« アスリートへの思い | トップページ | 言葉が足りない »

学校で低血糖

 昨日はひさしぶりに学校で低血糖が発覚しましたsad

5年生の終わりごろ、毎日2桁続きの時でもそれなりにブドウ糖やポカリで補食して、一度も担任には気付かれなかったのに、今回は中程度の低血糖。なかなか復活しなくて発覚してしまいました。

3時間目が終わっての休み時間。BSは51でした。いつものようにブドウ糖とポカリを補食したけれど、それでも手が震えたらしく、仲のよい友だちに担任のいる職員室に連れて行ってもらったらしい。

付き添ってくれたお友だちが、担任に「保健の先生、呼んできましょうか?」って聞いたら、担任のF先生、「その必要はありません」とはっきり言ってくれたそうで、この点はgoodです。

でも職員室にいたら、いつ保健の先生が入ってくるかわからないので、その横にあるコピー室で椅子に座っていたそうですwobbly←どんな学校sign02

しばらくして、復活、教室に戻ってふつうに午後も授業を受けて帰ってきました。

帰ってくるなり「お母さん、F先生から今日電話あった?」

「ううん、なかったよ」という事で、↑のことの顛末を知りました。

F先生にはナツと養護教諭のことについては話しています。わたしたちの思いも伝えています。保健室に行っても補食はおいていないし、ナツのIDDMに関して何もお願いできない状況で既に2年がすぎ、今さら何もわかっていない養護教諭に頼っても仕方がない。

でも…

気になることが色々でてきました。

今回は結果オーライだったけど、もしもっと低血糖が進んだり、なかなか復活できなかったりしたら、ナツはどうなっていたんだろう。

ブドウ糖やポカリは小さな補食。もしこれでも駄目な時は、大きな補食を採るように言っていたのに…。そこまで気が回らなかったみたい。そこに気がついて欲しかったなぁ、もちろんナツに。でも担任にもその事は伝えていたのに…無理もないかな、そこまで望むのは無理かな。

そして午後の授業、翌日とF先生、ナツに「大丈夫?」を連発。

翌朝になっても、「昨日の夜は大丈夫だった?」と何回聞くの?って言うぐらいに聞かれたそうで、そんなに不安ならわたしに電話くれたらいいのにthink

低血糖は次の食事でリセットできる。(一応はね)

説明はしてもやはりピンとこないみたい。午前中の低血糖は給食でリセット、午後にはほとんど響かないのになぁ。

それともうひとつ。

コピー室で休んでいたナツを見た他の先生(今年から異動してこられた)が、何しているの?状態で、ナツのIDDMのことについて何も聞かされていない様子だったようです。

去年までは校長先生が、学校全体で守りますとおっしゃてくれたけど、これも今年は無理なようです。

だって今の養護教諭に全員の先生に知っておいてもらいたいとお願いしてときに、「何でそんな必要があるの?わたしがわかっていたらそれでいいやん」って言われたshock

F先生にもお願いしたけれど、ナツたちの体育だけを担当される先生にさえ、あまり伝わっていなかった。学校ってこういうものかな。多分この辺は中学校の方が、きちんとやってくれそうな気がします。小学校はどの先生も自分のクラスだけで精一杯という感じがします。

ちょこっと前途多難な予感がしてきましたwobbly

でもだからこそ、ナツには自分の事は自分でできるように教えていかないといけないんだなぁと改めて思いました。

|

« アスリートへの思い | トップページ | 言葉が足りない »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

ナツちゃん、大事に至らず良かったです。
ナツちゃんの担任の先生、養護の先生との関係を
良くご存知なんですね。
学校の先生方、全員は知らないの?
>どの先生も自分のクラスだけで精一杯
・・・かもしれないけど
1型の詳しい事までは知らなくても補食が必要だよ。。。
くらいは知っててほしいかな。

お友達が気付いてくれてよかったね。

投稿: ハナ | 2008年4月20日 (日) 16時45分

ハナさんへ★担任の先生には新学期早々に電話で養護教諭のこと、しっかり愚痴ってしまったcoldsweats01
養護教諭は職員室でも浮いています。性格からして先生方にも不人気です。でも、年上だから誰も直接意見したり文句を言う先生はいないようですconfident

