« 「親子バドミントン教室」 | トップページ | 話し合い »

憂鬱な週明け

 3連休明けの火曜日、朝から雨。昨夜は久しぶりに涼しい夜で熟睡できました。わたしたちの住んでいる地域は朝と夜の気温の差が激しいのです。朝起きると、ちょっと肌寒い。でも布団は薄い夏用のままです。しまった、寝冷えしたかも…起きてきたふたりは、「寒いよ~~」まったく7月の半ばだというのに、変な話です。そして朝ごはんを食べても今ひとつ元気の出ないナツ。あんまり寒いっていうので熱を測らせました。36度9分…風邪ひいたのかな。こういう時は学校に行かせるのがとても不安なわたしです。もちろんわたしは今日も実父の看病のため、実家に行きます。この分だと午前中にお呼び出しになるかもしれません。9時ごろまで様子をみようか…とりあえず学校には遅れていくと連絡しましたが、お腹が痛いと言い出すし。結局休ませました。

そしていつもどおりナツを連れて実家へ。喜んだのは父だけです。(父はナツが大好きなので)母は、わたしが父のためにナツの事を犠牲にしていることをよく知っています。でもどうすることもできない。明日とあさってで1学期は終わりです。悲しい判断ですが2学期に入った頃には、おそらく父はもうここにはいないでしょう。だから今日だけ…もうこれで最後だから、それにナツには学校で勉強する以上のことが、きっと何か学べると…これはわたしの勝手な慰めです。

こうして1日ごろごろしていると、ナツは復活します。みんなが帰る3時ごろにはすっかり元気です。、朝、無理して行かせていてもよかったのかも…と後悔します。今日も相変わらず友だちが何人か来て、夕方までわいわいがやがやと遊んでいました。「そういえば、なっちゃん今日休んでいたよね、何で?」   こういうのりなんです^^;

そしてみんなが帰って夕食にしようかと思ったら、電話。担任の先生でした。

びっくりしました。「今から、わたしと校長、教頭、養護教諭の4人でお宅に伺います。」

はぁ~~~今からですか?(わたしたち今から夕食なんですけど…)

今は気持ちの余裕がないのでそういう機会を持ちたくないと断ったのですが、じゃあいつ頃ならいいのですか?何とか今学期のうちに何らかの形で話し合いをもちたい、養護教諭の話によると、学校ではナツさんとは普通に接している、怒っているのはお母さんだけではないのかと…そういうことを言われました。

そりゃぁそうでしょう、幼稚園の子ではあるまいし、いくら嫌いだからといって学校で養護教諭を無視しているわけではないでしょう。挨拶もするし話しかけられたら答えもするでしょう。「ナツはクラスの嫌いなお友だちとでもそういう気持ちを殺して普通に接していますよ。もう4年生ですから、それぐらいはできると思います。」と答えました。わたしだって前向きに解決に向けてきちんと話し合いを持ちたい。でもそれで謝ってもらったからといって、わたしの気持ちが落ち着いてもナツが養護教諭に対して持っているわだかまりや恐怖感がなくなるとは思えない。つまり市教委に対して、学校側はこれだけしましたという何かを残しておきたいだけ。わかっているけど、これ以上先延ばしすることで、わたしの個人的な感情だと思われるのはいやなので明日、3時から話し合いを持つことにしました。

何でこんなややこしい時期に…そうです、わたしが市教委に電話したからです。自分からアクション起こしてしまったのだから、仕方がないのです。しかし憂鬱な週明けになってしまいました。まだちょっとトンネルの出口は見えそうにないのですが…

|

« 「親子バドミントン教室」 | トップページ | 話し合い »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママ~!
気のきいたことの言えない私ですが
 ガンバ!  

 もし都合がつくなら、明日 大事なことですし、パパさんとかお母様とかお義母さまとか・・・大人に立ち会ってもらえるといいのではと思うのですが・・・ダメかしら?

 明日の3時・・私もドキドキしながら 上手くいきすよう お祈りします。。

 なっちゃん 復活してよかったです~♪♪

投稿: keiko | 2006年7月18日 (火) 21時22分

こんばんは~♪
まるで我が家を見ているようです。さすがに6者面談(教頭・教育相談・担任・学童・主人・私)は話のまま流れそうですが…。
でも担任だけは来ましたよ。本当にご飯時に…。たまたまいた主人が対応してくれましたが担任はそれですんだと思っているようです。今朝も連絡ノートに記入して消してしまいました。私からアクションを起こしたことだけど今回は起こさないで見てみようと…。でも私の心は閉ざしたままなので明後日に予定されている個人面談はお願いして主人に行ってもらいます(honoだけ…次男は最後なので私が行きますが…)2年生の最後の方で「普通に担任を選んでください」とだけお願いしようと思っています。まだ先の話ですがそれで貧乏くじを引いたらそれはそれでそれなりの対応をしたらいいかな?って言う具合にと今は考えています。

