« 1100分の1の確立 | トップページ | ウインタースクール »

急なお泊り

 昨日は終業式でした。午前中で学校が終わるこんな日の午後は、お友だちの家に行ったり、来たりで夕方までたっぷり遊べます。そしてナツの友だちが、今夜うちに泊まりたいと言い出しました。なんでまた急に…?と思ったら、その子のお母さんが職場の忘年会で、夜遅くまで帰ってこないらしいからだとか…。その子、この前のブログに登場したB子ちゃん。ナツはB子ちゃんとそんなに親しいというわけではないのです。でも友だちが家に泊まるという体験に興味があるようです。

さぁ大変。どこで寝さそう…。幸い、使っていないベッドが2つほどあります。でも寝具は?夏場ならともかく、こう寒いと布団がないと…。まさか布団も持ってきてとはいえないし、客布団なんて気のきいたものもなく、結局いつも寝ている和室の部屋にナツとB子ちゃん。そして主人は手前の部屋のベッドに。わたしとユウは奥の部屋のベッドでふたり一緒に寝ることにしました。掛け布団の数が4つしかないので、こうするしか…。そしてわたしはナツの発症以来、初めてナツと別々の部屋で寝ることになりました。

昨日は、ナツたちのお習字の教室のクリスマス会でした。お習字の先生がカレーライスを作ってプレゼントも用意してクリスマス会をしてくださいます。この日のコントロールには少し苦心します。7時からなので、行く前に家でQを打ってから行かせます。行ってすぐに食事にならなかったら困るので少しだけ何かを口にしてから行かせます。この日も控え目に4.5打ちました。帰ってから追加打ちをするつもりでした。

B子ちゃんは8時すぎにやってきました。そしてふたり仲良くお風呂に入りました。そして何と40分も入っていました^^;。出てきたら、9時半。9時のランタスを急いで打たせました。それから測定。75でした。危ない危ない。絶対に200ぐらいはあると予想していたのですが、きっとお風呂の40分がきいたのでしょう。何か食べないといけないのですが、そういうことにはとても気を使うナツ。自分だけむしゃくしゃ食べるのは嫌なのです。普段ならともかくB子ちゃんをほっておいて自分だけ食べるわけにはいかないと思うようで…こういう時、正直ややこしいなぁって思ってしまう。でもよその子どもってお風呂上りに何かを食べる子、何かを飲む子、もう寝るまで何も食べない子と色々でしょう。

とりあえず、ナツの好きなアロエヨーグルトをふたりで同じように食べたのはいいのですが、ホントわたしのほうまで気をつかってしまう。でもこれだけでは足りない。ナツとB子ちゃんはいっぱい漫画本を持ってお布団の部屋へ行きました。ちょうど買っておいた「ブルボンのプチシリーズ」の「イチゴラングドシャ」(←初めて見つけました)をふたりで食べるように持って行かせたのですが…。

部屋を覗くと、ふたりは黙々と漫画を読んでいました。おやつは…食べていません。B子ちゃんが食べないので、ナツも食べないのです。どうやらB子ちゃんが、ナツの持っていない漫画本を持ってきたようで、それを交換し合って読んでいました。たまにはいいかと大目に見ていたのですが、さすがに11時をまわったので、

「もう寝なさいよ、漫画なら明日でも読めるでしょう。それとナツ。補食ちゃんと食べておかないと、朝までもたないよ」B子ちゃんがいなければもっともっときつく叱るわたしですが、あまりお友だちの前では言いたくないのです。

それから電気を消す音がしました。やっと寝たようです。わたしも狭くて寝苦しいながらも寝ていました。しばらくしたらナツが部屋にやってきて、「下がった~~」

「もう~~だから言ったじゃない。補食ちゃんと食べたの?」

「今、食べたけどまだしんどい」

「じゃあポカリ飲んできて」と言って、確認もせずわたしまた寝ました。

ナツは下に降りてそこで飲んだようでした。

食べないで寝たら夜中にこうなることは、かなり確信を持ってわたしもわかっていました。でも今回はいい勉強、ナツにも補食しないといけない時は、絶対にしないといけないんだということをわからせるいい機会になりました。もっと気の置けない友だちなら、その子はその子、わたしは私と割り切って補食をとることもできたのかも。初めての体験ということもあって気を使いすぎたのかも知れません。正直朝、ナツが寝ている部屋を覗くまでちょっと怖かったです。もしかしたら痙攣しているんじゃないかな、気を失っていないかな、そんなことまで考えてしまいました。

朝ごはん、まさか食べないで帰ってとも言えず、ナツにB子ちゃんの希望も聞いて、ホットケーキを焼いて食べさせました。

でもまだまだ子ども、兄弟でもそうだけど、長い時間を一緒に過ごしていると、ついついわがままもでてきます。10時半ごろ、仲良くユウと3人で縄跳びをして遊んでいたのに、ちょっとしたことで喧嘩。B子ちゃん、荷物もほったままひとりで黙って帰ってしまいました。家はすごく近いんです。

そして10分後、また戻ってきました。ナツは怒って、口も聞きたくない様子。でも結局ナツの方が折れたようです。

「もうお昼前だし、そろそろ帰ったら…」何だか気まずい雰囲気なので、そう言って返しました^^;

わたしはいつもナツに言います。

「敵を作るより、味方を作ってね。その時はどんなに腹が立っても、ちょっとだけ我慢しよう。また何かナツが困った時にその子に助けてもらうことがあるかもしれないよ」って。まぁこれはわたし自身への言葉かもしれません。怒りに任せて大喧嘩をするのは簡単。すっきりするかもしれないけれど、そんなことばかりしていたら、味方も仲間も友だちもできない。特にナツは少しだけ、誰かの助けを借りないといけないことがある可能性が高いから、あえてそう教えていきたいと思うのです。

今日ナツが言いました。

「昨日なかなか寝付けなかったんだ、それでB子を起こさないようにそ~~っとお菓子を食べたんだけど、それでも上がってこなくて、お母さんの部屋にいったんだよ。怖かった~~」って。

いくら学校では注射を打っている姿を見ていても、友だちにナツのインスリンとの生活が理解できるわけはないのです。低血糖の時には、いくら寝る直前でも食べないといけない。正直真夜中に真っ暗な部屋の中で、ひとりお菓子を食べるナツの姿は、変にうつるでしょう。でもそれでも必要なら、きちんと自分のペースで補食がとれるようにしたい。これから学校行事で泊まることもあるのですから、それだけはナツにとっても課題だなと思いました。大事に至らなくて本当によかった。わたしにとっても反省反省の、いい経験でした。

|

« 1100分の1の確立 | トップページ | ウインタースクール »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♪
冬休み突入すぐに貴重な経験をされましたね。
初めて離れて寝られてなっちゃんママさんは熟睡できましたか?

我が家はまだどの子も泊まりに来てもらう経験はないんです(行く事は過去何度か上2人が経験していますが…)

今回の事がナツちゃんのこれからの宿泊行事にいきてくるといいですね☆
B子ちゃんにとってもいい経験になってたらいいね☆

何はともあれ なっちゃんママさんお疲れさまでした。
今夜はゆっくりお休み下さい♪

投稿: honohono | 2006年12月24日 (日) 00時13分

こんばんは! 貴重な体験でしたね^^ ナツちゃんのそんなやさしいところ素敵ですね。小さな心遣いがB子ちゃんにも伝わったかな? 前回のことで、ギクシャクしてないか心配でしたが、仲良く?出来てるようで良かったです。
↓の川島先生の講演会のナツちゃんの様子も物怖じしないりっぱな回答で尊敬です。うちの兄はそんな事は出来ません><

お家のことのアドバイスありがとうございます。階段の途中に持っていくものを置いておくっていのはなかなかいい手ですね! でも、ズボラな私のことだから、きっと溜まっちゃうんだろうなぁ^^;

それから、明日からしばらく実家に戻ります。
今年1年大変お世話になりました^^
しばらく遊びにこれないと思いますが、どうぞ楽しいお正月をお過ごしくださいませ。
来年もどうぞよろしくお願いします!

