« 主婦の楽しみ | トップページ | 「夏休み工作展」 »

優しさって…

 学校が始まってまた42日前の生活が戻ってきました。子どもたちが帰ってくるとあちこちから電話。気がつくと玄関にひとつずつ靴が増えていたりして。(最近2階でペイントをしていると誰が来ても気がつかない^^;)

ある日の午後、その日はユウの友だちがふたり来て、ゲームをしていました。パソとかテレビとかはつけているだけでも暑い感じがする。普段はあまりサービスしないわたしですが、こう暑いとやはり水分も必要なので、ちょうど頂き物のファンタグレープ(350ml)が冷蔵庫に冷えていたので、これを3人で飲んでねってグラスを持っていったのですが…

ユウともうひとりの子は炭酸飲料が大好き、大喜びで「どっちが多い」なんて言いながら3個のグラスに分けました。ところがあと一人の男の子、浮かない顔。「僕の分、あげるよ」なんて言っています。「炭酸苦手なの?」って聞いたら、「あんまり好きじゃない」って。でもじゃあ他のジュースっていうのも面倒なので、わたしもほっていました。そうしたらしばらくするとその子が、電話をしています。

なんと家に電話して「お母さん、冷蔵後の下に入れてある僕のジュース持ってきて」って言って、電話切っちゃいました。う~~~ん、今時の2年生。むずかしいなぁ。マイジュースがあるのね。わたしたちが子どもの頃って、友だちの家とか親戚の家に行ったら、冷たい飲み物なら何でも嬉しくて飲んでいたと思うんだけど…何だかその子のお母さんに対してもばつが悪くて、こんなに暑いのにお茶ぐらい飲ませてやってって思われているかも…

で、しばらくしたら、その子のお母さん車で10分かかりますが、ちゃんと彼のジュースを持ってきてくれました。それは1.5Lのアクエリアスでした。しかもご丁寧に紙コップを8個ほど。もしかしたらわたしが留守でじゅーすもお茶も飲めないと思われたのかな…アクエリアスかぁ、いつも切らさずにナツのために冷蔵庫に冷やしてあるのにその時だけは切らしていました。でもポカリならあったんだよ。

それから約1時間後、帰る時間になって迎えに来られたお母さんに必死で言い訳。「ごめんね~わざわざ持ってきてもらって…炭酸飲料しかなくて、○○くん炭酸は苦手みたいね」って。うちの校区はすごく広いので、遠い地区だと歩いて友だちの家には行けないのです。電車で1駅離れている地区もあるし。で、学年ごとに子どもだけで行き来できる範囲が決められていて、それ以上遠くへは、親が車で送迎して遊ばせるのです。しかし、送ってきて、途中でジュースまで運んで、また迎えに来るお母さん、すごく優しい。わたしなら、仮にユウが電話してきても絶対に持って行ってなんてやらないだろうな。ナツが低血糖になったから、ジュース持ってきてっていったら行くかもしれないけど^^;でもちょっとその子もわがままなんじゃないって思ってしまった。

そしてその夜のこと、例によって布団に入っても眠れない、下がったのかもとわめいているナツ。たしか70で、ヨーグルトを補食させたんだけど、量が少なかったからなぁ。でもその日はすご~~く疲れていて、下の部屋まで降りていくのも嫌だったわたしは、ナツに測定器も補食のポカリも自分で取りに行かせてしまいました。ちょっとご機嫌斜めのナツ、そう結局40しかなかったんです。う~~ん、わたしって優しくない母親だなぁ。

|

« 主婦の楽しみ | トップページ | 「夏休み工作展」 »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

私も持って行かないな。たぶん。いや、絶対!
「お水でも飲んでなさい」って言うと思います。(今の子は水道水飲まないのかな?)
子供って普段の生活が出るから(大人は気取るけど)他の家に遊びに行かせると全部バレますよね。
最低限のマナーは身につけさせよう。コレ読んで思いました^^;

親だって疲れる時はありますよ!神様じゃないんだから!
でも、なっちゃん階段から落ちなくて良かった。
補食したのに、まさか40まで下がっているとは想像しないですもんね>_<

投稿: ともか | 2006年9月 7日 (木) 09時55分

こんにちは~♪

我が家は下二人とも学童へスライドさせているので普段友達が遊びに来るなんてないし次男についてはどっちかって言うと遊びに行くタイプ。

以前honoのお友達が遊びに来たときは、はっきりとその子に「おばちゃん、おやつは?私チョコがいいんだけど…」と。その時はすでにhonoは発症してたかな?いい感じのポッキー(期間限定の)を一袋ずつあげてご満悦だった。
炭酸には結構気を遣う部分はあるかな?

