« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

台風接近

またまたとってもご無沙汰していましたcoldsweats01

9月から10月にかけては、毎週末に何かと予定が入り(運動会やら野球の試合やら…)、バタバタと過ぎていきました。そして気がつくとナツが発症&入院した10月4日も過ぎました。

ナツが発症してから丸5年が過ぎました。いよいよ6年目に突入ですshine

今年の10月4日は、市の陸上競技大会の日でした。ユウが初めて公式な陸上競技大会に出ることができました。結果は…まだまだ満足のいくものではなかったのですが、(6人で走って4位、優勝の子とは1秒も遅かった)秋晴れのすごく気持ちのいい日でした。

あの頃はまだ保育園児だったユウもホントに大きくなりました。そして5年後にナツがポンプをつけているなんてあの時は夢にも思わなかったなぁ~~confident

今日は朝から台風接近でお天気が崩れています。朝のニュース番組で「近畿上陸は2004年以来5年ぶり」なんて話していたのを聞いて、

ナツが発症した年やんsign03

そうなんです。ナツが発症して入院していたときに台風が何度も上陸しました。

今でも覚えているこわ~~~~~いエピソードをここで書いてみたいなと思います。

ナツが注射も測定もできるようになって、短い時間からすこしずつ外出許可が出ました。最初は食事から食事の間の2時間、そして食事も挟んでの5時間、そして週末一泊などなど。

そんなある日、10月19日の朝になって、看護師さんから個室を他に使う必要のある子がいて、大部屋に移って欲しいと要請がありました。でも個室での快適な生活に慣れきってしまって今さら大部屋sign02と思ったので、それならもう退院させて欲しいと切り出してみました。

結果、退院の手続きが間に合わないのでとりあえず3泊外泊の許可が出ました。そして4日目に戻ってそのまま退院という運びに…。なので身の回りの荷物はもう全て持って出ることにしました。実質の退院です。

さぁ大変、1人で荷物を全てまとめ、突風の中、駐車場に止めていた車に運び、バタバタと帰りました。

そして帰宅したら、主人から電話。電車が止まってしまって家まで帰って来れないので途中の駅まで迎えに来て…と。

風も雨もどんどん強くなっているのに…。そしてその駅というのはわたしは今までに一度も行った事がない。駅に隣接しているショッピングセンターがあって、そこの駐車場に何とかたどり着けばよいのですが、ナビだけど頼りに出かけました。もちろんナツも一緒。そして持って帰ってきたばかりの測定器、注射器、補食のセットも一緒。

視界も悪く、道も川の水が氾濫していて道と田んぼの区別もないような道。しかもナツに3時にホットケーキを焼いて食べさせてまだまだ手探りで超速効も打っていたsign03

もし今低血糖になったら…補食は持っているけれど意識がなくなったら、救急車さえ呼ぶこともできない、呼んでも今自分が走っている道もわからないのに…。

それを考えるとぞっとしました。ナツには何度も動く車内で測定をさせました。今考えても怖いです。

無事にたどり着いて主人と会えた時には心底ホッとしました。そこから家までは主人に運転してもらいながらまたまた後ろの座席で測定をしつつ家に帰りました。

いきなりだけど、今思うとよい経験だったのかなぁとも思います。何かあったら困る時は高めにコントロール、そしていつでも補食は持ち歩く。生きていく中で非日常や予期できない事は多分これからもいっぱいいっぱいあるんですもんね。

しかし…それ以来台風は少しトラウマです。

今日も実は落ち着きません。朝から家の周りの飛びそうなものを全て片付けて、何とかみんなが無事に家に帰ってきますようにとひたすらそればかり考えていますhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »