« ビオトープ | トップページ | 波乱万丈!オープンスクール »

またまたお呼び出し

 昨日の12時40分、学校から携帯に電話。

「ナツさんが、給食が一口も食べられないといって保健室に来ています。血糖は280。寒気がすると言ってこの前と同じ症状です」と保健の先生。

実はナツは先週の木曜日にも、寒気がすると言って1時間目で早退しました。その時は多少予測はしていたので…そういつものエネルギー切れ。ハードな週の週末ぐらいになると時々こうなってしまいます。顔つきからしてしんどそうな感じ。目に力がなく目の周りがちょっと赤くなってきます。細身のナツはどうしてもエネルギーの蓄えがきかない。しかも摂取した糖質が全て有効に活用されているわけではなく、無駄に尿糖になってでてしまう。無理が利かない。疲れやすい。そんな感じがしていました。

その日は担任の先生も朝から顔色が悪かったとおっしゃっていました。もちろん親だからよくわかっています。でも熱もないのに休ませるわけにも行かない。そんなわけで電話をもらってすぐに連れて帰りました。一日ゆっくり休むとたいていは回復します。

週末もゆっくり休んだし、まさかまたお呼び出しなんて…しかもわたしはこの日、何だか身体がだるくて、本当ならエアロビクスのレッスンに行くつもりだったのに、お昼を食べてから、眠ってしまいました。行かなくてほんとに良かった。もし行っていたら2時過ぎまで連絡が取れなくなってしまうのです。こういうのって虫の知らせかな。

電話は「ちょっと考えます」といって切りました。寝起きの頭は働いてくれません。でも血糖が280。これって高すぎない。お昼は一口も食べていない、インスリンも打っていない。つまり朝からずっと高くて、今やっと280まで下がったってこと?だとしたら、身体に負担がかかっているはず。食事が取れなかったらやはりおいておくのは無理かも…

とにかく学校に行かなきゃ。急いで車にエンジンかけて、飛ばしました。何ともいえない怒りが込み上げてきます。

ナツに対してではなく、学校に対して、保健の先生に対して。だって今までのように10時半の測定ができていたらその時点で400はあったはず。追加うちで対処していたらここまで、疲れてしまわなくても済んだのに。自分に対しても腹が立つ。ついつい午前中の測定をさせないでずっときたけれど、もしかしたら毎日こんな感じの血糖だったのかも。それなら身体に負担がかかるのは無理もない。こんなに毎日頑張ってコントロールしているのに、どうしてナツだけが普通の子と同じように生活できないのって。泣きたくなるぐらい悔しい。

保健室にまっしぐら。多分わたしの顔ってすごい形相だったと思う。保健の先生には「ふたりだけにしてください」と言って席をはずさせて、ナツに聞きました。

「トイレ行きたかったんじゃない?喉かわかなかった?」そしてもう一度測定。今度は248。少し下がってる。で、すぐに3単位注射。ナツは特に高血糖を感じていなかった。それどころか低血糖を感じてブドウ糖2個食べたとか…はぁ~~ますますわからない。でもどう考えても低血糖にはなっていないはず。やっぱり測らないと駄目なのかな。

「明日から、10時半に教室で測ろうか」

心配して様子を見に来られた担任の先生に、

「多分朝のインスリンが入ってなかったみたいです。午前中ずっと高血糖が続いたので、疲れてしまったみたいです。下がると元気になるので昼食食べたらまた連れてきます。」と言ってランドセルはすべて置いたまま、学校を出ました。目指すはコンビニ。

まだむかむかすると言いながら、とにかくお店の中に…アイスの新作を見つけ、これなら食べれるかも…なんやかんや言いながら、おにぎり1個とアイスと唐揚げを買って家で食べました。5時間目はたいした授業じゃないと言うので、6時間目のクラブに間に合うように学校に連れて行きました。やれやれです。

夕方、今日の「しんどい」の状況をふたりで検証しました。今度から学校でも午前中に測定しようということを納得してくれました。考えてみたら、ランタスに変えてから、午前中のデータを全くとらないでいつも手探りの状態。やっぱりこれでは駄目だよね。

