« あなたの大変とわたしの大変 | トップページ | 母が亡くなった日のこと »

親の気持ち、学校の責任

 本当は明日の4時が、今度自然学校に同行していただける看護師さんとの打ち合わせのはず。急遽今日の4時半からになりました。連絡いただいたのは、4時前、あせりました。実は資料もまだ完全ではない。プリントアウトもしていないというのに^^;

そしてこんな時に限ってプリンターのインク切れ(*_*)仕方がないので、FDに落として学校に走りました。

第一印象、無表情な感じの年配の看護師さん

わたしが校長室に入ったら、先に座られていて黙々と資料に目を通しておられる。その資料は、発症時にわたしが渡した資料を当時の養護教諭が分かりやすく書いたもの。おそらく去年、異動の際の引継ぎ資料として置いていかれたのだろう。しかし、あれから既に1年半。インスリンも当時はミックス製剤で低血糖の補食も下がり方も今よりひどかった。それを渡す現養護教諭、相変らずだなぁ。

そして自然学校に同行してくれる先生方、担任を含んで4名と(同行はしないけれど)養護教諭、校長先生、看護師さんを相手に説明をすることになりました(汗)

今回のポイントはランタスを確実に打つこと、夜間の低血糖、高血糖を防ぐための寝る前の測定、食欲がなく食事が採れない場合のこと、そして救急時の対応についてを中心に説明しました。

あっそうそう忘れていました。一番肝心なこと、とにかくナツが楽しくみんなと同じように6日間を過ごせることを第一にあまり管理的にして欲しくないこと。

学校側の対応は最初、夜間もその看護師さんとナツだけ別の部屋に寝たらどうかといわれたほど^^;

もちろん即座に断りました。ランタスも午後9時の声掛けだけをお願いするつもりが、結局、看護師さんが預かってその時間にナツに渡して打たせることに。

今までは社会見学の時など、一日中自分で保管していたインスリンポーチも今回はずっと看護師さんが持って同行し、打つとき、測りたいときにナツに渡すことになりました。

ちょっと予想外でした。でも食事の時など、みんなは何も持たないで食堂に行くのに、ナツだけインスリンを持たないといけない、IDDMのサマキャンと大きく違う点です。それに川遊びやプール、海に入るとか釣りをするなど、やはりナツがずっとインスリンポーチを持って動くのは無理があるし、かといって部屋においていくのも困る。何より学校はインスリンの保管の問題(誰かがふざけて触ること)なども心配してのことのようです。

測定もどうしても測らせたいのは起床時と寝る前だけ、後は任意でナツが異常を感じた時にだけと言ったら、

「えっ、毎食後2時間後に測らないの?」と怪訝そうな顔の看護師さん。それはあくまでも教育入院中の話で、実際の生活ではとても無理、いつもは給食前さえ測らないのに。第一わたしたちはそんなに多くのチップの支給は受けていない。おそらく看護師さんは、2型の教育入院のイメージをお持ちだったよう。測定器も突刺器具もご覧になられて浦島太郎状態でした。

「わたしが知っているのとは随分違いますね」と。(何年前?)

そしてインスリンポーチの中をご覧になって、

「あぁこれがアル綿ね」とおっしゃったので、「えぇでも実は消毒はほとんどしていないんです。」と言ったら、目が点でした@-@

「針も毎回交換しないこともあるし…」

開いた口がふさがらない感じでした@-@

でもどうせばれるし。机の上での理論と実際に病気との日常。そんなにマニュアルの通りには行くはずもないのに。「主治医の先生もご存知です」と言ったら、それ以上はおっしゃいませんでした。ジーンズの上から打つなんて言ったら卒倒されちゃうだろうか。

今回のことで感じたこと、学校側はどちらかというと管理的にしておくほうが、ある意味安心だし、楽。もちろん責任という問題も。でもわたしたちは今回の経験がナツにとっての自立の第一歩となるよう、距離をおいて見守ってやってほしい。少しギャップがあるのです。でもどんなに楽しめても、最後の最後に大きな低血糖発作やアクシデントがあったらやっぱり嫌な思い出になってしまう。それにそうそうこっちの希望ばかりもいっていられません。

こうして多くの先生方がナツのために時間を割いて(結局1時間半かかりました)話を聞いてくれている。本当にありがたいことです。ただただ頭が下がります。

最後に今までに2回、4泊5日のIDDMのサマキャンに参加してきたことをお話したら、少しホッとされたようです。まぁ何とかなるでしょう。備えあれば憂いなしで、しっかりと補食やインスリンの予備などなど、明日から準備していこうと思いました。

|

« あなたの大変とわたしの大変 | トップページ | 母が亡くなった日のこと »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~☆ ご無沙汰してました~^^;
私の記事へのコメントで<明日>だと思っていた打ち合わせが
急遽 今日になっていたのですね!それは大変でしたでしょう>< お疲れ様でした。

