« 久々の外来受診 | トップページ | お願いです。 »

社会見学 無事終了^^

 昨日夕方、パソコン叩いているとナツが帰ってきました。5時前のことです。そう、昨日は社会見学に行っていました。わたしは朝5時半に起きてお弁当作り。ナツは7時に家を出ました。そして首を長~~くして、帰ってくるのを待っていました。帰るなり聞くのは、やはりこれ

「どうだった?血糖は」     「うん、高いかも、すごく喉乾いた~」急いで測定。あぁ~、きっと高いんだろうな…と思いきや、83!

きゃ~すご~~い。すごくいいコントロールと手を取り合って喜んだのですが、色々聞いてみてさらにびっくり。測定は一度もしていませんでした(*_*)

あんなに、あんなに船に乗る前に測るように言ったのに…。しかも先生方からは、全く声かけはありませんでした(*_*)

今回の社会見学はナツが発症してから一番遠いところで、時間も長かったので、いくら2年経つとはいえ、わたしは心配でした。しかも船に乗る、自由散策の時間がある。そこで、担任の先生には船に乗る前に測定をする時間をとってやって欲しいと、それだけお願いしていました。ナツが測定したくないのは、時間的にできるかどうかわからないから…集団行動です。いくら、ここで時間がとれそうと思っても、ポーチを出して用意するなり、「さぁ立って、今から船に乗りますよ」って言われたら、自分だけまごついて遅れてしまう。それが嫌なのです。だからそのために先生に、お願いしていたんだけどなぁ。

先生からは、 2日ほど前に、「ポートタワーで、測定するように」とだけ言われたそうです。日程表を見てみると、13時ポートタワー見学、13時45分神戸港めぐり(40分のクルージング)と書かれていました。そして昼食は11時半です。そうなると、このポートタワーで測るといっても、着いてすぐに測るのと、船に乗る直前に測るのとでは、大きな違い。

お昼に打ったQが切れるのは13時半ごろ。かなり微妙です。しかもポートタワーの中をウロウロすると運動効果も抜群。とりあえず、着いてすぐに測ると仮定して、マニュアルを作りました。この値だと補食、この値だと追加で打とう…と。しかし、ここにきて急にナツがやっぱりポートタワーで測定するの嫌だと言い出したのです。しぶしぶ、じゃあ船に乗ってから測ってね、ということで送り出したのですが…。もし船に乗るなり、低いと感じて30台だったらどうするの?船酔いして補食できなかったら?考え出すと心配はつきません。

担任曰く、万が一船の中で低血糖発作を起こしたら、すぐに接岸させますから…と。いつもこうなのです。最悪の事態は防ぎます。そうじゃなくて、そうなることをちょっとした配慮で予防してやって欲しい、ただそれだけなのに。養護教諭もそう、校長曰く、いつもポケットにスティックシュガーを入れているんですよ。いつも気にかけていますよって。倒れてどうこうではなく、そうならないようにして欲しい。だってもしそんなことになったら、多分これから先、修学旅行、自然学校などなどが不安になってしまうはず。楽しいはずの社会見学は嫌な思い出になってしまうでしょう。

そして問題の1時間の自由散策。1つの班にひとりの引率ということで、1時間ハーバーランドで自由にお買い物の予定でした。その引率はナツの班には養護教諭がつく予定だったのですが、これはあえて変えてもらいました。そしたら担任の先生がつくことになっていたのですが、急にナツの班ともうひとつの班を合体させて、その中で男女別行動になったそうです。そして担任は男の子に付いて行ってしまったとか。まぁ確かに男の子と女の子、見たいものも買いたいものも違うでしょう、でもそんなことは最初っからわかっていたはず。そしてクラスでもしっかり者のAちゃんに、女の子のほうを任せたそうですが、このAちゃんが仕切る、仕切る。自分の行きたいお店にみんなを引っ張っていく。行きたくないところは寄ろうとしない。他のところに行こうとしたら、別行動はしないでって怒るとかで、ナツは帰ってくるなりカンカンでした。

4年生ともなるとみんな好みをばらばらです。それなのに集団行動で買い物をするのは無理があるでしょう。もう少し大きくなると、思いやりもできて、他の子の行きたい所に付き合うということもできるかもしれません。結局発言力のある子、先生の信頼の厚い子がリーダーシップをとってしまう。でもよくよく考えてみると、この1時間、何もなかったからよかったもののずっと歩きっぱなし、もし急に下がったら、いくらしっかり者もAちゃんでも困ってしまうはず。そもそも誰が引率につくかで、校長先生にまで相談しないと決められませんと言っていた担任。実際には引率なしの子どもたちだけの1時間でした^^;

こうして内容を聞いてみると、低血糖も高血糖も感じないで補食もしないで、帰宅時83は奇跡です。何もなかったからよかったし、特に学校に対しても文句をいうつもりはないのですが、手放しで喜べないのです。

