« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

収穫祭

 昨日はナツたちの学校、収穫祭でした。学年によって内容が少しずつ違いますが、ナツたち5年生は6年生と一緒にカレーライス作り。自分たちで収穫したお米をたきます。

ユウたちは、そば打ちをしてかけそばを食べます。

毎年恒例の行事ですが、ふたりいるとかなり忙しい^^;

まず9時に開始、最初はナツのところで一緒にカレーライス作りを手伝って、合間を見てちょこちょこユウの方へ。そば打ちはほとんど地元の営農組合の方がしてくださるので子どもたちは順番に伸ばしたり切ったりをする程度。親の出る幕もありません。

でも面白いのでユウの順番がまわってくる頃を見計らって見に行きました。

これは生地をのばしているところ。

128_2836

これは三つ折りにした生地を包丁で切っているところ。

128_2840

部切り終えたら、ゆでてもらいにもって行きます。茹で上がったら、それにかけつゆをかけてもらって、あげとねぎをトッピングしてもらっていただきます。

ユウたちの班、一番最後になってしまって一緒におそばを食べ終えてナツのところに行った頃にはナツたち、既にカレーライスを食べ終えていました。

他のお友だち、ちゃんとお母さんが来ていて一緒に食べたのでナツはちょっと不機嫌。

「みんなおかわりして、2杯ずつ食べたよ。お母さんも食べたらよかったのに…。」

時間が間に合えば、一口ぐらいでも食べようかなと思っていたのですが、既にお片づけの時間になってしまっていた^^;

こういう時ナツはいつもの給食と違って、注射のタイミングを失います。この時ももちろん打っていませんでした。あわてて8単位打ちました。それにこの時の班分けは5年生と6年生が2名ずつにそのお母さんたち。注射を打つのは本当に難しい。違う部屋に行って打っていると片づけをサボってしまうことになるし…。

教室のうしろのロッカーの前で、わたしが手伝ってさっさと打たせました。回りの人、気がついている人もいるし、気がついていない人もいるし。でも「それ何~?」って聞かれることもなく、じろじろ見られることもなく、自然体で打つことができる、ありがたいです。

そのあと、他のお母さんが気を使ってくれてカレーを温めてくれました。ご飯もよそってもらって、おいしくナツたちの作ったカレーを少し食べることができました。同じカレーなのに、いつものよりうんとおいしかったなぁ^^

家に帰ってから、落ち着いて考えてみたら、8単位は多すぎたかも。今頃下がって困っていないかな、気になりました。いつもの給食の時は6単位しか打ちません。食前が300ぐらいなら8単位でよかったかもしれないけれど、測っていません。

おかわりして2杯食べたよ~を鵜呑みにしてしまったけれど、実際に見ていないので、どれぐらいの量かわからないし、器もそんなに大きくなかったし…。

3時に無事に帰ってきてくれてホッとしました。すぐに測定。118でした。なんだぁ~そんなに下がってないんだ。やっぱり相当食べてんだわって思っていたら、

「あんなぁ、言うの忘れててんけど、あれから余ったご飯を先生がおにぎりにしてくれて、終わりの会の時に食べてんけど、打たんかった」

そういえば、カレーはほとんど残っていないけど、ご飯がすごくたくさん残っていたよってお母さんたちが言ってたな。でももしそのおにぎりがなかったら、絶対に低血糖だったはず。ふたつもらって1個は残して持って帰ってきていたおにぎり、かなり大きかったです。それを食べて118。もし食べてなかったらどうなっていたんだろう。

こういう時ナツが自分で打つ単位を判断するほうが絶対にいいのにと思うのです。

何はともあれ、楽しい1日でした。こうしてナツ発症から4回めの収穫祭も無事に終わりました^^

| | コメント (12) | トラックバック (0)

激しく後悔>_<

 昨日はユウの9回目の誕生日でした。早いなぁ、もう産まれてから9年も経っちゃったんですよね。特にナツの発症した秋からは本当に1年1年が短かった。

それで、ユウの誕生日に義母がみんなでどこかに食事に行こうと言い出して、

「何が食べたい?」

子どもたちは即座に「回転寿司~~」

というわけで、ナツ家の昨日の夕飯は、行きつけの回転寿司屋さんへ。そう、行きつけなんです。それぐらいナツが発症してからも変わらずお寿司を食べているので、BSコントロールに関しても悩むこともなく…のはずでした。でも昨日は違っていました。

