« 姫路セントラルパーク | トップページ | GW最終日 »

実家へ

きのう6日は、主人だけテニスに出かけたので、わたしと子どもたちは、実家へ行きました。長~~いお休みなので、やっぱり1日は顔を出しておきましょう。実家といっても、両親は半年前からケア付きの施設に入居しています。だから今ではそこがわたしにとっては実家なのです。

朝は、いつどおりに起きて、時間があったからお弁当まで作ってしまいました。このGWはよく遊んだので家計もピンチです。そうそう外食ばかりもしていられません。それにナツのランタス導入のため、なるべく学校生活と同じ生活時間で過ごそうと連休中は朝寝坊ができないのです。しかもいつも目覚まし時計よりも早く目が覚めてしまいます。おかげで連休が終わってもすぐに生活のペースに慣れるのは嬉しいです。

さて実父は、直腸がんで療養中ですが、少しずつとはいえ状況は悪くなっています。痛みがどうしても強くなっていくので、1ヶ月前から、医療用麻薬(モルヒネ)を痛み止めに使っています。話には聞いていましたが、飲み薬のモルヒネがあるということは初めて知りました。いつも思うことですが、身内がその病気になって初めて知ることってほんとにいっぱいあるものです。最近の父の痛みのコントロールはこんな感じです。

まずモルヒネの痛み止めを朝、夕に服用、それでも痛みが強い時には座薬の痛み止めを使い、さらにそれでもひかない時には飲み薬の解熱鎮痛消炎剤を使う。このやり方の説明を聞いた時、不謹慎ですがわたしはナツの血糖コントロールのインスリンの使い方と何だか似ていてすごくよく理解できたのです。

そして父の場合、既に今のモルヒネの量では、完全に痛みを抑える事ができなくて、座薬を使う回数が増えています。医師からは、モルヒネ(つまりベース)の量を増やす提案をされています。でも、そうでなくても薬の副作用で眠気やふらつきがきついので、これ以上増やす事はためらわれます。

父がその事を医師に言ったとき、担当医は、「眠気が強ければ、寝ていてもいいですよ」との返事。父はその時、「いや、いろいろやりたいこともあるのでね。寝ていては何もできなくなってしまう」って答えていましたが、横で聞いていたわたしは、何とも複雑な気持。確かに医師からみると、現役の若い患者さんならいざ知らず、もう引退して特に何かをしないといけない必要のない75歳の父が、QOLを求める事は無理なのでしょうか。それとももうそれなりのステージに達しているという事かもしれません。やりたいことをやらせてあげる、食べたいものも食べさせてあげるという段階ももう終わりなのかもしれません。後はできるだけ痛みを取り除いてやることだけを考える時になってきているのかもしれません。

不思議な事にモルヒネを使い出してからの父は、それまで長年大好きだったコーヒーが全く飲めなくなりました。とにかく欲しくないのです。見ただけで気分が悪くなるそうです。通販でコーヒー豆まで取り寄せしていたぐらい好きだった人が…つくづく薬は怖い、でも癌はもっと怖いと思いました。それで、今残っているコーヒー豆をわたしが全部もらって帰ることになりました。それに、景品でもらったという小さな圧力鍋も、もう料理もできないからということで、未使用のままもらって帰りました。

さてコーヒーがあまり好きでないわたし。一体このたくさんのコーヒー豆はどうやって飲もう、取り合えず電動のミルがあるので、これでコーヒー豆をひくことはできそうです。コーヒーメーカーを買うのはたいそうなので、小さなドリッパーとフィルターを買って入れてみましょう。もしかして将来わたしも体質が変わればコーヒーが大好きになるかもしれません。

圧力鍋のほうはちょうど欲しいと思っていたので、大助かりです。でもいつかこれが父の形見になってしまう時がくるのでしょう。その時まではこういうささやかな時間を楽しみながら思い出をつむいでいきたいと思います。

|

« 姫路セントラルパーク | トップページ | GW最終日 »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

お父様、直腸がんで闘病中なんですね。
モルヒネの副作用など、私の父(大腸がんで4年前天国へ旅立ちました)と重なる部分が多くて、闘病中のこと思い出してしまって、ちょっと切ないです。
コーヒーあまり好きではないのに、コーヒー豆を貰ってきたのね。
もしも飲み切れなかったら・・・コーヒーゼリーに変身させてみて!(^^)!
私の超簡単レシピをご紹介しますね。
材料はコーヒー5杯分(半分位は冷ましておくと言うか、私は"飲み残したコーヒー"を利用してます)粉ゼラチン20g・水80cc・砂糖(ラカントやパルスイートなど)はお好みの分量でOKです。
①粉ゼラチンを水でふやかす。
②ホットコーヒーを作って①と混ぜる。
③砂糖を混ぜる。
④冷ましたコーヒーを混ぜる。
⑤型(タッパやグラスなど)に入れる。
⑥泡が出来ていたらスプーンなどで取り除く。
⑦冷蔵庫で冷やし固める。
これで出来上がりです。好みで生クリームを掛けて食べます。
おやつにピッタリだよ(^_^)v
実はうちのIDDM娘の大好物なのだ(*^_^*)

投稿: ぱんだマム | 2006年5月 7日 (日) 11時56分

ぱんだマムさん、いつもありがとう♪そうですね、コーヒーゼリーなら、わたしも買って食べたりしますね。子どもたちも食べるし。早速作ってみま~~す。
おかしいでしょう、ついあげると言われるともらってしまうの^^;貧乏性なもので…
ぱんだマムさんのお父様も大腸がんで亡くなられたのですね。ほんとにがんは怖い病気です。わたしたちが思っていた以上に父の生命力は強いみたいです。でもそれは痛みも苦痛もない時間ではなくてむしろ残酷にさえ思えるような時間です。
健康であることがいかに幸せかつくづく思うのですが、やっぱり家に帰ってくると、些細な事で子どもを怒ったり、イライラしている自分がいます。わたしって未熟な人間>_<

投稿: なっちゃんママ | 2006年5月 7日 (日) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/1701814

この記事へのトラックバック一覧です: 実家へ:

« 姫路セントラルパーク | トップページ | GW最終日 »