« ゆで卵の話 | トップページ | 初スケート♪ »

長生きできない??(*-゛-)

 Gくん事件のその後です。何事もなく日々が過ぎ……るはずはなく、またしても気になる発言。

その前に前回のことで、色々ナツと相談した結果、もし今度何か言われたら、すぐにその場で先生に言う…ということにしていました。そしてそれまでに一度先生には今までのこと、Gくんってどんな子なのか?今度何か言われたら対処して欲しいという旨、伝える予定だったのですが、その時間もないままいきなり昨日の事になりました。

何の授業かわかりませんが、ギネスブックのことを勉強していた。その中で男性の最高齢、女性の最高齢の話が出て、みんなギネスを越える歳まで長生きしようという話の中で、Gくんが、ナツに

「おまえは無理だよ」と言ってきた。

「何で無理なの?」とナツ、まぁ大体察しはついていたはずです。

「だって病気だもん」とGくん。

そこですかさず、先生にことの成り行きや今までのこと、エイズ呼ばわりされたことなどを話したというわけです。

そこで先生はGくんを前に呼んで、なんでそんなことを言ったのか、もし逆の立場で自分が病気になったとき、そんなことを言われたらどんな気がするか、そしてナツの病気のことを簡単に説明してくれたそうです。

食べたものをエネルギーに変えるためのインスリンが出ない病気、エイズのような血液の病気じゃない、いつもブドウ糖を持っていて、具合が悪い時はそれを口にするけれど、それはナツにとって薬のようなもので決してお菓子ではない、ナツから聞いた内容はそんなところです。

でGくんの弁明は「『身体に害のある病気』だと思っていた、だから長生きもできないと思ってそう言った」というものでした。

???

今ひとつ納得できないような…。だったらその前の『うつる』発言はどうなる?『お菓子なんか食べられないやろう』発言はどうなる?でも病気のことを本当に理解してもらおうなんて無理な話でそんなことより、どう思っていようが自由だけど、それを口にだして本人にいうことイコール人を傷つけていることが問題なんだよね。それでも先生に言われて一応はナツに謝ってくれたようです。

以前に3年生ぐらいの時に、ある女の子がこんなことを言ったそう。

「なっちゃんって一生赤ちゃん産めないからかわいそう」

これも勝手に病気のことを解釈した親が言っていたことを鵜呑みにしてそんなことを言うんだろうなって思ったんだけど、病気のこととどう思おうと自由だし、そこまでこちらでとやかく言えないけれど、それを口にだすことが人を傷つけているということを勉強させないといけないんだよね。

そのあと、クラスの他のお友だちに向かって、

「なっちゃんの病気のことを知っている子は手を挙げて」って聞いたら、全員が手を挙げたようです。

「もし病気のことでわからないことや知りたいことがあったら、いつでも聞きに来て下さい。先生がちゃんと説明してあげるから」と言ってくれたようですが、もちろんその場では誰も何も言いません。

ナツ曰く、

みんな病気の事になるとシーンとしちゃうんだよね」だそうです。それはそれでいいんじゃないかなと思う。触れてはいけないこと、そういう認識を持っていてくれるんならそれでいいんじゃないかなと思う。

そのあと、ひどく落ち込んでいた様子のGくんだったそうで、何にもしゃべらないから逆にこっちから話しかけてあげたの…だそうです。

夕方特に担任からもなんら連絡はなく、それがかえってありがたかったわたしです。

絶対に去年の担任だったら、まるで鬼退治でもしたかのように意気揚々と電話してきただろうなって思ったから。

家に帰ったGくんがこのことをどこまで家の人に話したか?本当に納得したのか?もう今度こういう事は言ってこないか?まだわかりませんが、以外に小心者だったのかなとも思っています。

いよいよあと3ヶ月で6年生になるナツたち、小学校最後の学年を楽しく思い出深いものにして、中学校へのステップを歩んでいって欲しいなと思うのでした。

|

« ゆで卵の話 | トップページ | 初スケート♪ »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママさん、こんばんは^^
う~~~ん・・なんだかすっきりしたような、すっきりしないような・・・
担任の先生の話。私としては「それだけですか?」って感じです。
なっちゃんママさんも書かれてるけど、ナツちゃんの病気の事を正しく理解したら言わなくなるのかな?
ちょっと違うと思う。
そんな風に相手に毒をはくこと。しかもその子にとって一番弱い部分を狙って毒を吐いてることが問題で、認識はどうあれそれを言うことで相手がどの位傷つくのかをちゃんとわからないとダメだと思う。
Gくん、ナツちゃんにはもう言わないかもしれないけど、他の子のほかの弱い部分はやっぱりついてくるんじゃないのかな?
担任の先生、なっちゃんママさんには電話しなかったけど、G君の家には連絡したかな?
G君の家に連絡してたら拍手だけど・・・
でも、ナツちゃんすごいな~
ちゃんとその場で先生に言えて・・・

しっかしホントにむかつく子ですね~
私だったらそんなこといった子いくら落ち込んでても無視するけど、ナツちゃんて優しい^^
ちゃんと声かけてあげるなんて・・・(;;)
そんなナツちゃんにひどいこと言って~!!ホント許せん!!(*-゛-)

投稿: melody | 2008年1月19日 (土) 00時23分

>ひどく落ち込んでいた様子のGくんだったそうで、
何にもしゃべらないから逆にこっちから話しかけてあげたの…

なっちゃんママさん!ナツちゃんったら良い子じゃ~ん(^^)
良い子に育ってますね☆

病気だからって長生き出来ないなんて言われて・・・
そんな事を言われて悲しかったはず・・・。

Gくんは家で言ったかな?
あまり会話がないお家なのかな?
いろいろ想像できるけどそれも想像だから
何とも言えないですけどね~。
でも二度とこんな事ありませんように。
そしてGくん、ナツちゃんだけでなく
同じような事しませんように。

うん!小学校生活も1年ちょっとだもんね~
楽しい思い出たくさん作ろうね♪

投稿: ハナ | 2008年1月19日 (土) 09時13分

melodyさんへ★めっちゃ遅レスでごめんなさ~~い^^;
&一緒に憤慨してくれてありがとうね。聞けば聞くほどむかつくやつでしょう。まるでその事を言うためのネタを待ってたみたいに何かに付け言ってくるっていう感じ。
ほんとにわかったのかなっていう思いはあります。
怒られたから謝ったという感じも無きにしも非ずで、先生がうるさいからもう言わなくなるだけなのかもしれません。

それにナツ、お人よしです。わたしならそんな子、落ち込んでいようが泣こうが放っておくのに…^^;

投稿: なっちゃんママ | 2008年1月21日 (月) 12時44分

ハナさんへ★そうなんですよ~ナツは変に人のいいところがあります。
そんな子、どうしようが放っておいたらいいのに~って思いますよね。
まぁそれぐらいがナツのとりえです^^;

親はみんな優しい子に育って欲しいって思って育てたはずなのに、どこでどう間違うんだろうね。Gくんの将来、大丈夫かしら?根っから悪い子ではないといいんだけど…。
転校生なんで、まったくわかりません。多分もうこれに懲りて言わなくなると思うんだけど、本当にわかってくれたかどうかは疑問です。

2年生で発症したナツがもうすぐ6年生。何だかピンときません。本当に早かった。中学校へ行くときにはまた病気のこと、説明のこと、どこまで知らせるか色々悩みそうですが、あと1年のんびりしようと思います。

投稿: なっちゃんママ | 2008年1月21日 (月) 12時50分

こんにちは^^
Gクン、コラーーッ!という気持ちでいっぱいです^^;
先生、その子の親御さんに連絡したのかしら?
でも 高学年は<口げんか?>くらいでは親に連絡しないのですってね><
どちらかがケガをしない限りは・・・
でも こちらはとっても痛んだよね(T_T) 心がっ!
・・・こちらは、って、つい のじおが言われたような気がしちゃった^^;
IDDMに関して どう思おうと自由だけど(ホントは正確に知ってほしいけど)、ヒトを傷つけることだけはして(言って)ほしくないですね。
なっちゃん、めっちゃ優しい~(*^^*)
2年生で発症・もうすぐ6年生、のじおと まるっきり一緒だけど、なっちゃんの方が断然オトナだなぁ♪

投稿: のじおママ | 2008年1月24日 (木) 15時26分

あー!忘れちゃった><
↓ゆで卵、先生の指導法?にクスッと笑ってしまいました^o^
それと、なっちゃん家は6分なのですね!
我が家は10分です^^; 昔は15分(==)
黄身が黒くなるまで茹でまくりました(笑)
のじおは ゆで卵ではなく<炒り卵>実習でした。
その日以来 <卵 割りたい!割らせて!>ってうるさいうるさい(笑)

投稿: のじおママ | 2008年1月24日 (木) 15時35分

のじおママさんへ♪のじおくんは炒り卵だったんですね。ということは卵料理っていうのはお決まりなのかな。のじおくんちは固ゆでが好きなのね…。そうそう黄身の周り、黒くなりますよね。

Gくん、ほんとに困ったものです。多分先生は家には連絡されていないと思う。っていうのも、あれ以来、Gくんはターゲットを変えて、「エイズがうつる」を連発しています。違う男の子に言ったようで、もちろんその子には別に持病はないのですが、それがまわりまわって、今度はその言われた子がまたナツに、「エイズがうつる」といったそうで、今帰ってくるなりカンカンのナツです。

ちょっとIDDMとは問題がそれているんだけど、それでも何だかムカッとしてしまう(x_x)
5年生って困った年代なのかな。口だけ達者になっちゃって。
あまり続くようならまた一度担任に言わなきゃぁ…です。

投稿: なっちゃんママ | 2008年1月24日 (木) 16時27分

ナツさん、この前の話以来どうなってたか気になっていたのですが・・・
ん~~~~( ̄∇ ̄;)
どうなんだろう。
きっとその子は何が悪かったのかわかってないんじゃないかな?
今回こう言うことになって少しは気が付いたかもしれないけれど、子供って同じことを何度も言ってもわからないことが多いですよね。(現にうちも!毎朝同じような事ばっかり言ってます)
でも、繰り返して失敗して覚えていくし、親御さんがどのように指導していくかにも寄りますね。
これ以上触れなかったらきっとそのまま忘れて言っちゃうし。
どっちがいいのだろう・・・って考えてしまうけど、ナツちゃんがそんなGくんでも声をかけてあげたって言うのが、ホントに優しくていい子なんだなぁって思っちゃった(-^□^-)

なんだか、励ましにもアドバイスにもなってないけど、ナツちゃんなら自分で乗り越えていけそうですね!

最後の1年、ステキな思い出深い年になるといいですね!

投稿: nao | 2008年1月27日 (日) 16時37分

naoさんへ♪そうなんですよね、今回はわたしの出る幕はなかった^^;
でもそういつまでも親が解決してやれることばかりじゃないんで自分で乗り越えていってもらわないと…。
Gくん、言っていい事と悪いことの区別、ちゃんとわかってくれたんならよいのですが、今度は違う子をターゲットに「エイズがうつる」を連発している模様です。困ったものです。

発症した頃はどうなるんだろう、早く自分でできるようになって欲しいなんて思っていたのが昨日のようなのに、あと2ヶ月したら6年生なんてほんとに嘘みたい。

大きくなった時に小学校の思い出=注射と測定の思い出しかないなんてことのないように楽しい1年間であって欲しいです。

投稿: なっちゃんママ | 2008年1月28日 (月) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/9946874

この記事へのトラックバック一覧です: 長生きできない??(*-゛-):

« ゆで卵の話 | トップページ | 初スケート♪ »