« 波乱万丈!オープンスクール | トップページ | 気になる女の子 »

いじめの問題

 ナツたちのクラスにはいじめの問題はないと思っていました。かといってそれほどまとまりのある仲の良いクラスにも見えません。一触即発…いつこういう問題がおきても全然おかしくない、そんな感じでした。しかも1学年が1クラス、その前の保育所時代からずっと一緒の子が多いので、一度できた力関係や派閥、グループ化がなかなか崩れません。

昨日ナツが帰ってきて言いました。

「今日はいじめの問題で音楽の時間がつぶれちゃった」

いろいろ聞いてみると、A子ちゃんとB子ちゃんが、わざとC子ちゃんにぶつかって押した。もちろんそれだけではないと思うのですが、C子ちゃんのお母さんが泣いて担任の先生に訴えた。しかも担任の先生はすごく正義感が強く、絶対にいじめについては断固として反対という熱血漢の先生だから、問題が大きくなる。

A子ちゃん…この前から時々登場しているナツたちの総合学習の班長さん。B子ちゃん…2年生の春、ナツとごちゃごちゃしました>_<

ふたりの名前えを聞いて、ああ、なるほどわかるわかると思いました。C子ちゃんは1年生の終わりに転校して来た子。お父さんがいません。お母さんとおばあちゃんと弟と住んでいます。

実はナツたちのクラスでは算数の授業だけ二つに分かれます。もう4年生にもなると理解度に差がつきすぎて、今までのことがわかっていない子たちはついてこれません。それでそういう子たちだけを集めて別に授業をするということが始まりました。

その別組みの子、4人の中の紅1点がC子ちゃんです。これって確かに理にかなった方法だけど、こういったいじめのような問題も生んでしまうんじゃないかなって前から思っていました。もしナツがこういうクラスに入らないといけなくなったら…多分嫌だと思う。

で、その音楽の時間に担任の先生はA子ちゃんとB子ちゃんを厳しく叱り、最終的にはC子ちゃんに謝罪させました。かなりふたりとも泣いたようです。担任の先生、最後に一言。

「今日はきちんと謝ったからおうちの人にはちくらないでおきます」と…

ちくるとかちくらないじゃないけど、やっぱりおうちの人には知らせる必要があるんじゃないのかな…何にも知らないその子の親たち。もちろん中学生、高校生ぐらいになると知らせる必要はないかもしれないけれど、まだ4年生。わたしはこんなことぐらいで、この子たちが、変わるとは思えない。親も一緒になってそんなことがよくないということを教えていかないといけないんじゃないのかな。ちょっと腑に落ちない。

ナツは発症前には、B子ちゃんといろいろありました。ただナツは一方的にやられているだけではなく、かなり言い返すタイプだったので、それほど発展しませんでした。先生も間に入ってB子ちゃんのお母さんにも随分電話されたようです。それが少し落ち着いた頃にナツの発症。それでわたしたちもすっかりその問題を忘れていました。今では、B子ちゃんとは仲良しみたいです。この前のオープンスクールの日にもB子ちゃんと仲良く話をしていました。B子ちゃんが、「なっちゃんには、何やってもかなわないわ~~」と言っていました。

わたしなりのポリシーは、いじめられたくなかったら、馬鹿にされたくなかったら、とにかくしっかり勉強してねって言います。だっていじめっ子たちは絶対に自分より成績のいい子、運動神経のいい子をいじめのターゲットには選びません。