投稿: nao | 2006年12月24日 (日) 00時34分

honohonoさんへ★正直眠れなかったよ~~^^;
夕飯がカレーだからもしかしたら後から上がって朝までもつかと思ったんですが、甘かった、というより予想通りでした。
ナツが夜間でも低血糖がわかるタイプだからあえて荒療治に出ましたが、もしも夜中に痙攣ってことにでもなったらって思うと、怖かった。
子どもたちの友だちでも、気安くしゃべられる子と、意外と気をつかってしまう子がいますよね。B子ちゃんはどっちかと言うと、疲れるタイプです。朝食も2階の布団の部屋で食べるっていうし…^^;
でも何だか面白い経験ができました。ちなみにナツはまだまだ友だちの家では泊まれそうにないです。

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月24日 (日) 16時51分

naoさんへ★明日から実家ですか?気をつけて帰ってきてくださいね。家の方もいよいよ大詰めだし、忙しい年末になりそうですね。
B子ちゃんねぇ~~不思議な子でしょう。恥ずかしがりやさんなのに、よその家で泊まりたいっていうし、気が強くて負けず嫌いなのに繊細だし、小さい頃から知っているけれど、いまだにわたしの方が気をつかってしまう^^;
仲良く40分もお風呂に入っているかと思うと、次の日にはちょっとしたことで喧嘩。まぁ子どもってそういうものなんでしょうね。
結局どうしても謝らないB子ちゃんにナツが折れたようですが、一言の「ありがとう」もなく、帰って行きました。
最近の子どもたち、「ありがとう」が足りないよ~~って最後までぼやくわたしです。今年1年間ありがとう。そして来年もよろしく。よい年を迎えてくださいね。

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月24日 (日) 16時57分

おはようございます^^
お泊りに来てもらう事、なっちゃんも 良い体験だったでしょうね。
読んでいて 私もドキドキしました(><)
>いくら注射するのを見ていても、普段の生活まで・・・
本当にそうですよね、そう思います。
低くなるのがどういうことなのか、どうしたら回復するのかって、
小4では なかなか理解しがたいのかな・・・^^;
それと、なっちゃんママさんの「敵より味方」というお言葉、
私も 似たようなことをいつも言っています!
やっぱり自分ひとりでは 対処しきれない事もありますものね。
そういう時に 手をさしのべてくれる周りの子が居たら、私達親も
心強いですしね^^
そういえば、もう終業式終わったんですか!?
のじおは 今日です(TT)
同じ県だから 同じだと思っていました~☆

投稿: のじおママ | 2006年12月25日 (月) 08時29分

のじおママさんへ★そちらは今日が終業式ですか?同じ県でも市によって違うのですね。そういえば子どもの頃はクリスマスの日が終業式だったような…^^;
何と17日間も冬休みがある~~~(*_*)
「敵より味方」のじおママさんも同じ考えですか。ナツが発症してからしみじみ思うこと、人はひとりでは生きていけない。それは病気があってもなくても一緒だけど、やっぱり病気がある分余計にそう思います。
卑屈になるんじゃないけど、ちょっとした我慢で味方や友だちを増やして人生を歩くほうがきっと楽だと思う。ナツは負けん気の強い子なのでそれぐらい言わないと喧嘩ばかりしそうです^^;

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月25日 (月) 21時09分

なっちゃんママさん こんばんは。
そうですか~ なっちゃん お友達がお泊りに来てくれて、楽しくお風呂に入り、そして補食のことですご~く悩み 翌日ケンカもしちゃったけど とっても いい体験ができたのですね~!!
 よかったですね~!! うちは、長女のお友達はお泊りに来たことがありますが、次女のお友達はまだありません。 うちの場合 補食 どうなるのだろう? なっちゃんみたいに気がきく子じゃないので お友達の前でバリバリ食べそうだぁ(汗) 
それにしても なっちゃんちって 開いているベッドが2つもあるのですね。すご~い  家出した時は 泊めてくださ~い(笑) 
 
 そうですね!敵より味方を作ってほしいと 私もそう、思います。。。

投稿: keiko | 2006年12月25日 (月) 23時21分

keikoさんへ★おはようございま~~す。なぜかナツは人前で自分だけが何かを食べるっていうことに神経質>_<
なので今回みたいな問題が起きてしまいます。

開いているベッドはね、結婚してからユウが産まれるまで、わたしと主人が使っていたものです。4人になってベッドだと部屋が手狭で、しばらくしまいこんでいました。で、リフォームして部屋が増えたので、1台ずつ部屋に入れています。一つはわたしのお昼寝用。もう一つはいっぱい物を置いています。
B子ちゃんがくるって言うのであわてて片付けましたよ~~。
keikoさんが家出、は~~い、大歓迎でベッド用意しておきますからね~~、いつでもどうぞどうぞ^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月26日 (火) 10時45分

なっちゃんはいつも優しいですね♪
すっごく友達思いだし^^友達が多いのが分かる気がします(*^ー^*)
あずまは、発症してから4回ほど友達の家に泊まりに行きましたがやっぱり帰って来るまで心配で特に泊まりに行った夜中は低血糖の心配をします。
朝の血糖値聞いてホッとすることしばしば^^::

友達とのお泊りってすっごく楽しいけれどママさんは大変ですよね。特にB子ちゃん過去ログにも色々あるから・・・・
こう言う経験がなっちゃんをまた大きく成長させるんでしょうね^^なっちゃんの優しさはママさんの面倒見のよさからくるんだろうなぁ~~♪
素敵なママだもんねなっちゃんママは(^_-)-☆

投稿: なつき | 2006年12月26日 (火) 14時59分

なつきさんへ★いえいえそれほどでも~~~~なんてすぐ調子に乗るからおだてないでねぇ^^
ナツやユウの友だちにご飯作ってあげて食べてもらえるとすごく嬉しい。
前に夕食の準備を早くしていて、鶏の唐揚げを揚げたら、ナツの友だちに半分ほどつまみ食いされちゃって…。
でも「家のよりおいしい~」なんて言われると悪い気がしなくて、嬉しかった(単におだてに弱いだけ)
男の子でも友だちの家で泊まったりしあうんですね。毎日学校で顔あわすのに何を話しているんだろう。そのうち、ユウの友だちも泊まりに来てくれると嬉しいかも~^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月26日 (火) 21時21分

今夜はダンナが泊まりの研修で留守(ラッキー(笑)
早速パソコンで遊んでいます

お泊り体験、いろいろあって大変だったね。
ヒロも、いまのところ友達を泊めた経験はないけど
友達の前だと猫かぶるというか
ええかっこしぃ(格好つけたがる、の大阪弁)なんで
泊まっている間は良いとしても、帰ってから
まわりに当り散らしたりして大変かも....
ましてやなっちゃんはまだ4年生。
この体験が次につなげていけるとよいですね。

「敵を作るより味方を....」いい言葉~
そうだね。回りまわって自分に還ってくるよね。
私も見習わなくては。

いろいろとこの1年お世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。
ちょっと早いけど、よいお年をお迎えください~
(さぁ、明日から大掃除モードだ~)

投稿: ウィリー | 2006年12月27日 (水) 20時47分

ウィリーさんへ★わかるわかる、思わずうなずいちゃった。ナツもええかっこしぃですよ。学校ではすごくいい子を演じているようです。
その分家で爆発したり、ダラダラしたり、多分子どもでも疲れるんじゃないかな。
B子ちゃんが帰ったら正直わたしもホッとしました。
そう、実はわたしもええかっこしぃなんです^^;
今年は色々ありました。確かわたしがブログを始めたのが2月。あれからいろいろな方たちとネットの上で知り合えることができました。
掲示板とはまた違った意味の交流ができてほんとに楽しかったです。
もうすっかり年末モードですね。
こちらこそ、今年はお世話になりました。来年もまたまたよろしくです。
お掃除頑張りすぎて体調崩さず、いい年をお迎えくださいね^^

投稿: なっちゃんママ | 2006年12月28日 (木) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/4647484

この記事へのトラックバック一覧です: 急なお泊り:

« 1100分の1の確立 | トップページ | ウインタースクール »