明日の3時4対1だけどガンバ!そばにはいてあげられないけどなっちゃんママさんには沢山の味方がバックにいるからね~^^
なっちゃん明日は元気に学校行けるといいね♪

投稿: honohono | 2006年7月18日 (火) 23時10分

こんばんは^^
なっちゃん、体調戻ってよかったですね。

明日、ついに話し合いなんですね。
もしかしたら、憂鬱で眠れなかったりしていないでしょうか?

>怒っているのはお母さんだけではないのかと・・・
これを聞く限り、解決させようとするつもりがあるようには見えませんね・・・
単に形だけ訪問しておく・・・とか。
なっちゃんママさんが納得のいく話し合いが持てるといいですね。

投稿: はるママ | 2006年7月19日 (水) 00時07分

keikoさんへ☆昨夜は12時までその事で主人と話しをしていました。男の人の考えはやっぱりまた違うんだって思いました。
主人が言うには、養護教諭…単におせっかいなだけで、そのおせっかいのピントがずれている、深く物事を考えないだけ(実は主人の母にタイプが似ているんです。)
それより、担任の先生の方がもっと”変”に思えるって言っていました。確かに今頃になって、怒っているのはお母さんだけでしょうって言うんだもん。全然問題の核心が見えていない>_<
わたしもちょっとがっかりしました。前途多難です。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月19日 (水) 08時41分

昨日からすごい雨になっていますが、そちらは大丈夫ですか?
何だか物々しい事になりそうですね。
なっちゃんママにしてみれば、あやまって欲しいとか
そういう問題ではなくて、やっぱり変えて欲しい気持ちが
大きいのだと思うのですけど、どうも学校側は
そのへん取り違えているようで歯がゆいです。

どうか、少しでも良い方向に向かっていきますように
私も遠くから祈っています…

投稿: ウィリー | 2006年7月19日 (水) 08時45分

honohonoさんへ☆うん、頑張ります。昨日の主人と話していて思ったんだけど、いつか必ずまたわたしたちの市からもIDDMを発症する子どもがいるはず。その時、もし今、ナツの学校にいる先生方が、接する機会を持ったら、「この病気の子どもって厄介なのよね。親がうるさいのよね」って先入観で扱われるとかわいそう。
どうしてわたしたちが怒っているか、自分たちがどんなにひどいことをしたのか…その部分はきちんを説明しないといけないと思っています。
いつも思うのはわたしの気がすめば解決する問題じゃない。そこから一緒にナツの事を考えてもらわないといけないのに。
担任の感覚がここにきてとんちんかんだなって思いました。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月19日 (水) 08時47分

はるママさんへ☆そうでしょう。おかしいでしょう。今頃何言ってるのって感じます。だから校長先生のおっしゃるように養護教諭が反省している、謝りたいっていっているそれってみんな嘘だったんだってわかってしまいました。
しかもその養護教諭の言うことを真に受けてしまった担任の先生。わたしがいままで説明したこと、ほとんど理解していない。単にわたしのヒステリー…そう思っているみたいです。
主人もこのことには怒っていました。担任の先生は養護教諭以上にピントがずれてるって…そもそも主治医をよんでクラスの子どもに説明させるなんて言い出す人ですから(主人はまだ根に持ってる)
昨日、さすがによく眠れなかった~~わたしこういうの本当は苦手なんだけど、IDDMママやってるとたくましくなります。ハイ!

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月19日 (水) 08時53分

ウィリーさんへ☆実はこの辺は警報が出て、子どもたちは自宅待機中です。10時まで待っても解除されなかったら休校が決定になります。
よりによってこんな日に…
朝いつもつけているテレビでその日の星座別占いというのをやっていてそれによると、わたし、ふたご座は「二重バツ」だそうです。
もう最悪だ~~。でもいいのです。
天気にも星座にも見放されても、いっぱい応援してくれる人がいる。同じ気持ちをわかってもらえる人がいる、そう思うだけで勇気をもらっていますよ~~。
それにしてもわかってほしいことがわかってもらえない歯がゆさ。一体どう説明したらいいのよって思いますね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月19日 (水) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/2709031

この記事へのトラックバック一覧です: 憂鬱な週明け:

« 「親子バドミントン教室」 | トップページ | 話し合い »