« 救急車に乗っちゃいました。 | トップページ | 父の一周忌 »

自然学校の話②「ツボT」と看護師さんの話

 ナツが自然学校から帰ってきてからあっという間に2週間も過ぎてしまいました。忘れないうちに書いておかなきゃぁ^^;

ナツを迎えに行って6日ぶりに出会ったナツ、なんと腕の内側に点滴or採血の後のようなもの。エエッ~~~病院にお世話になったなんて聞いてないよ。もしかして点滴受けたの?ってびっくり。ちょうど腕の内側に2㎝四方の四角いもの。そしてそれを紙絆創膏でとめてあって、まるで点滴or採血の後のような感じがしました。

「ああ、これね、これはツボTのあとよ、24時間効くからはっとくの」ってナツ。なんじゃそりゃぁ^^;

同行してくださった看護師さんはツボに興味をお持ちのようです。そう言えば事前の説明の時にも、「乗り物に酔いそうだったら、ツボをします。よく効きますよ」って何気なくおっしゃっていたっけ。

早速、行きのバスの中で何人かはお世話になったとか。その子たちを見てナツもわたしと同じことを言ったそうです。

「どうしたの、みんな。何でそんなに点滴や採血してるの?」って言ったら、

「バカね。ツボTしてもらったのよ」ですって。おかげでバスにも船にも酔う子はいなかったようです。そしてナツも眠れなかった1日目、便秘の時、このツボTのお世話になりました。

ツボTをしてもらったらね、すぐに眠れたよ。便秘の時もツボTしてもらったら、部屋を出るなりトイレに行って、いっぱい出たのよ」だそうです。

しかもなぜか、ナツの場合、ランタスを打ちに行くたびにツボTをしてもらったようで、ナツの血糖記録ノートには、BSや打った単位と同じように、「○○時、ツボT」と書かれていました。一体この時のツボTは何に効くためのものなのか?って何の意味なのか?今となってはわかりません。

おかげでナツの洗濯物の服に、あちこちこのツボTなるものがくっついていて、知らずに洗濯機でまわしてしまったら、ちょうど糊のような白いものがあちこちにくっついちゃいました。(あ~~あ)

途中発熱でリタイヤした女の子、お母さんは迎えに行ってびっくり、身体中、あちこちにこのツボTのあとがくっついていて、お母さんはちょっとお怒りでした。

ツボぐらいで、熱が下がるわけないやん」

わたしは、ヨガとか気孔とかを信じるタイプなので、ツボもいいやんって思いますが、別に血糖管理ノートにまで書かんでも…^^;

ユニークな看護師さんだったようです。

いきなり2日目に、「昨日はなっちゃんに付き合って2時まで起きていたから眠いわぁ~、あと5分寝させて~」って嫌味を言われたとか…^^;

「お腹が痛い」って来た男の子を、「先生ね。今しんどいから、あとで来てくれる」って帰したとか。ナツに「もうこんな仕事、はよ辞めたいわ。何で65まではたらかなあかんのよ~。」ってこぼしたとか…^^;

でもいつもブドウ糖をもってナツの近くにいてくださったようで、こちらの希望も通して測定に関しては、一切無理じいもせず、見守っていただけたようです。おそらく大変だったのはナツのこともあってかなと思ったりもしますが、あまり感情移入されないようで、別れ際も淡々とされていました。

今、少し日数がたって、しみじみ思うのはやはりいろんな人たちに助けられてよい自然学校になったんだということ、本当にありがたいことです^^

わたしも少しツボの勉強でもしてみようかな。な~~~んてね^^

|

« 救急車に乗っちゃいました。 | トップページ | 父の一周忌 »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

想像するに…多分私が以前通っていた漢方治療を主流とする産婦人科の先生のところでやっていたものを一緒のような物?(分かりにくくってごめんなさい)まぁ それには針がついてましたが…
私も眠りのツボにしてもらいわ~と思いながら、この看護士さんって参加されるこういう行事にはいっつもこういう事をおっしゃりながらやってらっしゃるような感じを受けました。
確かに大変だったろうけどIDDMっ子のナツちゃんがいなくても多分5泊は厳しかったんじゃない?
今思うとこういう風に話される看護士さんで、なちゃんママさんの意向はちゃ~んと把握されてらっしゃったのかな?っと感じられました

