« やっぱり見つからない「どうぶつの森」 | トップページ | 我が家の「丼」事情 »

今年最初のプール

 梅雨の中休みの晴れ間で今年初めてのプール授業がきのうありました。5時間目がプールでした。水着バックをさげて帰ってきたナツ、玄関に入るなり浮かない表情。いきなり「ごめんなさ~い、今日忘れてん」

プールの時の補食用にと準備しておいた「ジュース」を自分でプールサイドに持って行くのを忘れたらしい。ということは、補食を何もプールサイドに置かないで、1時間泳いだっていうこと。それってちょっとこわい。もし下がったらどうするつもりだったの?

でもどうして先生がふたりもついていて、その事に気が付かないんだろう、一言「補食持ってきた?」って声掛けしてくれないんだろう?第一先生たち、こわくないの?水泳が血糖値を下げる運動だっていうこと、水の中で知らないうちに低血糖になっていたらどうなるか、あんなに説明したのに、危機感ないんだなぁ。

ちょっとため息が出そう。でも初日からこれじゃあ、他の方法を探すしかないかなと思って、去年の保健の先生に電話しちゃいました。去年までのやり方はこうです。

プール授業の前に、ポカリとブドウ糖を入れた補食セットを保健の先生が担任の先生の職員室の机の上に置いておく。担任の先生はそれを持ってプールへ行く。1時間プールサイドに置いておいて、授業が終わったらまた職員室に持って帰ってくる。幸い、一度もお世話になることのなかった補食セットです。一度担任の先生が持って行くのを忘れていて保健の先生がプールまで追っかけてくださったとか。ナツの学校はプールが校庭の端っこにあるので、職員室からも保健室からもすごく離れています。当然ナツがブドウ糖を置いているのは、校舎の2階の部屋。取りに行って戻るとどんなに走っても5分はかかる。

わたしは、この前学校に補食用のジュースを持って行った時に、それを先生がプールサイドに持って行って置いてもらえると思っていたんだけど、先生はナツのロッカーに入れさせて、自分で持っていって授業中にいつでも飲んでいいからということにしたようです。確かに、最終目標はそこだけど、4年生のナツにはちょっと無理かも…

それで、いつもプールサイドに置いている救急箱の中にスペースがあるからそこにブドウ糖を入れさせてもらうことにしようと…これなら、ナツが何もしなくても自動的にプールサイドに運ばれてくる。早速学校に行って担任の先生にこの事を相談しました。担任の先生、今日ナツが補食を持って行かなかったことに全く気づいておられなかった。そしてナツにはこう言っていた。

「でも先生言ったよ。ほら廊下を降りるときに『あれ持って行ってよ』って声掛けたのに…デモねお母さん、その辺が難しいんですよ。大きな声でブドウ糖とかジュースとか言えないし、他の子にそれ何って聞かれても困るし」と。わたしも確かにこれ以上担任の先生にプレッシャーをかけるのはつらい。去年までは保健の先生が相当動いてくれたから、できていたこと。それならそもそも例の保健の先生って何やってるの。

多分わたしたちが、そっと見守ってやって欲しいと言ったことを逆手にとって、じゃあ何もしなくていいのねっていう感じがする。もちろんおぼれたら助けるでしょう。でもわたしたちが望んでいることってそんなことじゃないのに…

そして今日もプールです。しかも恐怖の4時間目。ナツは今日は自分でジュース運ばなくてもいいのねって安心して出かけました。やっぱり負担に思っていたんだ.。今日はナツに2時間目が終わったら測定するようきつく言いました。その結果に応じての追加打ちOR補食のことも細かく決めたメモを渡しました。去年までは全部保健の先生に説明して、させてもらっていたことです。今年からは、自分で責任持ってさせるしかないでしょう。そしてはらはらドキドキの長い1日です。あ~~あ、ほんとにいつになったら安心して帰ってくるのを待てる日が来るんだろう。

|

« やっぱり見つからない「どうぶつの森」 | トップページ | 我が家の「丼」事情 »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
「でも先生言ったよ。ほら廊下を降りるとき…」
なっちゃんは返事したのかな?と疑問に思ってしまいました。先生は言ってなっちゃんに聞こえてるつもりでもきちんと聞こえず伝わらなかったのかなっと…。なっちゃんの性格上ちゃんと聞こえてると持っていくはずだと思うのです。子供ってきちんと前から声をかけてあげないと耳に入ってないって事ないですか?

