« 電話 | トップページ | 初命日(ひはじめ) »

自由研究

 いよいよ夏休みも大詰めです。毎年頭を悩ませる自由研究ですが、今年は意外にすんなりといきました。ナツたちの学校の自由研究は工作あり、手芸あり、観察記録ありと何でもありです。それに作るのも親子の合作でもいいし、お友だちとの共同制作でもいいのです。2学期の初めには「夏休み自由研究展」が開かれて、いろいろ賞ももらい、保護者、地域の方向けに公開されます。そんなわけで、できるなら賞もとって欲しいし、頑張っていい作品を作ってほしいのです。ナツは2年前には、学年で一番大きい「児童会長賞」というのをもらいました。すごくすごく喜んで帰ってきました。もちろんかなりわたしの手が…入っています。

去年はまぁ色々と忙しい夏だったので、ふたりとも何も賞はもらえませんでした。それどころか満足のいくものも作れなくて悔しかったのです。そして今年、忙しいのは変わらないのですが、何とかそれなりに頑張りました。

まず、ユウの作品。立体地図を作りました。ベニヤ板に(実はこの板は2年前のナツの作品に使ったものです)粘土で少し凹凸をつけて山、川、海を作り、後はちょこちょこ色を塗ったり、お菓子の箱で家や建物を付けていきました。この粘土がとても高くて3000円ぐらいかかってしまいました。それを除くと廃物利用です。箱に色紙を張ったり、つまようじで木を作ったり割り箸で鉄橋を作ったり、あっそうそう道路の端に立てているのはナツの注射針の小さいほうのキャップです。ほぼ完成ですが、7割近くがわたしの手によるものかもしれない^^;112_1255

この立体地図は実際にある川の様子をヒントにしています。実はこの川、いつもわたしが実家に通うときに通る川の風景です。ちょうどこの川の上流から下流に向かって川岸のどちらかかの道を走ります。最後に川を渡るともうすぐです。約1年間通った道です。冬の荒れた川、菜の花の咲く頃、そして桜、梅雨水かさが増えて溢れそうな川、思えばよくこの川を見ながら運転したものです。だからなぜか今年はこれを作りたかった。ユウにとっても見慣れた景色です。なかなか実際のようには表現できなかったけど、何だかとっても満足な作品になりました。(って、誰の宿題だ~~?)何とか賞は取れるかな?

そしてナツの方は、もう4年生にもなるとなかなか工作では賞は狙えないです。しかもナツは工作が嫌い。そこで、7月の初めに何気なく買った「二十日わけぎ」の球根をナツに見せて、これを植えて育ててその観察日記を自由研究にしてみたらって言ったら、すっかりその気になって、しかもお友だちまで誘ってしまいました^^;112_1208

まぁそこまではよかったのですが、なかなかそのお友だちと日程の調整がつかずに、結局準備の買い物と植えるのが、一緒にできたぐらい…後は、それぞれ画用紙にまとめて最後にこれを綴じるというわけです。わけぎって普通は2月から3月頃の野菜なんだけど、この二十日わけぎは別名「琉球わけぎ」といって沖縄で栽培される野菜で暑い中、わずか植えてから収穫までが20日なのです。しかも採った後もまたそこから伸びてきて、2回ぐらいは収穫できるとか…なかなかいい教材になりました。味のほうは、この辺のわけぎと違ってほんとに癖がなく食べやすかったです。酢味噌和えにしたり、お好み焼きに入れたりして食べました。

ナツにとってはお友だちとの共同制作は初めてでした。いつ電話してもお友だちが留守だったり、逆にこちらにも用事があったりでほんとに調整が難しい。その子のお母さんとはメールでやり取りもできるけれど、あえてナツたちに任せてみました。結果は…もう少しふたりで一緒にできる時間が取れたらよかったのになぁですが、一応形にはなりました。やれやれです。賞のほうは別としてこれもいい経験かなと思います。

こうして無事、ナツ・ユウ家の夏休みは終わりそうです。また2学期が始まります。血糖のこと、補食のこと、そして保健の先生のこと…う~~~ん、考えると頭が痛い。でも42日前のわたしたちと何かが違う、そうです。少しは成長しているのです。だからまた2学期もなんとかやっていくのでしょうね^^   うん、楽しみ楽しみ。

|

« 電話 | トップページ | 初命日(ひはじめ) »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
なっちゃんママさんすごいね~!!私こう言うセンスが全く無いので尊敬してしまうよ!!!(^^)!
これは絶対に賞に選ばれるよ!うん(*^ー^*)
近くだったらなっちゃんママ~~~ってhelpしに来てもらうんだけどな~笑