のじおも 同行の看護師さんにセットを持っていてもらいました。
食事はほとんど 施設内の食堂でしたが、やっぱり持ち歩くのは大変ですものね。
机上の理論も もちろんわかります。でも 子供に適したやり方があることを、ベテランの看護師さんならわかってほしかったですよね。
6日間、なっちゃんの手際のよさに きっとビックリするのでしょうね(^^)
私は 今回の自然学校では とにかく器具?の準備を念入りにしました。
サマキャンだったら なにか忘れても代わりがあると思うけど、
自然学校には ないですものね(><;)

今回の5泊6日、長いようですが あっという間ですよ^^
なっちゃんママのおっしゃるように、なっちゃんの自立の第一歩(いえ のじおに比べたら もう十分しっかりしてると思うけど><)が 大きく踏み出せますよう、お祈りしています☆

投稿: のじおママ | 2007年6月 6日 (水) 22時55分

急に打ち合わせ時間が変更になっちゃったら
焦りますね。
もしお留守とかだったら...なんて
ハラハラしてしまった

一般的に看護婦さんだったら
病気のことなんでもわかってもらえる...って
そう思ってましたけど
意外とそうじゃない事多いですね
覚えきれないくらいいろいろと変わってきてるんだろうけど、
やっぱり
専門職としての誇りを忘れず
現場の意識向上を望んでやまないです

投稿: ウィリー | 2007年6月 7日 (木) 08時50分

のじおママさんへ★ホントに焦りましたよ~~。
看護師さんとの打ち合わせミスはどうやら例の養護教諭の不手際のようです。(ちゃんと仕事してよって言いたい)
でも他の保護者さんはそういう機会をもてないのにわざわざ時間を作ってくださる、この際こっちの都合は言えないですもんね。
実は本音を言えば、少しだけがっかりなんです>_<
「ベテランで毎年同行してもらっているすごくいい看護師さんよ」って聞いていたのに。
またベテランという言葉にごまかされたっていう感じがしました。
ナツに看護師さんとふたりで同じ部屋に寝たらって言われたという話をしたら、めちゃくちゃブーイング。
友だちと寝るのが一番の楽しみなのに。
6月29日が待ち遠しいです。ナツには悪いけど、早く帰ってきて欲しいです。

投稿: なっちゃんママ | 2007年6月 7日 (木) 13時50分

ウィリーさんへ★ホントにそうですよね。病気に対する知識に乏しいのなら、病名はわかっているんだから、前もって下調べぐらいして欲しいものですよね。

「食後2時間後に測らないの?どうして?」って言われたときはこっちが開いた口がふさがらない思いでした。
「時間もかかるし、面倒なので、なるべくみんながしないことはさせたくないし…」って言ったら、
「面倒なことないじゃない、簡単でしょう、すぐに済むし」だって。

今回も思ったけれど、若くても情熱があって、真剣に向き合ってもらえるのなら、ベテランも若手も関係ないのかなって。
でも預ける以上は文句も言えないし、やれやれです。

投稿: なっちゃんママ | 2007年6月 7日 (木) 13時54分

ご無沙汰しちゃいました。

一気に拝見させて頂き ただただ驚くばかりです。
お母様 今ごろ お父様と天国から皆さんの事を
毎日見守って下さっていることでしょう。
お父様ももう寂しくないかしら?

それにしても突然の事で なっちゃんママの悲しみは
私の想像をはるかに超えている事でしょう。

それに 学校行事も大きなイベントがあるようで
なかなか心が休まらないと思います。

なっちゃんママ お体 とにかく大切にして下さいね。
なっちゃんも 6日間 楽しくたくさんの思い出が作れると良いですね♪

投稿: プルメリア | 2007年6月 7日 (木) 21時43分

プルメリアさんへ★暖かいお言葉、ありがとうございます。
今年のメインイベントの自然学校の前だったので、ホントに忙しくなってしまいました。
でも考えようで、忙しいほうがあまりめそめそしなくていいし、逆にナツに事にも神経質になり過ぎない程度に準備が進みそうです。

今思えば父はすごく淋しがりやで、母がいないと生きていけないような人だったので、きっと早く来て欲しかったんでしょうね。
生前はどこに行くのも一緒、買い物も旅行も…。定年になってから、ふたりで10回も海外旅行に行っていました。
きっと今頃ふたりで空の上をまたあちこち飛び回っているんでしょうね。
ナツのこともきっと見守ってくれているんで、多分楽しんで帰ってくるんだろうなって思っています^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年6月 8日 (金) 08時17分

こんにちは!^^

そうかあ。。看護師さんがついていると言っても
IDDMのスペシャリストというわけではないのですものね。
もしかしたらナツちゃんのおかげで看護師さんの方がお勉強になっちゃうかもしれませんね!
そういう時にIDDMの看護師さんがいるといいのになあ。。
こむりんに看護師さんになったら?ってすすめてみたくなりました。^^

それにしても、看護師さんとふたりで寝ることにならなくて本当に良かった~~!!
ぜんぜん楽しくないものね。
ああ~~、なんだか私もドキドキしてきました~。^^
でもきっと、心配してソンしちゃった!って思うくらいに元気いっぱいで帰ってきますね!!

