« どこまで減らすの? | トップページ | 「トライヤルウイーク」最終日 »

「ありがとう」という言葉

 最近気になること…「ありがとう」って言う言葉知らないの?っていう子どもが何人かいます。ナツの友だちにも、ユウの友だちにも。

遊びに来た子たちに、お菓子やお茶や、たまにはジュースを出してあげるけど、「ありがとう」っていってくれる子はひとりもいません。当たり前のように猛然と取り合いながら食べています。そして帰りしなには、判で押したように「お邪魔しました。」って言って帰る子、黙って気が付いたらいない子、迎えに来たお母さんから、「ちゃんとありがとうって言って」って催促されて言う子…様々です。車で友だちをおくってあげたりすることもよくありますが、降りる時に「ありがとう」が言える子も少ないです。

何だか変、少し気になります。子どもだけではないでしょう。我が家のお姑さん。同居して丸10年半ですが、おそらく面と向かって「ありがとう」とか「ごめんね」とか言われたことは、多分一度もないと思います。例えば、雨が降ってきたから、洗濯物を取り込んであげたとき、2回に1回ぐらいは、「取り込んでくれていたわね」って言われます。どこかに車で送ってあげた時、「助かったわ」とはいいますが、そのあとに「ありがとう」と続かないのです。

急に用意していた夕食をいらないという時も、「ごめんね」はないのです。「また食べるからおいておいて」なのです。気が強い人ほど、こうなのかもしれません。わたしも人の事を批判できるほど、立派ではないのですが、子どもたちだけは自然に「ありがとう」と「ごめんなさい」の言える子に育てる事ができました。だからわたしも子どもたちには自然に「ありがとう」が言えるのです。おそらくこれから先生きていく上で、これはすごくその子にとっていい習慣になると思います。

この前もナツとお友だちと話していて、「○○ちゃんて、『ありがとう』って言わないよね」って言う話題になっていました。折角忘れものを走って届けに行ったのに、その場にじっと立って待っているだけ…ほんとなら、こっちに向かって走ってきてくれてもいいのに。そして渡してあげても、ありがとうはないのです。ちょっと淋しい話です。

急に話は飛びますが、ナツが発症して登校が始まった頃、先生方にいろいろお願いする事があって、わたしはいつも学校に行くと「すみません」と言って頭を下げていました。ナツがある日、ぽつんと一言。「お母さんはわたしが病気になってからいつもみんなに謝ってばかりいるね」って。

何も病気になったのは悪い事をしているわけではないのに、変ですね。それからは「ありがとうございます」と言うようにしています。

ナツの病気に関しては、「ご面倒をおかけしてすみません」ではなくて、「気にかけていただいてありがとうございます」でありたいと思っています。それでも時々思うのは、いつもいつも言葉に出して言わなくても、少しわかって欲しい。心の中ではいつも感謝していますから…たまにいるのです。「ありがとう」という言葉を待っているかのようにアピールしてくる人。わたしはこんなに気にかけてあげているのに…って恩着せがましい人。

おそらくわたしたちが学校関係者の方から、言われて一番嬉しい言葉は、「何もしていませんよ」っていう言葉何じゃないかなって思います。「わたしたちは何もしていませんよ、自分できちんとされていますよ」という言葉。それでもわたしたちはちゃんと気づいています。先生方がどれほど、ナツの事を気にかけてくださっているか。見えない部分で…形には現れないことで、きっと気苦労させているっていうこと。だからあんまりアピールしないで欲しいのです。

今年の担任の先生に聞きました。「○○先生(去年の担任)は、ナツの病気のことをどうおっしゃっていましたか?」って。そしたら、「無事に何事もなく1年が終わりました。」っておっしゃったそうです。もしこの時、「もう本当に大変な1年でした」って答える先生なら、ちょっと??です。でもこの言葉の中に、もう退職されたけれど、去年の担任の先生の思いやりが感じられてとても嬉しかったのです。

今年の保健の先生に言われました。「わたしは、ナツさんが補食を採った後で、口の周りについていたお菓子の粉をティッシュでぬぐってあげたんですよ。きちんとフォローしているんですから…」って。こういうこと言われて、嬉しい親っているのかな、その先生に感謝するのかな、ありがとうって言えるのかな。

「ありがとう」っていう言葉。強要されてまで言われても嬉しくないけど、やっぱり時々は言って欲しいな。

|

« どこまで減らすの? | トップページ | 「トライヤルウイーク」最終日 »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
「ありがとう」段々と聞かなくなってきましたね。面と向かって接している中で「照れて言えない子」「それが当たり前みたいになって言わない子」いろんな子供達がいるけれど、どんな時にでも「ありがとう」と言える子供に育てたいですね^^
学校の先生に対してはhonoが発症する前から「いつもお世話になってます」と言います。何か問題がおきた時にはそれに「大変」という言葉を付け加える程度です。

「私たちは何もしていませんよ。自分できちんとされていますよ」
そうこの言葉が出るということは、先生がきちんと子供の事を見守っていただいているという証拠ですよね。
honoの担任の先生はよく「前のクラスのお友達や学童でのお友達が教えてくださっているんです」という言葉をよく耳にします。それがhonoの周りの環境がすごくいいことを意味していると思います。
さて我が家は土曜日の午後から授業参観・総会・学年懇談会です。1階と3階を行ったり来たりで大変だけど普段の子供達の様子見てきますね。(その模様はまた私のブログにて^^)

投稿: honohono | 2006年5月17日 (水) 16時07分

honohonoさん、いい言葉ですよね。そう言ってくれる先生にこそ親は感謝しますよね。特別に世話をしてもらっている…そんな事を喜ぶ親なんていないのに。「ありがとう」を言えない人ほど「ありがとう」を強要するような気がします。
前の保健の先生にはわたしのほうが、いっぱいありがとうって言ってもらいました。
「いつもすぐに携帯に出てくださってありがとう」
「きちんと打ち合わせに来ていただいてありがとう」…どれもこれも当たり前のことなのに。そして最後に、
「とてもいい勉強をさせていただいてありがとう」って。でも最近わたしもこの言葉が言えないんだ^^;歳をとると、頑固になるって言うから、歳のせい?
実は今日のブログは自分への反省…だったりして^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月17日 (水) 20時10分

忙しくて、久しぶりにお邪魔します。変わらずがんばってますね!

うちの先生も、「何もしてませんよ、あいさん(娘はあいという名前です)が一人でちゃんとしてますから」っと言って下さるんですけど、行事のときは必ずポケットにスティックシュガーを用意してくれてるんだって、保健の先生がこっそり教えてくれました。うれしいですよね。

ありがとうっていえない子って、家でもありがとうって言われてないんじゃないかしら。手伝ってくれてありがとうとか、物を取ってくれてありがとうとか、そういう日常のことから身につくような気がするんだけどな。

投稿: もっちん | 2006年5月17日 (水) 20時30分

前の記事についてなんですけど、ごめんね。朝低血糖になったことについて、原因はパンとマーガリンの食べあわせだと思います。油は炭水化物といっしょにとると、血糖値の上がりをゆっくりにする効果があります。てんぷらとごはんなんかでもおんなじですよね。血糖値をすぐあげたいときは、同じカロリーでもパンとマーガリンじゃなくパンとジャムをお勧めします。読むのが遅くてごめんなさーい。

投稿: も | 2006年5月17日 (水) 20時34分

三連続でごめんなさい。前の記事も「も」ではなく「もっちん」でした

投稿: もっちん | 2006年5月17日 (水) 20時36分

こんばんは~☆
ブログを読んで、<そうそう!>と思っていました!
<ありがとう>っていう言葉って、とても簡単な言葉なのに、
普段に使えない子供って、やはり<家で使われてない>のだと思います。
私は大丈夫かな?と少々心配ですが^^;
この短い言葉、でも言ってもらえるとホントに嬉しくなる
魔法の言葉かもですね♪
お姑さん・・ハァー。なっちゃんママさん、いつも頑張ってくれて
ありがと~!

投稿: のじおママ | 2006年5月17日 (水) 20時44分

もっちんさんへ♪すご~~~い!いい担任の先生ですね。羨ましい限りです。
ナツの友だちの「ありがとう」を言わない姉弟は、お母さんがすごく厳しい人なんです。個人的には気が合うから好きなんだけど、子どもをすごく叱るタイプで、多分家であまりありがとうって言ってもらってないのかな。ちなみにわたしは、子どもたちを「ありがとう」攻めで大きくしたのです。産まれてきてくれて「ありがとう!」
まずはそこからですものね。
パンとマーガリンの話、な~~るほど、実感です。教えてくれてありがとう!です。何となくパンが怪しいという感じはあったんですけど。食べ合わせもいろいろ影響があるんですね。勉強になりました^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月17日 (水) 21時11分

のじおママさん♪実はわたしのストレスの原因の一つは、この姑なんですよ~~>_<
自分では「ありがとう」を言わないのに、わたしには強要するのもこの人で~~す。そのせいでわたしは段々ありがとうが言えない嫁になっていく。で、反面教師にして子どもたちには、いっぱいいっぱい「ありがとう」を言って大きくしたのです。
ほんとに魔法の言葉です、家族の潤滑油っていうか…
今日も遊びに来ていたユウの友だちを迎えに来たお母さんが、その子に「ありがとう」って言ってって、無理やり言わせて連れて帰りました。はぁ~~^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月17日 (水) 21時22分

