« 市教委に直訴 | トップページ | 「親子バドミントン教室」 »

いつまで続くの~~?

 学校の行事表によると、7月14日(金)プール授業終了となっていました。ところが水曜日に帰ってきたナツによると、明日(木曜日)でプールは終わるので、最後だから遊びにしようということになったとか…やった~無事今年も終わったようなものねとひそかに胸をなでおろしたわたし。とにかくプールがあると親は忙しい。毎日帰ってくるのを待って水着を洗って干しておかないと次の日までに乾かない。夜には半乾きの水着を取り込んで家の中で干して、朝にはそれをプールバックに入れる。

朝は朝でしっかり朝ごはんを食べさせ、インスリン量に頭を悩ませ、ブドウ糖やジュースを持って行かせて、プールの紙に判を押して…それが今週は特にずっと続いていました。そもそも1週間に4回ぐらいという予定だったのに、結局毎日プールがあります。

天気予報は完璧に雨という日でも、不思議と4時間目ごろにはカンカン照りでプールに入っているのです。ああ、この苦労も明日で終わるのね。しかも最後は遊び…ということはそんなに運動量もないわね。

ところが木曜日、帰ってくるなり、今日は100メートル泳げたよと嬉しそう。そうなんです。結局いつもどおりのプール授業で遊びではなかったのです。そして明日もプールあるんだって…なに~~?話が違うじゃない。もう終わりじゃないの?でも学校の予定では確かに金曜日までとあったので、まぁ予定通りってことね。

金曜日の朝、いつもほどご飯が食べられなかったナツ。打つ単位に本当に悩まされます。でも今日が最後、今日が最後。おまじないのようにつぶやいて、ナツを送り出し、わたしは実家へ走ります。実家にはこの日でちょうど丸1週間、毎日通っています。実のところ、携帯が鳴らないかと毎日がドキドキです。でもこれも今日で終わり!やった~~~^^

金曜日、無事帰ってきました。今日は珍しく給食前の血糖値を測っていました。4時間目の予定だったプールが、急に3時間目に変更になりそうになってあわてたけど、結局4時間目に入ったと。そして血糖値は180。思ったほども低血糖ではないみたい…ホッとしました。ところが…

来週も火曜日(土、日、月はお休み)にプールあるんだって。ええ~~~~>_<   今日で最後って書いていたやん。しかも何時間目に入るかわからないんだって。ええええ~~~~~。  3時間目か5時間目かどっちかだって。   でもわたしには大きな違いです。3時間目なら朝のインスリンで調整。5時間目ならお昼のインスリンで調整しているってあんなに言っていたのに。さては先生、今まで何事もなくプール授業が進んできているので、すっかり安心しきっているんだなぁ。

ナツの担任ってこういう先生なんです。この前の学級通信にも書いてありました。

プールの指導は面白いって。陸上競技なら、タイムを縮めるのにすごく時間がかかる。でもプールは泳ぐ距離もタイムもほんとに目に見えてよくなっていく。つまり教える者にとってはすごく面白い授業なんだって。そうか、毎年この先生がプールに力を入れるのはこういう理由なんだ。実際、最初は25メートルがやっとのナツでも最後には100メートル泳げるようになりました。デモね、だからといって予定を延ばしてまでしなくても…多分こんなことを思う保護者はわたしぐらいのものでしょう。クレーム付けて折角のプールを終わりにしてしまったら子どもたちはがっかりでしょう。それがナツの病気のためになんてわかったら、それこそ大変。だから…ハイ、頑張って火曜日もプールの用意、ちゃんとやります。

「親の心、子知らず」。いえいえ「親の心、担任知らず」でした。

|

« 市教委に直訴 | トップページ | 「親子バドミントン教室」 »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

ほんとほんと! プール 3時間めと5時間めでは 大きな違いですよね~。わかりますわかります。。
 プールの授業って・・親は用意も後も大変で、その時間は気が気じゃないですよね~。 そうやって思うのはやはり次女がIDDMだからでしょうか? 長女のプールの時間割は全然気にならないですもの(笑)
 でも、近所に、紫外線にあたってはいけない病気 のお友達がいて・・ずっとプールは見学なんです。 その子の・その子のママさんの気持ちを考えると IDDMの娘は 幸せなのかなぁって。。
 
 なっちゃんママ、なっちゃんのインスリンだけではなく、お父様のモルヒネ量も 加減されているのですね・・お偉い!!

 私の体へのお心使い ありがとうございます。 なっちゃんママも気をつけなアカンよ~

投稿: keiko | 2006年7月15日 (土) 22時50分

こんばんは☆
先日のコメント・・・、良かったです。なっちゃんママが気を悪くされてるのではないかと思っていたので・・・
ありがとうございます☆

プールの授業大変ですね! 毎日ですか?
うちの学校は、南国で暑いくせに週に2回ほどです。2時間続きですが、さほど運動量もなく・・・
しかも、兄の学年でも25m泳げる子がほとんどいない状態!
なのに、ナツちゃんは100mも泳げるの??
すごいなぁぁぁ><

あと少しがんばってくださいね!
お父様のことも大変でしょうが、疲れないように♪

投稿: nao | 2006年7月16日 (日) 01時11分

こんばんは^^
すっかりご無沙汰しています^^;

お父様のこともビックリしました。
そんなに急展開になっているとは・・・。でもなっちゃんママさんは
明るくてしっかりされてますね。
ほんとにご自分の体調も気をつけてくださいね。

それと養護教諭のこと。
私も(内容は違いますが・・・)同じように悩んでいることがあります。
相手がいて、これも終わりが見えないことですが・・・
またブログへUPすることが出来たらと思っていますが、
確かに愚痴っぽいブログになりたくないな~とは思っているんですよね^^;
迷路のようで解決させることすら億劫になってくる、そんな状況です。
ごめんなさい、こんなところで愚痴ってしまって(>_<)

それにしても、学校の時間割ってそんなにコロコロ変ってましたっけ~?
自分の頃のことなんて、思い出せないけど・・・(;´д`)
担任の先生の思うがままですね(>_<)
今からヒヤヒヤしちゃいます(T_T)
先日プール体験教室に行ってみましたが、朝からヘビーに食べさせて行った割には
私が抱っこして水中をユラユラさせるだけ・・・・・・
低血糖になったのは私の方でした(;´д`)トホホ

投稿: はるママ | 2006年7月16日 (日) 02時29分

keikoさんへ☆我が家もそうですよ~~。ナツには「明日は何時間目がプール?」っていつも確認。で、ユウが同じように「僕は3時間目だよ」って言っても、「あっそ~、ふ~ん」っていう感じ^^
 
去年までは、測ってそれに見合う量を補食していたから安心だったけど、今年はナツの体感だけが頼り。もう毎日、胃が痛くなる思い(でも実家に行ってしまうと意外と忘れていたりもする)

父のモルヒネのコントロールはほとんどわたしがしています。ついついIDDMママの習性で、先生まかせっていうのはいやなのです。「多めコントロール」でやってきたので、痛みに関してはできるだけ苦しまないですむようにってしてきたけど、ここに来て「トライ&エラー」になってしまいました。反省反省です^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月16日 (日) 08時57分

naoさんへ☆こちらこそありがとう。もうnaoさんからコメントもらえないんじゃないかなって心配していました。
この地域の子どもたちって泳力がすごいの。クラスの半分ぐらいの子が市営のスイミングスクールに通っているし(もちろんナツもユウも昔は通っていました)
ナツのクラスでは7回プール授業が終わった時点で33人中、100メートル制覇が15人。その子たちの写真入り学級通信が配られました。ナツは8回目で達成だったので、のせてもらえなかった>_<
特に今年は梅雨の間もほとんど雨が降らなかったので、ほんとによく入っているのよ。
夏休みになると、「町水泳」っていうのも2週間あります。
これがまた悩みの種です。またブログにアップしますね^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月16日 (日) 09時04分

