« 医師からの「最後の話」 | トップページ | 「プレキャン」 »

「夕涼み会」

 昨日は、ナツたちが卒園した保育所の「夕涼み会」の日でした。しかし…その事を知ったのはなんと昨日の5時でした>_<   毎年、7月の最後の土曜日(雨なら次の日)というパターンになっているので、ちょっと考えたら前からわかっていたはずなのに。今年は忙しくてすっかり忘れていたのです。しかも午前中、わたしは父の付き添いで病院へ、子どもたちは主人のテニスに付き合って、お出掛け。ちょっとバテバテでした。夕食は餃子にしようと材料だけ買って、何も準備もしていないのに。いきなり5時に、

「お母さん、今日保育所の夕涼み会なんだって、行っていい?」

そこからが大変。保育所に行っている子どものいるママ友にメール、時間を聞いて、夕食の準備。キャベツとにらを刻んで…と、急にバタバタ。おまけに浴衣を着るなんて言い出すし。(例の浴衣、昨日の午後に届きました。)餃子を包んで、食べて6時。さぁ浴衣、どうやって着せよう。単位はどれだけ打とう。補食は…もう頭の中はパニック寸前。

たいしたことではないのですが、今のわたしに、気持ちも体力も余裕がないのです。だからこういう時、てきぱきやろうとしてもできなくてイライラだけが募る。せめて前もってわかっていたら、夕食のメニューも浴衣の着せ方も、持って行く物の用意もきちんをするのに…この前もって用意しておく、ということができないとすごく落ち着かないわたし。結局、むこうでジュースもアイスも売っているから、普通に6単位打って、補食をしっかりもたせて出かけました。お小遣いはふたりで1000円だけよ。(1000円の夜店券というのを買わされて、11枚の100円券がついているのです)と納得させて…(これに一番時間をとってしまった)

出かけた後、もちろん心配です、心配で心配で仕方がないのです。遊んでいると下がっても気がつかないナツ、しかも夕飯はイレギュラーだし、よく歩くし、逆に、もしジュース、アイス、綿菓子って食べ過ぎたら…これも頭ではわかっていても友だちに誘われたら、ついつい…食べてしまうでしょう。親は子どもの性格わかりすぎるほどわかっているから、だから心配なんです。いっそ昔のように小さくて、母親がどこにでも付いて行かないといけないっていう時期のほうが、ある意味では安心でした。これから何年か、自立に向かう時期が親は一番辛いのかも…

でも、終わってしまえばどうということはないのです。ユウは300円の券を使って「カブトムシの抽選」というのをして、飼育セット1式があたって、ご満悦!ナツは何も食べ物は口にしていませんでした。友だちにもいっぱい会えたようです。ふたりでスーパーボール救い(毎年恒例)と抽選をしていました。お金は予定の金額はすっかり使い切ってい111_1170ました。心配していた血糖、9時に54でした。おかげさまでよく下がっていました。

何だか急な飛び入り行事のせいで、忙しい1日でした。でもこれでひとつ夏の思い出ができてよかった、よかった。

|

« 医師からの「最後の話」 | トップページ | 「プレキャン」 »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪
なっちゃんかわいい~☆
これが例の落札した浴衣ですね♪
届いてすぐに着る機会があってよかった~

毎日暑いですがお体を大切にして下さい。
なっちゃママさんが倒れちゃうとそれこそ大変。
休めるときは休む、手を抜くところは抜く…。

お父様の痛みも少し楽になるといいですね。
私自身、実父の介護はしていないのです。その時まだ母は元気だったから…。私によく言ってました「お母ちゃんはお父ちゃんが一番だから、お父ちゃんの面倒はお母ちゃんが見るよ。そのかわり○○(私の名)の子供小さいけれど自分で何とか頑張って。」と…。今はその母もhonoの手が離れたあたりから体調を崩し定期的に病院へ行っています。

投稿: honohono | 2006年7月30日 (日) 13時04分

はじめまして
honohonoさんトコから遊びに来ました!
チャコママです。どうぞヨロシクお願いします。
以前、太陽ママでコメント頂きありがとうございました!

バタバタの1日お疲れ様でした。
でも子供達はとてもENJOY☆出来たようで良かったですね!
うちはまだ子供が小さいのでズット一緒です。
1人で出かけるようになるとホント心配でしょうね・・・
チャコが1人で出かけるような歳になったら心配で心配で携帯とか持たせちゃいそう(^^;)

投稿: チャコママ | 2006年7月30日 (日) 13時49分

honohonoさんへ☆わたしも母が以前はすごく元気な人だったから、わたしたちが直接父の看病や付き添いをすることになるなんて、夢にも思っていなかったのです。もし昨年、母がうつ病になっていなかったら、多分今でもそうだったと思う。
だからすごく辛いけど、神様がわたしにこういう機会を与えるために、母をうつにしたのかなって、どんなことにも意味があるのかなって思うようにしています。
ナツの浴衣、オークションで十分でした。それにしても色黒に浴衣…似合わない^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月30日 (日) 15時29分

チャコママさんへ☆訪問&コメントありがとうございます。
太陽ママさんのところで…覚えてますよ~~^^
小さいときの発症、想像できないぐらい大変なことが多いと思います。
ナツは小2の発症だったので、まだ全て自分でっていうのはもちろん無理。でもあっという間に自立に向かう年齢になってしまいました。
自分で単位を決める、声賭けしなくても自分で打てる、低いと思ったら自分で測る、食べる。それが目標ですが、なかなか難しいです。
昨日、実はナツが出かけたあと、なぜか泣いてしまいました。
「IDDMでなかったら、こんな心配しなくてもいいのに…」って。
そっと後から付いていって、気が付かれないように見ておいたらって主人。でもその体力さえ昨日は残っていなかった…トホホです。
また遊びに来てくださいね^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月30日 (日) 15時38分

