« お見舞い | トップページ | 風邪?花粉症? »

入学お祝い

 お見舞いの次はお祝いです。先週の日曜日、姪っ子(主人の妹の子)の大学入学のお祝いをもって、家族5人で出かけました。

姪っ子、仮にAちゃんとします。Aちゃんは一人っ子です、そしてナツとユウにとってはただひとりのいとこです。思えばわたしが結婚したのは、Aちゃんが幼稚園の時でした。結婚式にはピンクのワンピースを着て、花束贈呈をしてくれました。それ以来、小学校入学、中学入学、高校入学、そして今回は大学入学のお祝いです。(今度持って行くのは結婚のお祝いかなheart04

小さい時から見ているので、本当に大きくなったものだなぁと思います。秋には早々と推薦で合格し、この春から片道40分かけて車で通学するそうです。この話、最初に聞いたときはちょっと驚きました。ただ電車の便が悪い地域なので、いっそひとりでマンションでも借りて暮らすか、またはこんな風に車で通うかsign02どっちにしても親は心配だと思うのです。

そして…何より大学入学、ただでさえお金yenがかかります。その上、自動車学校だの車だの、一体いくらかかるんだろう、気が遠くなりそうbearing

しかもAちゃんのお父さん、昨年の秋に退職して、起業してまだそっちのほうが軌道に乗っていないので、家のローンやら何やら、さぞ大変だろうなと思っていました。当然、おばあちゃんであるうちの義母が相当援助しているのは、うすうす感じていました。

仕方がないというか、当たり前というか、別にかまわないんだけど…。

義母が経済的にひとりで自立して暮らしているのなら、どれだけ援助しようが自由です。わたしたちには関係ない。

でも、そうじゃなくって、義母は現在我が家に、1ヶ月24000円入れてくれるだけで、実際のところ、主人が扶養しています。内職程度の仕事をしているけれど、それだって家に帰ったら、夕食が目の前に出てくるんだから(わたしが用意しているので)、働けるのです。

しかも義妹の家が、明日の生活にも困るというぐらい困窮しているのならまだしも、それなりに…というか、我が家よりははるかにリッチな生活を送っているようです。

だから、なんとも嫌な気分がするんですよね。

そんな義母を乗せて車で約35分、久々に5人で出かけました。気の重いわたしとは正反対にナツたちはご機嫌でした。お昼前について、一緒にお昼ご飯restaurantを食べることになっているからなのです。

そしていざ、義母がお祝いを渡したら、Aちゃん、ちょっと驚いて、「えっおばあちゃんからは、この前お祝いもらったよ」

coldsweats01正直ですよね。

そしたら、義母はとってもあわてて、「あれは…あのぅ合格した時のお祝いよ…こっちは入学のお祝いで、…気持ちだけやから…ほんとに気持ちだけ…ね」としどろもどろcoldsweats01

「おばあちゃん、お金なくなっちゃうよ」と言いながら受け取っていました。

それなら、「わたしは、もう先に渡しているから」って言えばいいのに…って言うか、渡していることを隠しておきたいぐらいの額をあげたから、そういうお芝居しているってバレバレです。

いっそ隠し通したいのなら、Aちゃんに事情を話して、口裏を合わせておけばいいやん。横で見ていた義妹夫婦は黙っていました。

どうりで、お祝いをいつ届けるかということを話したときも全然乗り気じゃなくって、4月に入ってからでもいいし…なんて言ってたわけだgawk

お昼は、そこから車でさらに20分ほど走って、とあるホテルのバイキングを食べに行きました。(これは義母のリクエストです&総勢8人分、義母のおごりです)

バイキング、嫌いではないんだけど、実はわたしちょっと苦手かも…その話はまた機会があればdespair

ナツもちょっと苦手かも…炭水化物があんまり食べれなくて、いつもは8単位ほど打つのにこの時は5単位しか打ちません。

でも、2時間後のBS105でしたnotes

ナツが大学に入学するのはまだ7年後です。でもその時困らないようにしっかりyen貯めとかなきゃと思いながら帰りました…でもわたしの場合、子離れするほうが、大変かもwink

|

« お見舞い | トップページ | 風邪?花粉症? »

「母の独り言」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママさんは義母さんと同居されてるんですね。
もうそれだけですごい!尊敬します。

嫁という立場はなかなか難しく…義母にとっては
自分の生んだ娘の方がかわいいし大切、という気持ちは
よくわかります。
同じことを言っても義母の態度が全然ちゃいますもの(汗)

まあ、それは仕方ないことだと思うのですが
お金のことになるとやっぱり何となく…ですね。
だから何をどうして欲しいってわけでもないのですが
やっぱりちょっとどこかで思いをはき出さないと
私もやってられない!と思うことがあります。
同居もまだの私でさえそう思うんだから
なっちゃんママはすごく辛抱されてることでしょう。

なっちゃんママ、時々ブログではき出してくださいね。
こんなにいろいろガマンしているのに。
ナツちゃんのことでも気を遣っていること、
今までの拝見して気になっていました。
ホントに大変なことだと思います。

いつか報われますように。きっと必ず。

投稿: みい | 2008年3月12日 (水) 23時04分

みいさんへnotes
朝からお優しいお言葉、何だかsweat02が出そう。
報われる日、くるんやろかshine

同居はね、ほんとに難しいです。でもこの辺は田舎なんで、3世代同居は当たり前、それでも同じ敷地に別棟というケースがこの何年かで増えてきました。我が家のように台所も玄関もひとつというのは減ってきています。

ナツの将来を考え、手に職を、自分の医療費分ぐらいは自分で稼げるように…とか、いつか移植ができるようになったら、yenかかるし…とか思って、こまめに電気を消すわたしたちと違って、義母は部屋の電気はつけっぱなし、しょっちゅう水道も出しっぱなし、休みの日はいつも出かけて外食ばかり、旅行は年に数回。もちろん今まで苦労(?)しているから、働いているから、歳をとってまであくせくしたくない。それはわかるんだけど、同じ屋根の下で、生活レベル違いすぎやろって思うんですよね。だから同居は難しい。

かと言って別に援助して欲しいわけではなくって(そんな事、してもらったら、めちゃくちゃ偉そうにされるし)

別にわたしたちだって明日の生活も困るってわけではないんだけど、なんか腑に落ちないのよね。

ほんとに娘と嫁は違います。ついでに同じ孫でも外孫(娘の子)と内孫(嫁の子)も違うようですthink

寝込んだときに、お茶の1杯も汲んでもって来てくれるのは内孫なのに…って、これわたしの亡くなった母がよく言っていました。

みいさんのカーボの説明、めっちゃわかりやすかったよ。早速昨日おやつで試してみました。なかなかgoodでしたhappy01

投稿: なっちゃんママ | 2008年3月13日 (木) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/11175223

この記事へのトラックバック一覧です: 入学お祝い:

« お見舞い | トップページ | 風邪?花粉症? »