« 3日連続の30台 | トップページ | 四十九日と納骨 »

台風の思い出

 少し風が強くなってきて、近畿地方もようやく台風接近の雰囲気です。台風といえば…忘れられない思い出があります。ナツが発症した2年前の秋は本当に台風のあたり年で、ナツの入院中になんと2回も台風が上陸しました。そしてその2回目の時、ナツはちょうど外出許可をもらって家に帰ってきていました。学校から連絡網を通じて、前日から休校の連絡がありました。別に台風が来なくても、ナツは登校できないのですが。

しかし主人は普通に会社へ行きました。いつもなら電車が止まらないかとびくびくしながらテレビを見ているのに、その時はナツの血糖のことで頭がいっぱいで、それどころじゃなかったのです。そして3時のおやつに、買い物もいけないので買い置きの「ホットケーキミックスの素」を使ってホットケーキを食べさせたまでは、よかったのですが、

ちょっと待って、ホットケーキミックスって意外と甘い、ということはカロリーも高い!食べさせてしまってから気が付きました。よく入院中に3時のおやつにホットケーキが出ていたので、何となくホットケーキならおやつに食べてもいいのかななんて思っていましたが、多分、そのホットケーキは素を使わずに、カロリーゼロの砂糖で作っていたのかもしれない。すごくあせりました。なんといってもまだ入院中の身、トライ&エラーなんてとんでもない、そんな事さえ知らなかった頃ですから。まさか病院に連絡してどうしましょうとも聞けず、でもこのままではきっと500を超えてしまう。とにかく食べた分を下げなきゃということで、なんと大胆にも「追加打ち」を初めて試みたのです。いくら打ったかは忘れました。後はまめに血糖測定をして経過を見ようと思っていた矢先に主人から電話。

電車が、途中の駅までしか運転していないという連絡でした。つまりわたしに車でその駅まで迎えに来て…と。もちろん行くしかありません。でもきっと駅の周辺は車で渋滞して動けなくなってしまうからということで、その駅の一駅手前で降りて、その駅に隣接している「マイカルサティ」で待ち合わせをすることになりました。わたしは国道の方から、サティの駐車場に入ることができますから。でも実はわたし、そこまでひとりで運転して行ったことは一度もありません、何度か主人の運転でその道をとおり、サティを見たことはあります。

ナビだけを頼りに、大雨、土砂降りの中、冠水しそうな道路をとおり、携帯を握り締め、ひたすら走りました。そして後ろには、外泊中のナツとユウ。この不安、今考えてもぞっとします。こんなことになるならホットケーキなんか食べさせなきゃよかったのに…いや仮に食べていても追加打ちなんかしなければよかったのに。

車の中では20分間隔で測定させました。揺れる車の中での測定もこのとき初めて経験しました。隣に座っているユウが手伝ってくれました。もちろん、補食もインスリンもしっかり持っていますが、とにかく昨日までは病院で全て指示されてコントロールしていたのに、いきなりこの状況。もう泣きそうでした。もし今、ナツが低血糖や高血糖で昏睡になったり、意識を失っても、救急車を呼ぶこともできない。だって自分がどの辺にいるのかさえわからないのです。もし道が通行止めになってこのまま車の中で夜をすごすことになんかなったら…。もういてもたってもいられません。だからやっとサティが見えたときの安堵感といったらなかった。

建物の中に入ったものの、今度は無事主人を落ち合えるだろうかと心配で、何度も何度も携帯で場所を確認しながら、とにかくじっと待ちました。会えた時は、泣きそうでした。帰りの道はさらに雨で冠水がひどく、道なのは川なのかわからないぐらい。でも何とか家に帰り着きました。

この経験で変な度胸が付きました。少々のことは、あの日の車の中に比べたら、まし…。でも台風シーズンが来ると思い出します。今考えても本当に無謀なことをしたなぁって^^

|

« 3日連続の30台 | トップページ | 四十九日と納骨 »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママこんばんは
そっかー台風の季節そんな思い出があったんですね。
たしかにIDDMになったばかりの外出で不安がいっぱいなのに台風の中のお迎えを読んでてうわぁ~!って思ってしまいました。

今みたいに色々な知識と経験がない中で大変だったね。でもすぎてしまえばそれがあるから今があるのかもね(*^ ^*)v
うちももうすぐ発症から2年なんだけど何だかあっと言う間の2年だった様な気がします
そして3年4年と笑ったり悩んだりしがなら一緒に頑張っていこうね(^_-)-☆

台風は大丈夫ですか?私の所も強風だけど大丈夫ですよ。

投稿: なつき | 2006年9月17日 (日) 21時48分

こんばんは~♪

手に汗にぎる思いで最後まで読みました。
外泊中はそうでもなかったけど、退院して次ぎの日ぐらいに250台で高血糖を訴えたhonoを前にして病院へ慌てて電話をしたことを思い出しました(あの頃はランタスのみだったしインターネットもしていなくて情報が何もなかったから…)

なっちゃんママさんの強さは、そんなところからきているのかな?

投稿: honohono | 2006年9月17日 (日) 23時11分

なつきさんへ♪台風は直撃は免れたけれど、今日が一番荒れ模様です。
台風も今まではすごく怖くて嫌だったんだけど、あのときの台風に比べたら、かわいいものです。

発症からのこの2年間、ほんとにいろんなことがあったけど、いつも掲示板やブログに助けられているわたしたち親子です。
なつきさん、これからもよろしく…です^^

いつか子どもたちが独立したら、どこかでオフ会しましょうね。その頃には、どんなことも笑い話になるんだろうな^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月18日 (月) 08時24分

honohonoさんへ♪退院した直後って、ほんとにちょっとしたことが一大事に思えて、「空打ちわすれたかも…」とか「打って5秒、数えなかったよ~」とか今思うと、笑っちゃうような思い出もちらほらあります。

ホットケーキミックスの素、カロリー表示見て、血の毛が引く思いだったよ。
で、ナツに「ごめんね、ごめんね」って言いながら、追加打ちしました。

強くないですよ。みんなに助けられて今があります。そしてこれからも…ね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月18日 (月) 08時28分

なっちゃんママさんおはようございます!
 そうですよね~ 発症時の入院中の外泊で、トライ&エラーなんて 思ってもみないですよね~!  先生のいわれること 忠実に守っていたあの頃でしたものね~。私もそうでした。。 パンにつけるジャムも しばらくは、ずっと マービー でしたもの。

 そういういろいろな体験が 私達IDDMママの心を強くしたのでしょうか??
だったら それも無駄ではありませんね~!!

 そういえば、聞いて聞いて~ 台風といえば 私が次女をお産する際、陣痛がきて病院に向かう途中、ものすごい風でした。。
里帰り出産だった私、運転をしてくれていた父がハンドルを異常にギュっと握り締め、「どうか無事に病院に着けますように。」って2人で手をあわせた記憶が蘇りました。。あはは・・・

 

投稿: keiko | 2006年9月19日 (火) 08時47分

keikoさんへ♪そうなんだ~、keikoさんも台風には思い出があったのね。じゃあゆぴちゃんは、台風のときに産まれたってこと。
それもすごいわ~。

ほんとに発症当時って、ちょっとしたことにびくびくしたり、血糖値の上下に一喜一憂したよね。
今は…少々のことにはあわてません。今までのいろんな経験がちゃんと生かされているんでしょうね。こうして親子で強くたくましくなっていくんだろうな^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年9月19日 (火) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/3475658

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の思い出:

« 3日連続の30台 | トップページ | 四十九日と納骨 »