« 七夕会 | トップページ | プレキャンプに行ってきました^^ »

町水泳が始まりました。

 夏休みになって、月曜日からラジオ体操、町水泳など、夏休みメニューが始まりました。町水泳は各町ごとに当番のお母さん2人で子どもたちを学校のプールに連れて行って監視して1時間泳がせてつれて帰ってきてくれます。

日数は10日間、そのうちわたしが当番をするのは1日だけ、後の9日間は正直不安です。学校のプールとはいえ、先生はノータッチ。ちょっと水質検査にでてこられるぐらいで、主催はPTAですから…。

 ナツの発症は小2の秋なので、最初の町水泳は小3の夏でした。この時は、なんと10日間全て付き添いました。と言っても最後の20分ぐらいですが…。だってとにかく暑い。まともに毎日1時間付き添っていたらこっちがばててしまいます。かといって、自分で低血糖が完全に自覚できないナツを他の保護者の方に任せておくわけにもいかず、まさかナツだけプールに行くなとも言えず…。苦肉の策です^^;

去年は父の葬儀やなんやで、7回しか参加できませんでした。それにランタスに変えてから、プールに入っても急激に下がることはなくなりました。気がついたら町水泳終わっていたなあっていう感じでした。

そして今年…。

更衣室においているプールバッグの中には補食用のブドウ糖&ポカリ。でもそれを勝手に取りに行くわけには行かず、

「当番のお母さんに声を掛けてからいくのよ。それとも当番のお母さんに持っておいてもらう?」

それはイヤだそうで…。でも少しずつ成長しています。

「自分でわかるから下がったら更衣室に行って補食する。」

「自分の命は自分で守らなきゃ」

と言って出発しました。

「初日から失敗したらイヤ」と言って行く前に測定。食後1時間だと言うのに、158しかありません。プチおまんじゅう1個とチーズを補食してから行きました。

集合場所は家からすぐ近く。そして当番のお母さんはお向かいの家の方、当然ナツの病気の事も少しはご存知です。集合場所まで行って、ナツの具合が悪かったら電話をしてねということと、途中で下がったら更衣室に行かせてやってということだけ伝えたのですが…。

「自分でわかるの?もし意識がなくなったらどうしたらいい?」って聞かれて、

さりげなく

「その時はもう救急車呼んで~」って言ったのですが、却ってプレッシャーになったのか、泳いでいる間中、ナツの方を目で追っていてくれたようです。

「なんかさぁわたしの方ばっかり見ているのがわかるの~。で、わざともぐって上がってこなかったり、ぷか~って浮かんで死んだフリした~」

オイオイ^^;

ちなみに無事帰宅後のBSは186でした。こんなことなら言わないほうが良かったかな、心配させちゃって悪かったかなぁと反省。もし逆の立場でわたしがそう言われたらどうなんだろう、負担かな、イヤかな、ちょっと想像できません。

でも言えるお母さんばかりではないのです。今年から新1年生がぐんと増えて、全く話をしたこともないお母さんたちが、数名。2名の当番さんのうち、ひとりに言えたらそれでいいんだけど、言える人ではなかったら…。当然ナツも話もしたことのないお母さんにいきなり具合が悪いとは言えないでしょう。その日は休ませようか、高めで行かせようか。

いつになってもプールだけは試行錯誤の毎夏です。

|

« 七夕会 | トップページ | プレキャンプに行ってきました^^ »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんはなかなかやるね~潜って出てこなかったりぷか~と浮くとか♪
私もお会いしたいです!!ぜひぜひ♪
子供は今、サマキャンに行っています。楽しんでいるようです。うちの子は特に問題行動が多く本当に悩みっぱなしです。この間の個別懇談も病気の事は別として1時間もありました。時に私が壊れてしまいそうになる時があります。でもでも明るく元気に過ごすように頑張っています。
言えるお母さんばかりではないですよね。嫌な思いをしてから私はあまり言わないようにしています。

投稿: りっくんママ | 2007年7月24日 (火) 22時44分

りっくんママさんへ★問題行動ですか?でも年齢が上がるに連れておさまってくると思いますよ。
今は大変ですね。
あんまり小さい頃からいい子過ぎて手のかからない子のほうが怖いかも…(って自分に言い聞かせています)
2日目、結局当番のお母さんには何も言いませんでした。そして3日目はわたしが当番。今日4日目は、仲の良い子が入らないとかで休んでいます。
こうして1日1日が終わっていけばいいかって感じです^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年7月26日 (木) 09時09分

なっちゃんママさん、初めまして。
IDDMの検索から飛んできたモコといいます。
1型糖尿病の夫をもつモコは、なっちゃんママさんの日記にとても共感を得たのでコメントさせていただいてます。
低血糖の時などアタフタしてしまったり、少しだるそうにしている旦那様をみると辛くなったりしますが、二人三脚でIDDMと共に暮らしています。

日記を読ませていただいて思った事は、日本のお医者さんって丁寧だなぁって事です。
もちろん全員がそうだとは思いませんが、なっちゃんの担当医の方など、とても丁寧で親切だなぁと思いました。
モコの旦那様が発病した時は、4日ほど入院してあとは結構ほったらかしだったそうです。
きちんとした食事療法の授業や、低血糖時の詳しい指示などはあまりなかったそうで・・・

と、長くなってしまいましたがこれからもなっちゃんとなっちゃんママさんの事応援しています。

投稿: モコ | 2007年7月27日 (金) 23時53分

なっちゃんママさん こんばんは~

 町水泳が始まったのですね!

 そうですよねぇ プールで低血糖が起こったらどうしよう! って めっちゃ考えますよね。

 なっちゃんの、「自分の命は自分で守らなきゃ」 って すごいな~☆
さすが5年生やわぁ。

投稿: keiko | 2007年7月28日 (土) 01時57分

モコさんへ★はじめまして。訪問&コメントありがとうございます。
モコさんは、ご主人がIDDMなんですね。今チラッとモコさんのブログにお邪魔してきました。わたしは、まだ海外でのIDDM事情はあまりよく知らないんですけど、確かにこの病気に関して日本では病院、主治医とてもよくしてくれます。
でも低血糖時の対処や補食については、どちらかと言うと主治医の情報よりIDDMママたちのブログや掲示板などで教わったことがとても役立っています。
食事療法は…どうなんだろう、入院中に食品交換表を教わったのは、役立つ時もあるけれど、案外発症前と同じ食生活を送っています。

ナツたちIDDMっ子はまだまだ育ち盛り、食べたい盛りだし、子どもだからおやつもケーキもジュースも大好き。だからあまり制限しないで、ただ「食べたら打つ」を習慣づけてやれたらいいかなって思います。

また時間があるときにゆっくりブログのほう、遊びにいきますね。

投稿: なっちゃんママ | 2007年7月28日 (土) 11時25分

keikoさんへ★お忙しいのにコメントありがとうございます。
「自分の命は自分で守るのよ」って時々わたしが言っちゃう言葉です^^;

あてにならない養護教諭、守ってやりたくてもまさか24時間ナツのそばにもいてやれず…。
その頃から時々ナツに言っちゃうんですよ。

具合が悪いのも、低血糖も自分でしかわからないもの、自分で補食しなきゃあ駄目だよって。

やっとナツにも自立の兆し♪なんて喜んでいますが、5年生の子どもの言う言葉にしてはちょっと悲しいかな、こんな感じもナツ家の夏休みです。

投稿: なっちゃんママ | 2007年7月28日 (土) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/7256616

この記事へのトラックバック一覧です: 町水泳が始まりました。:

« 七夕会 | トップページ | プレキャンプに行ってきました^^ »