なっちゃんママさん♪
いつか逢うためにツボ勉強しといて下さいな^^

投稿: honohoono | 2007年7月16日 (月) 17時14分

なんでもかんでも効くというわけじゃないけど
「病は気から」だから「こうすれば治る」という
暗示みたいな、医学では説明できない現象はありますね
私はこの手の暗示にめっぽうかかりやすい(笑)

白いツボTの謎がとけてすっきりしました。
頭痛持ちのおばあさんが、こめかみに貼ってる
白い絆創膏みたいなのですか?
酔い止めのツボは結構効くので押してみた事あります(^・^)あと肩こりに効くツボとか。
目下整骨院でハリしてもらったりしてる事もあり
興味津々~

投稿: ウィリー | 2007年7月16日 (月) 20時52分

honohonoさんへ★確かに色々薬に頼るより、ツボで便秘や乗り物酔いが治るならよいなぁと思います。
看護師さん、スタッフの中では一番高齢、なのに5泊ずっとはきついでしょうね。しかも途中でダウンするわけには行かない。きっと看護師さん自分の身体もツボTだらけだったのかも…。

学校の養護教諭よりはずっとずっとよい方で本当によかったです。
ツボT、わたしは実はヨガの先生に教わって足の裏はいつもやってますよ~。今度は耳とか腕も勉強してみますね^^

投稿: なっちゃんママ | 2007年7月17日 (火) 08時43分

ウィリーさんへ★ウィリーさんは針ですか?わたしも昔、お勤めしていた頃、芦屋まで行って2回ほどしてもらいました。
結構効きますよね~。

足裏のツボはよく自分でもおすんだけど、何かを貼るとか、24時間効果がある、とか言うのがよくわかりません。
どっちにしても、ナツが6日間元気で過ごせたのがこのツボTのおかげなら、よい看護師さんにあたってよかったと言うことで^^

この前の参観日の時に、自然学校の写真を体育館でスライドで見せてもらったんですが、ありますあります。何人かの耳の周りにべたっと白いもの、これが酔い止めに効くツボかぁって納得です。

投稿: なっちゃんママ | 2007年7月17日 (火) 08時49分

ツボTのナゾが、ようやく解けました(笑)
いや 正確に言うと<T>も気になりますが^^;
今晩は グッスリ眠れそうです(^m^)

白いモノの中には 針や磁石などは入っていないのかなぁ?
私も こういうもの、とても信じています。
先生に「これで もう酔わないよ。」と言われたら、本当に そんな気がしてきますもの^^
風邪や腹痛などはムリでも、便秘や乗り物酔いなどには
効きそうな気がします。

でも なっちゃんを しっかりと見守ってくれたようですし
(イヤミは・・・だけど^^;)、楽しい自然学校を過ごせて、
なっちゃんものじおも とてもいい思い出になりましたね☆

投稿: のじおママ | 2007年7月17日 (火) 20時11分

のじおママさんへ★ツボに貼ってある白いもの、ちょうど湿布薬のような感じでした。
ツボって押した時だけに効果があるんだと思っていたら、24時間効くそうでびっくりでした。
しかしTって何?

2日目の船の中での学習の時にはかなりの子たち、酔い気味で看護師さんは大忙しだったようです。
何でも「95%の人が船に酔う」とか言われたようで、薬もツボもしないで元気だったナツ、「わたしってなんなんだろう?」ですって…^^;

持たせた酔い止めの薬は友だちにあげて自分は平気だったようです。

色々あったけれど、とにかく大きな発作もなく病院のお世話にならずに楽しい思い出ができました。
のじおくんもナツも本当によかったです。

投稿: なっちゃんママ | 2007年7月18日 (水) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/7156646

この記事へのトラックバック一覧です: 自然学校の話②「ツボT」と看護師さんの話:

« 救急車に乗っちゃいました。 | トップページ | 父の一周忌 »