« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

新しい測定器です

ナツが発症以来ずっとお世話になっていた『グルテストNeo』が4月の外来の時に新しいものに代りました。133_3350_2

いきなりだったので、ちょっと驚きです。ちょうど4月から、ナツが通っている市民病院に新しい【電子オーダリングシステム】というのが導入されて、主治医の先生はその一環ですとおっしゃったのですが、、、、、、

「さかえ」には不具合のための自主回収と載っていました^^;

『グルテストNeo』は、寒い日の朝とか屋外では、液晶に温度計マークが表示されます。少しその温度においておいてから測定してくださいという意味だったのですが、そういうときにBS70以下の領域で実際値よりも低めに表示されてしまうという不具合が見つかったそうです。

どっちにしても新しいものに代るのは嬉しいことですnotes

よくなった点が4つほど…

one今までは10秒(いや15秒だったかな)が、5秒でわかるdash

two今までよりも少ない血液でわかるsign02sign02sign02

threeチップをボタンを押すだけではずすことができるgood

fourチップを挿入したら前回の測定データが液晶に点滅

ですが、threeはほとんど使いません。今までどおり手で引っこ抜くほうが早い。oneはせっかちなわたしたちにとってはほんとにありがたい。ピッといった瞬間にカウントダウンが始まって5秒だから実際は3秒ぐらいの感覚でBSが表示されます。

fourは朝の測定の時には役立ちます。前夜のデータと比べられるから。でもそれ以外は必要ないかもconfident

そしてtwoはというと…。それほど実感できない。だってチップは仕様変更なっていないので、チップの先に血液を吸い取らせて、それが根元のところまで到達しないかぎりやっぱり「ブー」なのです。

昨夜も「下がったかも~~~」と言って測ろうとしたナツ。

1回目「ブー」…微妙に血が少ない。「も~~~~~~」と怒るナツangry

2回目「ブー」…またしても血が少ない。そもそも低血糖気味だから手が震えるのかも知れない。機嫌も悪い。もうこうなるともう一度違うところを刺さないといくら絞っても血は出ないのです。

「も~~~~~、も~~~~~」と怒りまくるナツですbearing

横で見ていてこっちまでイライラ、そうでなくても貴重なチップなのにcoldsweats02

今までならこの辺で手を出して測定してやっていたのですが、もう6年生、最後まで口出ししないで黙って見守ろうと思います。

それにflair

何と昨日の外来でもらってきたチップが新しいものに代りました。中身は同じみたいですが、1箱に25枚入りだったのが、30枚入りに代ってる。それでも同じように5箱もらえたので、25枚(ちょうど1箱分)多くもらえたことになります。これってすごく嬉しい。

これでますます外来受診の間隔をあけることができますhappy01133_3348

そうそう、ナツたちの病院では処方箋に何単位打つという指示を書かないとインスリンの処方ができないようです。そして薬局でもらう薬の袋にその指示単位が書かれます。

これも新しくなったという【電子オーダリングシステム】の影響なのか、今まででもそうなのかわかりませんが、正直無駄な手間だと思うのです。

「もし薬局で単位のことを聞かれたら適当に答えておいてくださいね」と主治医先生。

予想どおり、薬局で聞かれました。

「こちらがノボラピッド10本ですね。朝が○単位、お昼が○単位、夕が○単位ですね」っていう感じ。

もしここで「ええ~~sign02お昼は最近は○単位打ってますけど」なんて答えようものなら、またまた厄介なことにcoldsweats01薬局から主治医の先生に確認なんて事になるんでしょうね。

だから言われたとおり「ハイそうです」と答えておきました。

「最近血糖の方はどうですかsign02安定してますかsign02」と薬剤師さん。

ここの薬局っていつも誰にでも何か一言こんな風に尋ねて会話をしています。とってもいいことだと思うのですが、急いでいる時にはちょっとしんどいdown

しかも同じ質問をわたしの前に同じようにインスリンを処方されていた年配の女性(おそらく2型)の人にもしていたgawk

ちょっと意地悪なわたし。

「安定はしないですよ。1型ですから」って答えた。

「あっそうですか、じゃあ測定したりしてインスリン調整されてるんですかsign02

「そうですね。食べる量もムラがあるので、そのとおりのインスリンを毎日打つわけにはいきませんから」

「そうでしょうね、これこういう風に単位が書かれているけれど、その時によって違うんですよね。書かないといけないという事で書いてますけどね」

わかってるんやんhappy01だったらそういう無駄を省けばいいのに…。

よくすいている割には待ち時間が長すぎthinkこの前は高齢のおばあちゃんにジェネリック医薬品のことを延々説明していたcoldsweats01うしろで聞いていてもういいやんって思ってしまった。

