« まぁこんなもんでしょう! | トップページ | 熱く語ってしまいました。 »

全然わかってないじゃない!

 きのうは、帰ってきたナツから、久々に保健の先生の愚痴を聞かされました。お昼前にちょっとしんどくなって、でも低血糖じゃないってわかっていたんだけど、担任の先生が念のために保健室に行っておいでって言われたとか…

で、熱を測ったら35度9分。血糖は108でした。普通なら本人も大丈夫って言っているんだから、それでいいんじゃない。なのに…そのあと、給食の時間だというのに、ずっと4年生の教室にいて、注射を打つところを見たり食べたかどうかを確認したようです。

しかも食べられなかったら保健室に持って降りてきて食べたらいいとか、お友だちにナツちゃんと一緒にふたりでおいでって言ったとか…こういうのがうざいのです。何とか食べられたから良かったのです。しかもその間、みんなが食べているのを見て、

「このクラスはよく食べるなぁ~~」とか「何でひじきの煮物から食べるの、普通はお味噌汁やろ~~」とか、言うものだから女の子たちは感じ悪そうにうつむいて食べたとか。

さりげなく見守るという話ではなかったの?多分たまたま具合が悪そうなのをいいことにここぞとばかり出て来る。わかる気がします。ナツもわたしもそうだけど、ここまで関係がギクシャクすると、やることなすこと気に入らなくなる、存在さえもいや!それではいけない事はわかっているんです。ナツには、今日の事はみんなが嫌がっているんだから特にナツだけのことじゃないんだって話しました。

しかしよく考えてみると、給食が食べられなくても、ランタスならそんなに下がらない。お昼のQさえ少なめに打っておいたら今迄ほど食べられなくても大丈夫。それに担任の先生にも何かあったら即保健室というのをやめてもらうよう、ちょうど今日は家庭訪問なのできちんと説明しないと…

朝、でがけにナツが言いました。今日理科の授業で4時間目に貝割れ大根をまくんだけど、保健の先生見に来て一緒にするんだって…

ええっ~~何それ。保健の先生って他に仕事あるでしょう。全然懲りてないじゃない!で、また学校に電話を入れて今度は直接保健の先生に話しました。

もう給食に対する配慮はいらない事、それと他の子どもも嫌がっているので必要以上に4年生に近づかないで欲しいこと。ちっとも反省なんてしていないのです。謝罪の言葉は一言もありません、それどころか今日の貝割れ大根の種まきは子どもたちと約束したから絶対に行くと…わたしは仕方がないのでもう一度校長先生にお話しますといって電話をきりました。

校長先生はわかってくださいました。ただ、最近給食の残飯が多いので、保健の先生とも相談して、各クラスをまわって一緒に給食を食べながら子どもたちに、説明しているのだとか…わたしも負けてはいません。ナツから聞いた様子を言いました。4年生の女の子たちにとって「よく食べるな~~」なんていう言葉がいいわけはありません。そう言われておかわりを止めた子もいるとか。結局逆効果です。それに今までの流れの中で、保健の先生がくると、みんなはナツに用事があって来ていると誤解します。だからそういう嫌な雰囲気を作られると保健の先生がくることで、ナツは肩身が狭いのです。この話は校長先生にとっても意外なようでした。もう一度、きちんを保健の先生に話をしますと約束してくださいました。

ポロっと一言。

「あの先生は人の話を聞けないからなぁ」…そう、みんなわかっているはずなんです。

きのうの夜、友だちからこの先生の前任校での評判を聞くことができました。

とにかくすごい先生で有名で、教職員もみんな嫌っていたとか…

「心配していたのよ、でも最初にこのこと言ってしまうと先入観持ってしまってもいけないと思って…」やっぱりそうでしょう。こんな先生が慕われるはずなどないんですから…

少しこの事実に勇気をもらいました。わたしたちだけが、うるさい親、難しい親ではないのです。さぁ今日は家庭訪問、今度は担任の先生にきちんをわかってもらわないと…

|

« まぁこんなもんでしょう! | トップページ | 熱く語ってしまいました。 »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

<うざい>この一言に限りますね。
給食の残飯が多いのはどこの学校でも同じですね。うちの学校は保健の先生ではなく、給食センターが目の前と言うこともあり栄養士さんが見回ってらっしゃるそうです。
honoの前担任の先生がまさにそうというお話を以前したと思いますが、honoが発症するまでは完全にシャットアウトしてたんです。学校での様子を話したいからと呼び出しくらっても無視。「子供はhono一人じゃないし、どちらかと言えば高学年になった次男のほうが大事です!」と言って逃げました。私たち親から何も言うことがなかったから‥。言いたいことは「途中でもいいから担任を変えて欲しい」この一言だったから‥。うちの学校の場合、受け入れ先がないと転勤ないんです。だからまだhonoの学校におられます。今年は5年をもっていらっしゃるのでそろそろ定年かな?と思っています(定年前に高学年を希望してらっしゃるので)
人の話を聞かない=最低だと思います。(前担任の先生は+物でつる先生でした。出来た子から物をあげる。一人一つではなくて出来ただけ渡す。子供によって多くもらえる子、一つももらえない子、その差が激しかったようです。幸いhonoの時には私の目・耳には入ってこなかったので、なかったように思えましたが)

今回のことで、なっちゃんママさんと保健の先生が歩み寄ることは二度とないように感じました。
なるべく関わらない。何かあったら直接校長先生に言う。
遠足・課外授業には付き添わない(うちは学年によって保健の先生はつきません。春は6年に付くからと言って2年は付いてこないそうです)
この方法でいくしかないんでしょうね。(それでも何かあったらここぞとばかり首を突っ込んできそうですね)

なっちゃんママさん、負けないで!
(ストレスが胃にきませんように‥。ブログで発散してください)
長くなってしまいました。(ごめんね)

投稿: honohono | 2006年5月11日 (木) 10時15分

honohonoさん♪最近の給食事情って昔とすごく違っていてびっくり。去年オープンスクールの時に、給食の量を見てみようとその時間にわざわざ参観しました。
ちょうどその日は焼き魚が1切れずつ。で、一応みんなに配っておいて、「いただきます」が終わるやいなや、前の残飯入れの机に10人ほどの子どもがダッシュ。みんなその魚を戻すのです。牛乳もフタもあけずに返しにくる子が数人。下の子のクラスでも、お味噌汁を減らしてもらいにもっていく子がいました。確かに手をつける前に戻すとおかわりしたい子はそれを食べる事ができるというわけ。
何とも複雑な心境で見ていました。
今はアレルギーの問題とかあるので、それでもお咎めなしなんですよね。でもこの保健の先生が教室をまわるとそのうち他の保護者からもクレームが出るかも…それもいいかな。
課外授業の問題はつづきがあります。
またこの次の記事で書きますね^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月11日 (木) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1751908

この記事へのトラックバック一覧です: 全然わかってないじゃない!:

« まぁこんなもんでしょう! | トップページ | 熱く語ってしまいました。 »