« ムカッ! | トップページ | 春休み最終日 »

1型と2型の違い

 やっと新担任の先生に渡す説明文をまとめることができました。そして今回は初めて1型と2型の違いについては全く触れない内容にしました。

触れる必要があるのか?ないのか?いつもいつも考えていました。これに関しては色々苦い思い出があります。

ナツが発症して初めての説明文には、こう書きました。

『いわゆる生活習慣病と呼ばれる糖尿病は2型糖尿病で、全く違う病気です。過食や運動不足が原因ではありません』

どうしてそう書いたかというと…

その時の担任の先生、入院中にお見舞いに来てくださいました。その時に病気について1時間ほど言葉で説明しました。でも次に会った時に言われた言葉

「お母さん、なっちゃんの病気は治るんですよね。本で見ましたよ。わたしはまた、一生背負っていく病気かと思っていました。違うんですね」って。あんなに説明したのに…治る病気ならそんなに深刻な話にはならないのに。

本で見た…明らかに1型と2型の勘違いです。

なので、わざわざその違いを書いた説明文を作りました。それが上の文です。でも当時の校長先生にその部分をカットするように言われました。なぜなら親戚や家族に2型糖尿病がいる人が読んだら気を悪くするから…。

主治医の先生が学校に説明にこられてもあまり1型と2型との違いについてはおっしゃいません。主治医の説明はこんな感じ。

「糖尿病に2つのタイプがあります。1つはインスリンが全くでないタイプ、なっちゃんのタイプがそうです。子どもの糖尿病はほとんどこのタイプです。もうひとつはインスリンが出ているけれど、しっかり働かないタイプ、大人のタイプの糖尿病で薬で治療します」

でもこれだと、大人でもインスリンを打っている人はナツと同じ病気、そういうイメージに感じられてしまう。

何が嫌かというと、親としてのプライドなのかな?過食、運動不足、悪いイメージを与えているのは世間一般の人たちなのに。そしてその事を勘違いした先生たちがナツに対して、「頑張って治療して治そう」とか「運動したらいいのに」とか間違った知識で変なことを言うと困るから…。そして去年もわたしはそれを大義名分にその違いについてしっかりと説明しました。

その後、その説明の場にいた養護教諭からこんなことを言われました。

「お母さん、あんた説明下手やなぁ。だいたい1型と2型の違いについてなんか言う必要ないやん。そんなん言い出したのは、最近になってからや。昔はそんなこと言うてなかった」

確かに1型糖尿病という言葉は最近のものです。それまではインスリン依存型糖尿病とか小児糖尿病と言われていました。でも、違う病気なのです。ほんとに言う必要ないのかな?単に親としてのプライドからなのかな…?

市内の中学校の先生で40代にして1型糖尿病を発症された方にお会いしたことがあります。周りの先生方、2型糖尿病だと思っておられました。

「先生はどうして1型と2型の違いについて周りの方に話されないのですか?」

その先生がおっしゃるには、そこに重点を置いて話すと、聞いた人が引いてしまうから…と。う~~~ん、そんなものなのかな。

そして今回はあえて、その事に触れないで、簡単な説明文を作りました。口頭では簡単に2型のことも話すつもりではいます。

ナツはもう5年生。発症した当時の2年生とは違います。本人にも病気についての知識が少しずつですが、できてきています。それを信じて、今までとは違う親の姿勢でこの1年間を乗り切っていけたらなぁ、そうすれば6日間の自然学校も、案外どうってことないのかな。そんな風に思うこの頃です。

|

« ムカッ! | トップページ | 春休み最終日 »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

1型と2型の違いは難しいですね。
私も昨日学校へ行って来ましたが病名については何も言いませんでした。
他から転任されてきた先生なので「まずはhonoという一人の女の子の事を理解して下さい」が私の第一声でした。
測定や注射は本人が一番慣れていること。でも低血糖の時って思考回路が働かない。そんな時に手助けしてもらえたらって思うの。
大学ノート版の連絡ノートもまだ半分残っているので「それを使いましょう」って言ってもらえました。
その時その時に連絡をとってというふうに話が進みました。