次回の受診は7月にしました。その頃はもう夏、いや梅雨の最中かな。そしてあっという間に夏休み。そういえばサマキャンの日程も決まったようで、1年ってほんとに早い。

| | コメント (12) | トラックバック (2)

家庭訪問

 12日に毎年恒例、家庭訪問がありました。2時45分からナツの先生。そして3時からユウの先生。ちゃんと時間が重ならないように、間が開き過ぎないように配慮してくださっていますshine(有り難いです)

ナツの家庭訪問はいつも病気の話ばかりで終わってしまいます。(だって10分しかないんだもん)

ナツが言いました。「病気以外のことも話して」

なので、今回は2年目(ユウも入れると4年目)の先生ということもあり、あえて病気の事は話さないで、勉強のこと、友だち関係のことについて話そうと思ったのですが…

やっぱり最後は病気の事になってたcoldsweats01

先生の口から、「前の時(発症時の2年生)は、まだよくわからなくてなにもできなくて…」

とか、「あの時は養護のM先生がとてもよくしてくださっていたので、わたしがして上げられない分、よかったなと思っていたんです。」とか、

「今も何もしてあげることがなくて申し訳なくて」とかいう言葉がチラホラ聞けて、とても胸が熱くなりました。そういう風に思われていたんだなって思うと、今までのいろいろな思いが溶けていくような感じでした。

「もう何もしていただかなくても大丈夫ですから、自分で何でもできるようになりました。却って色々聞かれると嫌がるようになってきていますので」と答えました。

「そうでしょうね。わかります。わたしはついつい口を出しそうになるので気をつけますね」と言ってもらえました。4年間付き合って初めて分かり合えたような気がしました。

「ナツさんのようになりたいっていうお友だちがいます」「クラスのいいお手本です」

ちょっと誉めすぎやろっていう言葉まで聞けてとても嬉しかったです。

結局20分ほど話していたhappy02

予定より10分遅れてユウの先生、到着dash

家庭訪問も個人懇談もいつも思うんだけど、ユウって何も話すようなことないやんcoldsweats02

2年生の時なんかユウの担任の先生とナツの事を話してしまった。(なんていう親なんだ)

それほど手がかからないっていうことなんだけど、やっぱり今年はきちんとユウのことを話さなきゃって思った。

先生、開口一番「頑張ってますね」って言われた。

「ええっ~~そうなんですかsign02」とわたし。

「ええ、そうですよ、頑張ってますよ」と怪訝そうな先生。

思えばユウが入学した頃、ナツは発症から半年しかたっていなくて、担任も変わって、学校で注射も打っていたし、ユウどころではなかったなぁ。その後すぐに両親が体調を崩していきなりわたしの介護生活が始まって、ユウが2年生でおじいちゃんが他界、ユウが3年生でおばあちゃんが他界。気がつくとユウは4年生になっていた。

ユウのランドセル開けてノートや連絡帳を見てやれるようになったのは、つい最近のような気がする。それまでは本読みも聞いてやったことないし、九九なんていつの間に覚えたんだろうって。

この前ユウのランドセル見ていたらもうボロボロで、このランドセルがピカピカの時の記憶が全然なくて、申し訳ないような気がして切なかったweep

そんなことをユウの担任の先生に話していたら、涙ぐんでしまった。

「ユウくん、とてもよい子に育っていますよ、友だちも多いし、発表もできるし、落ち着いて読書もしています」

と、ここでもよい言葉ばかりいただいて、ほんとに嬉しかった。

結論、子どもってほおっておいたほうがよいのかもcoldsweats01

ユウの担任の先生はナツの発症時に主治医の先生の説明を一緒に聞いてくださった先生です。(当時はナツとは接点もなかったし、ほとんどの先生がもう帰られていたのに、わざわざ同席してくださいました)

そしてナツが4年生のときに、当時の担任が事件を起こして退職した後を引きついで、3学期だけナツの担任でした。

4年生になってから毎日1枚の学級通信を発行して、子どもに持って帰らせてくれます。(まるでブログです)

ほんとによくできた先生です。今年ユウはこの先生で本当によかったなぁって思います。

そんなこんなで終わった家庭訪問、少し疲れましたhappy01でもとっても嬉しい日でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久しぶり、学校からの電話

 連休が終わってやっとふたりが登校して行った5月7日の午後でした。貯まっていた家事を一通りやり終えて、ちょっとベッドに横たわったら、、、、

不覚にも眠っていたshock

すご~~く長い時間眠っていたような気がして(実際はそれほどでもなかったけど)、急に横においていた携帯がなり出して、目がさめた。最初は今がいつなのか、ここがどこなのかわからない。頭が働かない。

実はわたし、毎朝携帯のアラームを目覚ましにしているので、最初は携帯に起こされた=朝だと思ったのです。でもちょっと雰囲気が違っていて(曲が違うから)、あわてて携帯を見たら着信画面に『○○小学校』の文字。

ナツに何かあったんだ

あわてて電話にでたら、それはユウの担任の先生の声でした。

「○○小学校の××です」 (やっぱりユウの担任の先生だ)

何でsign02

悲しいぐらい頭が働かないのhappy02

で、先生の話によると

「実はさっきのお昼休みに、ユウくんがお友だちとサッカーをして遊んでいて、ユウくんはゴールキーパーをしていたんですけれど、そこにボールが飛んで来て…。」

って、先生、何だかすごくゆっくりと丁寧に話をされるんだけど、うすうす話の終わりが見えてきて、早く結論から先に言ってよって言いたくなるぐらい、じれました。

(怪我の程度が知りたい。でも電話してこれらるぐらいだから相当なんだろうな)

要は、キーパーのユウがボールを取りに行って、そのボールを蹴りに来た子が、ボールの代りにユウの顔を蹴ってしまったらしい。それも右目の上辺り。

「えっまた目ですかsign02」って思わず言ってしまった。だって去年も目にボールが当たって、目の中で出血おこして病院に走ったのにcrying

「今冷やしているんですけれど、この後どうされますかsign02

どうされますかって言われても、連れて帰っても病院があいている時間じゃないし、それに家庭訪問が始まったので、下校時刻も早くなっていたはず。

まだ時間の感覚もわかっていないわたしは、

「えっもう帰る時間じゃないんですかsign02」って聞いたら、

「いえ、この後、5時間目に社会があってそれから2時半の一斉下校になります。」

「じゃあそのまま、普通に授業受けさせて下さい」と答えて電話を切りました。

肝心の怪我の程度はユウを見てみないとわからないけれど、ちょっとホッとしました。

時計を見ると1時半でした。30分ほど眠っていたんだ。もっと寝ていたかったよぉweep

帰ってきたら病院かなと思って、夕食の下準備をしていたら、下校時刻になりました。途中まで迎えに行ったけど、けろっとして帰ってきました。

帰ってきたユウに話を聞いてみると、

キーパーをしていたユウがヘディングをした後、気がつくと目の前に、その子の足があった。よけられなかった。

相手は6年生、ナツの同級生の男の子でした。

保健室に行くつもりはなかったんだけど(ユウは保健室嫌いだもんね)友だちが、

「いかなあかんやろ」って言ってつれて行かれた。

そしたら保健室に校長先生や教頭先生まで見にこられたらしいcoldsweats01

ナツの担任の先生まで見に来てくれて、ナツたちのクラスでは終わりの会のときに、その話題が出て、「みんなも気をつけましょう」ということを言われたらしい。

前回と違って目の直撃を免れたので、視力にはまったく影響なく結局眼科にも外科にも行きませんでした。翌日腫れるかなって心配したけれど、大丈夫でした。

夕方には担任の先生から再度電話がありました。

ナツたちの学校ではこういう事故が起きた時、被害に遭った子どもには直接先生から連絡が行くけれど、逆に被害を与えてしまった子どもには、

「お母さんに今日学校でこういうことがあったということを話してね」と言うらしい。でもその子が実際に話したかどうかは不明です。

ユウはいつも被害に遭う方です。(これで3回目)

怪我をさせてしまう方も多分辛いと思います。怪我をするほうもやっぱり大変です。そして今回も前回も相手の保護者の方からはなんら連絡はありません。

もしわたしが逆の立場だったら、、、、

ユウが誰かに怪我をさせてしまってその子が病院に行かないといけないほどの怪我だったら、、、、、、

どうするかなsign02電話して謝ったりするかなsign02それともほおっておくかなsign02

今回の学校の対応は丁寧すぎるほどでとてもありがたかったです。でも保健室に校長先生まで様子を見にこられたって聞いた時はちょっとびっくり。もしかして、ユウだからsign02あの家のお母さんはうるさいよなんて思われているのかなbearing

あれから2日たって、ユウの怪我はすっかり治りましたhappy01

元気が一番、今日も無事に何事もなく学校から帰ってくる、当たり前のことがとっても嬉しいです。

そして親の心配なんてよそに、またこれからもゴールキーパーして遊ぶんだろうな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

泳いできました^^

 連休最後の昨日、ナツたちはかねてからの計画で友だち3人でプールに行きました。(もちろん室内ね)

そこはわたしが通っているスポーツクラブの中の室内プールです。ジムの方は会員のみ(しかも高校生以上)ですが、プールはビジターもOKなので、時々、ナツとユウを連れて泳ぎに行ってました。