お弁当の後におやつタイムということになって、昼食時のQは、わたしの指示の3.5にプラスして4.5打っておやつを食べたようですが、それ以外にはほとんどおやつは食べていませんでした。お祭りの時の高血糖に懲りているのでしょう。散策の時にアイスを食べている子もいたようですがナツは諦めたそうです。打って食べたらいいのにって言ったら、「いくら打てばいいかがわからないから止めた」って。

少々面倒でも測る時間をとって測らせてやったほうがナツにとっても安心しておやつを食べたり、アイスを食べたりできたのかもしれません。その時100台ぐらいだったら、追加打ちしなくてもアイスぐらい食べられたはず。

帰宅した主人に結果報告したら、主人は担任にそこまで求めるのは無理。でも養護教諭がわざわざ同行しているんなら、場所と時間の確保、ちょっとした声賭けがどうしてできないんだろう。おそらくわたしたちが、養護教諭に対して信頼できないという態度をとるから何もしてくれないんだろうと言っていましたが、それも変です。病気の子どもがいて、学校に色々配慮をお願いしたければ、何も文句は言ってはいけないの。

実際ナツは、以前ほど例の養護教諭に対しての嫌な思いはないようです。少し前頃から、もう普通に話もしているし、なんとも思わなくなってきたと言ってました。昨日も、お土産を見せたり、話もしたようですが、じゃぁなぜ、一言、測定したのって聞いてくれないんだろう。聞いて血糖値聞いても、わからないからかな。

そうそう最後になりましたが、ナツが1000円持って行って買ったものは、ファミリアで可愛いスヌーピーのボールペンでした。仕切り屋のAちゃんはスヌーピーが大好きだったのです^^;

家に帰ってきてから散々AちゃんやAちゃんにまかせっきりの担任の文句を言うナツ。よほど行きたいお店があったのでしょうね。ちょうどユウと遊ぶために来ていたお隣の6年生の男の子、「なっちゃんって帰ってきてから、文句ばっかり言ってるやん」って呆れていました。ナツは意外と外でそういうタイプには見えないのです。いつもこれを聞かされるのはわたしの役目。

「もう、こんなことなら社会見学なんかより学校に行っていつもどおり給食食べてるほうがいい」ってナツが行ったら、その男の子、

「今日の給食、焼きそばで全然おいしくなかったよ」だって^^;

思わず心の中で吹き出しそう、そういう問題じゃないんだけどなぁ。男の子ってかわいいものですよね。その点、女の子、ほんとに難しいです。ハイ!

|

« 久々の外来受診 | トップページ | お願いです。 »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪

ハイ! まさにそうです
なっちゃんママさんのおっしゃるとおりです
ほんの少しの配慮で低血糖が免れる…そこをもっと理解してほしいと思います。そう思うのはダメなのかなぁっていつも思うことです。
でも、うちの学校の先生は誰一人としてポケットにスティックシュガーを持っていないと思いますよ^^;

なんの為の引率の先生なのかなぁって思ってしまいました。
う~ん難しい…。
率先して担任の先生がつくべきじゃなかったのかなってふと思ってしまいました。

投稿: honohono | 2006年10月13日 (金) 10時20分

honohonoさんへ♪今買い物に行って帰ってきたら、honohonoさんのコメントが…。少しタイトルを変えました。ちょっとオーバーかなって思って。
親と先生の違いでしょうね。もし家族で遊びに行ったら、いくら楽しむことを優先にといっても、絶対に1回、ううん、それ以上測定させると思う。楽しい時こそ、楽しい思い出を残したいですもんね。でも先生は、最悪の事態を防ぐことしか考えていないみたいで、そこのギャップは埋められないんでしょうね。
40台後半の男の先生、女の子たちの買い物に付き合うのはこりごりだったのかな。でも変にAちゃんに任せるよなんていうもんだから、余計にAちゃんのペースにされちゃうんですよね。
ナツ曰く、「Aちゃんはきっと楽しかったと思うけど、わたしたちはAちゃんの買い物に付き合わされただけ!」
まぁ確かにナツの言い分もわかります。
今度電車でハーバーランドに行こうねって納得させました。
ハーバーランド、主人と付き合っていた頃、何度か行きました。(すぐ近くの会社に勤めていたから)
対面でいろんなあんぱんを売っているお店があって、おいしいんですよ。今でもあるのかな。ナツにもし見かけたらあんぱん買って来てねって頼んでいたんだけど、それどころじゃなかったみたい。ちょっと残念。

投稿: なっちゃんママ | 2006年10月13日 (金) 10時57分

こんにちは~☆
校外学習、神戸だったのですね!クルージングや自由散策もあるなんて
オシャレだなぁ(^^)v のじおは 博物館だったから・・・(><)
それにしても、コントロールがばっちりだったのには 安心しました。
でも、自由散策には 担任の先生についていて欲しかったですよね・・・
今回は なっちゃんが周りの状況を見ながら、頑張りましたね☆
ウチも 5年の自然学校、今から不安でたまりません(TT)
4泊(5泊かな?)もの長い間・・・子供達だけが頑張らないといけないのかしら・・・
早く<BSが一目でわかる腕時計>、開発されないかな~と思います☆☆