人目を気にせず注射をするナツですが、実は義母の前では打たせたくないのです(わたしが)。かといってトイレで打たすのも抵抗があり、今までは食べてすぐに車に乗ってから打っていたのですが、一度それも見られてから嫌な思い出があって…。

昨日は家に帰ってから打たせたらいいと思っていました。年に1回か2回の義母との外食、何も目の前で打たせなくても…でも昨日に限ってその判断は甘かった。

家を出たのが夕方5時半。BSは4時に測ったときには135だったので、それからは測っていませんでした。食事をして自宅に戻ったのは7時。車が車庫に着くなり、ナツが「高い、気分悪い、吐き気がする~~~」

食べ始めてからだと既に1時間がたっています。しまった!他の食事と違って回転寿司はダラダラ食べているので、時間がかかります。しかもこの日はかなりの量を食べたし、デザートまで。もし食べる前に200を越えていたら、食べて1時間後、かなりの高血糖のはず。

あわてて家に入って、測定もせず(だって怖い)8単位を打ちました。打ったあとをしっかりもみました。何かの本で見かけたのですがこうすると早くインスリンが効くとか…。でもそれも裏目に。このとき打った8単位がどういうわけか入っていなかったのです。というか、入っていないかのように効かない>_<

もまなきゃよかった(*_*)

カロリーオフをがぶ飲み、トイレにばかり行って、一向に治まる様子もなく、1時間後、8時に測定。517でした。打ったのに入らなかったのか、それとも下がる一方で上がっているからなのか、それとも7時の時点で700ほどあったのか、解明できません。あと1時間はQが持続するけれどとてもとてもよいBSになりそうもないので、ここで3単位追加打ち。

でも状態は変わらず、いつもは9時に打つランタスを8時過ぎに打ちました。そして8時40分測定。493でした。

「ねぇナツ、ちょっと動いたら、寝てばかりいるから下がらないんじゃない。」とは言うものの、外は真っ暗、散歩するわけにもいかず、家の中をうろうろしようって誘っても「気分悪い、動くと吐きそうになる」

とってゴロゴロ。思えばこの連休の3日間、風邪をひいていたナツがほとんど家の中でゴロゴロばかり。出かけたり散歩したりもほとんどなく、これではいくら打っても下がらないのも無理ないのかも…。でもここで激しく後悔。あの時食べている途中でも、食べ終わってからでもいくらでも打つチャンスはあったのに。

そもそもわたしが打ったらって言わなくてもナツが自分で打とうって思わないことも問題があるわけで、ここぞとばかりにナツに言いました。

「ねぇやっぱり食べる前に打たないからこんなことになるのよ、もうこれからは食べる前にちゃんと打とうね、特にお寿司は血糖を上げるんだから」

ちなみにそのあと、9時に測定。471でした。ここでまた2単位を追加うち、合計13単位を打ったことになります。10時に測定。371でした。もう1単位ぐらい打ちたいところですが、もう打ちたくないって言うので、まだ9時に打った分も効いてくるだろうということで寝ました。

夜中は一度もトイレに起きることなく、朝の血糖値152でした。やれやれです。でも昨夜の高血糖の後遺症で朝ごはんはほとんど口にできず学校に行きました。当然朝のインスリンは打っていません。本当は少しでも打たないといけないのですが…。

ちなみの今日から耐寒かけあしが始まります。見学でも良かったんだけど、初日から走れないのも嫌なので何とか頑張って走るそうです。

激しく激しく後悔した母でした。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

プチプチシックディ

 11月の上旬に親子3人が無事にインフルエンザの予防接種を終えてから、ちょこちょこ小さな風邪を引いています。

「いつもは風邪ひいたりして受けられなかったり、延期したりするのに、今年はみんな元気だなぁ」って思っていたら案の上、それからナツが鼻かぜ。

「鼻がとまらな~~~い」>_<って学校を休んだのは1日だけ。熱が出ないので何とかそれからは普通に登校。こういう時、最近のナツは子ども用のシロップの風邪薬をまだ飲んでいます。というか、それ以外の粒とか粉の薬がどうしても苦手。ストックしておいた病院でもらった風邪薬もとうとう終わってしまったし、かといってこれぐらいの風邪でわざわざ病院に行くのも嫌だし…。

治ったと思ったのに、またぶり返したのか違う風邪をひいたのか、今朝もまた鼻がずるずるで薬を飲んでから行きました。

「風邪っていつになったら治るの~~~?」って言いながら…^^;