いよいよ明日から9月だね
あっ!と言う間に夏休みが終わってしまいました。後は運動会に向けての練習だぁ~~

投稿: なつき | 2006年8月31日 (木) 10時15分

なつきさんへ☆長~~い休みの間に少しずつ何かが出来上がっていくのって、楽しいのよ~~。子どもの工作手伝って、わたしの方が結構楽しませてもらっています。
賞がもらえるといいな、すごく励みになるもんね。
明日は始業式です。もしかして1年で一番ホッとする日かもしれません。やっと夏休み終わった、やっとわたしの時間が…と言いつつ少しの間、淋しい感じがしてしまうのはなぜだろう^^;
運動会の練習はまた低血糖や補食との戦いになるのかな。コントロールに頭が痛いです>_<

投稿: なっちゃんママ | 2006年8月31日 (木) 12時41分

小学生は 自由研究とか工作などの宿題があるものね。
娘はオリーブオイル&カモミールで石鹸を作った事もありました。
自由研究か工作のどちらかだったので^^
こちらも 低学年の作品は 親の力作が目立つかも。
中学生になると 親は手も口も出さなくなるので
どんな宿題があるのかも わかりませ~~ん。

何か賞 もらえたら嬉しいね~。
学校に持って行くのが大変そうだけど 壊さないようにね~^^

投稿: プルメリア | 2006年8月31日 (木) 19時39分

プルメリアさんへ☆そうなんです、持って行くのは、やはり子どもの手では無理なので今日、車で搬入しました。
既に力作がちらほらと…
夏休みが大変だなぁと思うのも後数年のことですね。でも中学生になったら今度は勉強のことで頭が痛いかも。
もし賞がもらえたら、また記事にしますね(親ばかです^^;)

投稿: なっちゃんママ | 2006年8月31日 (木) 22時10分

こんばんは~☆
立体地図、す~ご~い~っ!
小さい頃、のじおがトミカを走らせて遊んでいた
<立体マップ>のような精巧さです!
なっちゃんの注射キャップも使われているなんて、
なんだか私まで嬉しいです^^
のじおときたら・・・工作は つい先週に作り始め、
先ほど完成しました~(><;)
牛乳パックで作った ビー玉迷路です^^
これも、実は主人の手が・・・^^;

すっかりご無沙汰していましたが、拝見はさせていただいていました。
この夏、関西はとても暑かったですね。。。
ここのところ、朝晩は涼しくなってきましたが・・・
お忙しそうななっちゃんママさんが目に浮かんでいましたが、
明日から新学期♪心身共のお疲れが取れますように・・・

投稿: のじおママ | 2006年8月31日 (木) 22時59分

お久しぶりです。本日帰って参りました!
夏休みの宿題ですが、私の父の友人(小学校の校長でした)が「親が手伝った物はすぐに分かる。でもそれで良いと思う。子供を思う気持ちが無ければ手伝わないし、その事を通して親子で楽しい時間を共有出来れば良いんじゃないかな」って昔言ってました。
「あ〜、バレていたのね」って思ったのは私です^^;
立体地図。素敵な作品ですね♪

前の記事の件ですが、シエリにも看護学生さんがつきました。
その方が別れる前に言っていた事を書きますね。
「教科書でIDDMを勉強はしていたけれど、実際に患児に会ったのははじめてでした。こんなにも低血糖になる事や、その度に補食が必要な事、それを拒否する事(おなかがいっぱいで食べたがらない)でも元気いっぱいな事。
夜中に低血糖を起こして、半分寝たまま補食を口にする姿(シエリじゃないよ)には涙が出て来ました。」
ですって。
良い看護士さんになって欲しいな〜って思いました。
良い人に当たったのかな?そうかもしれない。
なっちゃんの担当さんにももっとIDDMの真髄を見て欲しかったですね。
ちなみに私も全然消毒しない人なので、キャンプ中は学生さんに見られている時は消毒してみました。
でも本人が消毒しないでチェックするので、すぐにバレてしまった>_<
「長年付き合ってると段々手抜きになっちゃうんですよね〜」って言っときました^^; その後は、、、当然手抜きです^^v
いろいろ言う人は居るけれど、これからIDDMとずっと付き合って行かなければならないのは子供達なんだから、子供達が自分のやり方を見つけて行けば良いと思います。
例えそれが教科書通りじゃなくてもね^_-☆

