« 緊急退院 | トップページ | 過保護? »

いろいろ思う…

 父の退院手続きのため、昨日は一人で病院へ戻りました。外泊ということでベッドを置いておきたかったのですが、そうすると訪問看護が実費になってしまうとので、やはり退院手続きをとりました。父のベッドがそのままにされている病室に入ると、ここで父は最期を迎えるはずだった…胸が詰まります。。

昨日の一部始終を知っておられる看護師さんと話しました。

「昨日の判断はすごかったですね。偉いな~~~ってみんなで話していたんですよ」っておっしゃってくれました。そうなんだ。普通は患者を説得してでも病院に置こうとするものらしい、家族って。わたしのようにじゃあすぐに連れて帰る、これってすごいことらしい。どうしてだろう、わたしは父の姿を見た瞬間、連れて帰ろうって思った。母にも主人にも相談しないでとっさにそう判断した。ある意味、これは母にとって負担をかける結果になってしまったことになる。連れて帰るといってもわたしは面倒をずっと見てあげられるわけじゃないんだから。でも何とかなる、そう判断した。

よくわからないけど、ナツの発症、そしてこの病気との付き合いでわたしはそういう考え方ができるようになった気がする。確かに不安はあるけど、いざとなれば受け入れてくれる病院がある、救急車を呼べばいいじゃない、そして在宅で最大限に使える薬さえあるなら、病院でなくても医師がすぐに飛んでこれなくてもなんとかやっていけるんじゃないかな、いけるとことまで行こう。最後には助けてもらえる。何より治療の主体は患者本人で支えることができるのは家族。今までわたしたちはこうしてやってきたから。思えばナツの発症時の入院の時も、最終的に退院を1週間も早めて外泊ということで帰ってきちゃったなぁ。あの時の押しつぶされそうな不安に比べると(比べるものじゃないのはわかるけど)今回のほうがまだ楽に思えてしまう。

実際に帰ってみると、なかなか在宅で24時間点滴を打つことは不可能なんだという壁に早速ぶつかった。できれば1日に1リットルの点滴をしてくださいと言われていたけれど、250mlを2回入れるのがやっとでした。それさえ途中で漏れたりして入りきらない。でも、点滴をたくさん入れるとガン細胞にも栄養を与えることになるので最近のホスピスではそんなにいれないらしいと主治医の先生は言われた。何が本人のためになるかは本当にわからない。それに病院と違って、在宅で使っている針は、太くて痛い。これをずっと入れておくことはかなりの苦痛になるらしい。後は経口で可能な限り栄養剤と電解質がどこまで採れるかにかかってくる。今までは点滴の間、訪問看護師さんにはずっとついてもらっていたけれど、今回からは針の抜き方を教わって、わたしか母がどちらかが抜くことにしました。これで少しでもたくさん点滴を入れてやることができれば…

入院中の疲れが出たのか、帰ってきたときの興奮が収まると、父は目に見えて弱ってきているのがわかります。ベッドから身体を起こすのがやっとになってしまいました。本人も漠然と自分のおかれている状況がわかってきているようです。だけど入院していたことも無理矢理帰ってきたことも全く覚えていません。困ったものです。1週間前には、外来を受診することもできたのに、明日の外来はとうとうわたしがひとりで行くことになりました。こうして一つ一つできていたことができなくなる、車の運転も買い物もそうです。

ユウが学校から帰ってくる3時までには家に戻ります。正直家に帰るとホッとします。そしてこういう時なぜかナツの血糖の事もプールのことも忘れています。あと3日でプール授業も終わります。どうか、どうか何事もありませんように…

|

« 緊急退院 | トップページ | 過保護? »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママさ~ん! 大丈夫ですか?
お父様 退院されて なっちゃんママがいろいろ考える・・・
なっちゃんママのお父様は なんて幸せ なのでしょう!!

 病気を受け止める・・IDDMで鍛えられているとはいうものの、そうはできない! なっちゃんママは偉いなぁ!

 ターミナルケア・・これからの日本の大きな課題ですね。

毎日お父様のところに行かれているのでしょう? なっちゃんママがくれぐれも倒れないように、是非とも! いろいろなこと手抜きしてください。私からのお願いです。

投稿: keiko | 2006年7月12日 (水) 21時21分

keikoさんありがとう。家に帰ったら極力身体を休めることにしています。夕食はしばらく手抜きで乗り切ります。
実母は、昔はすごく元気でタフな人だったのに、1年前にそれまでのいろいろなストレスからうつを発症して、それ以来人が変わったみたいに気弱になりました。
だからこういう時に最終的な決断はわたしがしないといけない。
今以上に母に負担がかかってくるとまたうつがひどくなると困るので、わたしが毎日通っています。それだけでも母にはすごく助かるみたいです。
誰かのために頑張れることは、ある意味幸せなことかも…
だから明日もまた行ってきま~~す。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月12日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/2610169

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ思う…:

» おっ!1ヶ月半で−5㎏!!・・・小遣いまで稼げた〜♪ [自宅de開業]
自分がいい思いするほど稼げる仕事ってあったんだなぁ〜♪ 自分にできるわけ無いって思ってたけど、このたった数万円がこんなに うれしいなんて〜♪ しかもナイスバディまで手に入っちゃった♪♪♪ 貴方の記事の紹介はhttp://f55.aaa.livedoor.jp/~zzzzz/gsblog/index.phpでしています。... [続きを読む]

受信: 2006年7月25日 (火) 06時36分

« 緊急退院 | トップページ | 過保護? »