こっちが聞きたいよ。ちょっとよくなると無理したり、遅くまで起きていたり、外で走り回ってたり…。

そんな中、ナツの朝の血糖血が乱れています。

今までは寝る前の血糖値から少し下がる程度で朝は落ち着いていたのにです。

例えば、230あって、ほんとは1単位ぐらい打たせたいけど、打ちたくないって寝たら、朝50だった^^;

打ってたら危なかったかも。

そうかと思うと、70で補食にヨーグルトをひとつ食べただけなのに、翌朝190になっていたり、そしてとうとう今朝は、333でした。昨日は確か8時半に低いっていうので測ったら158。測るちょっと前にラスクを食べていたから、まだ少しは上がるし大丈夫だろうなって寝る前は測定しなかったのです。まさかこんなに上がっていたなんてぇ(*_*)

これも風邪の影響かな。

いつもは元気なユウもとうとう先週は今年初めての喘息で病院に行きました。お薬と気管支拡張テープをもらって3日ですっきりしたのに、また昨日から咳と鼻。今度は喘息というより風邪かな。

そんな中にいるわたし。先週末から喉が痛くて鼻も出ました。珍しく食欲も落ちて、風邪ひいたかもっておもっていたら、昨日からはすっきり。頑張ってヨガにも行ったんだけど…。

昨夜寝る前になって急に喉に違和感。あっという間に声が出なくなりました。

今朝はダウンかなって心配だったけど、何とか声も少しでるようになってこうしてパソにも迎えます。

つくづく健康って大事!

早くみんなの風邪がすっきりしますように…。

急に寒くなった我が家はフャンヒーターが大活躍。昨日は今年初めて灯油を買いにGSに行きました。この作業が始まると冬がきたなぁって実感です。

そしてこの冬は…、去年まではいなかった2匹のチワワと一緒に過ごせます。って楽しみにしていたら、単にストーブの前を取り合う争いに1匹加わったっていうことになりました。

遠くの方で座っている賢いマロンと違って、チョコはぎりぎりのところに陣取ります。どこでなにしていようと、着火する音が聞こえたら飛んできて指定席に。しばらくしたらとっても熱くなっています。そのうちゴロンします。127_2726

| | コメント (10) | トラックバック (1)

夕食風景

 最近よく料理関係のブログに遊びにいっています。

よそんちの夕食ってこんななんだぁって感心したり、勉強になったり。でもその時の会話までは聞こえてこない(って当たり前)けど、よそんちってどんな会話が飛び交うんだろう?

ちなみに我が家。帰りの遅い(または食べてくる)主人は抜きにして、わたしとナツとユウ、そして義母の4人で食卓を囲みます。実はわたし、1日のうちでこの時間が一番苦手^^;

というのも、義母とわたしが顔を合わすのは1日のうち、このときだけです>_<

ナツとユウが機関銃のように交互にその日あった出来事を話します。

「あんなぁお母さん…」で始まって延々続く。でもその会話に強引に口をはさんでくる義母。正直もう義母の口がはさめるような会話ではないのです。子どもたちの友だちや先生のこと。聞いていてもわかるわけでもないのに、何かと自分が話の中心にいないと気がすまない。何だかうんざり。その雰囲気を察してか、最近は夕食時間になるといなくなり、別々の時間に食べることが多くなりました。

先日の外来で主治医の先生から言われたこと。

実際に食事をしながら、ご飯や麺類は糖質だから血糖がすぐに上がるということや油の多いものはあとから上がってくるということ。今日の食事だと何単位打ったらいいということを話しながら教えていきましょうと言われたのですが…>_<

義母と一緒に食べるとき、我が家では血糖の話も単位の話もしません。本当なら一番その話をしたい時なんだけど、そんなこと義母の前で言おうものなら、ごちゃごちゃ口をはさまれて、わたしのストレスが~~~~(*_*)

もちろん、義母の前では絶対に注射は打たせません。興味本位でじろじろ見られて嫌な気分になったから。おそらくナツの病気の事なんかもう頭にはないでしょう。そんな人なんです。

IDDMのナツ、食事も本来ならどれだけ食べたかがわかる取り分けの方がいいのですが、我が家は今でも大皿盛りが多いです。硬いものは駄目、肉は食べないほうがいいという義母のために、取り分けないほうがよいから…。

こんな毎日にストレス感じないわけがなく、早くナツが中学生になって部活や塾などで、食事時間がバラバラになって別に食べられるようになったらいいのに…。

それでも、なるべく夕食は楽しくおいしくをモットーに毎日頑張ってます。

そんなナツ家のこの日の夕食は「きんぴら混ぜご飯」です。

今年の夏から作るようになって結構好評です。簡単ですからよかったら試してくださいね。

<作り方>

牛ひき肉または合挽き肉と小さ目のささがきごぼう、みじん切りの人参をいためてきんぴらを作る(お汁が少し残る程度)

炊きたてのご飯に混ぜるだけです。ご飯に混ざるお汁の量がポイントです。多いようなら残しましょう。126_2656

| | コメント (5) | トラックバック (0)

えっ!?足に予防注射?