投稿: ともか | 2006年9月 1日 (金) 00時06分

のじおママさんへ☆注射のあの小さいキャップって今から1年分集めたら来年はあれで何か作れそうな感じがしません?
ヤクルトの容器なんかも集めると何かができそうなんだけど、いつもぎりぎりで考えるから集める時間がない…のです。
結局寄せ集めたり、コンビニで小さい箱入りのガムを買いだめしたりして作りました。
忙しかった夏休みにしては、まぁまぁいいものが作れたと満足なんです。
のじおくんは、パパと合作なんですね。我が家では絶対に期待できないことです。
今日から2学期、ふたりがいなくなると嘘のような静けさです。
疲れ…若いときのように、一晩寝れば取れるものではなくなってきたなぁと実感。なんせ1年分の疲れが~~~。気持ちの方は少しずつ整理がついてきているんですけどね^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月 1日 (金) 08時17分

なっちゃんママさん おはようございます!
今日から 新学期ですね~ 長い夏休みおつかれさまでした!!
 「自由研究」 スゴイですね~☆☆
ユウ君の 川の立体地図も、なっちゃんのわけぎも!
わけぎ 美味しかったとのこと 良かったですね! 自分で作ったわけぎ 味も格別ですよね~

 ユウ君の川のお魚さん かわいいねっ☆

投稿: keiko | 2006年9月 1日 (金) 08時22分

ともかさんへ☆おかえりなさ~~い。工作はナツたちの学校でも親子合作もありと認めているようです。そういう時間や機会がもてるのも夏休みのいいところだし、子どもにとっても勉強になるもんね。
ユウはあまり賞とかを取る子じゃなかったので、一度その嬉しさを味わったら今度からそれを目標に頑張るかなと思ってやってみました。(でも取れなかったりして^^;)
キャンプ、シエリちゃんはいい担当の方に当たったんだ。うらやましいです。
電話でいかに毎日の測定や注射を嫌がらないで病気と付き合っていくことが大事なことかっていうことも、コンコンと話してみたけれど、こちらのいうことにはあまり耳を貸さないという感じで、いかに自分たちがキャンプでナツの悪い習慣を止めさせるための努力をしたかみたいなことを延々言われました。
こんなに頑張っている子どもたちは偉いな~~と思って見守る母親の気持ちと、あなたたちは病気なんだからこういうことをするのが当たり前でしょうみたいに、さらにその上の事を求める学生さん、いくら話してもすれ違っている。
わたしにはこの人は将来、患者の気持ちのわかる素晴らしい看護師になるとはちょっと思えない。
いろんな人がいますね。
でも謙虚に人の言葉に耳を傾ける、これって生きていく上ですごく大事な事なんだよって言いたい。何かわたし、まだ怒りが収まらない、ごめんね、愚痴ってしまいました。

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月 1日 (金) 08時35分

keikoさんへ☆あの魚は、去年の保育所の納涼大会でスーパーボールすくいの中に入っていたものなんです。
ちょっと多すぎじゃないとわたしはぶつぶつ。
いいやん、貼っちゃえ、貼っちゃえとユウ。
今頃学校でお友だちから、なんて言われているのかな、楽しみです。
賞も取れるといいな(←すごくこだわっている)
やっと2学期ですね。今朝の関西は夜からの雨で9月とは思えないほどの涼しさです。
やりたかったことができる、読みたい本が読める、秋っていいですよね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月 1日 (金) 08時49分

本当にいろいろな人が居ますよね。
キャンプに参加してみると、お母さんでさえもいろいろなんだって気付きました。
チェックの値を見て、すぐに親の顔色を確認する子まで居たり>_<
OG、OBの先輩方にも世の中に順応出来ている人、いまいちな人が居る。私はこの先、シエリとどう接して行けば良いんだろうとちょっと考えてしまいました^^;
結果は後にならないと分からないですもんね、、、親も大変だ。

その学生さんは優等生なのかな?
今までそれ程大きな困難にぶつかった事も無く、挫折もしていない。だから大変な状況の人の気持ちは分からない。
これから苦労するでしょうね。
いっぱいいっぱい嫌な思いをして、痛い思いをして、頑張っている子供達に教科書に書いてある事を押し付ける。
現実はそんなに理路整然とはしていないし、簡単明瞭じゃない。
そんな事がみんな出来たら、コントロールなんて簡単だよ。
なっちゃんやママさんの思いは、私達には伝わってますよ^^v
今のままで十分素敵♪
愚痴愚痴大歓迎!これからも一緒に歩いて行きましょうね。