それに給食が食べられなくても今日みたいに打っていないのなら、何も保健室で寝ていなくてもいいんじゃない。血糖が280もあれば倒れるわけもないし…もし、どうしてもわたしが学校に行けない時は、追加打ちして下げておいて後はブドウ糖食べながら乗り切れるんじゃないかな。結局先生方はよくわからないので不安。まるで重病人扱い。ベッドに寝させて毛布をかけてそばに付きっ切り。何でそこまでするのかな。余計に本人に不安感与えて大変そうにしてしまう。このあたりが今後の課題でしょうね。まぁわからないこともないんだけど。

夕食時にナツがぼやいていました。保健の先生が知ったかぶりばかりしてうざい。「こんな気温の差がある時期に、こんな薄い半袖の服なんか着せて」って言われたみたいです。それに鼻がすっとする薬を塗ってあげようかって言ったり…

それを聞くとまたわたしはムカッ。たまたま寒気がするって言ったかもしれないけど。30℃超えるっていう日に長袖着せていく親がいるか?そのほうが、身体に負担でしょう。昨日はそうでなくてもちょっと生地が厚い服だったからかわいそうだったかなって思ったぐらいなのに。ほんとにこの先生がいるだけでこんなにも保健室が不愉快な空間になってしまう。いい加減気が付いてほしい。まだまだ問題は続きそうです。

来週からいよいよプール授業だというのに先が思いやられます。早くナツにもっと体力がついて、自分の身体のことが自分でわかるようになってくれるといいのになとしみじみ思いました。

|

« ビオトープ | トップページ | 波乱万丈!オープンスクール »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
「むかつく~」自分は涼しい保健室にいるからそんなこと言えるんじゃないの?と思ってしまいました。
昨日のhonoがまさにそうでした。うちの場合、昼から保健の先生がいなかったというのもあったし、あんな姿初めてだったとついててくださった教育相談の先生もおっしゃってたししょうがないのかな?と思いつつも保健室に寝かさてタオルケットをかけてもらって、ずっと付き添ってられました。
でも、あんな姿と言う割には連絡が「しんどい」と言ってから2時間経過していました。給食も無理して食べたようです。我が家もまだまだ課題が山積みです。(昨日のはBSはそんなでもなかったけど訴えた症状は低血糖そのものでした。もう少し早く給食をとまでは言わないけど、ツッカー1つ口に入れるなどの処置があったらあれほどのことはなかったように思います)

なっちゃんもしんどかったのが保健の先生のお小言でよけいしんどくなっちゃったんじゃない?
保健の先生、先日のなっちゃんの主治医の先生の説明でわかったんじゃなかったの?ここぞとばかりに弱い子供に自分の意見を押しつけるのはどうなのよ!と怒り爆発です。(教育委員会に訴えてやる~みたいな勢いで怒ってしまいました。多分、私、今、頭から湯気でてるかも^^;)
服のこと、おばあちゃんが孫の心配しているみたい。幼児って大人より1枚少な目でいいっていうじゃない?それを姑が「かわいそうに。こんなんじゃ風邪ひくじゃない?」と言ってあせもが出来そうな分厚いの着せるって感じに思えました^^

投稿: honohono | 2006年6月14日 (水) 20時31分

PS.なっちゃんママさんも体に気をつけてくださいね。
お疲れが出ませんように…。
明日は雨の予報。少し涼しくなるといいですね^^

投稿: honohono | 2006年6月14日 (水) 20時32分

honohonoさんへ☆ねっhonoちゃんとなんだか似てるでしょう。ナツの場合も高血糖とはいっても、400とか500というわけでもないのに。
一つには不安感かな、去年の保健の先生がおられたら、もっと安心感を持って学校生活が送れると思う。周りのおとなたちが心配しすぎるから余計に不安をあおっているような気がする。
もちろん季候の変り目で疲れやすいせいもあるとは思います。
校長先生には、はっきりと言いました。
わたしに対する恨みの感情をここぞとばかりにナツにぶつけている感じがする。どうせわたしが学校に行くまで何にもできないのならそっとしておいてやって欲しいって。
でもこういうところ、うちの姑にそっくりなんです。よく言われましたよ。こんなに寒いのにそんな格好してとか。
なんかむかつく言葉ですよね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月14日 (水) 21時13分

のじおも木曜日ごろから 疲れが溜まっているのがわかります。
夕食の時間に眠くなったり、宿題が進まなかったり。
でも、週末にのんびりすると復活するようです。
なっちゃんものじおも細いので、もっと体力が付くと変わってくるのでしょうね。
しかも昨日はあの暑さですもの(><)
暑さに体が慣れてくる前の30度は、大人でもキツイですよね!
魔法の<コンビニのおにぎり>、食べられたかな?

保健の先生が相変わらずな事に、とてもビックリしています。
少しの謙虚さもなく、しんどい子供に対して高圧的な物言いが。
このヒトには これ以上言ってもどうにもならないのでしょうか。

投稿: のじおママ | 2006年6月14日 (水) 22時31分

のじおママさんへ☆わたしも小さい頃、小食だったし太れない体質なので、ナツのしんどさも少しわかります。
特別IDDMだからっていうんじゃないけど、やはり食べたくても食べられない時があったり、折角食べても有効にエネルギーにならないのだから、こういう時期には身体に負担がきますよね。
昨日はわたしに何がしてやれるんだろう、どうしたらいい方に向かうんだろうってそんなことばかり考えていました。
とにかくナツが好きそうな物を毎日作って、少しでも食べる量を増やして、運動させて、家の中ではのんびりできるように快適な場所になるように、気持ちをサポートしてやれたら。そんなことぐらいしかできない。
給食は食べられなくても不思議とコンビニのおにぎりは食べられるんですよ。やっぱり精神的な問題もあるのかな。
いっそ、県の教育委員会に…っていうことも考えたんですが、とある情報筋によると、わたしたちの県の教委は、あまり動いてくれそうにないみたいです。嫌なことは早く忘れる、これしかないのかな

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月15日 (木) 08時55分

こんばんは~♪ なっちゃんとうとう保健室行ったんですね。 今日は何を言われるんだろうとイヤ~な気持ちでBSもきっと上がったのかもしれませんよ。
でも、こういう時「普通の子供だったら・・・」と悲しくなりますよね。余計な心配もしなくて済んだのに・・・
保健の先生の対応は全然良くなってないですね。 校長先生から言われたことによってなっちゃんママに憎しみを持つようになったの? それは筋違いよね。 でも、ホントにこの手の人間も結構いるんだなぁって思います。 テレビドラマみたい・・・
人間が成長してないんですよね。 ナツちゃんは、絶対素敵な人間になると思うので、10年後、20年後を楽しみがんばりましょうね!

投稿: nao | 2006年6月15日 (木) 19時41分

naoさんへ☆ホント、もしかしたらストレスで急に血糖上がったのかも…だってわたしが行って測ったら15分で32も下がってたし、高かった割には喉の渇きを感じていなかったなぁ。
そう、普通の子だったら一年に1回か、2回ぐらいしか保健室のお世話になることもないのに…だからこんな先生でもそんなに他のお母さんからは苦情もこないし、養護教諭って学校にひとりだけだから、同僚とのトラブルもないし、やりたい放題になるよね。
市内の養護教諭の中でもボス的な存在らしい。
こんな人にまともに相手になる人なんていないわ。
きっと3年たってナツが中学生になったら、あんな先生もいたなぁって笑い話になるんだろうな^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月15日 (木) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/2214199

この記事へのトラックバック一覧です: またまたお呼び出し:

» はじめてきました!! [激安ショッピング研究所 〜最安値でGET〜]
ネットサーフィンできました。素敵なサイトですね!!じっくり読んでいきます♪ [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 21時44分

» メゾピアノ ランドセル 【メゾピアノ ランドセル通販情報局♪】 [メゾピアノ ランドセル@メゾピアノ ランドセル 2007]
突然のTB失礼します。ランドセル等、お子様の入学準備に関するブログを新しくオープンいたしました。まだまだ、パソコン初心者なのですが、もしよろしければ遊びに来ていただけると幸いです。それでは、失礼いたしました。 [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 19時37分

« ビオトープ | トップページ | 波乱万丈!オープンスクール »