« 使用期限切れのノボラピッド | トップページ | 緊急退院 »

父の入院

 昨日の朝の出来事です。1週間で最後の日、金曜日。やれやれです。いつものようにナツとユウが起きてちょうど朝食を食べようとした時、わたしの携帯がなりました。とっさにいやな予感。思ったとおり母からでした。でも電波の状態が悪く切れました。こちらからかけてもつながりません。両親は今、介護付の施設で生活しています。だからこういう時は助かります。そこに電話をしたら何が起こったのかすぐにわかります。

早速電話をして確認したら、夜間に父の吐き気がひどくて朝、7時にタクシーで病院に向かったと…わたしもあわてて朝の片付けや洗濯をしました。そしたらまた母から電話、今度は話ができました。結局入院することになったから…

もうこうなるとしばらくわたしの頭からナツの血糖コントロールのことが離れてくれます。今日はまたプールがあるので朝は少なめに4単位打ってね。入る前にはブドウ糖食べてね。最低限の指示しかできません。もうそれどころではないから。そしてふたりが登校したら、すぐにわたしも病院へ向かいました。最小限の用意は持ってきていましたが、まだまだとりに帰らないといけないものがいっぱいあります。「必要なものリスト」を作って、母と帰宅。そして早速持っていくものの準備。とってもいやな時間です。部屋に一歩足を踏み入れた瞬間、父はもう一度この部屋に戻って生活できるのだろうかという思いが込み上げてくるから…2年前にナツが急に入院した時の事を思い出してしまうから。それでも最近は自分のこういう気持ちをうまく切り替えていくコツを少しずつですが身に着けてきたわたしです。

準備が整ったらまた母を連れて病院へ向かいます。不運にも父の主治医は学会のため出張で、違う先生に診ていただいたのですが、やっとレントゲン検査を受けたのはもうお昼をまわっていました。もちろんこれだけでは原因も治療方針もたちません。「腸閉塞の疑い」ということだけを聞いてわたしたちも帰りました。入院期間も予測はつきません。詳しい検査は症状が落ち着いて来週に入ってからなりました。わかっているのはひとつ、またわたしたちの生活がこれで少し変わっていくということ。今回は第一連絡先にわたしの携帯を書いておきました。ますます携帯の手放せない生活が始まります。

たいして何もハードな仕事もしていないのに、家に帰るとドッと疲れました。今日は不思議とナツのプールの血糖のこともすっかり忘れていました。いつかはこうなることは十分に予測していてもいざそうなると、気持ちは何とも複雑です。退院して帰ってきても以前のように生活ができるのだろうか、また少しでも元気を取り戻せるのだろうか、病院で最大限に苦痛を取り除いてもらうほうが本人にとってもいいんじゃないのかなと考えても仕方のないことを考えてしまいます。全ては検査の結果が出てから…そしてついつい今年の夏休みはどうなるんだろう、ナツのサマーキャンプだけは参加させてやらないと…

子どもたちの前ではつとめて明るく普通に接していたいのに、どうしても持って行き場のない憤りをぶつけてしまいそうになる。そう、いつもより些細なことで怒ったりイライラしてしまうのです。誰もが乗り越えていかなければならない道、頭ではわかっているのに、どうして私たちの道だけこんなにもトンネルが長いんだろう、出口にたどり着かないんだろう。でも進んでいくしかないんだな。。。

|

« 使用期限切れのノボラピッド | トップページ | 緊急退院 »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママさん 大丈夫ですか?
大変な時に、ブログをアップされて なっちゃんママさんお偉いです。。。
「腸閉塞」の疑いですか・・ しばらくお父様 おつらいでしょうが、先生に任せ なっちゃんママは、ご自分の体のことを考えて・なっちゃん達やパパさん・お義母さまにおうちのこと協力してもらって・・・無理なさらないでくださいね!

 明日にならない夜はない・やまない雨はない・乗り越えられない試練はない→ 私にこんなこと言われても慰めにもなんにもならないでしょうが、ただ1ついえることは  なっちゃんママさんには家族がいる! ブログ仲間やお友達がたくさんいらっしゃる!  1人じゃありませんからね~♪  

投稿: keiko | 2006年7月 9日 (日) 21時27分

keikoさんへ☆いつもありがとう、なんと父は昨日強引に退院してしまいました。今日もてんやわんやの1日が始まる予感です。
病院側の対応に疑問も感じるけれど、やっと出口にたどり着ける、そう思ってもう一頑張りします。
長い長い一年だったからね。
この思いどこかで吐き出す場所があってホントによかったって思います。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月10日 (月) 08時13分