今日は忘れず持っていってくれてるといいですね。
なっちゃんの学校は水泳は1時間だけなの?(honoの学校は1~2や3~4と連続であります。敷地外の旧町民プールなので(小学校の隣にあるのですが)着替えや移動の時間を含むんですけど…。
きちっとするのは無理な事、私はhono1人の肩に背負わせている。それってどうよと思いながらもhonoに任せるしかない現状です。

余談ですが、昨日からQを事前に学童へ持って行ってますが、学童の先生が「これって学童から始めるって事は置いておくって事よね」と1本しかないデミペンを大事にしまってらっしゃいました。「そんなのやりえんやん!」と言ったのは言うまでもなく、今日も持っていった際サマキャンの話になり「帰ってきた頃には少し成長してるかも」と言ったら「そうやね~。他の子に打ってるかも」と言われ「それもありえん」とまたも言いました。毎回同じ先生なのですが「もっと正しく勉強しろよ~」と叫びたくなった今日でした。(なっちゃんママさんの所で愚痴ってしまってごめんなさい。でも聞いてもらえて少しスッキリしました)

子供達が関わる全ての大人に正しい知識をもっと自ら勉強して欲しいと事あるごとに思っています。

投稿: honohono | 2006年6月28日 (水) 16時32分

プールって事は、バスタオルをプールサイドに運びますよね。
バスタオルに小さなポケットを付けて、その中にグルコを入れておくってどうですか?
洗う時に気をつけなくちゃならないけど、バスタオルなら忘れる事はなさそうな気がします。まさか水着や帽子に付ける訳には行かないでしょうが、、、バスタオルなら目立たなそうだし。ダメかな?

先生方にとっては<低血糖>って身近な危機じゃないんでしょうね>_<
口でどんなに説明しても、いま一つ。それが現実なんですねT_T
救急箱は絶対にプールサイドに運ばれて来るんですか?
なんとなくそれ自体も心配なのは、、、私だけ?!

投稿: ともか | 2006年6月28日 (水) 19時12分

honohonoさんへ☆ナツはそんなこと先生言わなかったって言います。でも言った言わないになると、所詮子どものほうが弱い、先生は大人だから。
悲しいけど学校ってそういうところがありますよね。先生はどんなふうにでも弁解するし、子どもが聞いたこととか見たことって証拠にはならないんだなぁって。
先生って頭がいいはずなのに、どうしてこんな簡単なことがわからないんだろうってよく思いますよ。特に医学に弱い人に、医学的なことはいくら説明しても無理なんだって痛感してしまいます。

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月28日 (水) 21時47分

ともかさんへ☆ホント、そういう方法もありますね。まだまだ学校に頼らないで、自分たちでできることがあったんですね。
最近、先生方にわかってもらうことにエネルギーを使うのが無駄に思えてしまう。それならナツに自分でできるように教える、そのために工夫する。
そのほうがストレス感じなくていいかも。
救急箱…今日帰ってきたナツに、そこから自分で取り出して食べることができる?って聞いたら、どこにおいてあるかも知らないそうで、結局、下がったら担任の先生に言う、そして担任が持ってきて食べさせる…ことになったようです。
いくら説明しても、水泳が血糖値をよく下げる、泳いでいて低血糖発作を起こすと溺れる、この二つが結びつかないようで、困ります。
もしかして担任の先生も人の話、あんまり聞けない人だったのかも。その時はわかりましたっておっしゃるんだけどなぁ。
とにかくポケット付けてみますね、ありがとう^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月28日 (水) 21時55分

お役にたてそうで良かったわ♪
シエリと同じ病院の子で、この春1年生になった女の子が居るんです。
そのママが言うには、やっぱり学校の先生方があてにならないそうで、もしもの時の為に下着の胸付近に全部小さなポケットを付けて、そこにグルコを入れる事にしたと言っていたのを思い出したので。
最初は「ポシェットに入れて常に携帯させて下さい」と言われたそうです。そんなのって有り得ないですよね>_<
「自分の子供は自分で守らないと」と言ってました。
そっか〜。泳いでいて低血糖発作を起こすと溺れちゃうんですね。確かにそうだわ!私もスイミング前のコントロールは気を付けます!
学校の先生って、、、ちょっと偏った方が多くないですか?狭い世界だからね。

投稿: ともか | 2006年6月28日 (水) 22時56分

深夜にこんばんは^^
今日・・・昨日のプールはどうでしたか~?
帰ってきて、そうそう謝るなっちゃん・・・やはり負担に感じていたんですね。
他の子が持っていかないものを余分に持つのはやはり、子供ですもんねぇ、初プールで友達とはしゃいでいたりすると忘れますよね。
先生の言い訳っぽいのも、なんか嫌ですね~>_<
一緒にいい方法を考えてくれたってよさそうなのに(`_´#

ハルも水泳教室体験行ってみようと思ってますが、要注意ですね!!

