« 家庭科の授業 | トップページ | 春キャベツ »

マロンの受難

 我が家はよくユウの友だちが集まる家です。そしてマロンが来てからというもの、マロン目当てのナツの友だちもよく遊びにきます。

が、………

マロンにとっては嬉しい反面、疲れるようです(*_*)

マロンの前オーナーさんはブリーザーさんなので、マロンは犬舎での集団生活をおくっていました。保育園児の女の子もいらしたようですが、犬には極力接触させなかったようです。その理由が私にもようやく理解できました。以前にその女の子がチワワもぬいぐるみも同じようにおもちゃのお片づけ箱にぽんと放り投げたとかで、オーナーさんは厳しく叱って、犬をさわらせなくなったそうです。

うちの子供たち、一応4年生と2年生、マロンとぬいぐるみの区別はわかると思っていました。でもお友だちも同じようにマロンの事を大事に思ってくれるかどうか、それは別問題のようです。

ナツのお友だち、一緒にお散歩に行って、「リード持ちたい」というので持たせてあげたら、1度ならず2度までもリード放してしまうのです>_<

「ちゃんと手に通して持つように言った?」

「言ったよ、それなのにすぐに違う持ち方して放しちゃうの。それで平気で笑ってるだけ、私があわてて走ってつかまえに行ったの」

「もしマロンが勝手に走って車に轢かれでもしたらどうするの?」

「その時は弁償してもらう」

違うだろ~~~~~。

それ以来、ナツとお友だちだけの散歩はほぼ禁止状態です。

そしてユウの友だち、マロンは誰にでもなついてぺろぺろなめたり、飛びついたり機嫌よく遊んでいると思ったら…

いきなりマロンが急に興奮して走り回ったり、ユウの友だちに吠え付いていったりするシーンが毎回あります。そのたびにわたしはマロンを叱ってケージに入れに行かないといけない。その子が帰ってからユウに事情を聞いてみたら、その子がマロンに対して怒らせるような事をしたと白状します。でもその場では言わないからわたしもその子を叱るわけにもいかず>_<

昨日はさすがに切れました。

「マロンは生き物なの、おもちゃじゃないのよ」ときつくきつく言いましたが、懲りていない。

おやつを黙ってあげてしまう子、勝手にケージの戸を開ける子。

たまたま昨日本屋さんで見かけたチワワの本には、1歳半を過ぎてから、急に性格が変わって、人間嫌い、犬嫌いになって誰にでも吠えまくるチワワの話も載っていました。原因は、大きな犬に噛まれたことで…。それを読んで、このままマロンがみんなのおもちゃのように扱われていたら、性格の悪い子になってしまうと真剣に心配しました。

少しナツやユウにもきつく言いました。そしてできればこれからリビングではなくて他の部屋で子どもたちは遊ばせようと思います。

最近のマロン、リビングの隅っこのパソコンのところでピコピコしていると、「助けて~~」と訴える目でわたしの膝にたっちします。膝に乗せて上げると、わたしの手に顎を乗せてうとうとします。

お気に入りのソファーも毛布もみんなに占領されてしまうんだもんね。116_1697_1

|

« 家庭科の授業 | トップページ | 春キャベツ »

「チワワ」カテゴリの記事

コメント

明日から春休みでまだまだマロンくんの受難は続きそうT_T
はい確かにお散歩ちゃんと行けません。
それにおもちゃ感覚です。
我が家は自分の子供でも心配なので(まぁhonoぐらいですけど…あっ!でも以前長男と一緒に夜道を散歩に出かけて2度リードが外れて彼は慌てて追いかけておりましたT_T)今では二匹の散歩は死ぬ思いなので(チョコが嫌がりスカイが走る…想像してみて)私一人で出かけることはほぼ無いのですが同じ地区のその時は4年生だったかなぁ。「貸して貸して~」状態で何度かは言うこと聞いてあげたけど余りのしつこさに「ワンコも疲れてきたからもう帰るね」と言ったら一言「ケチ!」と言われました。
なっちゃんママさんとマロンくんのお疲れはまだまだ続きそうだけど何とか分かってくれたりいい方法が見つかるといいですね。
マロンくんも大事な家族の一員ですから…

投稿: honohono | 2007年3月23日 (金) 17時48分

ちがうだろ~~~~!!!
私もPCに向かって突っ込んでしまいました。^^;

お友だちに言われれば断われないのもわかるけれど
マロンちゃんの性格がもしもゆがんでしまったら
ナツちゃんもユウくんも悲しいものね。。
なんとか早くわかってくれるといいですね。

うちは、私の喘息が一番の原因で犬は飼えないのですが
ワンコのいるお友だちのところに行く時には気をつけさせなくちゃ☆

honohonoさんのコメントの「ケチ!」って。。@@
自分勝手な子っているのですよね。でも、脱力感~~

投稿: じゃこちゃん | 2007年3月23日 (金) 20時28分

こんばんは~。
マロンくん、やっぱり人気者なんですね^^
わんこを飼っていない子供たちにとっては 本当に羨ましく、憧れの存在なのでしょうね。
でも 何かあってからでは大変><
他に代わりは居ない、大切な家族ですものね。
のじお、我が家ではあまり遊ばないので、今まで2~3度しか お友達とコロンを接しさせた事がありません。
それでも 私は 内心ハラハラドキドキでした^^;
子供だけで散歩、、、ぜ~ったい無理です(><;)

やはり 時間を決めたり 部屋の中だけという約束をしたりして
様子を見たほうがよいかな?と思います。
上手に遊べるようになるまで まだまだ時間がかかるかしら><


投稿: のじおママ | 2007年3月23日 (金) 20時33分

こんばんは! 随分と遅くなってしまってごめんなさい。何度か来て、読んだんだけど、コメントを書こうとするとサーバーエラーとかで画面が出なくって・・・
NTTじゃない光回線だから悪いのかと疑ってるところです(>▽<
今日は大丈夫でしたが、マロンちゃんが仲間入りして2週間ですか? かわいいでしょうね! うちはまだペットのようは三男がいるからムリだけど、まーくは動物が大好きだからいつかは飼ってあげたいな!(本人はアレルギー持ちだけど><)
人間になれるようになるまでもう少し時間がかかるのかな?
下のブログだけど、ナツちゃん6年生の男の子にいろいろ言われたんだね。本人は何気ない一言だけど、傷ついちゃいますよね! もう大丈夫になったかな?
まーくも少しお調子モンなので、ハラハラすることがあります(^^;

投稿: nao | 2007年3月24日 (土) 00時01分

honohonoさんへ★2匹の散歩、想像しただけでも大変そう>_<
子どもって時には残酷ですね。ましてよその犬=おもちゃなんでしょうね。
昨日来たナツの友だちもどうやらマロン目当て^^;
ナツがリードを持ってお友だちとふたりで散歩にでかけました。無事帰ってきてやれやれ。
後で聞いたらほとんどお友だちがマロンを抱いて歩いたとか^^;
それは散歩じゃないだろう~~(*_*)

「ケチ!」ねぇ、私もそのうちに言われるんだろうな^^;

投稿: なっちゃんママ | 2007年3月24日 (土) 13時41分

じゃこちゃんへ★アレルギーは我が家も一番の心配でした。実は以前にコーギーのいるお宅で半日だべっていたら、翌日から私が急に喘息出ちゃって。
で、その時に犬猫のアレルゲン検査をしたら陰性。
それで今回は踏み切ったものの、もしナツのアトピーが復活したらって気が気じゃなかったです。
だから掃除はまめにしています。
犬のお世話、正直大変です>_<
そういう大変さを全然知らないで、遊びにきて思いっきりおもちゃにして帰られたんじゃたまったもんじゃないですよね。
こうしてピコピコしているわたしの左手には、マロンのお顔が乗っかっています。

癒される瞬間です^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年3月24日 (土) 13時47分

のじおママさんへ★のじおくんちは男の子が来るからどうなんだろうって思っていました。
さすがに6年生の男の子は意地悪もしないし、それほど抱きたがったりもしないんだけど、2年生…、まだまだ目が離せないですよね。
昨日は4年生の女の子に、「お菓子とか上げるとしんじゃうよ!」って脅したら、
「この前ねぇ~うちの近所の犬に○○を食べさせてあげたんだよぉ~~。でも死ななかったよ^^」

そうなんだけどぉ~~~~~~>_<

さすが4年生、こういう嘘は通じません。
でもあの手この手で頑張ろうと思います。

投稿: なっちゃんママ | 2007年3月24日 (土) 13時52分

naoさんへ★ワンコとの生活なんて夢にも思っていなかったです。
早くてもユウが高学年になってからかなって思っていたので…。でも適度は散歩は運動効果ばっちりですよ。これでナツの血糖も下がるといいんですけどね^^;
修了式とか始業式の日は学校で約束して帰ってきたら午後は時間が目いっぱいあるから、ホントに大変です。
心を鬼にして、マロンをケージに入れて「お昼寝の時間なの」で通しました。
男の子も5,6年になると難しいお年頃みたいですね>_<
ユウがそれぐらいになるとわたしも少し気持ちがわかるんだけど、今は全然わかりません。小さい頃は可愛くて素直な子だったのになぁ。4月からは顔を合わすこともなくなるのでホッです^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年3月24日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/5786842

この記事へのトラックバック一覧です: マロンの受難:

» 突然のリストラ退職 ハッキリ言って 再就職先など、有りません!情けない お話です。 [退職後、どん底からの、脱出方法!]
私は、一年前 突然リストラされた ミジメな、中年サラリーマンです。 再就職先も、見つからず 途方に暮れる毎日となりました。 何とかなるだろう! と思いながら月日が流れてしまい 貯金も使い果たしてしまいました。 無職で ブラブラしているのは、凄く辛いことです。 近所の目も、気になりますし、社会から、のけ者にされている気分です。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 21時02分

« 家庭科の授業 | トップページ | 春キャベツ »