親だって人間…。感情も疲れもあるよ~。
でもご機嫌ナナメでも自分で取りに行けるなんて…honoだったらありえない(って起きてくることは今のところ経験してませんが…)

私もストレスがピークだったので今朝、背中まであったロングを顎のラインまでのボブにバッサリしてきました(気持ちいい~)晩ご飯を作るのを後回しにしてまで行ったかいはあったかな?
さて今日も夜が勤務。今から晩ご飯の用意をしなくっちゃ^^

投稿: honohono | 2006年9月 7日 (木) 11時21分

ダメです。
わざわざ車で10分もかかるトコからマイジュースを親が持ってくるなんて!
人生経験の浅いわたしが言っていいものか分かりませんが、「そんなコトしてるから子供が調子に乗る。そんなんだから変な事件が多くなるんだ!子供に対して甘い!!」
honohonoさんのコメントを読んでもビックリ
よその家に行って「おやつは?チョコがいい」って言うんですか~。あきれたぁ~(-.-)
絶対うちの子はそんな子には育てない!!
頑張るぞッ☆

あと親も1人の人間。イヤな時は嫌ですよー。
うちなんて買い物中にチャコが泣いて抱っこ~と。荷物もあり、嫌だったので無理やり歩かせ、車内でBS測ると40台ってこともありました・・・
ハハハッ わたしって鬼? (笑)

投稿: チャコママ | 2006年9月 7日 (木) 12時52分

ともかさんへ☆やっぱりちょっとわがままよね。その子のお母さんにしたら、こっちに迷惑かけるより、自分が持っていくほうが…って思われたのかもしれないけど、何だかちょっと嫌な気分のわたし。
カルピスが飲めない子がいたり、オレンジジュースが駄目な子がいたり、お茶も嫌で水がいいっていう子がいたり、ほんとに色々です。1回ぐらい我慢したら何でも飲めるやろうって思うんだけど>_<
子どものしつけ、難しいよね。今のところ、我が家の子どもたち、よそのおうちではきちんとやっているようで、ホッとします^^
 
運動会の練習が始まって、夜間に意外に下がっていたり、思い切って補食すると高すぎたり…で、なかなか学校バージョンに慣れないです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月 7日 (木) 13時56分

honohonoさんへ☆学童はある意味うらやましいです。どっちの家にも負担をかけないで友だちと一緒にいられる場所があるっていいことですよね。

我が家はなぜか集まる家です。だからいろいろ勉強にもなりますよ。お菓子は出すと粉が落ちるもの、ジュースはこぼされるものと最近は悟りを開いているわたしです。子どもだから仕方がないんだけど、ごめんなさいと言えない子が多いのは変ですよね。
でも中には、1年生なのにちゃんと「お茶ください」って言えて、「ごちそうさま」って出て行く子がいます。そうかと思うと、頻繁に来ているその子の親に出会っても、「いつもお邪魔してすみません」の一言もなかったり…
反面教師で頑張っています。

そうなんだ、髪切られたんですね。わたしもちょっと長くなるとうっとうしくて切りたくなるタイプです。まだまだ暑いので、短いほうがきっと素敵ですよ^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月 7日 (木) 14時04分

チャコママさんへ☆そうだよね、やっぱりマイジュースの運び屋になったら駄目ですよね。
そのうち、マイポテチだって持ってきてって言われるかも…ですよね。
子どものしつけって、甘さ、優しさ、その辺の使い分けが難しい。特にナツは、しんどいからこれやって…とか、これ手伝って…が多くて、どこまで低血糖だから、高血糖だからで助けたらいいのか、ほっておいて自分でやらせるのがいいのか、意外と判断に困るときがあります。
心を鬼にして…のときもありですよね。
第一、BS40でも元気で走り回っているときもあるのにね^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月 7日 (木) 14時15分

低学年だと色々な子がいますよね。
家も低学年の時に来た子供ですごい子がいて勝手にお菓子が入ってる引き出しを開けて取っていくのです。これにはびっくりしましたよ^^::
ひとこと言いました「○君ここはお家とは違うからね勝手に引き出し開けてお菓子を持って行ってはダメだよ。」って(-_-;)
自分の家も人の家も同じって感覚に目が点になった事がありました。今はその子はもう来ていないけど・・

私も絶対に持っていかない!もし持って来てなんて言おうものなら「何にも飲まなくていい!!」って言いそう~笑 何でも子供の言う事聞いてたらきりが無いもん!

なっちゃんの所の校区ってすご~く広いね
電車で1駅ってすごいって思いました。学校も近い子と遠い子の距離の差ってすごいね
すご~く遠い子も学校までは徒歩なんだよねぇ?

投稿: なつき | 2006年9月 7日 (木) 23時36分

なつきさんへ☆広すぎる校区、これも色々問題があります。1駅離れた地区の子たちは電車通学です。しかもこの電車が1時間に1本、だから授業時間はその電車の時刻を考慮して決められています。1駅のちょっと手前っていう地区が一番かわいそうで、徒歩30分です。夏の間は、水筒を3個ほど持たせ、着替えまで入れておくとか…でも6年間そういう生活をしているとすごく鍛えられるみたい。運動会の地区対抗ではこの地区が毎年1位です。
ちなみにナツたちは、徒歩8分、なので身体も根性も鍛えられません^^;

低学年の間は、帰ってくるとどうしても同じ地区の子とばかり遊ぶことになるし、どうなんだろうな。さすがに5,6年生は自転車で校区内はどこにでも行けるのです。
勝手にお菓子の引き出し開ける子、いますいます。その辺にお菓子とか置いておくと、気がつけば空っぽ。一体親はどんなしつけしてるの~~>_<
って言いたい!!

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月 8日 (金) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/3351518

この記事へのトラックバック一覧です: 優しさって…:

« 主婦の楽しみ | トップページ | 「夏休み工作展」 »