なっちゃんママ、感動をありがとう!
忘れかけてる感謝の気持ち。時々、「さっきはありがとうっていったっけ?」「昨日はありがとうって言い忘れちゃったわ。」 と反省することも多いです。
いい子育てをされてるんですね。
「ありがとうは魔法の言葉」って私が前仕事をさせていただいてた方も口癖のようにありがとうって言いました。
今日は、外で下の子を遊ばせているときにお兄ちゃんたちが帰ってきました。でも言わないんです「こんにちは~!」って・・・。
恥ずかしそうに下を向いて通り過ぎようとしました。
私が「何か言うことは?」と聞いたら、
「あっ、こんにちは。」
ですって・・・。わかってはいるけど言えないんですねぇ。
素直に挨拶が出来る子に育ってくれればと思ってるんですが、やっぱり親が普段使ってないのかもしれませんね。反省・・・^^;

投稿: nao | 2006年5月17日 (水) 23時11分

「ありがとう」と「ごめんなさい」って簡単そうで、難しいですよね。
シエリの弟リヒト(3歳児)はプチ反抗期。「ありがとう」&「ごめんなさい」が言えないんですT_T
前は「ごめんなさい」の大安売りで、それもちょっと、、、と思ってはいたんですが^^;
先日あるお宅にお邪魔していた時、リヒトがそこのお母さんに何かを渡して「ありがとうって言わないの?」「ありがとうは?」って言ってるんです>_<
私、最近リヒトに「ありがとう」を強要していたかもしれないと思いましたT_T
でも、躾けだし、、、どうなんでしょう?
「ありがとう」と「ごめんなさい」だけはきちんと言える子であって欲しいと思っているんだけれど、今は通過点かな?

投稿: ともか | 2006年5月18日 (木) 07時06分

naoさんへ♪男の子の方が、照れて言えなくなってしまうみたいですね。難しいお年頃かな。
近所の3年生の男の子、わたしがたまたま2階に上がっている時に、遊びに来てて、リビングに下りてきたわたしを見るなり、「あっ、お邪魔してます」って言ってくれるの。その子だけです。
たまにわたしも意地悪して、「あっひとり増えてる~」とかいうんだけど、無視される。ここは誰の家?って思うときありますよね。
ちなみに主人は、よその子も、同じようにしつけてやればいいんだって言いますが、なかなか難しい、自分の子で手一杯なのに^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月18日 (木) 08時45分

ともかさんへ♪リヒトくん、反抗期なんですね。今は通過点だから、あえて強要しないで、でもせめて周りの大人たちだけでも、しっかり「ありがとう」っていい続けると、きっと反抗期明けには自然に言ってくれますよ。
そのお友だちのお母さんはどうして「ありがとう」って言ってあげなかったんでしょうね。きっと言ってもらったら嬉しくて、また他の人にも言えるようになる…それが一番いいんだと思います。
ちなみに我が家では、「ありがとう」って言われたほうは、「どういたしまして」を、アレンジして「どういたまして」とか「どいたま」って返します。ナツが学校でこれを言ったら、やたらと受けたそうです^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月18日 (木) 08時52分

こんばんは!
私もハルが生まれて、さらに発症してから特に思うようになっていました。
「ありがとう」って私も恥ずかしくてなかなか言えないんです。
つい、「すいません」とか「ごめんね」で済ませてしまうんです。
でも言われた方になってみると、「ありがとう」といわれる方がいい気持ちになるのでは?と思って、気をつけるようになりました。
自分が大人らしい言葉を使っていると見ている子供はきっと同じように正しい(その場に合った)言葉を使ってくれるのではないかな~と思います。
でも、家の中では口でキチンと教えないとダメかもしれないけど^^;

投稿: はるママ | 2006年5月18日 (木) 23時45分

はるママさん、わたしもどちらかと言うと、「すいません」のほうが言いやすくて、つい使ってしまう。でも、謝っているみたいでやっぱり変かも…
子どもって、ふと気が付くと母親と同じ口調でしゃべっていたりしますよ。言い方とか、よく使う言葉も同じ。で、時々子どもを叱っていて思うのは、自分が子どもの頃、両親から叱られていた口調で叱っている。言われて嫌だった言葉も、無意識のうちに子どもに投げかけていて、反省です^^;
うちみたいに、もう小学生になると修正がきかないけど、はるくんぐらいの時ってすごく大事だったんだなぁって思います。
小さいときに身に付いた言葉遣いとか習慣とかってすごく大事。
これは自分への戒めです。ハイ!

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月19日 (金) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1826911

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」という言葉:

« どこまで減らすの? | トップページ | 「トライヤルウイーク」最終日 »