« またまた…でした。 | トップページ | テレビと言えば… »

風邪は万病の素

 昨日のことです。朝から担任の呼び出しに振り回されてわたし。午後にはまたうとうとお昼寝をしていました。どうも最近今ひとつ体調が戻らない。歳のせいかな?インフルエンザはそれほどきついってことなのかな?そして退屈しきっているユウにいつも起こされてしまいます。

「お母さん~~~~遊ぼうよ~~退屈~~~」

無理もありません。今日で丸8日間、家でビデオばかり。熱があるときはゲームをさせるわけにもいきません。毎日帰宅後は友だちと遊んでいたのに、この状況ではそれも絶対に無理。かといってわたしもユウの相手は疲れてきました。しかもお昼寝から起きてからどうも寒気が…。背筋がぞくぞくするし、食欲もない。だから夕食もつくる気になれない。でも主婦はそんなことも言っていられず、何とか簡単な物を作り、5時にナツをお習字に送って行きました。そして熱を測ったら38度5分>_<

道理で寒気がするはず。6時にナツをお習字から連れて帰り、ふたりにご飯を食べさせた後、病院へ。火曜日にタミフルをもらった病院です。

わたしの勝手な想像はこう。やっぱりあの時は陰性だったからまだインフルエンザにはなっていなかったんだ。で、今日がほんとうのインフルエンザ。でもタミフルはもうあと2日分しかないし、もしかしてタミフルが効かなくなっちゃうんじゃないかなって。

でも先生の意見はこう。タミフル飲んでいたら、仮にかかっても熱が出るのはおかしいと。じゃあ今度の発熱は何が原因かを探さないといけないということで、いろいろ検査をしました。結果、『気管支炎の疑い』という病名がつきました。でもここで先生。またまた首をかしげて、「でもこの前出した薬の中には抗生剤も解熱鎮痛剤も入っているんだけどなぁ。これを飲んで気管支炎になるということは後は点滴しか方法がないね。それと炎症の程度を調べるために血液検査をします。その結果が明日出るから、それによって点滴を続けるか、飲み薬にするか考えましょう」

わたし、実は出された薬は全部きちんとは飲んでいません。でもまさかそんなこと、言えるはずもなく…。デモね、風邪薬ってもらっても最後まで全部飲まないことの方が多いはず。

「これは鼻の薬です。これは熱を下げる薬です」とかきちんと説明されてしかも丁寧に薬の効能書きの紙までもらったら、普通鼻が止まれば鼻の薬は飲まないし、熱が下がれば熱を下げる薬は飲まないはず。でも問題は、抗生物質なんですよね。ちなみに今回、わたしは月曜に抗生剤入りの点滴を違う病院で受けて、そこでもらった抗生剤は一日だけ飲んだのですが、何とそれ以降、抗生剤は飲んでいません。だから気管支炎になっても無理もないのです。しかも喘息があるので咳が出てもそのせいだと信じていましたから…。

ほんとにわたしって馬鹿だなぁって情けなくて点滴しながら涙が出ました。何にも考えずに病院で出された薬を飲んでさえいたらこんなことにはならなかったわけで…。デモね、病院で出される風邪薬。結構きついので眠くなるし、胃がおかしくなるのでほんとうに嫌いなんです。最小限にしか飲みたくないのです。

それとついついIDDMママのさがで、自分で色々判断してさじ加減をしたくなる。医者任せ、病院任せにはしないでしょう。多分それはそれでいいことなんだと思うけど、今回はそれが完全に裏目に出ました。

点滴が終わって家に戻ると熱は39度にもなっていました。早速熱を下げる座薬を使うと、どんどん下がって37度5分まで下がりました。何とか食事も少しは取れて、そして今度は薬もきちんと飲みました。

そして今朝起きたら何と平熱に下がっていました。やった~~~~^^

本当に本当に嬉しかったです。普通に朝食がとれる幸せ。そしてまた今度ばかりはきちんと薬も飲みました。

昨日の結果を聞きに病院へ行きました。やはり『気管支炎』ということで、もう一度点滴をしました。でも数値はそれほど悪くないので(多分手当てが早かったのでしょう)後は、飲み薬の抗生剤で治りそうです。

皆さん、風邪にはくれぐれもご用心くださいね(ってこんな馬鹿な事をしているのはわたしぐらいでしょうが)

待合室で気になる会話。60歳ぐらいの男性の方、「低血糖や、80しかないからジュースのまなあかん。低すぎるって言われたわ」と言いながら処置室から出てこられました。

「この前なんか夜中に40になってしもて、もう手がぶるぶる震えた」

話しかけられたお知り合いの女性の方、「ええぇ~~そんなん、こわいやん」って。

で、その方が帰られた後、その女性の方ともうひとりの知り合いの方がこんな会話。

「正常な血糖って何ぼ?」   「90から100ぐらいと違う、あの人は薬ではあかんから注射を打ってるねん。インスリンいうてな」

わたしは80でいいんじゃないって勝手に思ってしまった。まぁ、まだインスリンの効きが残っている時間で80なら問題だけど。

こういう話を聞いたり、点滴でたまに針を刺されて痛さを実感したりするたびに、こういうことに毎日向き合って付き合って、文句ひとつ言わないIDDM子(たまには文句も言いますが…)は本当に偉いなぁってしみじみ思うのです。

今回のことはすごくいい勉強になりました。抗生剤、これからは真面目に飲もうと思います^^

|

« またまた…でした。 | トップページ | テレビと言えば… »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママさん♪体調はどうですか?

確かに症状が軽くなったりしたら薬飲まないよね~
私の場合はIDDMママは新米だけど4年半勤めていた経験がものを言います。ウイルスによる発熱には抗生剤は必要ないし効きません。鎮痛解熱剤は熱があっても食欲があったり元気があったりしたら使いません(これは長男がまだ1歳にもならない頃坐薬を使い2日たって再び発熱時にもう一度坐薬を使用したのち体温が34℃台まで下がって怖い経験をしているため必要以上には使いません)逆に熱が無くても頭痛・寒気などには使用します。

病院によっては様々だけど、この薬は何の薬で副作用はどうでとか、何種類も出される薬、本当に必要なものだけで良いと思うし、たとえ予防のための薬が混じっていたとしても「こういう症状が出たときに飲むもの」や「これだけは必ず飲みきること」などきちんと素人が分かるように説明をして欲しいと思っています。どの病院を選んでも同じような対応をしてほしいもんだと思っています。

なっちゃんママさんの今回のダウン
ユウ君の発熱あたりからナツちゃんへ移らないかとの心配。それにここにきて担任の先生の対応などストレスで体が弱っていた所にウイルスがきたのかなっと勝手な想像をしてしまいました。
それと<タミフル>ですがインフルエンザの特効薬なのは確かなようですが、あれってインフルエンザである期間が短くなるだけなんですよ(まぁ長いより短い方がしんどくなくていいですけど…)

書いたこと体が弱っているなっちゃんママさんにきつい言い方だったらごめんなさい。
あと2日のお休み、ゆっくり過ごして精気を養ってください

来週元気な♪なっちゃんママさんに逢えますように
それとユウくんも元気に登校できますように…
ナツちゃんもこのまま元気に過ごせますように…
最後にナツちゃんの先生がおとなしい週になりますように…

お大事にして下さいね☆

投稿: honohono | 2007年2月10日 (土) 20時48分

なっちゃんママ 復活おめでとう~。
でも偉い!! 熱があってもしっかりママ業しているんだもん。
私なら甘えちゃって寝ていると思う^^;

薬 確かにたくさん飲みたくないものね~。
中には胃が痛くなるのもあるし!!
でも 今回の話を聞くと 薬の大切さも分かった気がします。

血糖値って その人その人で捉え方って違うのね~。
それに体感も違うのだろうし・・
友達のお舅さんは2型で薬を飲んでいるみたいですが
低血糖で半日倒れている事もあったとか。
今は同居しているから そういう心配もないだろうけれど
娘達が!って思うと ゾッとしますね。

なっちゃんは元気ですか~?