投稿: じゃこちゃん | 2007年6月 8日 (金) 13時03分

じゃこちゃんへ★そうなのよ、いつも「案ずるより産むが安し」なんですけど、やっぱり心配。
勝手な言い方だけど、IDDMの子どもの生活に触れたいっていう程度の気持ちで6日間を過ごしてもらったらそれでいいんです。
ちょっと迷った時や困った時に少し手を貸してもらえたらそれでいいんだけど、親以上に学校側は、何が何でもアクシデントなしに6日間を終わらせないとって躍起になっているような気がします。
でも結果、ナツが他の子たちと違うことばかりで、「こんな病気にならなかったらよかった」(←ナツの殺し文句です^^;)を帰ってきてから聞くことのないようにして欲しい。

今日も買い物など準備に走っていました。
歯磨きセット、虫除けスプレー、酔い止めの薬、などなどを買いに行ってきました。

投稿: なっちゃんママ | 2007年6月 8日 (金) 15時13分

こんばんは☆
お母様もうお父様に会えたかしら?
そんなに仲のいいお二人だったのですね。

ナツちゃんもきっとおじいちゃんおばあちゃんに見守られて楽しい宿泊学習が送れることと思います。
6日もあるんですね! びっくりです><
うちは、2泊3日でしたからアッという間でした。
まーくも2年後には経験するのかぁ><

「案ずるより生むが易し」ですね! そうはいっても心配なのは当然です。準備をバッチリすれば何かあっても大丈夫なのでは? 多分ナツちゃんが一番しっかりしてるはずです。
看護師さんはただ免許を持っていると言うだけで、IDDMの知識は少ないでしょうからね。

思いっきり楽しんできてくださいね。
なっちゃんママも寂しいでしょうが、体調に気をつけて少し骨休めしてください!

投稿: nao | 2007年6月 8日 (金) 23時25分

naoさんへ★ありがとうございます。
看護師さんと言っても、現役を引退された方や逆に免許を持っていてもまだ働いていないような方たちの期間限定パートみたいな感じです。
中にはとってもいい方もいるようですが、またしてもナツははずれをひいたみたい^^;
まぁその分、自分でしっかりしないといけないって思って頑張るでしょう。
今日は半日買い物、半日荷造り(名前を書くのが意外と手間なんです。)で終わりました。

ナツが出発したら、気が抜けてしまいそう。しかもナツの出発の日が母の仕上げ(納骨)の日に当たります。

投稿: なっちゃんママ | 2007年6月 9日 (土) 21時03分

ご無沙汰してごめんなさい。
遅くなりましたが、お母様のこと読みました。
なんと声をかけてよいのか分かりません。ごめんなさいm(__)m
お母様のご冥福をお祈りいたします。
なっちゃんママさんも、無理なさらないで下さいね。

自然学校6日間もあるんですか~!!!
長いですね!!
自然学校って、どこの学校も看護婦さん同行してくれるものなんですか?
あいも今年、山の学習があります。


投稿: とこ | 2007年6月11日 (月) 11時52分

とこさんへ★母のこと、ありがとうございます。一緒に暮らしていたわけではないので、まだ亡くなったことさえ、ピンとこなくてまだ生きているような気がしちゃうんです(*_*)
でも少しずつ自分たちの生活を取り戻しています。(意外と元気でやっています)

自然学校は、わたしも学校の養護教諭が同行するものを思っていたのです。でも長いのでその間に学校の保健室が誰もいなくなると困るから、養護教諭は同行しないそうです。
で、6年生の修学旅行(2日間)は養護教諭の同行なんです。
2泊3日の場合はどうなんだろう。看護師さんがわざわざきてくださるのかな。
普段から接していない看護師さん、まず全員の顔を名前を覚えるだけでも大変。ましてその子の体質や性格とかちゃんとケアできるんだろうかって思っちゃいます。
ちなみに同行の先生は担任を入れて6人もいらっしゃるんだけど、6日間ずっといらっしゃるわけではなくて3日間ずつの交代だそうです(つまり担任のいない3日間がある^^;)

6日間ずっと同行するのがこの看護師さんと大学生のお兄さん2人です(ちょっとイケメンだとか^^)
無事帰宅したら、また記事をアップしますね^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年6月11日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/6687958

この記事へのトラックバック一覧です: 親の気持ち、学校の責任:

« あなたの大変とわたしの大変 | トップページ | 母が亡くなった日のこと »