« ナツ家のお正月 | トップページ | ゆで卵の話 »

嫌な気分(*-゛-)

 2日ほど前に、ナツがこんなことを言いました。

「今日、学校で友だちとお菓子の話してたら、Gくんが、『糖尿病のくせに…』って言ってきた」

要は糖尿病なんだからお菓子なんか食べたらあかんやろという意味で言われたみたい。この『糖尿病のくせに』っていう言葉、すごく嫌!聞いただけで気分悪くなる。

いつものように、「その子は2型と勘違いしてるんやん、ナツは1型やからお菓子でも何でも食べていいのに…」ということを再度いったんだけど…。ナツはもうその事はよくわかっているはず、でもってその子にもその辺のことをちゃんと説明したそうで、それはそれで済んだんだけど。

ちなみにGくんは転校生です。確か4年生の3学期に同じ市内の違う学校から転校して来た子です。だから顔は全然浮かばない。お母さんらしき人は、自然学校の説明会の時にチラッと見かけた気がする。とにかく若い怖そうなお母さんという印象。

ナツの発症は2年生の秋でその時にクラスの子たちの保護者宛に病気についての説明文を配ったのです。そのせいか、この手の話はあまりなく、子どもたちも成長してきてもう5年生だし、何も問題なく来ていたのに。

今日は学校で調理実習がありました。ゆで卵を作って食べたそうです。問題はその時、同じ班のGくんがナツに、

「触るなよ、病気がうつる」と言ったそうで、

「何の病気?」って聞いたら、

「エイズ」とGくん。

「エイズって何?」

「知らん、○○小学校(Gくんが前にいた学校)の保健室にポスターが貼ってあった」

もうわけわかんない(*-゛-)(*-゛-)(*-゛-)

で、今日お風呂に入っていたら突然ナツが

「お母さんエイズって何?」と聞いてきたわけです。

そういえば、昔、保健室の入り口にレッドリボンのポスターが貼ってあったけど、一体そもそも何で小学校にエイズのポスターなんて貼るかな(x_x)

ここまで来たら、糖尿病とか1型とか2型とかいう問題とも違う気がするんだけど、何となくこの「病気がうつる」という言葉に過敏に反応している自分がいる!

「その子は誰に対してでもそんなこと言うの?」

「ううん他の子にはいわないと思う」

わたしなりに色々考えてみると…。

ナツたちのクラスは一クラスでみんなナツの病気のこと、注射を打っていること、測定をたまに(ほんとにごくたまに)することをとっても自然に受け入れているけど、多分途中から転校してきたGくんにはその意味がわからない、その中にすんなり入れない、そういうのが面白くない、だからそういう事を言う。

ただ単にナツと気が合わないから、何かとっちめることを探してそこに至った。

誰に対してもそういう嫌われることを言う性格。

もちろん、どんなに考えても答えは出ない。

でも対策を講じなきゃと言うことで、ナツに

「徹底的に反論する。病気のことを懇々と説明する」

「無視する」

「先生に言う」のどれかをしようということになって、来週担任に少し様子を聞くことにしました。ナツが言うには、Gくんは糖尿病のことに変に詳しいそうです。多分親戚とか周りに誰かインスリン注射を打っている2型の人がいるからでしょう。だとしたら、知ったかぶりをしたいからかなとも思う。

どっちにしても嫌な気分(*-゛-)

今はGくんと同じ班だとかで、早く班変えしないかなと(なったばかりなのに)ぶつぶつ言っていました。持って行き場のない嫌な気分。ちょっと書いてすっきりしました^^

|

« ナツ家のお正月 | トップページ | ゆで卵の話 »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

正直に言って「G!!むかつく(><)」
もし自分の子供がGだったらと思うとゾッ!とする。
ごめんなさい・・・いきなり私の気持ちを吐いてしまいました。

ナツちゃん、なっちゃんママもビックリしたでしょうね。

>『糖尿病のくせに…』
私が学校生活の中で一番怖れていた言葉の一つです。

王子が入院数日の頃、4年生のお友達に
「俺も糖尿病になって入院して学校休みたい」と
言われた事があります。
悲しくて返す言葉が有りませんでした。
もちろん、その子にしたら
「糖尿病」でも「風邪」でも何でもOKで
学校休めていいな~くらいの気持ちだったでしょう。
でも悲しかった・・・。