 毎年恒例インフルエンザの予防注射にナツ家も行ってきました。ナツが発症してから毎年打っている予防注射ですが、今までに2回もかかってしまいました。多分今年はかからない年…になる予定ですが。

子どもたちはナツがIDDMでお世話になっている市民病院で打ってもらいます。実は市内の各医療機関、接種代はバラバラです。わたしは一番安いと評判の1500円のところに行きますが、「現在かかっている病気」という欄に「1型糖尿病」と書かないといけないナツはそうどこでもいいというわけにもいきません。

もうひとつのかかりつけの個人医院のほうが多分安いと思うのですが、診療時間内に行かないといけなくて、病気の子たちがいっぱいの待合室で待つのが嫌。結局どんなに高くても毎年市民病院へ行きます。

さてさて無事に接種が終わって帰ってきたら、「腕が痛い」とか「まだ針が残っているみたい」たら、何やかやうるさいナツです。

翌日、水曜日になっても、何だか熱っぽいとか、だるいとか…。まぁそういうこともあるとは書いてあったのでそんなに心配していないのですが、水曜は夕方からECCに行く日です。

「そんなにしんどかったら、休む?」  「ううん行く」

ECCはナツを入れて、5人の5、6年生が通っています。その中には同級生のYくんがいます。

ECCでもインフルエンザの話題になって、

「昨日予防注射に行ったからまだ腕が痛い~」ってナツが言ったら、Yくん、すかさず

「えっ腕に打ったの?」

「当たり前やん、腕にうたなどこに打つの?」とナツ。

ええっ~~~~~だってなっちゃんいっつも注射は足に打ちようやん

そしたら、周りの子たち、

「えっいっつも?」

「えっ足に…?」………???という感じ^^;

「な、なに言ってるのよ、Yったら、バカじゃないの?いっつも腕よ、腕に打ってるよ」とあわてたそうです。

足に打っていたのは3年生の頃かな、多分その頃にYくん、近くの席だったんでしょうね。ちなみに今はお腹に打っているはず、間違ってもナツはインスリンは腕には打ちません。

帰ってくるなり、

「も~~~~~、Yのせいですっごく恥ずかしかったんだから~」

5年生の子の考えって面白い、ナツはいつも注射を足に打つって思っていたのかな?

確かに色々な場所に打たないといけないから、足やお腹に打つということはあくまでもIDDMの中での常識だけど、他の子からみたらそんなの関係ない^^;

でも、毎日学校で、みんなの目を気にせず注射を打ってくれるナツに感謝。

その事をこそこそ隠さないといけないことって思わないでいてくれるYくんに感謝です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

USJ(友だちと回りたい)

 ↓の記事にもチラッと書いていますが、今回の旅行で一番困ったことは、ナツの「友だちと回りたい」という希望。前回2年前にも同じように子ども会の旅行でUSJへ行ったのですが、その時には言わなかったセリフ。

「A子ちゃんと一緒に回りたいんだ、一緒にジョーズとE.Tに乗ろうって約束したの」

これには困りました。同じ町にはナツの同級生は女の子2人、男の子1人です。まぁ男の子はいいとして、もうひとりの同級生B子ちゃんがいます。そしてA子ちゃんとB子ちゃんは下に3歳の弟or妹がいます。今回お父さんが同行しないB子ちゃんちはお母さん一人で子ども3人を連れて回らないといけないので、どうやらA子ちゃんのところが協力して一緒に回るとか何とか…。だから余計ややこしい。

しかも本当なら、出発前にA子ちゃんやB子ちゃんのお母さんと一緒にどう回るかというコースを考えたらよかったのに、それもできないまま。

いっそ、子ども3人だけで回ってくれてもいいのに…と思ったぐらい。でもそうなるといつも三角関係のこの3人の事だから、またごちゃごちゃもめるのは目に見えているし、何よりわたしの中でいつも引っ掛かるのが、ナツがIDDMだということ。