それからお友だちには優しくしようと言います。優しくしたら優しくされます。困った時には助けてくれます。意地悪をしたら、意地悪されるよって。

A子ちゃんがいるから学校に行きたくないって言う子がいます。ホントにこの子たち、もう少し優しい女の子になってくれないかなって他人事ながら思います。IDDMであることが即いじめにつながるとは思えないけど、ナツの発症以来、ついついこの手の問題には神経質になってしまうわたしです。C子ちゃんのお母さんが泣きながら先生に訴えた気持ち、痛いほどわかります。どんな親でも自分の子どもの涙、見たくないですもの。

|

« 波乱万丈!オープンスクール | トップページ | 気になる女の子 »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪
難しい問題ですね。人数が多くてもそれはそれで問題があるし、クラスが1つで良い面いっぱいあるけれど友達関係…難しい問題ありますよね。
A子ちゃんB子ちゃん一人ずつだとそんなにキャラ濃くないのかなという気がしますが(A子ちゃんはこないだから読ませていただいて濃いような気が…)2人が揃うと最強になるのかな?
B子ちゃんについてはよく分かりませんが、A子ちゃんについては良く言うと「責任感が強い」のかも知れませんが「一から十まで自分が把握しないと気が済まない。自分が一番に仕切りたい」そんなようなお子ちゃまに見えます。

今時の小学校って3年か4年の頃から算数については少人数で授業をされるようです。が!そんなにあからさまに人数は違うというのはないようです(あくまでもうちの小学校の場合)うちの小学校では記憶の中ではありますが、高学年の算数2クラスに分かれて何個か問題を解いていきます。内容を見ていると順番が違うだけで同じ問題を使っています。「ゆっくりコース」と「さくさくコース」とあるようです。「ゆっくりじっくり教えてもらうコース」「さくさくっと自分たちで考えて色んな考え方を出していくコース」こんなようだったと記憶しています。人数も大体同じぐらいです。
理解しないまま先に進むのはどうかと思うけど、4人ってなんかそれってどうなの?と思ってしまいました。

今回の担任の先生の「謝ったからちくらない…」ちくらないって何?と思ってしまいました。真剣に話し合っている場で「ちくる」って言葉に反応してしまいました。でも、相手の親にもちゃんと伝えるべきだと思います。

余談ですが、なっちゃんのランタスって何時ぐらいに打ってますか?(すごい違う内容でごめんなさいね。メールにしたほうがよかったかしら^^一応こちらのメルアドも入れておきますね)

投稿: honohono | 2006年6月17日 (土) 14時40分

honohonoさんへ☆確かに、一人一人を見たらみんないい子なんだけど。A子ちゃんは成績もいいし、しっかりしてるわ~。これでホントに優しい子ならいうことないのにね。とにかく仕切り屋さん。でもこういうキャラもクラスにひとりぐらいはいないと困るんだけど…少しは反省してくれたかな。
わたしも、最初に算数が二つのクラスに分かれてするって聞いたときには、半分ずつぐらいかなって思ったのに、聞いたら4人だけ。それってかわいそう~。思わずナツにもがんばってそのクラスにだけは行かないでねって言ってしまった^^;
そうそうナツのランタスは、一応午後9時って決めてます。日によっては、9時半までならOKにしています。というのもお風呂の時間との兼ね合いで、打ってすぐ入浴は駄目って言われているので。入浴後すぐにランタスはOKみたいですよ。
一番忘れない時間がこれなんです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月17日 (土) 15時07分

こんにちは^^
もう週末ですが・・・なっちゃん復活しましたか??
低血糖のしんどさもわからないけど、高血糖の辛さも理解できない・・・辛そうな姿を見ると自分にイライラしてしまいます>_<

「いじめ」どんな時代でもどんな学校でもあるんですよね~>_<
特に女の子。私も経験があります。いじめられてるというか、明らかに揶揄されて仲間外れにされてる子がいることを先生に言ってしまったんですよね。
自分が助けたらいいのに、怖くて先生に頼んでしまったんです。
その後は当然問題になりましたが、先生は私のことは黙っていてくれました。
変な言い方ですが、「いじめ」に対する先生の対応はその先生の腕の見せ所、のような気がします。
子供にとっては学校での生活が一番の時期だから・・・。