投稿: ともか | 2006年9月 1日 (金) 10時50分

ともかさんへ☆ありがとう、すごくすごく勇気をもらいました。
確かにいろいろな親もいるだろうなって思います。こうしてブログや掲示板を通じて知り合える方たちは、みんな前向きな方ばかりだから(そうじゃないとブログなんてできないし)、IDDMママたちはみんなそういう人たちばかりだって錯覚してしまうけど、そうとばかりは言えないでしょうね。
いつも思うのはこの病気の大変なのは合併症の問題もそうだけど、それ以上に心の問題も大きいって思います。コントロールがよければよいほど、そっちの問題に近くなっていくようなそんな気がします。だからあえて、測定や注射に関しては最小限でいいんじゃないのって思ってしまう。
甘い親と思われてもいい加減と思われてもいい。ナツが大人になったときに責任があるのは、一番は親ですもの。その学生さんたちの学校は全国的にも有名な国立大学です。
先入観もっちゃいけないんだろうけど、プライドも高いだろうし、優越感もあると思います。
電話で話したときにわたしが「ナツの口からは、キャンプが楽しかったっていう言葉は聞けなかったんですよ」って言った時だけ、ええ~っていう感じでした。でも大して気にもしていないだろうな^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月 1日 (金) 17時48分

こんばんは!
新学期が始まりましたね。^^

自由研究、すごい!
賞があったりすると燃えますよね~
うちは私が口も手も出さない(っていうより出せない)ので、しょぼい自由研究になってしまいました。。かわいそうに。^^;
食べられる自由研究も、いいなあ。こむりんの来年の参考にさせていただきます~♪

サマーキャンプ、複雑なおもいが残ったのですね。
う~ん、やっぱり自分のことでも家族のことでもないから、本当のところはわかっていない人がいることもあるのですね。
それでもひとりひとりのやり方をいったんは受け止めることのできる人が増えるといいなあ。
ああ、「あなたが患者だったら、さぞかし優等生でコントロールもばっちりだったんでしょうねえ」とか言ってしまいそう。。!
うちの子の前の主治医は、いちいち測定の針は変えなくてもいい、消毒しなくても何かあったことはないからいい、とにかく大事なのは注射をしているということだからと言っていました。
ハッキリいって小さい事はどうでもいいんですよね!嫌がらずに注射ができればそれだけでいいんですよね!打つ場所だって、どうしてもそこにしかできないというなら仕方ない、かたくなって打てなくなったら仕方なく自分で変えています。
(なんか、私が熱くなって。。爆弾発言だったかも。。?^^;)
今回はたくさん否定されてしまって悲しかったですね。でもこれからもきっとそういう教科書どおりの医師や看護師と出会ってしまうかもしれないから、その時の練習だったと思って(思えないでしょうけど><)そんな人ばかりではないから、次行きましょ!次!
嫌なことはぜんぶ吐き出してすっきりしましょう~。

投稿: じゃこちゃん | 2006年9月 1日 (金) 21時13分

じゃこちゃんへ☆ありがとう、じゃこちゃん。確かにいろんな人、いますね。電話で話聞いていて、そこまでけちつけなくてもいいやんって思って切れそうでしたよ。
それに、ナツはもう4年生。キャンプでナツに注意してくれたらそれで何も親にまで一から十まで言わなくてもいいのでは…と思う。
ナツの主治医は結構、固い先生です>_<。まぁさすがに消毒のことまでは、言わないけれど「補食にお菓子」とか「下がったときぐらいはおいしいもの食べよう」っていう考えには反対で、今でも補食は炭水化物系のビスケットやパン、おにぎりという考え方です。
だから今回のこと、主治医の先生に話すのはやぶへびかも…って思っています。
でもブログでうまく気持ちを吐き出すことができて、すごくすっきりしましたよ。
だからそうだよね…次行っちゃおう、次!
ハイ!嫌な事は早く忘れましょう、でないと身が持たないよね^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月 2日 (土) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/3257964

この記事へのトラックバック一覧です: 自由研究:

« 電話 | トップページ | 初命日(ひはじめ) »