« ポンプ導入に向けて | トップページ | 2回目の説明へ »

中学校への説明

 一週間ほど前の話です。

ナツの現担任のF先生と中学校の駐車場で待ち合わせ、中学校へとナツの病気についての説明に行って来ました。

中学校側は、当初養護のK先生と学年主任(あくまでも予定)のN先生がお話を聞いてくださるということだったのですが、当日は校長先生もいらっしゃいました。(まぁ当然でしょう)

校長先生はちょうどナツが小学校に入学した時にはナツたちの小学校の校長先生でした。入学式の日に32名の新入生の一人一人に握手をしてくださいました。何かの縁でしょうか、でも残念なことにこの3月で定年を迎えられます。なので、今度ナツたちが中学校に入るときには違う校長先生に代わってしまう。でもきちんと引継ぎをしますと言っていただきました。

学校側への説明もおかげさまで回数だけは重ね、(だって、発症時から、担任が代るたびに毎年、おまけにプールが始まるといっては呼ばれ、自然学校だ、修学旅行だといっては呼ばれ、一体何回行ったことかweep

でもやっぱり毎回緊張です。

あまりにも重い雰囲気で悲壮感が漂うのも嫌だけど、たかが糖尿病と軽く思われても困る。明るくさりげなく、でも言うべき事は言う。それが目標ですが、ついつい喋る過ぎるわたし、今まで何度となく帰りの車の中で一人反省会をしたものですsad

でも今回の説明は自分では95点の出来ばえでしたshine

-5点は…泣いてしまったことsweat02これさえなければ完璧だったのに。

話は1時間程度で終わりました。たまたま養護のK先生は同居のお姑さんが重度の2型糖尿病で、もうほとんどインスリン分泌がゼロに近いそうで、一度はK先生が側にいたにもかかわらず、低血糖のけいれん発作で救急車のお世話にまでなったのだとか…。

だからコントロールの難しさも補食の必要性もよ~~~くご存知です。

今回の説明では、ナツがポンプにして入学するだろうという仮定のもと、とりあえず注射器なんかも持参して補食もこういうものを使いますというものを持って行き、カミングアウトの問題も含め…ということでとにかくややこしいcoldsweats01

どこで注射を打つsign02(又はポンプを操作する)ということも言えないし、どういう形で補食をとるということも保留のまま、理想は教室で…ですが、無理な時(まぁ初めの頃は)保健室を使うか、トイレでするかsign02

と、ここで校長先生が…

「えっトイレでsign02いくらなんでも補食は食べ物でしょう、それをトイレで口にするのは…」となったわけで、

小学校ではナツは保健室を一切利用していないこと、その原因がナツのわがままではなく、あまりにもオープン過ぎて人目がある保健室のことや養護教諭との問題などを話していたら、

やっぱり少し泣けてしまったsweat02

「いくらなんでもトイレで…」と絶句されたgawk

ここにきて、養護教諭のことをあまり一方的に悪く言うのも嫌なので、あまり言いたくはなかったけれど、結局

「コミュニケーションが足りなかったんでしょうね、お母さんも中学校の生活に慣れるまでまた様子を見に来ていただいてその都度打ち合わせをしましょう」ということになりました。

中学校では何とか普通の対応をしてもらえるようで少しホッとしました。

コミュニケーションの不足、確かにそうなのかもしれない。三年間もナツにしんどい生活を強いてしまっていたけど、中学校では部活もあるし、ポンプにしたら、どうしても自分で対処仕切れないことにも出会うかもしれないのだから、今までのようにはできないはず。

保健室と養護の先生を少し頼って生活していくことも大事だと思う。もちろん今までだってそうしたかったことは当然だけど…。

1時間弱で説明を終えて、その後は養護のK先生と担任のF先生とわたしで実際に保健室などを見せてもらった。

中学校側がナツに使ってもいいからと言ってくれた部屋は4つ。

ひとつは相談室。

「中学校は小学校と違って色々な時間に登校してくる生徒がいるので、時間の調整のためにここを自由に使っているんですよ。使うときはノックして勝手に入ってもらったらいいし、『使用中』の札をかけておいたら誰も入ってこないですから」

えっ色々な時間に登校ってsign02sign02と思ったのですが、まぁよいとして、

2つ目は職員室の横の控え室のような和室(畳敷きの部屋)

少し横になることもできそうだし(って誰もしないよね)冷蔵庫もあるしポットやお茶の用意まであった。多分先生たちの休憩室のような気がします。

そして3つ目は肝心の保健室。

だだっ広くてベッドがふたつ、カーテンを引くと完全に隠れるスペースが2箇所。

「中学校は小学校みたいに怪我をしたぐらいでここに来る子はいないので大抵は誰もいませんけどね」とK先生。

そして4つ目は何と『第二保健室』

といっても見た目はただの小さめの教室みたいな部屋。つまりここは【保健室登校】をしてくる子たちの自習室なのです。

この部屋があるから、逆に保健室には誰もいないというわけ。

「今は女の子がふたり、ここを使って勉強をしています。」

この話は違った意味でわたしにはショックでした。都会のマンモス校ならいざ知らず、こんな田舎の人数も小さい学校にちゃんと保健室登校用の部屋が用意されているなんて…sweat01