↓の事も読みました。
確かに委託されているのも分かるんだけど「もうちょっとしっかりしてよ」って思っちゃいますよね
そういうのって番地などでも分かるんじゃないのって感じです。
かくいう主人もこの春まで務め先に「同姓同名」それも読み・漢字もまったく一緒の人がおられました。
(一度間違って封を切ったこともあるそうです)
違うのはたった一つ生年月日だけ
先日退職されたので「やれやれ」だと思っていたら選挙の投票用紙が送られてきたそうです。(主人のはしっかりと我が家に届いています)

ナツちゃん いいなぁ 乳児医療券 この差はでかい!(病院でも払わなくて市と病院でうまくやってくれたらもっといいのにね♪)

投稿: honohono | 2007年4月 6日 (金) 16時04分

honohonoさんへ★なんと、病名なしの説明なんてhonohonoさんらしい。ホントにどこまで聞いているのか、読んでくれているのか…そんなの考えると説明する気もなくなってしまうんですよね。

5年生にもなると先生のお世話になることはあまりないので、要は補食を食べること、持っていることを学校として認めてくれたらいい…それだけのことなんです。
でも低血糖で「補食をしないと」って判断さえなくなるときが、こわいかなって。
同姓同名ってなんだか嫌ですよね。わたし、旧姓はちょっと変わった名字だったので、そんな経験なかったんだけど、結婚して同じ名字の人がいっぱい。あちこちで名字を呼ばれるたびにびくってなっちゃってました。

乳児医療(乳児とはかけ離れているけど)、早速使って耳鼻科へ行ってきました。ホントにありがたいです。小慢分の返還は1ヶ月単位だそうで、毎月市役所に行くの?それって不便、でも返ってくるのはありがたいです^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年4月 7日 (土) 09時54分

なっちゃんももう5年生なんだね^^
5年生色んな行事が沢山ある学年だよね。
あずまも宿泊学習の時が一番心配だったなー
島だったし(・・;)なにかあっても特船で陸まで30分はかかるしその島には医者がいないって所だったからね(苦笑)子供なりにそう言う所だからこそ気を付けるんだよね。

なっちゃん日記読んでても自分って言うものをいつもしっかり持ってるからきっともっともっとこれからの1年も大丈夫だと思いますよ^^
お互いに気がつきゃ発症から2年半だね (^_-)-☆
なっちゃんママとは発症が近いしぺこさんのHPからの付き合いだからなんだか他人って感じがしないんだよね^^

投稿: なつき | 2007年4月 7日 (土) 11時15分

なつきさんへ★そうなのよね、もう2年半が経ちます。発症当時のこと、とんちんかんの担任のこと、いい加減忘れたらいいのに、やっぱりたま~~に思い出しては嫌な気分。
その時の担任の先生。今年は異動のうわさがあったけど、結局残られています。

なつきさんとは、発症当時からのお付き合いだもん。わたしも他人とは思えないわ^^
5年生は自立の年になるように、そろそろナツに任せていこうと思います。
でも宿泊学習はやっぱり心配^^;
6日間と長いし、おやつの持込が禁止で3食以外には口にできないらしく、補食を一体どれぐらい、いつ持ち込んで、どこで預かってもらうか?
色々悩みは尽きません。今から考えても始まらないし。まぁなるようになるでしょう^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年4月 7日 (土) 17時26分

なっちゃんママさん こんばんは!
ごぶさたしちゃって ごめんなさい!! まとめ読みをさせていただきました。。

 ・先ずは 遅くなりましたが、なっちゃん お誕生日おめでとう~☆☆
モザイク行ってきてんなぁ あんぱんやさん 私も好きやで!!  スティッチ かわい~なぁ♪

 ・マロンくんをお迎えして、初めての長いお休み。
みんなで楽しい時間を過ごされたのですね~♪
うんうん、遊び三昧 賛成~☆

 ・介護保険料って、40歳以上の人全員が納付義務のあるやつですよね?? そっかぁ~ 督促の手紙がきてたのですね・・・しかも あて先間違えて!!
く~ それは市役所の担当さん 大ミスです。。。
 なっちゃんの市では、小学生の間は医療費が無料になるのですね! それは大きい!! いい市だなぁ~(多分、私も知ってるあの市!)