投稿: プルメリア | 2007年2月10日 (土) 21時14分

おはようございます! 今朝の体調はいかがですか?
今までの記事も読ませていただくと、
今回のなっちゃんママさんのダウン、納得出来てしまいます(TT)
ユウくんのこと、なっちゃんの学校・そして担任の事。
体の面でも精神面でも 本当にお疲れになったんだと思います。
そして いつも思うのが、そういうときでもなっちゃんママさんから
<パワフルさ>を感じる、ということです☆
私なんて 肩が痛いだけで、もうダメ、手伝って~となるのに(==)
この3連休で 体力が回復しますように・・・☆
私も・・・(笑)

それから、のじおの担任からも たびたび電話がかかってきます。
「体育、時間割では2時間目となっていますが、中止になりました。」
「体育、時間割では2時間目ですが、4時間目に変更になりました。」
と^^; ありがたいような・・・そこまでしなくても、と思うような・・・
でも 我が家の場合、2学期に倒れた経緯があるので、余計に慎重なのでしょうが^^;
4年生も あと少し。2人とも楽しく元気に過ごしてくれると良いですね♪

投稿: のじおママ | 2007年2月11日 (日) 09時29分

honohonoさんへ★全然きつい言い方なんかじゃないですよ、それに勉強になりました。
弱り目にたたり目ってよく言いますもんね。子どもたちのことがすんなりいっていない時、親は相当ストレスを貯めてしまいますよね。
タミフル飲んですっかり治った気になってしまいましたが、無理は禁物ですね。

おかげさまで熱は出なくなりましたが、この連休の間は無理せずゆっくりしようと思います。
結局ナツと主人にはうつらないですんだようです。これが何よりです。
連休明けの完全復活目指して頑張りますね^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年2月11日 (日) 14時57分

プルメリアさんへ★ありがとうございます。ナツは今回はうつらないですみそうです。元気です。

わたしも熱の出ている時ぐらいは寝ていたい~~(*_*)
デモね、それってお姑さんが料理や洗濯をすることになるので、それが嫌で元気なふりをしています>_<

病院に行っているのも内緒、変に心配顔されるのが嫌なので…同居のメリットなんて全然ないですよ。

ほんとにお薬の必要性、今回だけは見にしみてわかりましたから、しばらくはおとなしくしています。

投稿: なっちゃんママ | 2007年2月11日 (日) 15時04分

のじおママさんへ★ありがとうございます。ご心配おかけしました。今日も朝から平熱、普通の休日を過ごしています。普通の毎日がいかにありがたいか、病気になると本当によくわかります。

のじおママさんもくれぐれもご注意くださいね。身体のどこかに痛みがあるのって辛いと思います。気合いだけでは、痛みはどうにもできませんものね。
しんどさは何とか気合いで乗り切れるんですよ。39度でも自分で車運転して病院から帰ってこれましたもの^^;

のじおくんの担任の先生もそういうところがあるのですね。結構男の先生(でしたよね)は、小心なのかもしれませんね。でも体育なんてその内容によっては運動量も雲泥の差。
最近のナツたち。1時間中、縄跳びしている体育があるかと思ったら、バスケットの試合で、見学ばかり、たまに試合に出ていても、ほとんど動けない(バスケ苦手なの~)。だからもう体育ぐらいどうでもいいか
って思ってしまう^^;
この連休で元気になって、週明けは完全復活といきましょう^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年2月11日 (日) 15時14分

だいぶ身体は楽になりましたか?
主婦は熱があっても
なかなか休めないからつらいですよね
少しでもヒマを見つけてゆっくりしてください〜

私も、幸い今はカゼひいてないですけど、
熱には弱いたちなので、
用心しなくっちゃ…

投稿: ウィリー | 2007年2月12日 (月) 20時33分

ウィリーさんへ★おはようございます。今朝は何と朝から頭痛^^;
1年に2,3回しか頭痛を体験しないわたしにはかなりきつい。早速薬を飲んで、今日の予定は全てキャンセル(ってたいした予定ではないのですが)
やっぱりインフルエンザはきついってことなんでしょうね。
結婚してここに住むようになって一番心配だったのは、田舎なので病院、診療所、クリニック、そういうものが近くにないということ。だからどんなに熱があろうとも自分でハンドル握らないことには病院には行けない。
なので、いろんな薬を常備しています。でも今回みたいな時にはやはり素人判断はできないからやっぱり病院に行くしかないですね(*_*)
健康のありがたさをしみじみ実感しました。
毎日お忙しいウィリーさん、風邪にはくれぐれも気をつけてくださいね。『今までならこの程度の風邪は…』っていう考えが駄目なんですって。1年1年歳をとってるってことでしょうね^^;

投稿: なっちゃんママ | 2007年2月13日 (火) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/5286244

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪は万病の素:

» インフルエンザ [家庭の医学]
今年のインフルエンザ対策はこれできまりです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 15時17分

« またまた…でした。 | トップページ | テレビと言えば… »