どんなことがあってもナツがこの部屋を使うことはないようにと思ってしまった。

ナツたちの小学校は、新しく建て替えがあって、その最初の1年生がナツたちだったというほどとてもきれいな学校でした。でも中学校は築30年の古い建物でどの部屋も暗く陰気な感じがしました。

「校長がトイレの補食にこだわられたのもとにかく汚くて臭いからだと思います」と言われたとおり、ほんとに臭かった。

こうして無事に説明を終えて帰りました。果たして4月の入学式にはナツはポンプをつけて入学するのかsign02それとも注射器を持って通うのかsign02

わたしの目下の悩みはセーラー服の一体どこにポンプを隠そうかと言う問題。

セーラー服ってウエストのぎりぎりに上着がくるから、ほんとに隠しにくい、しかもこの中学校はどういうわけか、制服を着ているより体操服を着ているときの方がはるかに多い。いつ見ても生徒は体操服でいますから。

「何のために高い制服を買ったんだか…」って親たちはぼやいています。

そんな未知の世界が少しだけ近くに感じられた日でしたheart04

|

« ポンプ導入に向けて | トップページ | 2回目の説明へ »

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママさん こんばんは!

 中学校への説明 おつかれさまでした。
95点の出来ばえ に 拍手です。
マイナス5点は 泣いてしまったこと。 それが小学校での保健室とのこと・・・う~ん 私も泣けてきたぁ。。

 なっちゃんの制服は セーラー服なんやぁ  かわいいですね。
うちの娘は 肌着にベルトをつけて そのベルトにポンプをつけていますが、
肌着にポケットを作って ウエストではなく もっと上のほうに ポンプを入れるという方法もあるみたいです。 セーラー服やったら リボンもあってお腹部分はぴたっとしていないので お腹(胃の辺り)部分がいいかしら?? 

 
 
 

投稿: keiko | 2009年2月25日 (水) 22時59分

こんにちは~^^
中学校への説明、お疲れ様でした。
95点!!素晴しいです☆
ナツちゃんの小学校はまだまだキレイなんですね!!
それに比べたら築30年の中学校はチョ~~汚く感じちゃうね^^;;
でも我が子の小学校は今度40周年だから
トイレなんてもっともっと くさ~~いですよ(驚)
この記事を読むと中学校生活、
なんだか、ウキウキしてきますね♪♪♪
ナツちゃんにとって楽しい新生活がもう直ぐですね。
応援してますよ~~^^

投稿: ハナ | 2009年2月26日 (木) 12時39分

はじめまして^^*

5歳で発症して1型歴10年の
ここあといいます。
今は中3ですね^^

私も昨年の5月から
インスリンポンプ着けてます。

ちなみに
私の学校はセーラーで
スカートのトコに着けてるのですが
意外とスッキリ隠れて
ブレザーのほうが見えるとおもいます。

よかったらブログしてるので
遊びにきてくださいっ^^

ずっと友達IDDMです^^

投稿: ここあ | 2009年2月28日 (土) 11時59分

出遅れたっhappy02

中学校への説明お疲れさまでしたぁ~

うんうん ついつい泣いてしまう気持ち分かります
なっちゃんママさんがそれだけ一生懸命ということです

所属している患者会に中3の女の子が以前
「友だち数人にしか言ってへん けど友だちが知ってくれているという安心感もあるし 別にみんなに知ってもらおうと思ってない」
というような事を言ってました
私がわざわざ言う必要性はないと思ったのは彼女のこの事があったからというのもあります

ナツちゃんが決めてしようと思ったこと
多分 ちゃんと自分なりに中学校生活を楽しめるんじゃないかなぁ~ 
なんて思っています

そして大人さんが使っているポンプ…
「ポケベルに見えるのが嫌やからぁ~」
と言って すんごいデコっているポンプを見せてもらいました
一瞬
「なんじゃ こらぁ~」
って感じでした

入学して最初ってドキドキしているやろし あんまり周りの子 気にせんのと違うかなぁ~

最後に余談ですが
弟くんのユウくん
5月に日本脳炎の新しいのがでるそうですが これは二期にあたるユウくんやhonoは対象外だそうです(今現在 対象になってくるのはまだまだ先のお話だそうで年齢的に期限が切れちゃいそうです)
旧のワクチンが一斉放出だとかで病院によっては任意接種できるそうです
9歳から13歳になるまでが対象になってくるそうですが もしワクチンがあるのなら なっちゃんママさんはどうされますか?
今日 honoを病院に連れて行って
「風邪が治ったら 考えてみて」
と言われました
受けるのなら 今だと…
残念な事に4月に15歳になる次男は対象を外れて二期接種はしていないままですが…
ご意見伺えたら幸いですheart04

投稿: honohono | 2009年2月28日 (土) 14時23分

追伸
13歳になるまでとは12歳やったら受けられるって事やしね~
読んでて「???」となったので一応付け足しときま~すhappy01

投稿: honohono | 2009年2月28日 (土) 14時24分

keikoさんへheart04いつも色々アドバイスありがとうございます。
実はkeikoさんのブログを拝見しながら密かにポンプの隠し場所を考えていました。ベルトのアイディアはほんとにナイスflairですもんね。
隠しポケットも視野に入れて早々とセーラー服を注文して買ってきましたhappy01
ナツの考えも聞きながらよい方法を見つけてみますね。

投稿: なっちゃんママ | 2009年3月 2日 (月) 11時20分

ハナさんへheart04暖かい応援ありがとう~~~&遅レスですみませんcoldsweats01
築40年はすごい。そろそろ建て替えですかsign02

古くてもそれなりに伝統とか趣きがあればよいのだけれど、中学校は何だかうす暗い感じがしてdespair
それなのに校長室は一番日当たりがよくって運動場が見渡せるとってもよい場所でした。しかもだだっ広い。
でもね、とにかくこれから3年間(いやユウも入れると5年間かな)お世話になる学校なので、好きになるようにしないと…ですね。

少しずつだけど中学校生活、楽しみになってきましたよnotes

投稿: なっちゃんママ | 2009年3月 2日 (月) 11時27分

ここあさんへheart04はじめまして。&コメントありがとう。
そうなんだぁ、セーラー服って意外にポンプにはありがたいのかもhappy01
なんせわたしがセーラー服と仲良くしていたのは、ん10年も前の話なのでcoldsweats01

またブログのほう、遊びにいかせていただきますdash

投稿: なっちゃんママ | 2009年3月 2日 (月) 11時31分

honohonoさんへheart04わたしも初めてポンプを見たときは、ポケベルsign02って思っちゃいましたhappy01
もう少し色とかデザインが可愛かったらいいのになぁって言ったのはナツとこの前の説明会に来られていた28歳の女性。

「デコったらいいかも」「その分重たくなるでぇ~」なんていう会話もしていました。

カミングアウトの問題もなかなかすっきりとした答えには到達しません。ポンプをつけたら入学してすぐの宿泊学習の時にお風呂に入ったらわかってしまうし。やっぱり友だちにだけ言って後は適当に広がってもいいかな、自然に任せてなるようになるかなと思っています。

予防注射のこと、まずは情報ありがとうございます。
ううん~~難しいですよね。
なければないで終わってしまうんだろうけど(次男くんのように)
でもあるのに、打たせないで後で後悔したくないし…。
打てるチャンスがあればたとえ任意でもわたしは打たせると思います。

投稿: なっちゃんママ | 2009年3月 2日 (月) 11時43分

はぎめまして(◎´∀`)ノ                                     私には、五年生の時に発症し、今年から中学になる娘がいます。私もこの間中学校に説明に行ってきました。娘はもうポンプをしているのですが、予備の注射やグルカゴンの注射のことを話しそれの保管場所を作ってほしい事や、血糖を計る所を確保してほしい事をたのんできました。後は又、担任が決まってからいろいろと相談に行こうと思ってます。どうしてカミングアウトをしていこうかと・・・・小学校の時はクラスだけにしたのだけれど・・・・ポンプをつけていると見えてしまったりするのでカミングアウトはしといたほうがいいかなぁって思うのだけど、悩んでます。もう、娘は注射は嫌で、ポンプがおきにりみたい 楽やぁって言ってます・・・
 

投稿: みーみーママ | 2009年3月12日 (木) 23時45分

みーみーママさんへheart04はじめまして&コメントありがとうございます。
なのに、レスが遅くなってしまってすみません。

これから難しい年頃ですもんね、カミングアウトの問題って大事ですよね。
この前の説明の時には校長先生は、「そういうことなら低血糖になったときにすぐに補食して大事に至らないようにしないといけないのだから、クラスの子にはきちんと説明してわかってもらわないと…」といわれました。
言うのは簡単だけど、あの子の気持ちやその事で困ることも出てくるのに…
「いえ、それはちょっと待ってください」って即座に断りましたが、ほんとに色々と厄介です。

ナツはまだグルカゴンの注射はもらったことも見たこともないのです。(主治医からは説明すらないし)
でも今使っている注射器はやっぱり何かトラブルがあった時のためにも保健室に置かせてもらったほうがよいですね。

みーみーママさん、これからも情報交換よろしくお願いします。
また相談に乗ってくださいね。

投稿: なっちゃんママ | 2009年3月19日 (木) 23時25分

こんにちは(◎´∀`)ノ  こちらこそよろしくお願いします。 
すいません( ̄Д ̄;;パソコン初心者なので・・・・
卒業式も終わっていよいよ中学ですね。
カミングアウト入学してすぐじゃなくって様子を見てクラスにだけ言おうと思います。ポンプをしていると隠していても不意に見えてしまったり、血糖を計りにも行かなくちゃいけないし、その事で何か言われたりしても嫌だから・・・・病名は言わないで先生に説明してもらおうと思ってます。聞きたいことがあります。小学校の給食時はどのようにして単位を出してましたか?みーみーは学校に計りを持って行ってました。ご飯とかは計り、あとは炭水化物これくらいかなぁって目分量で出していました。中学校では計りを使わないようにしようと思っています。少し不安です。外食は目分量なんですが・・・自分が見てない分、ちゃんとしてくれるのか(^-^;

投稿: みーみーママ | 2009年3月23日 (月) 20時52分

はじめまして(>_<)
私は、中1で発症して4月から高3になります。
カミングアウトのこと難しいですよね。。。
私自身中学のときは絶対友達に知られたくない。って思ってました。学校側は何かあったらって理由を言いますが、実際カミングアウトしてみんながきちんと1型糖尿病として受け入れてくれるかわかりませんし。
私が中学のときは、ふざけて男子同士で『お前糖尿病みたい』とか言ってるのをかなり聞いていたのでカミングアウトは一切してませんでした。
ただ低血糖で倒れるのが怖いという理由からホントに信頼していた子1人には言ってました(o^∀^o)
今高校では普通に教室で血糖も測るしインスリンも打ってました。(今はポンプですが…)
高校に入ってすぐカミングアウトはかなり抵抗があり1年生のときは一緒にいる人のみに話してました(≧ε≦)
だけど2年生のクラス変えをきっかけに教室で血糖測定とかしても周りって案外気づかないんです。。。
中学でのカミングアウトは、学校に入学してからクラスの感じで決めたりするのも良いと思います(*^o^*)

すみません。わかったようなこと書いてしまって。。

投稿: ゆみ | 2009年3月25日 (水) 18時16分

みーみーママさんへheart04うんうん、そういう形がよいですよね。多分ナツもクラスの友だちの顔ぶれが決まってからおいおいにカミングアウトを考えていくと思います。

ところで給食時の単位ですが…
ナツが発症した頃、小2の時には給食のメニュー表を見ながらわたしが基本の単位を考え、それにその時のBSや午後の体育の有無などをたしたり引いたりして単位をはじき出すマニュアルのようなものを用意していました。でもご飯の量とかは全く測った事はなく、(そういう提案も学校側からはあったのですが)

ところがそれも保健の先生が代った4年生の頃からは行なわなくなって、おまけに学校での測定は一切しないし、後はナツの直感だけを頼りに決めて打たせています。

どんなに遅くても4時には帰宅するのでまぁそれまでの高血糖は目をつぶろうと、ほんとにアバウトなものです。
なので当然中学生になってもおそらく今までの調子で行くと思います。

みーみーちゃんはカーボカウントが出来るのですね。本当はそれが一番よいし、そのためにはご飯の量って大事ですもんね。
でもきっと今まで測ってきたのなら多分目分量で大体の量はつかめると思います。

家での夕食時にはわたしも随分長い間ご飯を測ってきたので、何となくだけど見た目でわかるんですよflair
ほんとはナツがわかるようになるのが一番なんですけどねdespair

投稿: なっちゃんママ | 2009年3月25日 (水) 19時00分

ゆみさんへheart04コメントありがとうございます。
本人であるゆみさんからのコメントはすごく参考になります。
正直わたしにはナツの本心とか考えが見えなくなってしまうときがあって、多分これから先、ますますそういうことが多くなるんだろうなとは思うのですが、だから本当にありがたいです。

そういうものなのですね。
今までは周りに知られることに抵抗がなかったナツが今回そういう気持ちになってしまって、もしかしたらこれから先の人生、ずっとずっと病気のことを隠し通すつもりなのかなっていうことも気になっていました。
だからゆみさんのように、高校生で自然にカミングアウトして生活していくこともあるんだなということはとっても嬉しいです。

入学してしばらくは仲のよい子にだけ知らせてそれからおいおいにカミングアウトしてもよし、しなくてもそれでやっていけるのならそれでよし…後はそっと見守っていこうと思います。

投稿: なっちゃんママ | 2009年3月25日 (水) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/28340346

この記事へのトラックバック一覧です: 中学校への説明:

« ポンプ導入に向けて | トップページ | 2回目の説明へ »