投稿: のじおママ | 2006年10月14日 (土) 17時38分

良いなあ。神戸はいつか行ってみたい所です♪
それにしても凄いですね。「万が一船の中で低血糖発作を起こしたら、すぐに接岸させます」なんて。
そんな事態にならなくて、本当に良かったですよね^^;
限られた時間で、しかも慣れない場所で血糖値を測ったり、注射を打ってオヤツを食べたりするのって、大人の方だって苦労しそう。
なっちゃん。ほんとに今回は頑張りました。拍手♪です。
家族でハーバーランドに行ったら、きっと今回の分も楽しめますね^^v

投稿: ともか | 2006年10月14日 (土) 21時03分

なっちゃんママさん こんばんは!!
無事に、社会見学が終わって よかったですね~♪
なっちゃんママは、奇跡だとおっしゃっていますが、コントロール、自然と良くなっていたのですね!!
 私 思うんだぁ。 それってね、普段のなっちゃんとママがコントロールのこと頑張っているからとちゃう? なっちゃんママ いつもちゃんとしたお食事 作ってはって、規則正しい生活してはるからやて!!

 自信を持ちいやぁ! 今回のこと、めっちゃ頑張ったやん☆  

投稿: keiko | 2006年10月14日 (土) 21時52分

なっちゃん すごい~~!!
ばっちりコントロール出来ているじゃないですか♪
<もしも>の事を考えると ちょっと怖かったり不安だけれど
でもこうやって元気に帰ってきてくれると ホッとするし
コントロールもバッチリだと 自信に繋がりますね^^

それにしても 4年生の社会見学に <お小遣いあり>なんですね。
こちらは6年生の修学旅行の時に 初めて<お小遣いあり>になります。
娘はお小遣いが足りなくなって 
お店のおじさんに<おまけ>してもらったそうです(爆)

投稿: プルメリア | 2006年10月14日 (土) 21時57分

のじおママさんへ♪のじおくんは博物館ですか?いかにも社会見学っていう感じですね。
ナツたちも午前中は、県庁やら県警本部やら一応社会の学習がらみのところに行かされたようです。
楽しいところは子どもたちは大喜び!でもわたしの心配は倍増^^;
楽しいときほど低血糖の気づくのは遅くなりどうだし…
でも今回の経験でちょっと自信ができました。自分で考えて何とかしようという気持ちも芽生え始めてきたようだし。
先生方にとっては、ほんとに普通の子にうつっているようで、それはそれでいいかなって思えるようになりました。

投稿: なっちゃんママ | 2006年10月15日 (日) 12時38分

ともかさんへ♪確かに自由散策の時なんかに測定は難しいでしょうね。班の子たちみんなを待たせてどこかベンチとかを捜さない限り、できないですもんね。
だから測れなければそれはそれでいいかって思えるようになりました。
船の中では、やっぱり4年生、キャーキャー騒いでいたのか一般のお客さんに怒られたみたいです>_<
神戸の人は怖いねなんて帰ってきてから言っていました。
田舎のおじいちゃんやおばあちゃんたちとは違うかも…。それなのに、出港してすぐに接岸なんてなったら、みんなかんかんだよね。ほんとに何事もなくてよかったです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年10月15日 (日) 12時43分

keikoさんへ♪そうだね、なかなかそんな風には思えなくて、悶々としていました。
最近、食事の後にどうしてもチョコが食べたくなるナツ。実は主人がお友だちからカナダのお土産の可愛いかえで型のチョコやクッキーをもらってきてからなんです。
それで苦肉の策、ご飯の後、チョコ1個とクッキー2,3枚食べるためにインスリンを普通より1単位増やして打つというのを、何日間かやっていました。
多分1単位増やしたらおやつが食べられるという発想はそこからきているみたいです。
そう考えると、普段の積み重ねの成果(?)なのかなって、少し自信もってみますね^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年10月15日 (日) 12時49分

プルメリアさんへ♪こうして一つ一つの経験が自信につながっていくんですね。今回のこと、ある意味すごく勉強になったし、今までほど先生にも配慮をお願いしなくても何とかなるんだってわかって嬉しいです。
4年生で、お小遣い&自由時間というのは、学校でも始めての企画だったようです。
ナツの担任の先生、ちょっと目立ちたがり屋なところがあります。
しかし…みんな行きたいお店、見たいものが違うから、その辺をうまく班行動するというのは、やっぱり4年生には無理かなって思いました。Aちゃんと同じ班で、結局1時間Aちゃんのペースに付き合わされた何人かのお友だちからはクレーム続出だったようです^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年10月15日 (日) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/3788099

この記事へのトラックバック一覧です: 社会見学 無事終了^^:

» スヌーピー ハードキャリーフライングエース [スーツケースで旅行をアップグレード]
キャラクター物のスーツケースは見ているだけでも楽しくなってきますよね。その一つが、スヌーピー。チャーリーブラウン、ウッドストックといったアメリカのピーナッツのシリーズです。このスーツケースは、キャリーバーの付いたハードタイプ。前面に大きなスヌーピ... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 01時05分

« 久々の外来受診 | トップページ | お願いです。 »