なっちゃんママさん お久しぶりです。
久しぶりに来てブログ読んでびっくりしました。
お父さん入院したの!?って思って↑見たら強引に退院って書いてあったけど。。。大丈夫なのかな。。。
どんな時もいっつも前向きで頑張ってるなっちゃんママ。ここで弱音いっぱい吐いちゃっていいんだよ。一人で全部抱え込んじゃダメだよ。なっちゃんママとは性格が私と少し似ている気がして(ごめんなさい勝手に私がそう思っているだけかも!)
私たちは1型で結ばれた友達だから心に思ってる事全部吐き出しちゃっていいんだよ^^
ごめんなさいうまく言えないけれど・・・進んで行こうね まっすぐに(^^)

投稿: なつき | 2006年7月10日 (月) 12時47分

なつきさんへ☆お久しぶり~~元気でした。わたしのほうは、いよいよ最後の正念場に差し掛かってしまいました。
いつかは越える道ですから、今はできるだけ前だけ向いて超えて行きたいです。
父の退院…ホントに人生っていろいろあるなぁ(おいおい他人事じゃないよ)
去年の今頃もばたばたしていたけど、今も違う意味で大変です。
不思議なんだけど、こういう状態になるとナツの血糖のこともプールのことも全部、頭から出てしまっているのです。人間の考えることって許容量があるのかもね。子どもたちは適当にやっているようです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月10日 (月) 14時03分

こんにちは♪

どんな言葉をかけていいのか分からず、そのまま日が過ぎていました。
keikoさんへの返事を読んで…。強引に退院されたこと…。お父様は住んでいる所が一番なんだと思いました。
以前にも書いたと思うのですが、うちの父がそうでした。「病院に入院して大変だった親戚を目の当たりにしていた父…。自分の時は<畳の上で死にたい>と言っていた父。9年前のゴールデンウィークに主治医の先生は「痛いようだったら手術をしてもらった病院に入院をしたら…」と言われたそう。でも父は「今度入院すると家には生きて戻ってこれなくなるから」と言って入院はしませんでした。その後5月22日に亡くなるまで家で過ごせたことは父にとって本望だったと今でも思っています。たとえお葬式の時に親戚から「病院に入院していたら、もっと長く生きられたのに…」と言われても父本人が望んだことだったので、それが一番いいと思っています。

ただ、なっちゃんママさんと私の違いは看病に行く頻度だと思います。そんなに顔を見せれなかった。1週間に1度が限界…。必ず子供を連れて行ってたから。

一番大事なのはお父様の気持ちだと思います。が、その事でお母様やなっちゃんママさんに苦労がかかるのも…。難しいです。
なっちゃんママさん…今してあげられることを精一杯してあげて下さい。でも、なっちゃんママさんがお疲れにならないように…。

投稿: honohono | 2006年7月10日 (月) 14時13分

なっちゃんママ、こんにちは。
お元気ですか? 疲れてませんか?

半年前、ちょうど父が亡くなって辛いときに、皆さんに励ましていただいたことを思い出しました。
一緒にしてはいけませんが、お父様のお幸せを考えるとこの形がいいんだなぁって思いました。

どうぞ、あまり無理されずにお母様方と手を取り合って乗り越えてくださいね!
お父様もみんなのそしてナツちゃんの幸せを祈ってると思いますよ。
上手くいえませんが、「明日はきっといい天気☆」ですよ。

投稿: nao | 2006年7月10日 (月) 15時41分

honohonoさんへ☆何で男の人って家がいいんでしょうね。近所の人でもよく黙って病院抜け出して帰ってくるのよとかききます。
点滴や管も全部はずしてしまうのとかいう話も聞きますが、いざ自分の身内がそうなると、何とも情けないような辛いような複雑な心境です。
一日でも長く生きてほしいと思いながら、わたしたちの夏休みはどうなるんだろうと考えたりもしてしまう。
ホントに思うようにはいかないですね。わたしたち家族は病院にいてくれる方が気持ちは安心だったのに…

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月10日 (月) 16時21分

naoさんへ☆naoさんも最近お父様を亡くされたんですよね。
時々思うのですが、わたしたち家族にまだ父の死を受け入れるだけの心の準備ができないから神様は父を天国に連れて行ってくれないのかなって。。。
覚悟ができているようでも、いざそうなると思うだけでやはり辛いです。この頃少しですが、もう父にこれ以上頑張らなくてもいいやんって言ってあげたいと思う。残されたわたしたちも乗り越えていけるんじゃないかなって思うようになりました。
時間が解決してくれるから、今は精一杯できることだけをできる範囲でやっていこうと思います。

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月10日 (月) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/2554039

この記事へのトラックバック一覧です: 父の入院:

« 使用期限切れのノボラピッド | トップページ | 緊急退院 »