BSのこと、打つ単位のこと、何を食べるか、低血糖時の補食は?A子ちゃんやB子ちゃんのお母さん以上にわたしには不安要素がある。でも結局、A子ちゃんのお母さんも子どもだけで回ることには反対だったようで、気がつくと、わたしたち4人とA子ちゃんの家族4人にB子ちゃん(一人で)くっついて、「ジョーズ」へと向かいました。

B子ちゃんのお母さんは弟2人を連れて、違う親子と回りました^^;

何とか念願叶いA子ちゃんと一緒にジョーズに乗れたナツですが、おまけのB子ちゃんもくっついていました。その後、わたしたち4人は昼食へ。

A子ちゃんはB子ちゃんのお母さんと待ち合わせをするためにそれまで時間がつぶせる「スヌーピースタジオ」へ向かいました。

昼食の後、わたしたちも「スヌーピースタジオ」に向かい、わたしはそこで不参加の子どもたち10人分のお土産を買いました。

そうそう、もうひとつのナツの希望、「クラスの友だちにお土産を買いたい」ということ。

これも2年前には言わなかったのに^^;

でもこのお土産選びがユウには退屈すぎて、ユウが怒り出しました。仕方なく、午後からはA子ちゃんたちとは別行動でユウの希望を入れて回ることになりました。

なかなか難しい>_<

今回こうして色々な学年の子どもたちを見ていると面白いもので、中学生の子たちは、さすがに親と別行動をしました。子どもたちだけで、昼食も含め1日中行動しました。そもそも朝のバスから別々です。わざわざ違うバスに乗ったそうです。(今回はバス2台です)

もちろん携帯は持っています。しょっちゅう親に連絡を入れていたとか^^;

そういえばナツもバスはわたしたちの横には座ってくれません。行きがB子ちゃんと、帰りがA子ちゃんと並んで座りました。しかも3つもうしろの席に(*_*)

おかげで何回もうしろをむいては、ナツの様子をチェック。行きはおやつばかり食べているから、「低いの?下がったの?」って気になるし。おかげで昼食前は400越えてた>_<

6年生の女の子同士のお友だちはどうしても一緒に回りたいために、一人の子が、お友だちの親子に同行し1日一緒に行動したそうです。

でもナツたち5年生。まだそこまでは無理ですね。

あるお母さんは子どもを4人連れての参加です。でも気がつくと子どもが2人増えている。長男くんのお友だち、次男くんのお友だちが一人ずつくっついています。もちろんその子たちはお母さんと来ているのですが、勝手に別行動。お母さんからは一緒に回らしてもらってもいいですか?というお伺いは一切なく、気がつくといるという感じです(おいおい^^;)

さすがに最後には、「一緒に回ってもらってすみません」という言葉があったようですが、ちょっと常識を疑う家族です。もちろんその4人の子どものお母さんはかなりご立腹でした。

さてさて2年後の子ども会の旅行、行き先はともかく、中学生になっているナツがわたしたちと一緒に回るかな。またA子ちゃんと回る。でもB子ちゃんはどうするの?ってもめるでしょうか?部活が忙しくて子ども会の旅行なんか行かないかな?

いずれにしてもそれまでに自分でコントロールできるようになっていてもらわないと困るわけで、携帯握り締めて、落ち着かない1日を過ごすわたしの姿が浮かんできます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USJ(食事&血糖編)

 11月3日、地区の子ども会のバス旅行でUSJへ行って来ました。子ども会は、3歳から中3まで全部で50人。そのうちの40人が参加、そしてその保護者たち、総勢70人、バス2台です。

わたしたちの子ども会では、2年に1回、こうしてバス旅行に行きます。そして行かない年はバーベキュー大会をします。今年はバス旅行の年なのですが、行き先は色々もめました>_<

例年のパターンは観光地を回るというより、どこか遊園地ORテーマパークで自由行動なのです。子ども会の親睦を図るというより集合家族旅行という感じです。今までの行き先、エキスポランド、倉敷チボリ公園、そして2年前はUSJ。なのに今年もUSJに決まりました。正直USJに行ってしまうともう他の遊園地なんて物足りないし、そんなに近くにいいところもないし…。

しかしこれは賛否両論あって、2年前に行ったから違うところに行きたいという人と、USJなら何回でも行きたい(まして毎年じゃなく2年あいているんだから)、前回行けなかった、あるいは今年から子ども会に入った人はUSJに行きたい。結局アンケートをとって圧倒的多数で決まりました。