忘れもしない2年前の春、この先生と初めて会ったときに、毎年先生方の異動があるので、新しい先生にはナツの病気をことを知っておいて欲しい、職員会議の時にでも伝達して欲しいと言ったら、「何でそんなことせなあかんの?まぁどうしてもって言うんならそれぐらいしますけど」って言われて、空いた口がふさがらないほど、びっくりしました。

学校の隅っこで倒れていたらどうするの?補食しているところを、知らない先生が見て「何食べてんねん?」って注意されたらどうするの?何でそんなこと、こっちが言わないとわからないのって思ったのですが…。
学校の体質は変わらないなぁgawk

でもおかげで人はあてにしない、他人は変えられないから、自分たちの意識を変えないといけないということがわかりましたよ。
前校長先生曰く、「社会勉強だと思って…」ということが最近になってやっとわかってきましたhappy01

投稿: なっちゃんママ | 2008年4月20日 (日) 17時33分

なっちゃん、大事に至らなくてよかったねhappy01ホッ

>ブドウ糖やポカリは小さな補食。もしこれでも駄目な時は、大きな補食を採るように言っていたのに…。そこまで気が回らなかったみたい。そこに気がついて欲しかったなぁ、もちろんナツに
低血糖の時は普通だと何でもないことに頭が廻らないみたいだよwobbly
あずまも低血糖の時いつも補食のグルコレスキューは制服のポケットに入れててすぐ取れるようにしてるんだけれど低血糖の時はそのポケットに入ってる補食さえ考えられない時があるみたい
BSが戻って「補食ポケットに入ってた」って後で思うみたいなんだけれど・・coldsweats02

普通だとBS上がるまで保健室で休めるのにね・・・・・weep

↓の記事
なっちゃん100mいい記録出たんですねscissors
なっちゃんママさんの所はなっちゃんママさんもスポーツ何でも出来そうだし、ユウ君も速いしnoteなっちゃんも良い感じだし楽しみだねgood

投稿: なつき | 2008年4月22日 (火) 14時21分

なつきさんへ★そうなんだぁ~やっぱり低血糖の時には機転を求めるのは無理なんだねbearing
そういう時は担任のちょっとした声掛けに期待したいけど、無理かな。
血糖がいくらあるのsign02とか、何か食べたのsign02とか
そういう事は聞かれていないみたい。
ただとにかく、「顔色いいから大丈夫よ」って言われたみたいだけど、イマイチ前後の様子がわからない。
これも低血糖だから記憶があやふやなのかも知れないconfident
教室に戻ってからもまだ手が震えてたらしい。

ナツは血糖の戻りが遅いので、学校生活での低血糖は不便ですdanger

実はナツが足が速いっていうのは今回初めてわかりました。いつもマラソン大会はビリに近いから、クラスの子たちも「ええっ~~~sign03」だったようです。
ナツもユウもパパ似だと運動神経ばっちりheart04

わたしは…最近になって運動の楽しさがわかったけれど、小学校時代は大の体育嫌いでしたrun

そうそう今日はユウも体育でリレーの練習をしたみたいで、「一位になったよ」(あくまでもリレーですがcoldsweats01
って喜んで帰ってきました。
うんうん、これからが楽しみですnotes

投稿: なっちゃんママ | 2008年4月22日 (火) 18時26分

え~~sign02どんな学校sign02
(ごめん)
そうそう、もしもブドウ糖が落ちていたら、何も知らない先生はどう思うのかなんて、誰でもわかるじゃないの~~~annoy
私は、職員会議で全部の先生に病気のことを伝えて、
(それは毎年のことなんだけど)
こんなものを持っていますとブドウ糖も見せてもらうようにお願いしました。
小学校ってやっぱり校長先生の考えですべてがまわってるのかしら。

低血糖の時って本当に頭が働かないようで。。
こむりんもふらふらになって帰ってくることがあったのだけれど
その時はブドウ糖を口に入れて早く帰ろうということしかなかったって。。
いったん立ち止まって捕食をしっかり摂るっていうことがわからなくなるらしいですshock
6時間授業の日は特に心配でお迎えに出てしまう私sweat01

F先生だけにお任せするのも心配ですよねえ。
とりあえず職員室に行くほどの時の捕食はこれ!って
しっかりしたお友達に頼む方がもしかしたら安心だったりして。

投稿: じゃこちゃん | 2008年4月23日 (水) 10時17分

じゃこちゃんへheart04やっぱり低血糖の時に本人に期待をするのは無理なのね。
そのために周りに大人がいるわけで、学校だったら先生がいるわけだけど、F先生はイマイチ気がつくタイプじゃないので、期待はしないつもりですshock

小学校も専科の先生が担当される科目がちょこっとあって、ナツの場合、体育、家庭科、理科なんかがそうです。
特に体育run低血糖と隣り合わせやん、しかも4時間目と5時間目coldsweats02
でも体育担当のI先生、F先生からは何も聞いていなかったshock
ナツがIDDMだという事は去年もいらしたからご存知でしたがそれだけの知識でした。
いっそ中学校みたいに学科ごとの先生だったらもう少し徹底してくれるんやろね。

ナツはお友だちには大きな補食の事はあんまり言ってないみたい。いくら友だちでもやっぱり学校にお菓子とジュースを置いているっていうことを知られるのが抵抗あるみたい。
子どもはお菓子cakebananaには執着あるもんね。
そこら辺も中学生になったら少しは楽になるかな。

こむりんの帰りを待つじゃこちゃんの気持ち、わかります。
ナツは今はいいけど来年から自転車で通います。何だか今から心配で心配で…。
低血糖ももちろんだけど、、、、、
そそっかしいナツは自転車でよく転びますdanger

投稿: なっちゃんママ | 2008年4月23日 (水) 12時05分

なっちゃんママさん こんにちは。

 今回のなっちゃんの低血糖 結局は ブドウ糖とポカリで復活できたのですか? 補食をしても手が震えたとありましたが その後はブドウ糖とポカリだけで 大丈夫だったということなのでしょうか? 

 補食は DMっ子にとって 低血糖時に 元気になれる素 ですものね。 「小さな補食でもダメな時は大きな補食を」を、できれば先生にもわかってもらいたいですね。
ん~ それが難しいのかな? 


なっちゃんママさん 気苦労が絶えないでしょうが、でもきっと! 学校の中でも わかってくれる先生や友達・ なっちゃんのがんばりを 見る人は見てる と思います。

 なっちゃんは 今まで大きな低血糖なく 上手に過ごしてきているのだもの。 これからも 大丈夫だとは思いますが、
ちょっとの備えで大きな安心 ですので  ‘大きな補食’のこを 理解しているとは思いますが、なっちゃんに 再度わかってもらってくださいね!


 ユウくん アスリート?
がんばってね~! 

 

投稿: keiko | 2008年4月23日 (水) 12時22分

keikoさんへheart04↑の時の低血糖の事はナツの口から聞いただけなので、なかなかその時の様子がわかりにくいのです。先生から電話でもあればまた詳しく聞けるのですが、今度の家庭訪問の時にでもちょっと確認しようと思います。

寝掘り葉掘り聞き出して、結局補食はポカリ200mlとブドウ糖2個(1個12kcal)だけでした。
ナツは血糖の戻りがとにかく遅いのです。発症時の入院中に糖を血管に注入して血糖の変動を5分おきに調べるという検査を受けたのですが、なかなか上がらなくて、検査の時に主治医の先生が、
「補食はジュースとか液体のほうがいいかな」とポツリ。

体が大きくなるにつれてますます戻りが遅くなる…医学的にはわからないけど、そんな気がします。だって小さい子って補食を口にしたらもうパッと元気になるものね。

ただ戻りは遅くても補食の量としてあっていれば、何とかなるみたい。特に↑の低血糖は3時間目が終わってからの11時半ごろだったから、後1時間で給食。ナツはランタスに変えてから、Qが切れる食後2時間をすぎると、もうそんなに急激に下がることがないのです。
そのせいかついつい大きな補食の出番が少なくて、忘れられがちです。

あと1年間、どうか学校では大きな低血糖がないようにpunch
それに自信にして中学校でも頑張れそうな気がします。

投稿: なっちゃんママ | 2008年4月23日 (水) 13時05分

なっちゃんママさん、こんばんは~。
なっちゃん、なんとか復活できて 本当によかった~><
それにしてもF先生、、、もう 返す言葉も無いわpunch
小6といっても まだまだ子供ですもの、私達親が近くに居ないときに 力になって欲しいと思うのは、、、無理な話なのかなcrying
なっちゃんの学校、体育も専科の先生なのですね!
それなら特に 全部の先生に知っていてほしいですよね。
お友達が付き添ってくれてよかったshine 先生より頼りになるかも!?
中学校のほうが ちゃんとやってくれそうな雰囲気があるのですね☆ 少し安心する情報です(*^^*)

投稿: のじおママ | 2008年4月25日 (金) 00時25分

のじおママさんへheart04専科の科目はその年や学年によっても様々で、去年はI先生が6年生の担任だったから、理科も体育も担任が担当したみたいで…そうかと思うと、ユウたちの担任は女の先生だけど、音楽だけ違う先生とか。
もうわけわかりません。それも前もって教えてくれなくて、子どもから聞いて初めてわかるbearing
いい加減な学校です。

F先生は相変らずでしょう。2年目のIDDMとのお付き合いで、しかも主治医の先生から直接、説明を聞いた数少ない先生のおひとりなんですが…。期待はできません。

養護教諭は相変らずで、保健室の冷蔵庫は完全に私物化weepいつも梅干が入っているそうですよ。ナツの補食が締め出されたわけです。

先生より、こうなったら友だちが頼りですね。
そして後1年の辛抱、中学校ではもう少しまともな対応をしてもらえると信じたいですhappy01

投稿: なっちゃんママ | 2008年4月25日 (金) 17時29分

こんにちはhappy01
ナツちゃん親子の葛藤読ませていただいて、「うちとおんなじ~bleah」ってうなずいてしまいました。
うちの学校は予備日を含めて3日あって、1日目の夜は、105ぐらいでばっちりだったけど、朝は、150。
その日は断念しました。次の日も寝る前110。でも、念のためと思って夜中に測ったの。そしたら200超えcoldsweats01
確かお肉だったから、「脂質の分が後から来たのね!」と勝手に理解し、とりあえず2単位打って、しばらくしてからトイレに起こして寝ました。朝は、90だったけど、やっぱり高かった分があるよねぇと思って余り期待は出来ません。
こう言う機会でもないと最近は夜中の血糖測定はしないので動きがつかめて良かったかもsweat01

引っかかってもしょうがないけど、後が面倒よねdown


学校での低血糖。最近良くあるのかな?
温かくなってインスリンの効きがよくなった?
養護の先生が当てにならないとならないとこういう時困っちゃうよねdown
出来れば先生方には全員知っててもらいたいものですね。
(それにしても冷蔵庫の私物化で、うめぼしsign02

ナツちゃんも自分で対応出来るようになってるので、大丈夫かもしれませんよrock

「アスリート」・・・名前の通り、ハードな練習をしないといけないみたいですねbearing
がんばって欲しいけど、なんかあった時の頼りがなければ不安ですもんねsad

投稿: nao | 2008年4月26日 (土) 17時49分

naoさんへ★やっぱりどこも同じなんだぁhappy01
ナツは今のところ、2次検査のお知らせはもらってきません。ということは大丈夫だったかなshine
引っ掛かるのは仕方ないにしても後が嫌ですもんね。

保健室は冷蔵庫もだけど部屋全部が養護教諭の私物化ですweep
デパートのキッズルームみたいに床にカーペット敷きのスペースがあったり、ベッドにはぬいぐるみ。
そして極め付けが冷蔵庫。
梅干はね…給食が食べられない子に養護教諭が梅干入りおかゆを作るためだそうですが、密かに先生のご飯の友といううわさもcoldsweats01

こんな学校、日本中探してもないよねbearing

アスリート、今になってみたら頑張って行かせたかったという気持ちも半々。本人今頃になって、実は短距離得意だったんだって驚いています。

こういう時はやっぱり学校でフォローしてくれる体制が欲しいです。今となっては遅いですけどね。
中学生になったら、その辺も自分でできるようになって部活で頑張って欲しいなhappy01


投稿: なっちゃんママ | 2008年4月27日 (日) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/20357925

この記事へのトラックバック一覧です: 学校で低血糖:

« アスリートへの思い | トップページ | 言葉が足りない »