« 行動範囲 | トップページ | はじめてだぁ~ »

キャンプへの思い

 ナツのサマーキャンプはいよいよ明日からです。いつもどおりバス組は某JR駅前に午後1時集合で、現地組は午後3時に現地集合。バスが到着次第開会式です。

バスの集合場所へ行くのに1時間半もかかるナツは身体の負担を考えていつも現地まで車で送ります。有料通ると1時間半で到着。

今年プレキャンに参加しなかったナツには「キャンプのしおり」が火曜日に郵送で届きました。

今年の参加者(キャンパー)は19名、今迄で一番少ないかもsign02

しかも初参加の子が7人もいます。ということはリピート率が低いってことsign02

今まで参加してきた子たち、1回限りの参加で終わっている子も多そうです。高校生になってキャンパーからOBやOGになった子もいるけれど、1度参加した子が毎年来てくれるともっと人数は増えてもいいはず。キャンプに少なからず不満を持っているのはわたしたちだけではなかったのかなconfident

日程表を見ると、毎年まったく同じ内容で、もう少し目新しいことがあってもよいのではgoodと思うのはわたしだけなのかな。

もちろん今までにないことをやろうと思うと企画するほうは大変なわけで、例年通りのことを行なうだけでもそれはそれは大変だとは思うのですが。

さてさてもう明日出発だというのにまったく荷物の用意してないcoldsweats01もう4回目ですからぁ~sun慣れたものです。

今日買い物に行く時に

「ナツ、明日からのキャンプに持って行く補食何か買ったらsign02ブドウ糖とポカリはあるけど、他には何にもないよ。クッキーとかハイチュウとか。。。」

「持っていってもそれは食べさせてくれないよ、補食は用意してくれるから」

「でもポカリぐらい持っていったら。夜中に下がったら困るよ」

「夜中でもずっ~~と起きている看護師さんと先生がいて、その部屋に連れて行かれて補食もらうから、それに食べたもの全部書かないといけないから勝手に補食とれないし」

「そんなことしている間に下がりすぎたらどうするのsign02自分で夜中ぐらい対処したらいいのに」

「そうだね、じゃぁそうする」

何だかなぁ~~~。まるで教育入院みたい。これから修学旅行とか、中学生になったら宿泊学習とかいっぱいあるわけで、その時にはそんな事は望めないわけでそのための対処を自分で習得するためのキャンプではないのかなsign02

例えば打つ単位にしても自分で決めることができる年齢の子もいるはずなのに、毎回食事の前に測定値を書いた紙を持ってドクターの前に列を作りそこで指示を受けるそうです。

ドクターと言っても主治医ではなく初対面のおそらく研修を終えたばかりぐらいの若い先生で、そんな先生と今まで自分の身体とコントロールに付き合ってきた本人とどっちが的確かって、誰でもわかりそうなもの。

いきなり愚痴愚痴です。

キャンプへの思い、今はほとんど何の期待もないのですcoldsweats01

よく以前に主治医の先生がおっしゃっていたこと、「周りで同じ病気の子が注射を打っているのを見る事で自分で打とうと思って打てるようになる」

それは確かにキャンプの主旨かも知れないけれど、じゃぁ自分で注射が打てる子たちがキャンプに参加する目的って何なんだろうsign02こんなに愚痴愚痴文句を言いながらも明日わたしがナツをキャンプに行かせる目的ってsign02

中3になっても参加している女の子が3人います。今年は受験だし部活とかで忙しいはずなのに、、、、この子たち、とっても中のよい3人組で感想文集とか読んでいてもそれがよくわかるのです。同じ病気、同じ歳、それだけで意気投合できるんだろうな。

ナツにもそんな友だちができたらよいなぁ。そんな思いだけで今年4回目の参加です。

今年は同じ歳の女の子が一人と男の子が一人(初参加)がいます。

何かのきっかけで話ができたらよいのになぁ。

不思議だと思うのですが、19人のキャンパー同士が話をする機会はとても少ないのです(班とか部屋が同じでない限り)

ナツたちキャンパーには、担当のボラさんがふたり決められていて、何をするにもこのふたりがナツの両側にいる、そんな感じでいつも行動しています。注射さえこのふたりが見ているところで打つので、ナツは今までキャンプ中に他の子が注射をしているところを見たことがないそう。

それでも今年は「みんなどんなインスリン打っているのかな、色々聞いてみたいなぁ」とか、「もしインスリンなくなっても同じのを使っている子がいたら貸してもらえるよね」とか、そういう言葉が聞けるようになりました。

これも経験のおかげかなwink

毎年、大盛りのご飯に食欲をなくし、ガンガンのクーラーで体調を崩し、ボラさんのおせっかいにストレスを感じて帰ってくるナツ、今年は担当ボラさんをいじめて泣かせるぐらいに自己主張して、嫌なものは嫌とはっきり断って、自分のペースでキャンプを過ごすことができたらよいのになぁ。

と、これが、キャンプ4回め参加へのキャンプへの思いshineなのです。

|

« 行動範囲 | トップページ | はじめてだぁ~ »

「IDDMライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/22864633

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプへの思い:

« 行動範囲 | トップページ | はじめてだぁ~ »