« あのM先生が…(*_*) | トップページ | 緊急保護者会 »

慢性腎炎だって^^;

 恐ろしいタイトルです。でもナツではありません。わたしがです。

話はう~~んとさかのぼりますが、去年の10月に主人の会社の配偶者検診というのを受けました。で、その検診の尿検査で潜血に引っ掛かりました。明らかな陽性です。でもおかしいのはその病院からの検診結果には「要再検」の文字はどこにもなく「経過観察」になっているのです。???一過性のものだろうか?

でも気になったわたしはかかりつけの医師に相談しました。それが11月の終わりの話です。その先生もこれが「要再検」にならないのは変だとおっしゃっていました。そして色々な問診の結果、一番可能性として高いのが「慢性腎炎」ということになりました。わたしは子どものころ「扁桃腺肥大」で、9歳の時に手術で摘出しています。多分扁桃腺炎で熱を出すことが多かったからでしょう。そういうことが大人になってからこういう形で出てくることがあるようです。

そしてその日に再度尿検査と腎機能を詳しく調べるための血液検査を受けました。でも検診の血液検査の項目にも腎機能を調べる簡単な項目は含まれています。それは全く問題がなかったし、その日にそこで受けた尿検査は陰性だったので、やはり一過性のものだったのかなということで、その日は帰りました。

あれから2ヶ月半、すっかり忘れていました^^;

そろそろ花粉症が出始めるのでそのための薬をもらおうと昨日病院にいって、その時の検査結果を聞かされました。

血液検査の結果は間違いなく「慢性腎炎」でした。聞かされたときは少しショックでした。

「慢性腎炎」とは、はっきりした原因はわかっていない。少しずつ進行して腎臓の機能が落ちていく病気。急に進行することは稀。でも進行を確実に止める方法はなく、完治することもない、そういう病気です。

つまり、最悪の経過をたどると、早くて10年後には人工透析。よい経過をたどると、今の状況を寿命がくる日までキープできるかもしれないということ。

先生の指示はこう。塩分を控えた食事を心がける。不摂生な生活をしない。その事に注意していたら、透析まで進むことはないでしょうと。そして半年に1回、検査を受けること。

症状もないけれど病名がつく、薬が出るわけでも、今日からなにかが変わるわけでもない。でもなんなんだろう、この気持ちの重さ。早速腎臓病に関する本を2冊ほど買って帰りました。ナツにとっても、深くかかわりのある腎臓に関する病気。今までほとんど意識することはなかったけれど、この際しっかり勉強してみるのもいいかなって思っています。

そして意外と冷静に受け止めることのできたわたしでした。だってある意味透析の可能性にしても腎臓病のこわさにしてもそれはナツが抱えているものと同じ。だったら、まだまだこれから長い将来のあるナツが抱えている荷物よりも、人生の折り返し地点を過ぎたわたしが抱えている荷物の方がはるかに軽いんじゃないかな。そんなふうに考えたからです。それにこれから先、誰もが年齢とともに身体の機能が弱っていったり失われていくわけで、たまたまそれがはっきりと予測できるということに過ぎないだけ。

そうは言っても最初に病名を聞いた時、やはり心の中で叫んだのは、「何でわたしなの?何でこんな時なの?」ということでした。そう、ナツの病名を告げられた時のように。

夕方、ナツがまた例によって「何で私だけ毎日痛い思いしないといけないんだろう」と言いながら注射を打っていました。その気持ち、今のわたしには痛いほどわかるよって言ってやりたかった。そしてナツがわたしの歳ぐらいになった時、今日のわたしと同じ思いをしなくていいように、合併症とかけ離れたところにいられるように、頑張っていかなきゃと思ったのでした。

まだまだ始めたばかりですが、腎臓病の食事療法は面白いです。低タンパクで高カロリーがいいそうです。何だかこれって糖尿病とは反対のような。フライや天ぷらなど油分でカロリーをとるのがいいようですが、そんなわけにもいかず。一体わたしは何をつくったらいいんだ^^;

|

« あのM先生が…(*_*) | トップページ | 緊急保護者会 »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママさん こんばんは。
 そうだったのですね。 それはショックなことだったしょう。。
 
「なんで私が!」・・・ それは なっちゃんママさんだからですよ!
 塩分を控えた食事・不摂生をしない・・・これって、もうすでに実行されているではありませんか!!
 

どうぞ無理せず 生活してくださいね。

投稿: keiko | 2007年2月16日 (金) 17時56分

こんばんは。昨日から 気になっていました。
驚きました。なっちゃんママさん、大丈夫ですか。
でも いつものなっちゃんママさんの手料理の数々、
同じ主婦として 本当に尊敬してたので、
これからの食事療法や不摂生対策にも 十分生かされると思っています!
勉強家のなっちゃんママさん、たまには<ボチボチ>で
皆さんのお力も借りて下さいね☆


投稿: のじおママ | 2007年2月16日 (金) 20時30分

keikoさんへ★そうだよね、神様はその人が背負えない以上の荷物は背負わさなかったもんね^^
ひとつぐらい病気を持って生きていくのも悪くないやんっていいつつも、いざ自分がそうなると、正直動揺します。
改めて、一日一日を大事に小さな幸せをかみしめながら生きていけたらなぁって思いました。
だって先のことなんて誰にもわからないんだから。
keikoさん♪いつもありがとうね。ブログをしていてよかったなぁってしみじみ思います。

投稿: なっちゃんママ | 2007年2月16日 (金) 22時59分

のじおママさん★ご心配頂いてありがとうございます。
誰かが気にかけてくれているって何だか嬉しい♪
そうなんですよ~~。腎炎って聞いて何がこわいかって、やっぱり透析ですよね。
デモね、それでもいいやん、まだまだ先の話しだし、ナツがそうなることに比べたら、平気平気って思えるようになりました。
これからは少し肩の力を抜いてぼちぼちやっていこうと思っています。ありがとうございます。

投稿: なっちゃんママ | 2007年2月16日 (金) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/5361183

この記事へのトラックバック一覧です: 慢性腎炎だって^^;:

« あのM先生が…(*_*) | トップページ | 緊急保護者会 »