« プール開き | トップページ | 目指すは…? »

謝罪

 木曜日、学校でナツ、同じクラスの男の子に足を蹴られて帰って来ました。

ナツの話しによると、、、、

たまたまその子(Tくん)が廊下に寝転がっていて、それにナツにつまづいて蹴ってしまった。すぐに「あっごめん」って謝ったのに、Tくんすごく怒って、

「一生ゆるさへん」って言いながら、足を蹴ってきたshockしかも2回も、、、。

何だかなぁ~の話。イライラしているのはわかるけど、男の子が女の子を蹴るなんてshock

しかも悪いのは自分なのに。

それで済めばよかったのですが、

昨日金曜日。参観日&心肺蘇生講習会&親子町別懇談会が行なわれました。

夏休み中のPTA主催のプール当番についての懇談会、そして事故があった場合に備えての講習会が行なわれるのですが、講習会の出席率を上げるためにこうして参観と懇談会の間に行なわれるのです。

わたしは町別懇談会だけに参加するために学校に出向きました。2時半でした。

わたしの顔を見るなりナツが駆け寄ってきて「今日、Tくんにお腹を足蹴りされた。気分悪くなって給食食べられへんかった」

えっまたTくんsign03

「先生には言ったの」

「うん、言った。一応Tが謝ったけど、全然悪いと思ってない感じやった」

「あんなん謝ったうちにはいらへんわ」とそばにいた友だちも言いました。

何でもその友だちのことをTくんが悪く言ったので、それに反論したらいきなり蹴ってきたらしい。神経質なナツはこういう場合も食事がとれなくなってしまいますshock

お腹を蹴られて気分が悪いというのもあるけれど、悔しさとか怖さとか、、、。もしかしてお腹の中で何かなっているんじゃないかなという不安とか、、、。給食は一口も食べていませんでした。もちろんインスリンは打っていないけど、確かに参観日なので、午後からわたしがすぐに学校に行けばよいわけだけど、学校からはまったく電話はなく、気分がわるくても保健室にも行かず普通に授業を受けていたらしい。

下校時刻に何とか担任を捕まえて、事情を聞きました。

Tくんのお母さんも学校にこられていたようなのに、学校側はそのことを親には何にも言っていません。ここの学校のやり方はいつもこう。被害に遭った子にはちゃんと先生から連絡はいくけれど(今回の場合はそれもなかった)被害を与えた子の親には原則、連絡はしません。

子どもに「今日あったことをちゃんとおうちの方に報告しなさい」というだけ。当然怒られるのがわかっている子どもはそんなこと、親に話すはずもない。

担任の先生の顔、苦渋の表情でした。

「Tくんの家に電話をしてことの顛末を聞いてもらいます。都合で家に帰ってから病院に連れて行きます。」と言ったら、

「じゃあ、わたしの方から伝えます」としぶしぶ。

だって変だよね、こっちはこんなに嫌な思いして、食事もとらずに授業受けて、心配して。なのにTくんの親はそんなこと全く知らないでいるなんてangry

今度こういうことが絶対にないように、指導していくのは学校ではなくて親なんじゃないのかな。

家に帰るともう4時でした。前は給食食べられなくて家に帰ってから思いっきり食べたのに、今回は少し飲み物を飲む程度。食べたくない、食べられない。

ちなみにBSは85でした。

もしこのまま何も口にしなかったら、病院で点滴を受けないといけなくなる。こういう時、ナツのIDDMは不便です。

5時からのお習字もこんな状態では行けないので休みました。代りにスーパーに行って夕食の準備と何かナツに食べられそうなものを選ばせたのですが、欲しいといったのはチョコレートだけweep

帰宅したら、担任の先生から携帯に電話がかかってきました。

「Tくんのお母さんには電話をしました。お母さんは今回のことでとても心を痛めておられます。とても辛そうでした。またそちらにも謝罪に行かれると思いますので」とのことでした。

辛い思いをしているのは、はわたしたちもなんですけどgawk

「ナツはこういう時、とても不便です。普通の子なら1日、2日食べなくても何とかなるけれど、あの子は今夜何も食べられなかったら病院で点滴を受けるしかないので、、、。もし夜間にでも下がってそれでも食べられなかったら、救急に行くしかないんです。」

言いたくなかったけれど思わず愚痴ってしまったsad

その後、何とか夕食は食べることができました。控え目に、、、、控え目にインスリンを打たせました。

そしてその後、Tくんとお父さんが謝罪にこられました。

小さな学校なのでお父さんもお母さんも顔見知りです。以前学校で役員をしたときに一緒に広報紙を作った役員同士です。

もちろんわたしたちもTくんのお父さんにどうこうして欲しいというのではなくて、これからこんなことが起きないようにだけしてもらえたらいいのです。

済んでしまった事はどうしようもないのだから、、、

お父さんとTくん、先に学校に行って担任に話を聞いてこられたようで、完全に非を認めてくれました。Tくんはかなり怒られたようで泣いていました。

最終的にもう一度きちんと謝らすとおっしゃってくれたけど、ナツはどうしても出てきませんでした。じゃぁまた学校で、、と言うことでTくんはわたしに謝ってくれてお父さんは何度も何度も頭を下げられて帰って行かれました。

ナツは、、、というと、夕食が食べられて安心して、Tくんが来たことでちょっと怒りが収まって、今は何ともありません。

何とも後味の悪い結果になってしまったけれど、もし相手の親に伝えていなかったらいつまでもしこりになって残っても嫌だし、ナツも納得できなかったはず。

これでよかったのかなsign02感情的に解決したわけではないよねsign02

主人にことの始終を話したら、特に何も言わず黙っていました。

IDDMであってもなくても、生きているといろんなことが起きるよね。

でもこんな時、IDDMは不便だなとしみじみ思うのでした。

|

« プール開き | トップページ | 目指すは…? »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママ~何かうちは両方の立場なのでとても複雑に思いました。去年、1年間そんな日々が多かったので子供を学校に行かせるのが不安で不安で...T君のご両親の気持ちが痛いほどわかります。とてもつらい1年でした。T君をかばうわけではないのだけれど...ごめんなさい...親がいくら注意をしても先生がいくら指導しても思うようにいかない。そういう時期もあるし周りを取り巻く環境もあるし「発達障害」という脳の障害もあります。それがもとで学校に行けなくなった友達もいます。いろんな人を見てきたし経験しました。うちは今年(6年生)は平和に過ごせていて親も子も心が落ち着いています。1型を持つことはとても不自由だけど強い精神力がつくようにお互い頑張りましょう。

投稿: りっくんママ | 2008年6月30日 (月) 10時13分

なっちゃんママさん おはようございます。

 そうでしたかぁ・・・男の子にお腹を蹴られて なっちゃん お昼ごはんが食べられなくなってしまったのですね。

 そうですよね 食べられないって DMっ子にとって致命傷といっても過言ではないですものね。 つらかったですね。

 学校側は 被害者のお宅には連絡をしても 加害者の側には 連絡してくださらないのですね。
だったら 被害者側が申し出ないといけないですものね。
なっちゃんママさんのお気持ち わかります。

 6年生、 DMがなくっても 問題もおきがちですが、 そうですよね。
病気を不便と感じることなく なっちゃんが 小学校を終えられますことを 願っています。。。
 

 

投稿: keiko | 2008年7月 1日 (火) 11時38分

りっくんママさんへheart04集団行動や学校生活ほんとに難しい時がありますね。一人一人はそんなに悪い子じゃないはずなんだけど、集団の中ではとんでもないことが起きたりしますよね。
最近の子どもたちって子どもなのにストレスいっぱいかかえてますね。
Tくんのご両親はどちらも真面目でどちらかというと無口な方、もちろん必要な事はちゃんとコミュニケーションされますが、このおふたりからTくんという子ども、何だか結びつかなくて、頭ごなしに怒る気にはなれなくて、でも言う事は言わないといけないしweep
何だかどっと疲れる出来事でした。
りっくんが今はとても落ち着いて学校生活が送れている事、とてもよいことだなって思います。
BSにも影響するストレスとうまく向き合って学校生活が送れるとよいですねshine

投稿: なっちゃんママ | 2008年7月 1日 (火) 14時43分

Keikoさんへheart04今回のことで、もちろん非は相手にあるんだけど、わたしたちにとって大きな問題になってしまう原因はナツがこういう時に食欲を落としてしまうってこと。
その辺、うまく気分の切り替えがすってできればいいのに、これからも問題が起きるたびに食べられないでは困るので、自分の中でうまく処理できるようになれたらよいのになぁ、、、って。
今度の課題みたいにものを感じました。

Tくんは相変らずのようでcoldsweats01月曜日にもプールで気に入らないことがあると、他の子のビーチサンダルをぐしゃぐしゃ踏んでいたそうです。
不思議とナツのサンダルだけは踏まなかったとかgawk
「そんなことするのやめとき」って言ったら睨まれたそうで、懲りていないcoldsweats01

急に何かが変わるとは思えないけれど、でも何にもしないと何にも変わらないからこれでよかったのかなって思います。

ナツのIDDMのこと、不幸って思わないけど、不便って思うことは時々あります。そう思うことも少しずつでも減っていくとよいのになぁshineって思います。

投稿: なっちゃんママ | 2008年7月 1日 (火) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/21945226

この記事へのトラックバック一覧です: 謝罪:

« プール開き | トップページ | 目指すは…? »