それと・・・遅カキコですが、巻き巻き料理!読んでるだけで匂いがしてきそうで、美味しそうでした>▽<
明日・・・いえ、今日豚肉あるんで早速やってみよう♪

投稿: はるママ | 2006年6月29日 (木) 02時56分

ともかさんへ☆ナツも去年まではスイミング行ってたんですよ。その頃も、午後のNがよく効いて、よく下がりました^^;
個人差はあると思うけど、ナツはプールやお風呂でよく下がるタイプです。それと低血糖の症状にも寄るけど、手が震える、足がもたつくっていう子だとプールでは足がつると思う。
昨日は、一応測定して補食したんだけど、わたしが書いた補食のメモが汚くて、ほんとはジュース&ブドウ糖2個を採らないといけないぐらい低かったのに、見間違えて、ブドウ糖2個しか食べていないの。
多分給食前は低かったと思うよ~~。去年までならこの辺は保健の先生にチェックしてもらっていたんだけど…でも、もう学校なんてあてにしないわ。ありがとう♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月29日 (木) 08時50分

はるママさんへ♪昨日はびっくり。2時間目が終わって測ったら110。で、その場合は、プール前にジュース&ブドウ糖だよっていっておいたのに、家に帰ってみるとジュースが減っていない。
メモを見間違えて、ブドウ糖2個しか食べていないの。それでよく2時間も(そのうち1時間はプールの中)もったねって不思議です。
ランタスに変えてから、去年のNほど下がらないから、それともプール授業がストレスで血糖上げちゃったとか。
どっちにしても毎日綱渡りのような気分です。
早く1学期が終わるといいな…ですね。
水泳教室は、確かにドキドキだけど、泳ぐとどれくらい下がるかがつかめるから、お勧めです。少人数で見てくれるから安心だしね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月29日 (木) 08時57分

プールでの低血糖は確かに怖いです。うちのIDDM娘は中2の夏にプールで低血糖を起こしました(/_;)
授業前にしっかり血糖をチェックしてちょっと低かったので、カロリーメイトを2個食べていたにもかかわらず・・・です。
プールは全身運動だからでしょうか?その日の運動量が特に激しかったからでしょうか?
本人の言葉では「泳いでる最中にクラッって感じがして目が霞んだからヤバイ早くプールから出なきゃ!と慌ててプールのハジッコまで辿り着いたけど力が入らなくて上れなかった」ということで・・・そのままプールサイドで溺れかけました。
幸いクラスメートが気付いて直に教諭を呼び、みんなでプールから救出してくれました。
その時にIDDM娘の意識はかろうじて有ってみんなの言ってる事は全部聞こえているけれど、目が見えない声が出せない口が聞けない。痙攣ほど酷くないけどかすかに手足が震えている状態だったようです。
プールと保健室が近かったので保健室の先生が飛んで来て、何かを食べれる状態ではなかったので、まずグルコサプライを口に押し込んだ後に口移しでジュースを飲ませてくれたとのことです。
担任からの連絡で私は学校に駆けつけた時(多分20分後くらい経過していたと思います)には、もう意識もはっきりしていたので、救急車のお世話にならずに済みました。
保健室の先生から聞いたところ、第一報は「誰かが溺れた」というものだったようで、IDDM娘が低血糖を起こして溺れかけたとは認識してなかったけれど、心のどこかで「もしかして!?」って思って咄嗟にグルコサプライ&ジュース(保健室に常備して貰っていた)を持ってプールに走ってくれたそうです。
その後はプールの時は、IDDM娘も教諭もソレまで以上に気を付けるようになり、途中で血糖測定(低ければ補食)して低血糖を起こしていません。
今、高3ですが、プールでの低血糖の恐怖はかなりのトラウマのようで、プールの無い高校を選んで(選ぶ基準が変ですけど(^^ゞ)受験したんですよ(~_~;)
IDDM娘は合格して「やったー!プールの授業受けなくて良いんだ♪」と大喜びでした(^_^)v

投稿: ぱんだマム | 2006年6月29日 (木) 10時39分

ぱんだマムさんへ☆やっぱりプールは恐いですよね。わたしは以前、南先生の本で、お風呂で低血糖発作を起こして亡くなられた年配の患者さんの話を読んでから、水は恐いって思うようになりました。
昨日も校長先生に言ったんです。保健の先生にしたら、溺れかけたら助けてあげるやんって思われてるかもしれないけれど、それ以前に予防する手段を考えてやって欲しい。一度そういう経験をしてしまうと、子どもが水を恐がる、低血糖を恐がる。これからの一生に影響を与える、それがわかっていないんですよね。
しかも保健室の補食は全て引き上げさせられているから、もしプールサイドにきちんと置いていなかったら、ナツにしかおいている場所がわからないはず。
昨日の寝る前には、35だったけど、低血糖症状が出なかった。なかなか70で絶対にわかるとかは無理ですもんね。
お嬢さんは、お友だちと海やプールに行くのもやっぱり恐いのかな。これから大きくなっていったら、彼氏とだって海行きたくなるはずですもんね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月29日 (木) 13時44分