不参加の10人は小さい保育園児や中学生などで、それ以外はほとんど参加、しかも直前になっても病気等々でキャンセルもなく、大盛況でした。

前回、2年前の時はちょうど父が自宅療養中。正直いつ何があっても不思議じゃない、だから直前キャンセルもありえるとあまり気持ちが向かず、ほとんど下調べもせず、行き当たりばったりで回りました。

食事もたまたまお腹が空いたとき、目の前にあったお店に入るという感じ。まぁそれでも結構楽しかったです。

しかし今回はしっかり公式ガイドブックを買い、毎日公式サイトをチェックし、食事場所も決め、まぁこれはうちが会長なので、下調べも必要かな…と。ショーの時間もコピーして配りと行く気満々でした。もちろんこどもたちも…^^

おかげで食事に関しては大満足でした。

まず入園して最初に行ったのが、「ジョーズ」、これはナツの希望です。そしてされに友だちと一緒に乗りたい。これには困りました。またこの話は後ほど。

無事「ジョーズ」を楽しんで、時計を見るともう11時半。食事にしましょう。なぜならこの近くにある「アミティ・ランディング・レストラン」に食べたいものがあるのです。

ちなみに食前のナツのBSは、478でした@-@。朝は時間がないので、きちんとしたものは用意せず。前日に買っておいたコモの黒糖クロワッサン1個、インスリンはやや少なめに打ちました。ところが行きのバスの中で、ポッキーを1箱完食していました。もちろん打たずに。なぜならバスの席はわたしとバラバラ。まぁこの辺の事情も後ほど。

あわててQを8単位打って食べました。この日のメニューはナツがピザとフライ126_2639ドチキンとオレンジジュース。わたしは、ピザとジョーズゼリー。ここのピザ、とってもおいしかったです。クラフトの部分も手作り風だし、シーフードの具にちょっとこげたパン粉、粉チーズ、なのにあっさりしていておいしかった。雰囲気も最高。何より時間が早かったせいか、並ばないで食べることができました。(12時まわるとすごく混むのです。)

この後、色々見て「E.T.アドベンチャー」に行きました。並んでいる間に測定。96でした。(ホッ)少しチョコを食べました。

この後、「ジュラシックパーク」に行きたいというユウと怖いからいやというナツのため、別行動にしました。主人とユウはジュラシックパークへと、そしてわたしたちは「ワンダービックス」に写真撮影に行き、そしてその後は待望のケーキタイム。

「ビバリーヒルズ・ブランジェリー」でセサミのシュークリームを食べました。ナツはショートケーキです。とっても可愛い。この時のBS112でした。126_2651

そうそう、ここで急にナツが「お腹が痛いからトイレに行きたい」

ええっ~折角席も取れて注文したのに~~>_<

こういう時やっぱり別行動は大変です。注文する時もテーブルにかばんを置いて場所取りをしてから並んで買いましたが、かばんの中には大事なインスリン。貴重品だけは持って行ったのですが、ちょっと心配でした。

なのに、トイレ~。お店の人に聞いてひとりで行ってきてねとなったのですが、なかなか帰ってきません。もしかしてトイレで血糖が下がって動けなくなっていたらどうしようとか、不安でした。でも112あったんだから大丈夫だよね。やっと戻ってきたナツ、だってトイレは店内になくて外まで行ってしかも並んだんだもんとのこと。

これだから人の多いところは大変。

さぁ食べてインスリン。ここは慎重に…。後はバスに乗って帰るだけ。家族で車で行っているのなら、もし下がってもコンビニによることもできるけど、あっもちろん補食用のお菓子やポカリは十分に持っています。でも気まぐれナツは、食べたくないものは食べられないときもあって、高めにコントロールすることにしましょう。3単位打ちました。

こうして無事に5時の集合時刻を迎え、そして全員時間通りに集まってくれて定刻通りに帰路に着くことができました。お昼から何にも食べないで回っていたユウ&お父さんのためにサンドイッチを買っておきました。帰りのバスの中で食べていました。

中には5時の集合きっちりの時刻に手にいっぱいの食べ物にトレーにはドリンクを乗せて集まってくる家族もいました。そうです。バスの中でちょっと早めの夕食です。

今回は2軒の家族で行きましたが本当に様々な人がいます。その話もまた後ほど…(あっでも愚痴になりそう^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »