« 「プレキャン」 | トップページ | 8月1日のこと »

父の旅立ち

 先日、8月2日、午後3時44分、父が入院先の病院で亡くなりました。享年76歳でした。前日の夜からわたしは、ナツとユウを連れて病院に泊り込みました。最後のお別れが十分にできたことが何よりでした。父の旅立ちのこと、その時ナツは…そんな中でのインスリン生活、本当にめまぐるしく、今日が何曜日、何日?という感じの中にいます。

父の事を忘れたくないから、少し落ち着いたら今回のことを少しずつ書き止めていこうと思います。

いつもブログを訪れたくださった皆様、暗い話題で申し訳ないのですが、読んでいただけたら嬉しいです。

今夜がお通夜です。では…また後ほど。

|

« 「プレキャン」 | トップページ | 8月1日のこと »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママおはようございます。
遊びに来て・・朝からパソの前で打つ手が止まってしまいました。
お父様・・・・・お亡くなりになったのですね
言葉が 見つかりません。
なっちゃんママ・・・お父様はきっと幸せな人生だったと思います。

心からご冥福をお祈りいたします。

投稿: なつき | 2006年8月 4日 (金) 07時56分

おはようございます。
お父様…最後になっちゃんママさんとなっちゃんとユウくんに見守られながら天国へ旅立っていかれたのですね。それだけでも悔いはなかったと思います。
確かに76歳は、今のこの時代早い旅立ち…
でも天国で私の父と出会えたらいいな
「孫がIDDMなんだよ」って
そんな風に思います。

なっちゃんママさん…
泣ける時に泣いてね。
少しの間気が張っているけれど、落ち着いたときどっとお疲れがでませんように…。

最後になっちゃったけどお父様のこと
心からご冥福をお祈りいたします。

投稿: honohono | 2006年8月 4日 (金) 08時16分

こんにちは。
しばらくご無沙汰していましたが、お父様お亡くなりになったんですね。
病院で見送ってあげることが出来てよかったですね。
なっちゃんママさんも今はいろいろとバタバタして落ち着かないでしょうけど、暑いし、疲れを出されないように・・・。
心からご冥福をお祈り致します。

投稿: はるママ | 2006年8月 4日 (金) 15時54分

つい先日ここに顔を出した私が書き込みするのも
なんですが、お悔やみ申し上げます。

避けて通れないこととは言えつらいことだとご察しいたします。
残された人達の悲しみは深いけれど、これからの
人生が明るく充実したものとなりますように。

暑い日が続いてますので、なっちゃんママさんも
体調にはくれぐれも気をつけて下さいね。


お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: フラワー | 2006年8月 4日 (金) 19時01分

しばらくご無沙汰していましたが、はらはらしながら読ませていただいていました。お父様、残念です。まだまだつらい日々が続くかもしれませんが、無理せずにお過ごしくださいね。いつもみんなのことを励ましてくれるなっちゃんママですが、今回ばかりはご自分のことも大切になさってくださいね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

投稿: もっちん | 2006年8月 5日 (土) 19時52分

なつきさんへ☆そう、わたしも思います。やりたいことをやり、食べたいものを食べ、行きたいところには行って、人並みに生活し、わたしたち娘も独立し、孫もでき、本当にいい人生だったんじゃないかな。末期がんを宣告されてからも1年間生きることができました。ぎりぎりまで車で買い物に行き、食べたいものを食べていました。
最後の入院のタイミングも本当にあれでよかったのです。
でも…やっぱり悲しいものです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年8月 6日 (日) 10時18分

honohonoさんへ☆最期の瞬間には、母も姉も十分に間に合って主人も病院に来てくれました。本当に心強かったです。
わたしたちの親族は、あえてこの時、親戚は病院には呼びません。家族だけで十分だと思っています。最後の姿はみせたくないこともあります。
だから理想どおりの最期になりました。
今でも身体はきついです。子どもたちがいて救われている部分があります。
ナツは今回のことでまた少し強くなったような気がします。

投稿: なっちゃんママ | 2006年8月 6日 (日) 10時22分

はるママさんへ☆最期は家なのかな、病院なのかなって迷いましたが、本人の希望を第一にしたこと、父の病気の場合、やはり家では無理があったこと、十分に納得できました。
最期の担当だった看護師さんが
「人間は最初と最期は病院のお世話になるしかないのよ、病院で産まれて、病院で死んでいく、それは避けられないことだから」っておっしゃいました。心配していましたが理想的な看取りができました。わたしも肩の荷が下りた感じです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年8月 6日 (日) 10時26分

フラワーさんへ☆コメントしにくい投稿なのにありがとうございます。こうしてブログを通じて知り合った方からも父の冥福を祈ってもらえることが、とても嬉しいです。
天国に旅立った父の最期の頑張りが、わたしやナツにとってこれからの人生の中で生かされていけたら…と思います。

投稿: なっちゃんママ | 2006年8月 6日 (日) 10時29分

もっちんさんへ☆ありがとう、やっと肩の荷が下りたような気持ちともう少しあの時ああしていたら…という気持ちの中で、まだ落ち着かずに過ごしています。
「時間が解決して行ってくれるよ」葬儀の日に、やはり父親をガンで亡くしたいとこに言われました。1日ずつ日常生活を取り戻していきたいです。
なんとわたし4日間、包丁を握っていないなぁ。炊飯器にはほこりがついているし、冷蔵庫の野菜たちはしなびているけど、今日ぐらいからまた家族のために料理を作りましょう^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年8月 6日 (日) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/2913373

この記事へのトラックバック一覧です: 父の旅立ち:

« 「プレキャン」 | トップページ | 8月1日のこと »