初めまして♪いつも覗いてはいたんですがなかなかコメントを書き込みするまではいきませんでした。
我が家には5歳発症、現10歳の娘がおります。
色々なブログを徘徊し、こちらにもたどり着きました。

太陽ママさんの所にも1~2回書き込みしたことがあります。
IDDMの子を持つママ達のブログを覗かせていただいているうち、私だけじゃないんだなって日頃の励みになっています。
つらいこともあるけれど嬉しいこと楽しいことを数えて行こうって思えるようにもなりました。
これからもちょくちょく覗かせていただきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

なっちゃんママさん、お父様のことも大変な時期でしょうけど、何とか乗り越えてくださいね。
陰ながら見守っております。

投稿: フラワー | 2006年7月30日 (日) 19時09分

フラワーさんへ☆はじめまして。コメントありがとうございます。
覗いていただいていたんですね。嬉しいです。
10歳…5年生ですか?ナツと年齢が近いですね。
でも発症から5年、もうすっかり生活の一部なのでしょうね。
ナツは、受け入れてはいても、まだまだひとごとみたいなところがあって、単位は親任せ、言わなければ打ち忘れ…なかなか難しいです。
IDDMになってよかったことが、いっぱい見つけられるそんな生き方をしていって欲しい。
だからまずはわたしたち親がそう思って生きていかないと…ですね。
わたしはブログを通して同じ気持ちをわかってくれる人たちに出会えたこと、とても幸せだなって思います。
またちょくちょく覗いてくださいね。
コメントもおまちしていま~~~す^^
父のこともありがとうございます。何とか乗り越えていきたいです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月30日 (日) 20時47分

夏の恒例行事なんですね〜
久々にいろんな友達にも会えたのかな
かわいい浴衣も着れてうれしそうななっちゃん。
良かったですね〜

うちも、昨夜はヒロとお祭りを満喫してきました。
あちこち夜店をひやかして、いろいろ食べたけど
血糖値も下がって中々いい事づくめ、
やっぱり歩かないとな〜なんて
思いました(くたびれたけどね(笑)

投稿: ウィリー | 2006年7月31日 (月) 12時35分

ブログの訪問カキコありがとう^^
きゃぁ~~なっちゃん可愛い♪ブルーの浴衣がよく似合ってるね。
やっぱ~女の子って良いわ~(ないものねだり笑)
そうだよね。子供って親が思っている以上に自分でしっかり血糖考えたりするんだよね。
お友達にも会えた様だし楽しい1日だったんだね。
家のあずま、最近はご飯食べたらあっ!と言う間にいないのよー親はいっぱい心配あるんだけどね。あはは~。
ユウ君すごいね!くじ運良いね!家のも引いてもらおうかしら(笑)

投稿: なつき | 2006年7月31日 (月) 14時07分

ウィリーさんへ☆お祭り…わたしも子どもの頃は好きだったのになぁ。最近はあの人込みと砂埃が苦手^^;
ヒロちゃんと一緒にお祭り、楽しまれたのですね。いいないいな^^夏の思い出ですね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月31日 (月) 19時52分

なつきさんへ☆なぜだかユウはくじ運が強くていつもいい物を当ててきます。
そうなると機嫌が悪いのはナツ。でも昨日はまだいいほうで、ひどい時は泣いたり怒ったりと、うるさいのなんの^^;
あずまくんはすぐに消えてしまうのね。男の子はそうなんだ。
朝から晩まで「おかあさ~~ん」を連呼しているユウもそのうちそうなるんでしょうね。嬉しいようなさびしいような。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月31日 (月) 19時56分

こんばんは~~♪

かわいい~~!^^と思わず拡大!してしまいました~♪
保育所の夕涼み会にまだお友だちも集まるのですね~
いいなあ。
うちの子どもたちの幼稚園は卒園した年くらいしかみんな行かなくて寂しいです。。
なので今年は浴衣も用意してなくて。。かわいそうかなあ★

なっちゃんママさんは子供を信じて出してあげられるのが素晴らしいと思います!!私だったら付いて行っちゃいそうだもの。。でもそれじゃあいつまでたっても自分で考えられなくなりそうですよね~。
それに、何も食べなかったナツちゃんもすごい。心のどこかに、食べると上がるっていうのがいつもあるんですよね~。子供でも。本当にえらい♪
ちゃんと自立できているんですね。^^

投稿: じゃこちゃん | 2006年7月31日 (月) 23時47分

じゃこちゃんへ☆孫にも衣装ですよ^^;
4年生にもなってまだ保育所の夕涼み会なんて…って思うんだけど、本人は楽しんできたみたいです。
信じてやりたいけど、心配はつきません。発症時には、ナツはもう卒園していたけれど、ユウが保育所に通っていたので、保育所の先生方にはナツのことは話しているのです…それで、まぁ何かあったら連絡がくるからちょっとは安心なんだけど。少しずつ手を離して行かないといけないんだよね、親は。

投稿: なっちゃんママ | 2006年8月 1日 (火) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/2858684

この記事へのトラックバック一覧です: 「夕涼み会」:

« 医師からの「最後の話」 | トップページ | 「プレキャン」 »