« 全然わかってないじゃない! | トップページ | こんなの初めて~~?! »

熱く語ってしまいました。

 今日は家庭訪問です。子どもたちの一斉下校が2時半。ちょうど家に着いた頃、まずユウの先生ご到着。彼は学校では本当に問題のない子なんです。しかも、母性本能をくすぐるというか、人に好かれるコツを知っているかのように…「憎めないやつ」なんですよね。日ごろからわたしはユウのこういう長所を羨ましいと思っています。だから母親世代の女の先生だと絶対に、お褒めの言葉をいただけるのです。何も問題がないので、どうしてもお姉ちゃんのIDDMの事に話題がいってしまう。で、帰ろうとされた時、ナツの担任の先生がご到着。

いきなりわたしの方から切り出しました。

「保健の先生には、本当にがっかりしました。最初はいい先生が来られてよかったねってナツとも話していたんですが…」ところが担任の先生???の表情。そっかぁ、詳しい事は校長先生から聞かされていないんだ。

で、保健の先生の勝手な判断で、ナツに無理にお茶を飲ませる事、やめて欲しいとお願いしたら今度はうがいの強要、お菓子のくずが落ちると怒られ、匂いがするといってはカーテンをパタパタ。これではまるで嫌がらせですよねって今までの事をかいつまんで説明しました。そのせいで学校に行きたくないと言い出し、インスリンをかえることになりましたっていうと、

「はぁ~…そんなことがあったんですか…」

それから、ブドウ糖やポカリを見せて、これを学校に持って行かせて必要があれば本人の判断で食べさせますと説明しました。こんなのお店で売っているんですかと意外と興味をもたれていました。わたしも「ネットで捜して手に入れたんですよ~」って思わず自慢。

「こういうのたまに頭の栄養に食べたらいいんだろうなぁ」なんて感心されて見ていました。

で、とにかく低血糖は自分で対処できるので、あわてて保健室に行かせなくてもいいこと。かえって低血糖のときに下の階の保健室まで行くほうが危険だという事を説明しました。

ナツも横にいて「この前、階段から落ちそうになったんだ…」とナイスフォロー!

「ええっそれは低血糖と関係ないだろう」と先生。「いいえ先生。低血糖だとふらつくし足元が頼りないんですよ。それが低血糖のこわいところなんです。かといってお友だちに付き添ってもらっても、その子まで巻き添えにして階段落ちたら大変ですから…」

「ああ、それはそうですね。じゃ今度から保健室には行かせないようにしましょう」

もちろんわたしが保健室に行かせたくないのは違う目的もありますが、これでやれやれです。そして、こういう事情なので校外学習に保健の先生が同伴されるのは、やめていただきたいのですがと言うと、

「いやぁ、それが、○○(保健の先生)は、4年の学年担当に決まっていて…」…つまり、校外学習とかプール授業とか、子どもの安全を守るために引率者は二人つかないといけない決まりがあるそうで、なるほど言われてみればそうかもしれません。もし具合の悪い子が出たときに引率がひとりだと、他の子の面倒がみれなくなる。1学年にいくつかクラスがあれば、隣のクラスの先生に頼んでというのもありでしょうが、なんせナツたちの学年は1クラスしかないので、それも納得です。で、その学年ごとに担当の先生が決まっていて、それが4年は保健の先生なんです。おそらくこれは学校側の配慮で決まったことかもしれません、でも今となってはあだになってしまいます。

よほど担当の先生を変えれないんですかって言いそうになってやめました。そう、わたしたちは普通の親子なんですから、そんな特別な権限はないんですから、学校が決めたことには従いましょう。でもこれだけ担任の先生に経緯を説明したんですから、まぁ大丈夫でしょう。

最後に、ナツが保健の先生から低血糖を理由に早退するよういわれたことを説明して、これからも早退するかどうかはとにかく本人の意思を尊重してやって欲しいと言いました。低血糖は補食さえ取れたら問題はないのに、無理に早退させるのは、教育を受ける権利の侵害だと。これが実はこの担任の先生には一番効果があったようで

「それはひどい。そんな事は絶対にさせませんから」と約束していただきました。

熱血漢で情熱派のこの先生は、「熱く語る」ことで有名だったんですが、今日はわたしのほうが熱く語ってしまいました。きのうからのイライラから少し解放されてすっきりしました。それにしてもわたし、こういうの上手になってきたなぁって感心。こうしてIDDMっ子の母は強くたくましくなっていくのでしょうね。

|

« 全然わかってないじゃない! | トップページ | こんなの初めて~~?! »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

家庭訪問おつかれさまでした♪
読んでいると担任の先生なんかいい感じ☆
なっちゃんママさんがおっしゃられたことを守っていただけたら強い味方になるはず!
でもよりによって保健の先生が相方とはT_T「トホホ」になりそうだけど担任の先生に頑張ってもらいましょ^^(学年で何人いるのかわからないんですか2人だけで大丈夫なんですか?

投稿: honohono | 2006年5月11日 (木) 19時36分

家庭訪問、お疲れ様でした~☆
保健の先生、ホントに<ウザ~イ>!!!
なっちゃんもなっちゃんママさんも、疲れますよね・・・
でも、担任の先生にきちんと話す時間が持てて、
家庭訪問があって良かったですね^^
そして、頼りになりそうな先生ですし♪
なっちゃんママさんの対応も完璧で、私も見習わなきゃ、と思います!

投稿: のじおママ | 2006年5月11日 (木) 20時02分

honohonoさん、学校にそういう決め事があるっていうことを今回初めて知りました。まして養護教諭までかりだすなんて…小さな学校で、4年生は33人だけなんです。来年は、担当はずしてもらえるよう頑張ろう。それより今年で退職してくれないかな~~こっちの身が持たないです^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月11日 (木) 20時44分

のじおママさん♪この「ウザ~~イ」は全国的に通じるのですね。最近は、これの連発です。思ったよりも担任の先生には理解してもらえたようでホッとしました。今日はちょっと気が緩んで、ドッと疲れが出てきました。ストレスに弱いわたしです。本当はみんな仲良く、学校は楽しくが理想なんですけどね。わたしも実は平和主義者なんですよ^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月11日 (木) 21時33分

パチパチパチ♪
凄いですね。やっぱり言うべき事は言わないとね^^v
でも、校長先生も担任の先生には言ってないんですね。えっ?っとも思ったけれど、これも配慮があるって事かな。
ともかく担任の先生も良さげな方だし、今後は保健室を頼らず上手くやって行けそうですね。

投稿: ともか | 2006年5月12日 (金) 07時14分

ともかさんへ♪そうなんです。担任の先生が全然聞いてないのはちょっとびっくりです。でもおかげでこっちの言い分を先に知ってもらえたからよかったかも…
男の先生はどうしても身体のこととかは苦手で何かあったら、すぐに保健室っていう感じがします。まぁそのための養護教諭なんですけど、何とか保健室のお世話にならないで過ごしていきたいです♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月12日 (金) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1758658

この記事へのトラックバック一覧です: 熱く語ってしまいました。:

« 全然わかってないじゃない! | トップページ | こんなの初めて~~?! »