その時に王子は「糖尿病」には負けない。
「糖尿病」という名前で悲しい思いをさせたくない・・・と思いました。

担任の先生は分かっていないのかな?
女の子の5年生6年生って難しい時期って
聞いた事があります。
ナツちゃん、ちゃんとママに言えて安心しました。

なっちゃんママ、イヤでは無かったら
その後どうしたかUPして下さい。

投稿: ハナ | 2008年1月13日 (日) 08時53分

ハナさんへ★実はこの手の問題、ナツが発症した頃には、あれやこれやとあったんです(x_x)
「病気がうつる」と言われたことも1回。その時は結局担任に相談して担任がここぞとばかりに、その子にしっかりお説教して泣いて謝らせました。
よくわからないけど、この手の問題って先生方すごく張り切って力量発揮とばかりに解決してくれるんだけど、却ってそれがいいのかどうなのか、今回は思案しています。

もしその子が軽い冗談で言ったんだとしたら、思わぬ大きな問題になって、「相手が悪いよ」とか「冗談で終わらない」ひいては「あんまり近づかんとこ」
「おちおち冗談も言えない相手なんだ」に発展しないかなと…。
でも逆にこれって冗談よって笑って済ませる問題か?とも思ったり。

う~~~~~んほんとに難しい。その子のこともよくわからないし、その時の状況もわからない。
でもわたしの事だから、このまま黙っていられないと思うよ。来週には動くつもりです^^

何よりナツにとって学校生活が楽しく普通に過ごせること、これが一番の目標です。

投稿: なっちゃんママ | 2008年1月13日 (日) 11時08分

なっちゃんママさん、こんばんは!
ホントにそんなこと言ったんだ・・・
子供とは言え、サイテーですね!
私も黙ってはいないと思います。ただ、以外に小心者なので、どこまで突っ込めるかはわかりませんが・・・

「移る」とか「~のくせに」とか言われたくない言葉ですよね。自分でも気にしすぎなのかな?って思ったりしますが・・・

相手のお母さんが、若くて怖そうな人・・・っていうのがちょっと私も怖い気がしますが(>▽<

でも、自分の子も含めてそういう風に他人を馬鹿にするいい方は絶対やめて欲しいですよね。

まーくも今年になって、初めてのカミングアウトでした。これが+となるか-となるかはわかりませんが・・・ いい人間形成のきっかけになるといいかなぁと思います。

ナツちゃんもちゃんと説明できて、すごいなぁ!
相手も納得してくれるといいですね!

投稿: nao | 2008年1月13日 (日) 20時00分

naoさんへ★メッチャむかつくでしょう。5年生にもなって幼いっていうか子どもっぽいっていうか。
人を見た目で判断してはいけないんだけど、その子のお母さん、どう見ても好感のもてるタイプじゃなくって、あぁあのお母さんが育てた子だったら、言っても不思議じゃないかもって変に納得しました。
こんなことなら、カミングアウトしないで隠していたほうがよかったんやろかって思ってしまう。

担任の先生は若い先生で糖尿病という病名に全然偏見を持っていらっしゃらないんです。それはそれでよいことなんだけど、なんか、わたしたちが心配していること(病名ゆえの偏見)とかが、ピンとこないみたいで、説明するのに時間がかかりそう^^;

どっちにしてもあまり熱くならないで、冷静に対処したいなと思います。4月からは校長先生も退職されるのでその辺のことも踏まえて一度学校に行ってくるつもりです。

投稿: なっちゃんママ | 2008年1月14日 (月) 08時53分

すっかりご挨拶がおそくなっていまいましたが、今年もよろしくお願いしますm(__)m

う~ん・・・Gくんってかわいそうな子ですね。
きっとそういう風に毒を吐くことでしか人とかかわれないのじゃないかな~?
ナツちゃんにとって一番弱い部分を攻めることで自分を優位に立たせようとしている感じ・・・
大人ならそんな奴とはかかわらないようにすればいいけど、学校で同じクラス、しかも同じ班・・・
そういうわけにもいかないですよね。
救いはナツちゃんがちゃんとなっちゃんママさんに話せたこと。
そして、Gくんに言い返せてること。
その子のこと、周りの子ども達はどう見てるんだろう?
同調してほしくないな~
こういう問題。
多かれ少なかれウチのあやかにも降りかかってくることですよね~
その時、ナツちゃんみたいにちゃんと言い返せて親にも話せる子になっていてほしいな。
ウチのあやかは、いらないことは話すけど、肝心のことはだんまり・・・なタイプなので心配です。
今日あたり学校に話してる頃かな?
やっぱりこういう問題は先生に解決していただくしかないかと思います。
Gくんの人とのかかわり方は間違っていますもんね。
それを正せるのは先生しかありません。
彼が毒を吐いてしまう訳もちゃんと指導していただければいいけど・・・
きっと彼も毒を吐かれているのではないかと思います。身近な人に・・・
ちゃんと解決してナツちゃんがすっきりとした気持ちで学校に通えることを願っています。
先生!がんばってね!!

投稿: melody | 2008年1月15日 (火) 10時33分

melodyさんへ★そうだよねぇ、普通の家庭で愛情かけられて育った子なら、まずそんなこと言わないよね。
今回は男の子なんだけど、2年生の時に同じことを言ったのは同じ町の女の子で、単に友だちが自分よりもナツに近づくのか嫌だったから…という「自分がいつも中心でいたい」っていうタイプの子でした。

でもその子のお母さん、口では謝ってくれたんだけど最後まで、その子の「わたしはそんな事言っていない」を真に受けて、認めなかったのです。
子どもを信じてあげることも大事だけど、本当の気持ちを見抜けないのもどうかなって思いました。いろんな親子関係があるよね。
ナツの場合、何なんだろう、結構こういう事は隠さず話してくれるんだけど、逆にわたしがカッカして、いっそ知らずに済みたかったって思うこともあったり…。

3連休でちょっとリフレッシュできたのか、もう一度何か言われたらその時は即、担任に電話するということで今日は学校に行きました。
でも機会を見つけてそれとなく担任にはきいてみるつもりです。

投稿: なっちゃんママ | 2008年1月15日 (火) 15時59分

遅ればせながら><、なっちゃんママさん♪なっちゃん♪ユウくん♪ 今年もよろしくお願いしますっ!

う~ん・・・本当にイヤだ。。。私にとって一番気に障るモンダイかもしれません。
5年生にもなるのに・・・というか 5年生だから言うのかしら、、、
なっちゃんママさんの 今までのご努力を知っているので、そんな<ぽっと出>の子に引っ掻き回されるなんて 本当に悔しいです!
1クラスしかなければ、また6年生でも同じクラスなのですね><
でも なっちゃんはしっかり説明できたのですね。スゴイッ^^/
のじおには、<学校で何か言われたら すぐに教えてね>と言っていますが、今のところ何も無い、、、はず、、、
でも 注射や測定は 教室では絶対にしたくない!と言う。。。
何かイヤなことでも言われたんじゃないかなって勘ぐる私です^^;
残り1年ちょっとの小学校生活、2人とも楽しく過ごして欲しいです☆

投稿: のじおママ | 2008年1月15日 (火) 16時34分

のじおママさんへ★もう5年生なのか、まだ5年生なのか、難しい年頃です^^;
発症したときにスムーズにカミングアウトできて、これで6年生までは安心と思ったのもつかの間でやっぱり色々問題がありました。でも最近は落ち着いていたのに…残念です。

途中から転校して来た子もふたり、もうひとりの子は女の子で、特に説明はしなかったけど、何となく受け入れてくれてよかったのになぁ。

「今日は何も言われなかったよ」と言って帰ってきました。一度言われるとそれなりに身構えると言うか、また何か言われるかもって思うんでしょうね。
そう毎日言われたらもう黙っていないんだけど、ちょっと様子を見てみようと思います。

中学生になったら、もうひとつの小学校からの子がいるので、説明どうするか、カミングアウトどうするか、注射はどこでしようって今から考えてしまいます。
でもその前にいよいよのじおくんもナツも来年は最高学年だもんね。思い出に残る楽しい1年でありますように♪

投稿: なっちゃんママ | 2008年1月15日 (火) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/9831722

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌な気分(*-゛-):

» エコバッグ [,嫌な気分(*-゛-)]
読ませて頂きました。次の記事も楽しみにしています。 [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 03時12分

« ナツ家のお正月 | トップページ | ゆで卵の話 »