ちなみに金額は大人が700円、子どもが400円。時間制限はないし、25mプールの他に、小さなプールやジャグジーやサウナやうたせ湯なんかもついていて、しかも終わったあとはお風呂にも入って帰られるので意外にお得。

ただし、大人1名で連れて行けるのは、小学生は3名までと決まりがあって、他にも髪の毛を帽子の中に入れないといけないとか、ちょっと走っても怒られるし、飛び込みはもちろん駄目だし、レジャープールのようにはいきませんが、休日でもすいていてたっぷり泳げました。

当然引率はわたし。3名までなのでユウはお留守番。女の子3人連れて泳いできました。

しかし、、、、、、

ここに行き着くまでには一体何度の打ち合わせ&メールのやり取りをしたことかcoldsweats01

まず、スクール水着を着るかsign02、可愛い水着を着るかsign02で始まって、結局スクール水着に落ち着いたんだけど、縫い付けてあるネームをはずすかsign02、何をはいて行くかsign02、水着は下に着込んで行くかsign02、…などなど。

どっちでもいいやんということから、何分ぐらい泳ぐかsign02泳いだ後、そこにアイスの自動販売機があるのでアイスを食べるかsign02それとも近くのコンビニで何か買って食べるかsign02などなど。

聞いていてこっちがイラっときましたが、そこは我慢、こういうことも成長の証なんだよね。

で、出発の時間から、わたしがふたりの家に寄って拾っていく順番まで決められて、当日引率係をしてきましたgawk

むこうでは、ほとんどほったらかし、おかげでわたしもマイペースで泳げました。

が、もちろんナツの低血糖にはピリピリしてました。ナツにはわからないようにね。

以前にここで泳いでいて、低血糖になって、ポカリでも復活しなくてブドウ糖を口にしていたら目ざとく見つけた監視員のスタッフに注意されて、理由を話したんだけど、それでもドリンク以外は禁止なので、そういう時は更衣室に戻って食べてくださいって言われちゃった苦い経験もあります。

昨日は幸い低血糖にはならないでたっぷり1時間半も泳いでました。

上がって着替えてから約束どおり自販機のアイスを買って食べてました。

「打ったら~」って言ったら、「下がった感じがしたから打たない」

あっそう、、、という具合でした。

時々思うんだけど、もしこういう機会があって、仮の他のお友だちのお母さんが引率してくれるって言われても、多分低血糖のこと、注射のことなどなど、結局わたしが連れて行くほうがきっと安心。家にいたらもっと落ち着かないんだろうな。

すごく楽しみにしていたのに、終わってしまうと呆気ないものでした。でもこうやって自分たちで計画してどこかに行くっていうのがいいんだろうな。今回は計画中も向こうで泳いでいる時も極力口出しせずにつかず離れずにしました。

何だかナツが少し遠くにいったようなそんな気がします。こうしてどんどん親といるよりも友達の方がよくなっていくんだろうな。

そうそう、例の尿検査の結果がちょうど連休の前にでましたbleah

結果は糖が2+でした。他は異常なし。なので2次検査はパスです。

いつもの事ですが、養護教諭の対応は何だかな~~bearingというものでした。

ナツのクラス34人中、引っ掛かったのは女の子が3人。この3人の名前が書かれた紙と「後で保健室に来なさい」という内容の紙が黒板に張り出されたようで…保健室からでてきたナツに友だちが

「なんやったん?なにやったん?」と興味津々。

3人の子たち、ちょうど一人ずつ糖が+になったナツ。風邪をひいていて蛋白が+になった子、生理中で潜血が+になった子。みんなそれぞれですが、たまたま女の子ばっかりだからよいけれど、それぞれの子たちの結果を3人がみんなわかってしまうって何?って思う。知られたくない子だっているはずなのに。

黒いビニール袋(サニタリー用のね)に入れて2次検査のキットをもらって帰ってきていました。もうちょっと他にないのかな(とそんなことまでイラッとくるわたし)

ナツが2次検査は受けないみたいなことを養護教諭に言ったみたいで、

「それはお母さんが決めたらいいことやけど、先生はね、これを渡さないといけないことになってるのぉangry」って言われてちょっと不機嫌なナツ。

「そうやね。なっちゃんはもういいよね」ぐらい言えないかなsad

そんな言葉期待するほうが無理ねconfident

そのままくずかごにポイsign01しちゃいました(よいのかぁ~~)

何はともあれGWも終わってやっと静かな日常生活になりました。

でも今日から家庭訪問です。我が家は来週の月曜です。さてさてどんな話になることやら。それまで頑張って掃除しとこうhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »