« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

遅ればせながら…^^;

 遅くなりましたが、あけましておめでとうございますヽ(´▽`)/

11月からすっかり更新をサボっていました。年が開けてもなかなかパソに向かう気になれなくて、どうなるんだろう、このブログsadって思っていたのですが、ボツボツと更新を続けて行きたいなと思っています。

気が向いたらまたご訪問くださいね。

更新をサボっていた間も我が家はみんな元気でした。ナツが何度か小さなシックディを体験したぐらいで、インフルエンザにもかからず、ユウは年内に一度はでてくる喘息も今年は野球のおかげか収まっていてくれて、無事に年末年始もクリアーしました。

そして毎年欠席日数が増えてくるこの時期にもナツは今のところ、6年生になってから1日だけ欠席しただけで頑張っています。嬉しいことですshine

そして先週の土曜日にユウが駅伝に初めて出場しましたannoy

12月、1月と希望者を募っての朝の陸上練習に参加してきました。その中で5年生以下の選抜チーム2チームの中に入ることができました。

1チームが5名でAチームとBチームを組んだのですが、ユウはBチームの2区を走ることになりました。

ところがアクシデント。前夜に2名インフルエンザになって、急に補欠の2名が入ることになりました。で、Bチームの子が一人Aチームに引き抜かれ、なんとユウがBチームの1区を走ることに決まりました。

当日集合してから聞かされたのですが、それっきりユウの顔は緊張しまくりでしたcoldsweats01

そしていざ本番punch

わたしたちはスタートを見届けてからコースを逆走してラストスパートのあたりで応援しようと向かったのですが…

コースは一人1600m、学校のグラウンドを出て、池の外周を1周して学校に戻りたすきを渡すという感じです。学校から出るともうトップの子の姿が見えてきました。

Aチームの子が16位でたすきを渡し、少し遅れてユウが23位で入りました。ちなみに全チーム数は36か37だったような…。

Aチームの1区を走った子は毎年校内のマラソン大会では1位になっていたけれど、やっぱり世界は広い。まだまだ速い子がいっぱいいるんですよね。ちなみにこの駅伝大会は近隣の4つぐらいの市から集まった毎年恒例の大会のようで、別に県大会というほどでもないけれどそれでも小さな小学校でトップにいてもここではベスト10にも入れない。

いい意味でよい経験かなconfident

最終的にもそんなに入れ替わりはなくそれぐらいの順位で5人が走りぬきました。実は最終の順位はまだ聞いていないsweat01

ユウたちの学校は真っ赤なユニフォームで遠くからでもすごく目立ちます。沿道でいっぱい声援を送ってもらいながら走る気持ちってどんななんだろう。駅伝っていいなぁって何だか感動しました。来年もその次の年も頑張って毎年走って欲しいと思ったのはわたしだけsign02

ユウは「もうあんなしんどいの2度と走らない」と言っていますgawk

でも集合から閉会式まで寒い中での応援はかなりこたえます。ユウが走るのはわずか6分ですが、結局4時間も立ちっぱなしで応援していて疲れましたshock

ちなみにナツは…というと、一緒に応援に行く予定だったのに、友だちから「今日遊べるsign02」という電話に喜んで留守番になりました。それも色々心配の種です。

最近のナツ、とにかくよく食べます。ドカ食いもダラダラ食べもします。IDDMでこんな食べ方どうなのsign02って思いながらも、それでも見た目はまだまだお痩せなので、食べたいだけ食べさせます。もちろんそのたびに打ちます。

中学校に向けての準備も着々と…のはずなのですが、進んでいるのは物品のほうだけ。

自転車も買って、昨日は制服の採寸も済ませてきました。塾も決まり、少しずつ気持ちは向いていくのですが、肝心の事はなかなか決まらず、注射の事、補食の事、周りへのカミングアウトなどなど。問題は山積み。

そんな中、ナツの解決策は…って言うか、別に解決になるわけではないのですが、急にポンプ案が浮上してきました。

ポンプにしたら、注射を打つ場所を考えなくていい。ポンプにしたら時間をとられない。そう考えたようで、それはそれで部活の問題、体育の問題、誤作動した時などなどまた違う問題に直面するのですが、まぁ本人がそう思うのなら試してみてもよいかなと思っています。

まずは今度の受診で主治医の先生がなんとおっしゃるか…です。

それを踏まえて今度は中学校に病気の説明にうかがう予定です。

次回のブログのタイトルは『ポンプ導入』shineになるのでしょうかsign02

こんなわたしたちですが、今年もどうぞよろしくお願いしますheart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »