ならお砂糖でもなめさせておいたらよかった。当然こんな場合は、インスリンも食後に打ちました。でもこれ以上は手の打ちようがありません。待つしかないのです。8時15分測定、89。やっと正常値。今から学校に向かえば1時間目の授業に間に合いますが、まだ不安。

9時測定158。これで何とかいけそうです。その間にもチョコ1個、ポールウインナー1本。口に入りそうなものを少しずつ食べさせます。もしかしたら、今日はたまたま気が付いて測ったけれど、案外知らないで登校していた時もあったのかもしれません。でも危なかったな~~。あのまま10分歩いて学校に行った頃には、バタンと倒れていたかも。

9時20分学校到着。まだ1時間目の授業中でした。おそらくこれで大丈夫。こんな時、保健室に頼れないということはちょっとつらい。去年までなら、そのまま保健室に寄って今朝の状況を話して、今日はちょっと気をつけてやってくださいって声掛けできたのに。今年はそんな事をしたらもう大変です。それに毎年、担任の先生が変わられた4、5月の間は、大きな発作は避けたいのです。この時期に何事もなく過ぎると先生方も少し安心されます。「なんだ、たいしたことないじゃない」っていう感じ。

心配して追いかけてきてくださった担任の先生に、簡単に今朝の事を言って、「もう大丈夫ですから」ってしっかり言っておきました。本当は、こんな時は少し気にかけて欲しい。でもそれを言ってしまうと駄目なんです。ナツも自分で気を付けるでしょう。

家に戻って冷静に考えてみると、

最近のランタスが多い。昨日も寝る前は163あったのです。補食はしなかったけど、こんなに下がるのなら、ランタスに変える前と同じ。ただナツの場合、寝る前に測ったつもりでもそこから1時間も起きていたりするので、実際の寝る前の値はつかめません。かといってそんなに何度も測らせるのはかわいそうで、どうせQも切れているから、まぁいいかとなるのです。今日から、1単位減らして10単位でよさそうです。

ランタスには切れ目がない。ミックスの時は、基礎インスリンはNだから、夕食後6時半に打った分は、朝は切れかけています。だからどんなに朝が40であっても、食事をして打つまでは、体内にはインスリンは残っていないはず。でもランタスなら、ピークもない代わりに切れ目もない。だから朝食を食べている時も、とにかく少しずつでも下げる力が働いていたから、食事で上げる前にQと一緒になって下げていたんだろうな。しかも、今朝は、パン食でした。ご飯とパン。どっちが先にあげるか、どっちが長くもつか、まだナツの場合、はっきりとはわかっていないし、今まではそんなに気にしなかったけど、意外とご飯のほうが吸収が早いのかもしれません。まぁこれは勝手な想像なので、これから少しずつ調べていきたいです。

給食の時間まではドキドキです。お昼は少なめに打ってねとは言いました。それに今日も家庭訪問の関係で2時半の下校です。今頃ブドウ糖食べているかな。下がっていないかな。親の心配は尽きないです。GW明けの長い長い1週間、やっと週末です。

|

« 熱く語ってしまいました。 | トップページ | パンプキンプリンと母の日 »

「今日の血糖コントロール」カテゴリの記事

コメント

いつもと違う状況って、本当に焦っちゃいますよね。
普通の低血糖でも怖いなって感じるけど、重度の低血糖(意識障害&全身痙攣)は、本当に怖いです。
ウチのIDDM娘は昨年1月末からランタスに切り替えたのですが・・・3~6月位まで頻繁に低血糖を起こしました。
しかも、それまでになかった意識障害(つまり意識が無くなった)と全身痙攣という、重度の低血糖も3回ほど起こしました。
最初に低血糖発作を起こしたのは真夜中2時半頃、子供部屋から訳のわからない叫び声が聞こえて覗いたら、全身痙攣を起こして意識の無い娘が・・・。
名前を呼んでも頬を叩いても何の反応も無い娘。パニック状態になりながら旦那を起こしました。
冷蔵庫にグルカゴン注射が有ることを思い出して、旦那が注射しました。旦那も初めての事なのでなかなかスムーズにはいきませんでした。
注射しても直に意識が戻るものではなく・・・「このまま娘は死んでしまうんじゃないか!?」とただただ抱きしめるしかなかった私。
実際には娘が意識を取り戻すまでの時間は、せいぜい10分くらいだったけど、すごく長い時間に感じました。
あとで主治医から「そういう時は迷わずに救急車を呼んで下さい」と言われました(-_-;)
でもね~、その時はパニックだったからそんなこと思いも付かなかったんだよね(/_;)
なんで低血糖を起こすのか?原因が判らず、ランタスのせいじゃないかと漠然とした疑問を持っていましたが・・・当時、娘はオプチペンプロと言うのを使っていたのです。
注入器の不備(液漏れ)で設定した単位以上のインスリンが体内に入ってしまったことが原因だと分かったのは7月頃のこと。
速攻でップチクリックに交換して貰いました。それ以降は娘は低血糖を起こしてません。
長いコメントになってしまって・・・ごめんなさいねm(__)m

投稿: ぱんだマム | 2006年5月12日 (金) 12時13分

すみません。タイプミスです。
×速攻でップチクリックに交換して貰いました。
○速攻でオプチクリックに交換して貰いました。
本当にそそっかしくて、ごめんなさい

投稿: ぱんだマム | 2006年5月12日 (金) 12時16分

パンとご飯そんなに違うんですか?honoは大体朝はパンです。
それでなのかなぁ長休みに補食をとっても給食前に40台の低血糖を起こしているここ2~3日。本人に「しんどくないの~?」と聞くと「うん大丈夫。ちょっと疲れるだけ」と言います(それって低血糖じゃない!)という感じが続いています。
最初からランタスを使っているのにも関わらず、運動によってこうも左右されるのは「どうして?」と思って今に至ってます。
ランタス=切れ目がない。まさにそうなので対処の仕方が、まだまだ試行錯誤です。

でも、なっちゃんもまだ下がるのが体でわかったんじゃないですか?しかしお腹いっぱいになったあと血糖値が低いと大変ですね。
今日一日元気に過ごせていますように。

投稿: honohono | 2006年5月12日 (金) 13時27分

ぱんだマムさんへ♪真夜中の痙攣発作は想像しただけでもこわいです。ナツは、注射器はオプチクリックを使っています。もう10回以上使っているはずなのに、ランタスを打つのは今でもドキドキです。この前も注入ボタンが戻ってしまって、あわてて押しもどしたんですが、もしかして倍量入ったんじゃないかなって、気になって、夜中に測ってしまったり…
24時間もつということは、打ちすぎても、足らなくても24時間影響を受けるということですもんね。それがプレッシャーです。Qみたいに2時間で切れるのなら、2時間たてばリセットされるから、気が楽なんですけどね。今日も給食の時間までドキドキで過ごしました。もっともっと使いやすくてわかりやすい、そんな注射器が開発されるといいのに(単にわたしが下手なだけ?)

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月12日 (金) 14時18分

honohonoさん☆パンのせいかな?というのは、わたしの勝手な想像です。それに多分これは個人によっても違う気がするので、あまり気にしないでくださいね。もし今日の朝食がご飯だったら…といってもそれは確かめようがないんですけど、なんとな~~くです。
何が、早く血糖を上げるか?と何が長くもつか?はまた違う問題だと思うのです。
よくご飯のほうがパンより「腹持ちがいい」って言われますよね。これは入院中に栄養士さんに聞いたのですが、この腹持ちと血糖の維持はまた違うようです。ただバターロールみたいに、油分が含まれていると逆に血糖の維持には効果的な気がします。ご飯には、油分はないでしょう。それとナツの場合、食パンには必ずマーガリンかホイップみたいなものをつけます。これがジャムだとまた違ってくるんだと思います。(ジャムの糖分の方が、上げるのも切れるのも早いような)
ランタスは低血糖が少ないとは言われているけど、ただ単にピークがないというだけで、やはり人工的なインスリンである以上、低血糖は避けられないと思っています。一番いいのは血糖値が80を切ると、自動的に効果を発揮しない…そんなインスリンがあったらいいですよね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月12日 (金) 14時29分

こんばんは! ランタスは難しそうですね。 常に下がり続けるんですかぁ。 ピークもないんですか? まだまだ知らないことがいっぱいだぁ。 パンダマムさんの痙攣もとっても大変だったことでしょう。考えただけでも怖いです。そういうこともいつかは経験していくんでしょうね。
オプチクリックも不具合が結構取りざたされていましたよね。もう大丈夫なんですか?
いろいろ勉強させてくださいね。
家庭訪問お疲れ様でした。 先生も理解されてない部分もあったんですね。階段のこととか・・・
まーくもことしから2階になったので注意しなければいけませんね。行って計ったら40台ってことはよくあります。本人の体感センサーが早く起動してくれるといいのですが・・・

投稿: nao | 2006年5月12日 (金) 19時37分

私がいつも不安に思うのは、同じ血糖値53でも、それがどこの53かは測定器じゃ分からない事ですT_T
今上昇中の53と、急激に下降中の53では、全然対処の仕方が違いますよね。53って数字の後ろに↑↓とか付いていたら、どんなにか良いのにっていつも思ってます。私だけかな?

今迄ランタスって24時間効いていて良いなあ〜って思っていましたが、
『24時間もつということは、打ちすぎても、足らなくても24時間影響を受けるということですもんね』
って言うところを読んで、逆に大変だったりするんだなって思い直しました。

投稿: ともか | 2006年5月13日 (土) 07時56分

naoさん♪もしかして、わたしたちランタスのイメージを悪くしてる?慣れてしまったらGOODなインスリンだと思います。それに今までみたいに、午前中の補食が必要なくなったのは、ランタスさまのおかげ^^;しかもお昼前は100前後といい感じだし。つまりどのインスリンにも長所、短所があるということだと思うのです。それを知っていて使いこなせるとすごく楽だし、どっちの長所を取るか、どっちの短所が我慢できるかでしょうね。
今回のことはすごくいい勉強になりました。
よくNは朝寝坊すると、血糖が上がるって言われます。つまり切れてしまうから、でもランタスだとそれがない、だって切れ目がないから…でもナツはNでも、朝切れてあがるということはほとんどなかったので、逆にランタスだと切れ目がない分、やっぱり注意が必要なんですよね。(あくまでもナツの場合です。)
それに、朝起きた時が、低でなければ何も問題ないわけだから、やはり寝る前の血糖値をきちんと掴まないと駄目ですね。
トライ&エラーで頑張りましょう♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月13日 (土) 09時47分

ともかさん☆そうなんです。今までだと朝起きて低くても、Nが切れているから上がりかけの状態だったはず。でもランタスだと、横ばいか逆に下がり気味の状態だと思います。
その辺の感覚が今までと同じように勘違いしたためだったんでしょうね。
とにかく朝は駄目。わたしも頭が働かないから、とっさに判断できない>_<
後から考えたら納得なんです。
ランタス打ったあとで、あぁ入ってないかもって思う時のあの何とも嫌な感じ。明日が不安…。
せめて、これだけ入りましたってわかるのなら、それなりに対処できるのに。でもこれも、注射器に慣れてしまったら、平気になるとは思うんです。
食器洗いのスポンジを出してきて、何回かランタスを打つ練習をしましたよ。おかげで減りが早い^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月13日 (土) 09時55分

娘は、発症からずっとランタスなのですが
結構ずぼらな(私)には扱いやすい薬だと思います。
ヒロは
「打つ時に力がいるから大変…ちゃんと打てたかなぁ{はてな}」
とかいろいろ気にしてしまうんですが、(わりと神経質です)
「しっかりグリップが押し込まれてたから大丈夫よ」と
さらっと流しています。

ただ、適量を見極めるのは日々の血糖値とか
娘の活動状況とか熟知した方が良いみたいですね。
目下量を減らして3日目。朝203でした(就寝前194)
土日は活動量も少ないからかなぁ…
あまりコロコロ変えるのは良くないと言われているので
明日あさってと学校へ行く日の様子も見てから
元の数値に戻すかどうか決めようと思ってます。

投稿: ウィリー | 2006年5月14日 (日) 09時56分

ウィリーさんへ♪ミックス製剤に比べると、ランタスは楽ですよ~~♪でも注射器は、操作しにくい。とにかく太すぎて握りにくい。もともとのカートリッジ自体が太いからしかたがないんでしょうけど、小さな子どもの手では打ちにくいと思います。
単位の方は、ナツもまだ試行錯誤です。
10単位に下げてもまだ朝は低くて、今日から9単位にしてみます。
ナツの場合、朝4、昼3.5、おやつ3.5、夕5、寝る前ランタス10でした。
ヒロちゃんに比べて、ランタスの比率は大きいでしょう。
これから暑くなってくると、全体的に単位少なめでいけると思うので、まずランタスから減らしていこうと思います。

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月14日 (日) 11時15分

こんにちは!
GWからの1週間お疲れ様でした~。
GW前からの分をまとめて読ませてもらいましたが、ランタス導入・保健の先生事件など・・・お疲れ様でした☆
でもどんな状況でも頑張っていらっしゃる姿があるので、前向きで素敵だな~と思います!

GW中には「今頃なっちゃんはランタス始めたのかな~?」と思ってましたが、結構すんなりと入れたようですね。
うちもランタスを希望していますが、新しい処方は難しいと主治医には言われて、待っている状態です。
コントロールと考えると望ましいですが、ウチの場合はまだ2回法+Qでいいのかな・・・と思っています。
でも毎日のなっちゃんの様子はとても参考になりました。

お母さんには休みがないですねT_T
精神的にも身体的にも疲れが出ないように気をつけてくださいね~!

追伸:突然ですが、前のブログが消滅しちゃいました>_<
    やっと新たに作り直しが出来たので、またリンクさせてください~!

投稿: はるママ | 2006年5月14日 (日) 11時37分

はるママさ~~~ん♪気になってたんですよ。いきなり「ページがみつかりません」の状態で、多分お引越しと関係あるのかなとは思っていたんですが…ほんとに大変でしたね。いきなり消えちゃうなんて、すごいショック。
またリンクしてくださいね、こちらのほうも入れ替えておきます。
わたしも、バックアップは全然とっていないので、時々はとらないといけないんですね。
確かにランタス使うと、A1cは下がりそうです。最近は2桁が多いです。季節のせいもあるかなとは思いますが。
でもナツにとって、注射の回数は確実に1日2回は増えたし、(Qは2時間しかもたないので、ほぼ毎日4時ごろに追加打ち)、1週間で14本も針を刺す回数が増えるので、やはり小さい子どもさんには、酷かなって思います。
ナツの先生も本当は5年生ぐらいからっていう考え方のようでした。いつも親は悩みますよね。少々痛さを我慢させたり、食べる事を我慢させてでも、10年後を考えてコントロールをよくするか、それともストレスを減らして、のびのびとたまにはコントロールに目をつぶってでも好きなだけ食べさせてやるほうがいいのかって。その繰り返しだなぁって思いながら、もう進み始めたのでこのやり方でとにかく頑張ります。
またどんどんインスリンが開発されているので、きっとはるくんが小学生になる頃には、もっといいインスリンができているかも…
それまで一緒に頑張りましょう♪♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月14日 (日) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1769881

この記事へのトラックバック一覧です: こんなの初めて~~?!:

« 熱く語ってしまいました。 | トップページ | パンプキンプリンと母の日 »