投稿: はるママ | 2006年6月17日 (土) 17時05分

はるママさんへ☆最近の先生たち、いじめの問題については研修とかいろいろ勉強されているみたいで、ここぞとばかりに頑張ってくれます。もちろんそれが裏目に出なければいいんですけど。
特にナツの今年の担任は、ご自分も小学校時代にいじめにあったことがあるとか(うわさですが)、そのせいもあってこういう問題には特に熱くなります。
ナツのIDDMのことに関しても、そういうわけで安心といえば安心なんです。この前もナツが教室で測定をしないといけなくなって先生に、説明してもらえるように頼みました。その日のうちに早速してくださいました。
ナツは、何とか復活したと思ったら、今日はまたしんどいを連発してます。やっぱり休みになると気が緩むのかな、いよいよ来週はプール開きもあるので、頑張ります♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月17日 (土) 17時58分

こんばんは~☆
ナツちゃん大丈夫でしたか? 体もきつかったと思いますが、心も痛んでしまいましたね。
A子ちゃんとB子ちゃんのような子は、多分どの学校にもどのクラスにもいるんでしょうね。そしてその子に気に入られるか上手く取り込むかすると仲良く?出来るんでしょうね。
私はそういうの苦手でした。だから嫌われてると思うこともしばし・・・
それは大人になってからも同じ感じがします。
やっぱり仕切りたがる人がいる。それに反せず「長いものに巻かれたら上手くいく」
でも、私は「八方美人」タイプなので、肯定も否定も出来ずに宙ぶらりんなんです。だから、反対に言われちゃうことも多いです。
でも、それに向かっていっても勝てないこともわかってるので自分の出来る範囲でがんばって楽しい時間を過ごすことを目標としています。
C子ちゃんのお母さんの気持ちもわかりますが、きっとこの経験が将来役に立ってくれると思うので、お子さんを信じてがんばってほしいですね。そして、A子ちゃんももう少しナツちゃんのやさしさを見習って欲しいな!
IDDMになったからこそ、いいこともたくさんある! そう思いたいですよね(^.^)

投稿: nao | 2006年6月17日 (土) 22時19分

naoさんへ☆多分わたしもnaoさんと同じようなタイプかも…
A子ちゃんやB子ちゃんにも腹が立つけど、それ以上にさっとこういう時だけ、この子たちに味方をする取り巻きさんたち。自分の意思を持てよ~って思ってしまう。
大人の世界も似たようなところがあるよね。
ナツには、ちゃんと見る目を持って自分に合う友だち、困った時に本当に親身になってくれる友だちを見つけて、友情を育てていって欲しい…とは思うのですが、これもまたむずかしいかな。

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月18日 (日) 10時20分

目下ヒロが嫌みを言われたりして
頭を悩ませている女の子は「先生の前ではかなりいい子」
なのだそうです。まさにA子ちゃんみたいなタイプかな。
最近は、言われるたびに
黙ってないで言い返してはいるようだけど
言った後の後味の悪さもあるみたいで、
あまりきつくは言えてないみたいで…
その不満は家へ「お持ち帰り」状態です。

人との距離をうまく取れない
人付き合いの下手な子どもが増えてますね〜。
私達親にも、反省すべき点があるかも…

投稿: ウィリー | 2006年6月18日 (日) 14時57分

ウィリーさんへ☆子ども同士のごちゃごちゃってホントに嫌ですね。A子ちゃんのようなタイプはどこにでも一人かふたりいるんですね。
でも絶対に言い返さないと駄目。
後味の悪さ…ヒロちゃんは優しすぎるんだね。
優しい子の方が生きていきにくい世の中だよね。ホントに反省しないといけない子が平気で生きていってるのよね。
みんながみんなじゃないけど、そういう子たち何となく家庭に問題があるように思えて仕方がない、だからこそ親にもその事実を知らせて欲しいのに…

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月18日 (日) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/2257635

この記事へのトラックバック一覧です: いじめの問題:

« 波乱万丈!オープンスクール | トップページ | 気になる女の子 »