はるママさんへ☆わたしもブログにはお邪魔しているのになかなかコメントが残せなくて…相手はあることっていうのは、本当に厄介です。努力すればいい、頑張ればいいっていうものでもないですものね。出口が見えるといいですね。
ナツの場合は、養護教諭、何とか2年後には間違いなく異動になるでしょう。それだけでも救いです。

学校にもよると思うけど、ナツたちの学校は普通の公立小学校にしては先生方の個性が強いのです。毎年、3月に学校評価のアンケートというのを匿名で行ないます。その中の「教師によって指導内容や学習成果に差がある」という項目は50パーセントの人が「そう思う」なんですよ^^;
時間割も担任の先生が自由に決めていいわけだし(一応規定時間数のいうのが市で決まっているけど)
そういえば去年の先生は1年中ドッジボールばっかでした。お陰でナツは毎日低血糖頻発。
はるくん、プール初体験だったんですね。楽しそう(親は大変)^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月16日 (日) 09時17分

なっちゃん、100mも泳げるなんて凄いですね♪
一夏で25mが100mに記録がのびちゃうんだから、子供って凄い!大人だったら有り得ないですよ^^;

最近シエリの担任の先生から、毎日のように電話がかかって来ます。それも11時過ぎ。
だいたい2人でチェックして、その結果を連絡してくれて、補食をどうするか決めるんだけど、毎日状況が違うのです。
高血糖で打ちに行かなくちゃいけない日もあれば、飲んでも飲んでも上がらない日もあり、、、夏場はコントロールが難しいですT_T
まして午前保育で昼食無し。
炎天下の下を低血糖ギリギリで歩いてくる姿は痛々しいです。でもみんなと一緒に歩きたいらしいので、園まで迎えに行きたい気持ちをグッと堪えてます。
うちの場合は、担任が全て引き受けてくれているので安心して任せっきり。でも今が良い分、環境が変わった時に戸惑いそうです>_<

もうすぐ夏休み。無事に1学期が終えられそうで良かったね♪
夏休み明けに養護の先生が移動!なんて急展開が待っていたら、良いのにね^_-☆

投稿: ともか | 2006年7月16日 (日) 09時35分

再びです☆
なっちゃんママもここに来る方もみ~んな大切な仲間です。
お互い励ましあって、慰めあって、トライ&エラー&笑顔でがんばりましょうね!
忙しいとは思いますが、うちのブログにも遊びに来てね♪

投稿: nao | 2006年7月16日 (日) 11時55分

ともかさんへ☆ナツも3歳からスイミングに通っていたから、多分無駄のない動きが身についているせいだと思う。ちなみにわたしはかなづちです。100メートルは我が子ながらすごいもんです。

シエリちゃんの担任の先生ってほんとに対応が素敵、よく気のつく方なんでしょうね。今思えば、保育所や幼稚園の先生の方が子どもの体調には敏感だったように思う(ナツはその頃はまだIDDMじゃなかったけど)
それに比べると学校の先生がたはね…期待するほうが無理、もちろんそのために養護教諭がいるわけだけど。
午前中の血糖値はナツも不安定です。頭で考えると、同じようなものを食べて、同じようにしか動かないのに、どうしてこんなに血糖値に開きが出るんでしょうね。

ナツたちが1年生の時には、いきなり2学期の始業式で校長先生が代わったっていうことがあったので、もしかして養護教諭、異動にならないかな、駄目もとで夏休みにもう一頑張りしてみますね^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月16日 (日) 19時39分

naoさんへ☆ありがとう、仲間がいるってほんとに心強いことだなって思う。だって養護教諭のことは同じ学校の人でもほとんどわかってくれないです、普通はそんなにお世話になることないし、どんな先生でもいいやんって感じ。
またあとで遊びに行きますね~♪

投稿: なっちゃんママ | 2006年7月16日 (日) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/2664634

この記事へのトラックバック一覧です: いつまで続くの~~?:

« 市教委に直訴 | トップページ | 「親子バドミントン教室」 »