« 真相は…? | トップページ | マラソン大会 »

3人の週末

 この前、ふと思いました。思えば結婚して11年と2ヶ月。わたしは夕食をいつも義母と一緒に食べています。もちろんナツやユウもいますから、正確には4人で食べているわけです。(主人は帰宅が遅いので、週末しか一緒には食べません)

いつ頃からかわたしが義母と話をすることはなくなりました。子どもたちがいるからまだいいのです。今日あった事を、機関銃のように交互に話してくるナツとユウ。それに横から口をはさむ義母。本当はもっともっと子どもたちと学校でのことを色々話したいのに、聞かれるとまずいことや近所の人に関することはここでは話せません。もちろんインスリンのことや単位のことも話せません。義母がテーブルを離れるのを待って、ナツと相談、単位を決めて注射という手順に…。

最近こういう不自然な夕食に嫌気が刺してきたわたし。本当なら家族で過ごす一番大事な時間のはずの夕食タイムは何だか気まずい。特に例の大喧嘩以来、必要以上に料理の事を誉めたり、変に気を使う義母の態度にはうんざりです。

第一、なんで好きでもない人とこうして一緒に食事しないといけないんだろう。どこの家に姑と一緒にご飯を食べたい嫁がいるだろうか、いるわけないと思う。でも義母ひとりをのけ者にするわけにもいかず、毎日が同じように過ぎていきます。

そして昨夕は主人が会社の人とカニを食べに泊りがけの旅行に行きました。そしてわたしたちは、かねてからの計画を実行に移しました。こうして書くとすごくたいそうですが、

わたしとナツとユウで外食したのです。ハイ、たったそれだけのことです。でも今までしたくてもできなかったことです。主人がいたら、絶対に義母も誘うように言うから。でもまさか4人で行こうなんて思いません。猫の鈴はナツがつけました。

「おばあちゃん、今日わたしたち外で食べてくるから、夕食適当に食べてね」

さりげなく言いました。足腰が立たないのならいざ知らず、自分でバイクに乗って買い物にも行けるし、自分の冷蔵庫まで持っているのですから、たまには自分で好きなものを食べてくれたらいいのです。

ああ、何という開放感。おそらく大多数の主婦の人が普通に毎日経験していることがわたしにとってはとても幸せに思えます。そしてわたしたちが向かった先は、ラーメン屋さん。ここのラーメンすごくおいしいんだ。誰に遠慮もなく、しっかり味わって食べられるなんて幸せ。114_1429

ふたりは普通のラーメンを頼み、わたしは、ちょっと毎日食べすぎ気味だったので、「半ラーメン」を注文しました。麺が半分なんです。その分お値段も半分。そして餃子を頼んでみんなで食べました。ユウが残した麺をわたしが食べました。

こういうこと、義母を連れてくると絶対にできないのです。どうして1人前注文しないのかとか、なんやかんやうるさいのです>_<

食べ切れなければ残してもいいから十分に注文したがる義母。残すぐらいなら少なめに頼んで完食したいわたし。いくら11年間一緒に暮らしていても、価値観が同じになることはありません。

ラーメンを食べ終えたわたしたちは、市民会館に向かいました。12月の毎土曜日に、無料のミニコンサートが開催されています。7時からのこのコンサートを聴きに行きました。

この日の演奏は、ピアノとヴァイオリンとチェロの演奏でした。間近で生でこういう演奏を聴くのも、なかなかいいものですが、最初のクリスマスメドレーはよかったものの、クラッシックの名曲には、ちょっと退屈気味のふたりなので、1時間だけ聴いて途中でぬけました。そして市民会館中庭のクリスマスイルミネーションを楽しみました。年々この時期になると、派手になってくるこのイルミネーション。個人のおうちでもされているところが増えてきました。確かに素敵だけど、思わず電気代はどれぐらいかかるのかななんて現実的な事を考えながら、家に帰りました。

主人には悪いけど、親子3人の週末の夜、とっても楽しかったです。

9時にランタスを打ちながらナツが言いました。ランタス打たなくてもいい日があったらいいのになって。そうですよね。ほとんどの人にとって当たり前の注射しない日。ナツにはもし可能ならすごく幸せな日なんですよね。何でもそう。当たり前だと感じない幸せ。でも仕方がない日常。また明日からは、義母と食卓を囲む日常に戻って行きましょう。

|

« 真相は…? | トップページ | マラソン大会 »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

おはようございま~す。
私の住んでる所は田舎なので同居している人がすごく多いです。
私は核家族なのですが、あずまと仲の良い同級生はホトンドが同居、なっちゃんママと同じ様な言葉をよく聞きます。

やっぱり自分の家では愚痴を言う訳にもいかず時々我が家に集まっては愚痴をこぼしてストレス発散会です。みんなの愚痴を聞きながら同居って大変なんだなって思います。
たまにご飯後の洗い物が面倒で核家族の私達ならこのテレビ見て後でゆっくりしよう!って思うことが難しかったり^^::たまに外食しようと思っても姑さん達が行かないって言われたら諦めるしかなかったりと色々あるみたいです。

毎日頑張ってる自分にご褒美をあげる日があって良いと思います^^
たまに開放されたい日もあるよね。
近くだったら我が家の愚痴発散会にご招待してあげられるのにな(笑)

このラーメン美味しそう( ̄¬ ̄)ジュル
美味しいものをゆっくり食べるのも楽しい時間ですよね^^

投稿: なつき | 2006年12月11日 (月) 10時20分

ん~~(+_+)身につまされる話です・・
うちの主人の生み(二人の母が居る)の母はとっても『キツイ』人です・
私のHPにも書いてますが姫が発症して入院した時に『あんたのせい!!あんたがおろいかけん、病気になったと!!』と言われました。ちなみに「おろいか」と言うのはこの辺の言葉で『腐ってる。」とか「物にならない」「つまらない」とか・・普通は人間には使わない言葉です。そんな事を平気で口にする人です。
幸い同居ではないのでなっちゃんママさんほどツライわけじゃないけど、思い出すだけで胃がキリキリします。多分、一生忘れる事は無いと思います。
ごめんなさい。なんか自分の話をしてしまって・・
私の性格では同居はとても無理なので同居してる方を本当に尊敬します。
頑張ってください。そして、たまにはこんな「息抜き」も忘れずに・・
心が参ってしまわないように・・

投稿: なり | 2006年12月11日 (月) 15時10分

なつきさんへ★ここのラーメンほんとにおいしかった^^
家族(5人)では何度も行った事があるけど、こんなにおいしかったんだって改めて思ったもん。今まであんまり味わって食べていなかった^^;
前にも書いたかな?なつきさんの所とわたしの所、何だか田舎度が似ていると思う。この辺も同居のお宅が多いです。中には2世帯住宅とか同じ敷地で別棟とかも…。
大体の家がお嫁さんが働きに出ているところが多いです。うちは逆です。わたしは専主婦で姑が内職に通っています。
お隣のおうちは、家事、育児、ゴミだしから犬の散歩、子ども(孫)の習い事の送り迎えまでおばあちゃんがされています。ここまでしてもらえるなら、同居のメリットもあろうかと。
ちなみにうちの姑、何にもしません。庭の掃除ぐらいしか(*_*)
わたしって貧乏くじ引いたのかなって思ってしまうと悲しいです。
しいていいことといえば、家と土地をもらえたこと。家は完全リフォームしましたが、一から建てるよりは安く上がったわけで、…な~~~~んてぶつぶつ、また愚痴ってしまいました。
なつきさんのご近所の愚痴発散会、参加してみたい。きっと愚痴の聞き役にまわってくれるなつきさんのこと、みんな頼りにしているんだろうな^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月11日 (月) 17時28分

なりさんへ★えっ、主人の生みの親がふたり?ということはなりさんのお姑さんはふたりいるのですか?ひとりでも嫌なのに~~~(*_*)
姑たちの年代の人には、原因のない病気というものの存在さえ信じられないみたいですね。
どんなことにも原因や理由があると思い込んでいるんですよね。絶対に口に出したらおしまいっていう言葉があると思う。なりさんのお姑さんはそれを言ってしまったんだよね。後で誤解だとわかってあやまってくれました?謝るわけないよね。うちの姑も絶対に謝らない人です。適当に物を買ってきて機嫌を取ってごまかそうとします。
実は姑の姪の子どもさんがIDDMでした。だからわたしは結婚してから、何度も聞かされて気ました。
「こんな変な病気の子どもができたら困るから、ああしちゃ駄目、こうしちゃ駄目」って。
薬を飲んでは駄目とか、早くから保育所に入れたからいけないとか…
でも、皮肉なことに自分の孫がその病気になってしまったわけです。
多分、わたしその事がまだわだかまりになってる。ナツの発症以来、仲が悪くなりました。当たり前ですよね。
これからもどんどん息抜きしちゃいますよ~^^
だってわたしが病気になっちゃったら困るのはナツですもんね。
なりさんのとこのお話、聞かせていただいてありがとう。わたしもまたまた愚痴ってしまったけど、すっきりしました^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月11日 (月) 17時38分

なっちゃんママさんおはようございます!
うふ! 3人の外食&おでかけ よかったですね~♪

 同居したことのない私ですが、仕事では、グチグチ言う方と数人毎週接していますので、
本当 いつも 同居されいる方はお偉いな~って思っています。 頭が下がります。

 離れる時間をもつことで 相手に優しくなれることって あると思います。
お義母さまは、まだまだお若くて1人でなんでもできる方ですもの!
また、なっちゃんに さら~っと言ってもらって こういう機会が持てるといいですね!
ご主人にも なっちゃんから さら~っと 言って 実現できるといいのになぁぁ
ごめんなさい、こんなこと簡単に書いちゃって。。なかなか現実にはそうもいかなでしょうが・・・でも、私の願いです☆

 なっちゃんママ ヨーガはまだ行かれてます?
どうぞ自分のための時間 大切になさってくださいね!


投稿: keiko | 2006年12月12日 (火) 09時27分

keikoさんへ★いつもありがとうございます。多分同居されていない方から見ると、不思議な世界だと思います。
書いているわたしがそう思うぐらいですもの^^;
あと10年ぐらいしたら、笑い話なんでしょうね。
keikoさんが書かれているように距離って大事だと思う。結婚当初はもっと何もかも同じ時を過ごしていましたから、あの頃あんなに無理しないで、離れていてその分お互いを思いやっていたほうが、しこりを残さないでよかったのかなって思います。
もちろんこれはわたしと姑との間のことです。間違っても、わたしと主人とのことではないですよ、ハイ、念のため。
ナツとユウが小さい頃は3人でのお出掛けは大変だったけど、今では、結構楽しめます。だからこれからは、3人での楽しみも見つけつつ、主人も時には仲間に入れてあげようかなって思っています^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月12日 (火) 11時57分

keikoさんへ★書き忘れていました。ヨーガ続けていますよ。後エアロビクスも…。ヨーガは身体に効くし、エアロは心にききます。後何年ぐらい、身体が動くかわからないけど、おばあちゃんになっても続けていたいな。
実はヨーガのDVD+本まで買っちゃった。お正月のレッスンのない時には家でもこつこつやりたくて…。わたし、実は凝り性なんです^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月12日 (火) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/4491918

この記事へのトラックバック一覧です: 3人の週末:

« 真相は…? | トップページ | マラソン大会 »