« ポンプの話~べーサルがない! | トップページ | ポンプの話~朝が高い! »

ポンプの話~まさか!の閉塞

 ナツがポンプを装着した翌日、ナツの12歳の誕生日にまさかweepのポンプ閉塞が起きてしまいました。そもそも装着した時から少し不安でした。最初sign03ということもあって本当にこれで入っているのかなsign02と不安でした。 

一番不安なのは差し替えの後、それがクリアーしたら、3日は大丈夫だろうと安心していました。なのに突然の閉塞。何か理由の心当たりもなく、こういうことがいきなり何の予測もなく起きるんだsweat01もし学校でそうなったらどうしようimpactといきなり2日目からdownwardright落ち込みました。

夕方4時過ぎに測ったときには190でした。5時から6時までお習字に行くのでそこで下がりすぎても困るかな…とボーラスの追加はしませんでした。6時に帰ってきてから夕食。ボーラスを18単位入れました。

それから約2時間後。

喉が渇いた、トイレが近い、何だか頭が痛い。

「しまったぁsign03」と思った時には遅かった。測定したら「Hi」でした。発症以来一度も見たことのない画面「Hi」でした。

すぐに注射で18単位を入れました。

こんなに簡単に「Hi」になっちゃうんだ。よりによって誕生日なのに(関係ないけど)。今までは、最悪打ち忘れていてもベースのランタスが効いているからこんなに急にはHiまではいかなかったのに…。たった一度の食事の分だけで、Hiになるんだsign02

でも嘆いていてもはじまらない。

すぐに交換にかかります。わずか1日でお役目の終わったリザーバーにはまだ十分にインスリンが残っていましたが、廃棄するしかありません。こんな所で主婦根性が…。

もったいないなぁ、何とかならないのかなsign02

何ともなるはずもなくsad

そして前日行なったとおりにまた一から交換の作業を行なっていきます。初めてふたりだけで行なうのでとにかく時間がかかります。まどろっこしくって、イライラ。でも本当ならこの作業はまだ2日後の行なうはずだったもの。きっともっと忘れてしまってまごつくんだろうなぁ。覚えている間に出来るのはある意味ではラッキーかもgood

今度は少しはまともにテープも貼れました。

ナツも少し凹んでいました。

デモね…

きっと初めてだから、今度からちゃんとできるようになったらきっとこんな事はそんなに起きないはず。だって注射も最初に打った時だけ思いっきり青あざになってしまったし、ランタスだって最初に打った時はきちんと入っていなくて困ったんだから…。

初めの間だけ、そうきっと慣れてきて交換が上手に出来るようになったら、そんなに閉塞は起きないはず。

それから約20日間、閉塞もなく無事に過ぎました。

2度目の閉塞は4月17日。またしてもcrying閉塞。

ちょうど学校から帰宅してしばらくたった時、食べた分だけ少し入れたはずなのに、いきなりアラームがなりました。

画面には「ノーデリバリー」の表示danger

帰宅後、すぐに測った時には295でした。だから昼食のボーラスは何とか入っていたはず。もしかしたら半分ぐらいしか入らなかったのかも…。今回は体感よりも先にポンプが教えてくれました。学校ではなくてよかった。心底そう思いました。前回の交換から既に3日目、何もなくてもこの日の夜には交換のはずでした。

今回も何か閉塞につながるようなことには心当たりはなくdespair

インスリンの残量も十分残っているし。

ポンプにしてよかったことのほうがいっぱいあるけれど、困る事は今のところこの閉塞だけです。学校でいきなり午前中に閉塞が起きてしまったら…。

わたしがインスリンやら、交換セット1式を持って行き、保健室で交換するのも方法ですが、まだ交換がスムーズに出来ないので、とりあえずは注射器一式をいつもかばんに入れて持たせて、閉塞がわかった時点ですぐにはずして、ランタスを16単位とその時のBSに応じて超速効を打つ、そのやり方で乗り切ろうと思っています。

そんなことが起きませんように。毎日そんなことを思いながらナツを見送ています。

|

« ポンプの話~べーサルがない! | トップページ | ポンプの話~朝が高い! »

コメント

初めまして 低血糖でかなり ご苦労されている様ですね。
私も そうであります。。

ど~でしょうか??京都大学医学部の移植待機患者に登録されては如何でしょうか??
京大では 大きな移植手術ではなく リンゲルハウス島だけを移植できるそうであります。
待機患者になる事は無料であります。
移植が成功すると 一般人に近い生活が送れるそうであります。
ただし 一般人ほどの膵臓の働きがしない為に インスリンの投与はした方が ええそうであります。
しかし 腎臓に負担が掛らないし 低血糖になる事は無いそうであります。
一度 考えてみては如何でしょうか??

イキナリのコメント失礼しました。

投稿: うおまさ | 2009年4月20日 (月) 02時07分

うおまささんへheart04訪問&コメントありがとうございます。
移植の事は考えたことがないわけではないのですが…
うおまささんも書かれているように、一度の移植で完全にインスリン離脱ができないこととか、免疫抑制剤をずっと飲み続けないといいけないこととか、待機患者になるための検査などなど、で二の足を踏んでしまいます。

将来ナツが成人して自分で判断したり行動したりできるようになって、ナツが移植の道を選んだらその時は応援して行こうと思います。
アドバイスありがとうございます。

投稿: なっちゃんママ | 2009年4月20日 (月) 07時52分

小学校の時、学校でアラームがなって電話がかかってきた時があります。あわてて学校に、ポンプを見てみるとNO DELIVERYと管のつけねが折れていたので伸ばし、アラーム解除をしました。
家でもNO DELIVERYが出た時は、1式交換してそのまま安心して外食に、食べた後ボーラスを打つと、アラームがNO DELIVERY交換したはずなのに、急いで家に帰り又交換してボーラスを打つ。見てみると、針が折れていた。それからは、おなかに青いキャップで針を打った後は、はずす前に少し、青いキャップを抑えるようにしてます。
リザーバー無しのアラームもなった時があります。それからは、少し多めにインスリンを入れるようにしてます。
電池切れにも注意です。いつも持ち歩いている血糖測定器の入れ物に電池を入れてます。1ヶ月持つかなぁって思っていても急にアラームがってこともありました。

みーには、アラームがなったときの対処方のメモを持たせています。
どうにか、のりきってくれるかなっと思い・・・

投稿: ミューミュー | 2009年4月23日 (木) 22時22分

ミューミューさんへheart04やっぱりみんなアラームは色々経験されてるんですね。
ナツは導入してから明日でちょうど一ヶ月、まだ電池の交換は経験していないので、もうすぐかなsign02とちょっとドキドキです。
わたしが対応してやれる時間だとよいけれど、もし学校でそうなったらって思うと心配です。
まだ中学生、なかなか自分で対応は難しいですもんね。実はわたしが見てもアラームにはちょっとパニくります。
少しずつ経験をつんで慣れていってもらわないと…ですね。

投稿: なっちゃんママ | 2009年4月25日 (土) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/29196133

この記事へのトラックバック一覧です: ポンプの話~まさか!の閉塞:

« ポンプの話~べーサルがない! | トップページ | ポンプの話~朝が高い! »