 学校への説明資料作成 おつかれさまでした。
そうですね、1型と2型の違いって・・・デリケートな部分だなぁって思います。 私 今度の説明の時 どうしようかなぁ? 去年の説明ではめっちゃ強調してたような気がするわ。今年はどうしよ~

 来週から 新学年スタートなのですね。
5年生は、宿泊学習がありますね、 でもきっと、大丈夫のような気がしますよ~♪♪

 ママさん 春休み おつかれさまでした。
なっちゃんの、あのお裁縫キットは、完成したかな?

投稿: keiko | 2007年4月 7日 (土) 21時44分

keikoさんへ★そうそう、あのお裁縫キット!だいたいできたんだけど、留め金をつけるところが難しすぎて、実はわたしもお手上げかも~~^^;
新学期が始まって暇になったらじっくり仕上げます。わたしが…(←何でやねん!)

1型と2型の違い、これを書いてからも色々考えています。
ほとんどの人が2型糖尿病の知り合いなら周りに2,3人はいるかなっていう状況で、強調しなかったらきっと「たかが糖尿病」で終わってしまうような気もします。
その辺がやっぱり難しい。
いよいよ明日は新担任の先生もわかるんだけど、果たしてその後、どういうふうになるんだろう。
連絡いただけるのかな、学校に来てくださいって言われるのかな。
全ては明日…でも明日はマロンの狂犬病の予防注射の日で、午後から外来の日でとっても忙しい。のんびりできるのも今日までかも^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年4月 8日 (日) 11時23分

はじめまして♪時々のぞかせてもらってとても元気をいただいています。ありがとうございます。なつきちゃんと同じ5年生の男の子のママです。半年前に1型を発症しました。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: | 2007年4月18日 (水) 23時59分

こちらこそはじめまして。
5年生、ナツと同級生ですね。
まだ半年だと色々不安なことも多いと思います。
特に男の子、これから難しいお年頃&食欲旺盛ですもんね、大変じゃないですか?
1年を通じて行事やら季節やらを一通り経験すると、病気のことも段々わかってくると思いますよ。
またコメントお待ちしています。

投稿: なっちゃんママ | 2007年4月19日 (木) 15時20分

お返事をいただいてうれしいです。ありがとうございます。
コメントの書き方がよくわからなくてこれでいいのかな~と不安でした。よかった~♪ほっとしました。
1型になる前も大変な子育てだったのにプラス1型になり大変さが倍です。そんな息子ですが病気に対しては始めから前向きなので私も見習う事にしました。
でも友達ママからの些細な一言に傷ついたり落ち込んだりしてしまいます。ここでなっちゃんママから元気をもらっています。楽しみにしています。

投稿: りっくんママ | 2007年4月21日 (土) 23時37分

りっくんママへ★こちらこそありがとうございます。
ナツもそうですよ。小さい時から本当に手のかかる子で、大きくなって少しは楽になるかなと思ったのに発症。
でも違う意味で親子の絆ができて、意外と良い親子関係になれたかなって思うようにしています。
前向きなのが一番ですよね。何とかなるかなって思えるようになりますもんね。
これからもこちらこそよろしくです^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年4月22日 (日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/5991197

この記事へのトラックバック一覧です: 1型と2型の違い:

» 妊娠中のダイエットの危険性 [妊娠中のダイエット]
妊娠中の過剰なダイエット(栄養不足)が逆に子供の肥満を招くとするマウスを使った実験の結果が、米医学雑誌「セル・メタボリック(Cell Metabolism)」(2005 June [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 12時47分

« ムカッ! | トップページ | 春休み最終日 »