こんにちは!
プールはじまったのですね~。
本当にドキドキしますよね。

う~ん。。実はこむりんも先生はあてにしていません。
1年生の時は担任はしっかりしていたので安心だったのですが保険の先生が新卒で、2年生の時は担任の先生が新卒で。。
先生がいっぱいいっぱいなので、移動する時に捕食を持って行ってくれたことなんて1度もないんですよ~!説明はしているのに。涙
こむりんは2年生の時から先生はあてにならないと判断して、
体育やプールの時には自分でブドウ糖を持っていく事にしたそうです。
(という話をあとでこむりんに聞いて、ちょっとムッとしましたけれど
その分自分でなんとかしなくちゃという気持ちになってくれたのでそれもいいかなと。^^;)
なので必要ないかな、と思っても3~4時間目がプールの時は捕食ということに決めました。
お昼に高くてもそこでインスリンを入れるので、低血糖で倒れるよりはいいかな。。くらいの気持ちです。
本当は、保険の先生がしっかりわかってくださるといいのですけれどね。。とは言っても無理だと思うので自分の命は自分で守る!しかないのですね。
なんだか私も愚痴になってしまいました~

先生をあてにせずに済んでだれでも捕食の場所がわかる良い方法があったらいいなあ。

でも、せっかくのプールですものね、楽しく入れるのがいいですね。^^


投稿: じゃこちゃん | 2006年6月29日 (木) 17時46分

ああ~~~!!
保健が保険になってる。。汗
はずかしい~~~

投稿: じゃこちゃん | 2006年6月29日 (木) 18時23分

じゃこちゃんへ☆変換ミス、わたしもよくやっちゃいます、気にしないでね。
こむりんちゃんは、ナツより小さいのにしっかりしてると思う。今回の状況はナツにとっては自立のチャンスかなって思うようにしています。昨年までの保健の先生がよすぎただけにギャップに悩みます>_<
来年は自然学校(5日間)だし、さ来年は修学旅行だし、それを考えると、やっぱりナツには「自分の身体は自分で守る」事を自覚していって欲しい。
いつも思うけど、親がしてやれることなんて限りがあるよね。
今日のプールは3時間目で測定している時間が取れないから、測定なしでとにかく1時間泳ぐのに見合う補食をとってから、プールに入ってねって言いました。(ジュース少しとブドウ糖2個)
まずはクリアーして帰ってきました。うん、この調子この調子。

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月29日 (木) 20時52分

プールの授業始まったんですね。 4年生ぐらいになると「水遊び」から「水泳」になるんですよね!
ブドウ糖を忘れていって何もなくて幸いでした。先生も今までなんともないことが多いから、「大丈夫」ていう気持ちが強いんでしょうね~。
まーくもプールの時、初めは先生に渡していたようですが、3人の先生が中に入ることが多いので、バッグに入れたままプールサイドに置いているようです。それで間に合えばいいのですが・・・
でも、パンダマムさんの話を聞いていたら少し心配になりました。
プールの中で低くなったら足とかつって溺れちゃったりするのかな?上手く伝えられるかな?
やっぱり高くキープするしかないのかなぁ?
ナツちゃんもいい方法がみつかるといいですね。

閉めレス後に書いてごめんなさい><

投稿: nao | 2006年6月29日 (木) 20時56分

naoさんへ☆閉めレス…いえいえいつでも大丈夫ですよ♪高くキープする、これも実は難しいんです。300超えて運動すると、下がるどころか逆に上がります。もちろん身体には負担がかかるし、本人もかなり疲れると思う。
だから4時間目のときは、すごく嫌。昨日も2時間目終わったら測って、もし350超えていたら、1.5単位打ってねって言いました。
でもそこで打つとQの作用時間に泳ぐことになってしまうのです。
だから、やっぱり普段なみに打っておいて補食して泳ぐのが、いいかな…と。今日は測定なしで、ジュース少しとブドウ糖2個食べてから、泳いでねって言いました。給食前に測ってくれないからデータも取れないし…やれやれです^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年6月29日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/2411565

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初のプール:

» 100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」の誕生 [100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」]
はじめまして。次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」誕生のご挨拶させていただいております。毎日少しずつ進化する楽しいコンテンツ満載のポータルサイトです。ぜひ一度お越しください。それでは失礼致しました。 [続きを読む]

受信: 2006年7月12日 (水) 01時10分

« やっぱり見つからない「どうぶつの森」 | トップページ | 我が家の「丼」事情 »