« 突然の別れ | トップページ | 2回打っちゃった^^; »

急性心筋梗塞って?

 急性心筋梗塞これが、母の死亡診断書に書かれた病名です。そしてあの日以来、この病名がわたしの頭の中で渦巻いています。ネットで色々調べてみたり、人に話を聞いてみたりしながら少しずつ、この病気で亡くなったということを受け入れていこうと思います。

なぜなら母は、75歳にしてはたいした持病もなく、少し高血圧、少し高脂血症、少しコレステ値が高いといったぐらいのとっても健康体の人でした。(ただし心は病んでいましたが。)

なのでいまだに母と病名が結びつかない。そして防いでやることはできなかったのだろうかと思ってしまうのです。

5月22日、午後4時5分、わたしの携帯がなりました。

「こちらは○○の××病院です。今○○さん(母の名前)がこちらの病院に救急車で搬送されてきましたので、すぐに来てください」

どんなに状態を聞いても教えてくれません。とにかく「すぐに来てください」としか言ってくれません。少し嫌な予感がしました。後でわかったことですが、このとき既に母は亡くなっていました。

その後母の入居している施設長さんから連絡がありました。

「今、警察の方がこられてお母様が救急車で病院に運ばれたそうです。わたしもすぐに向かいますので、来てください。」

様子を聞くと、「お母様はだいぶ、心臓が弱っておられたようで、運ばれた時には心肺停止の状態だったようです」

後でわかったことですが、このときも既に母が亡くなっていることをご存知だったのです。そして病院で本人確認をされた後、正式に車で向かっているわたしの携帯に連絡がありました。

「今、病院で確認させていただいたのですが、お母様はお亡くなりになりました。」

車で40分、その間にナツとユウに手伝ってもらいながら、わたしの主人、そして姉、叔父、叔母と主な方たちに連絡をとっていきました。父のことがあったので、わたしの携帯にはこういう場合の緊急連絡先が登録されたままです。そして父の時と同じようにそれをしている自分がいる。

病院に着いたら、母は処置室にいました。路上で倒れたこと、ひとりだったことから、事件性を疑われて、色々厄介でした。幸い、目だった外傷もなく、金品も取られていない、何より母が倒れていたのは交番の前だったので、事件性はないと判断され、院長の判断で病死となりました。そして付けられた病名が急性心筋梗塞となったわけです。

頭や心臓、内臓のCT,レントゲンがいっぱい撮られていました。病院はできるだけのことをしてくれたようです。発見も早かったのに間に合わなかった、諦めるしかないのです。

その時交番にいて、救急車を呼んでくれた警察官の方に最後の様子を聞くことができました。

倒れた時には既に心臓が止まっていた、いや心臓が止まったから倒れたのでしょう、でも呼吸はあった、痙攣を起こしていた、呼びかけには全く反応しなかった。なので母の場合も最後の言葉を聞くこともできなかった。

病院で白い布を着せられている母はまるで眠っているかのようでした。わたしはまるでテレビドラマの中にいるようで、ただただ呆然としていました。

父の時に経験しているので、そのあとの段取りが悲しいほどスムーズに進みました。会館やお寺への連絡。そして気がついたのですが、母は父の時とほとんど同じ時間に亡くなっていました。

きっと父が迎えに来てくれたんだね。そう思うようにしています。

さてさて肝心のナツの様子です。

正直ナツの血糖や気持ちを考えてやる余裕など全くありません。おじいちゃんと同じようにおばあちゃんも亡くなったということはすぐに理解できたようです。そのせいか、車の中ではずっと気分が悪いを連発。最後のおばあちゃんの姿は見ようとはしませんでした。そして少し泣いていました。自販機でお水を買って飲ませました。

駆けつけてきてくれたいとこに、

「今度はあんたらがしっかりせなあかんのよ」と言われて、それからの3日間を乗り切ったわたしです。そして今回ほど主人の存在をありがたいと思ったこともなかったです。この続きはまた後ほど…。

|

« 突然の別れ | トップページ | 2回打っちゃった^^; »

母のこと」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママさん こんにちは。
今 久しぶりに こちらのブログにおじゃまして
大変ビックリしております。。。

 お母様のご冥福をお祈りいたします。

 

投稿: keiko | 2007年5月30日 (水) 15時06分

keikoさんへ★ありがとうございます。
しなければならないことがいっぱいあって、忙しい日々です。
悲しみにくれる間がないことが却って幸いです。
ふと、ひとりになったり、夜になったら、あぁホントに母は亡くなってしまったんだなぁって…、しんみりしちゃうんです。
でも父の時ほど、涙はでないんですよ、後で淋しくなるのかな。

投稿: なっちゃんママ | 2007年5月30日 (水) 19時40分

こんばんは。どのようなお言葉をかけていいものかどうか・・・
大変びっくりしてます。まだお父様をなくされてそんなに経たないのに。
なっちゃんママさんのことを考えると本当に元気出してとしか言えないのですが。

「急性心筋梗塞」1年半前、父がなくなった病名です。突然の事で何も話せないままお別れするんですものね。本当にお辛いでしょうが、また元気になりましたら、お話しましょうね!

投稿: nao | 2007年6月 1日 (金) 22時25分

naoさんへ★そうでしたよね。naoさんのお父様も急でしたよね。やはりこの病名なんですね。
わたしの父のように、1年近く闘病して逝くのがいいのか、急にあっけなく逝くのがいいのか、どっちも体験させられて、どっちも辛いとしかいいようがありません。
ただ母の場合は父が亡くなって淋しさとどう折り合いをつけて生きていけばいいのか、辛いようだったので、こうして父の所にいけて本人は喜んでいると思うのです。
それがせめてもの救いです。
また色々書いていきます、読んでくださいね。

投稿: なっちゃんママ | 2007年6月 2日 (土) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/6590438

この記事へのトラックバック一覧です: 急性心筋梗塞って?:

« 突然の別れ | トップページ | 2回打っちゃった^^; »