« 今日からスキー旅行 | トップページ

無事に帰ってきました。

23日から2泊3日でスキー旅行に出かけたナツ、無事に25日午後4時定刻どおりに帰ってきましたhappy01

ナツのいない3日間は…。

宿舎のHPから、保護者だけに知らされているパスワードでみんなの様子が写真、文章で楽しめます。1日目の更新がその日の8時ごろに行なわれました。出発式の様子から途中のPAでのトイレ休憩、宿舎の写真、そして午後からのスキー講習の様子が見られました。

スキー講習中の写真の真ん中にいきなりナツの滑っている姿、びっくりしました。先生方の配慮かsign02単なるラッキーかsign02

でも本当にホッとしました。なかなか初めてとは思えないフォームで滑っていました。(ハイ、単なる親バカですbleah

便利な時代だなぁ~~と感心して2日目も見ていました。

が、2日目の夜、10時まえ、わたしの携帯がなりました。

養護の先生からです。

「今測ったら60しかないんですが、ナツさんに聞いたら補食をしたって言われるんですが大丈夫でしょうかsign02本人はこれで100まで上がるからって言われています」

「何を補食したんでしょうかsign02食べたものによるんです。カロリーメイトを食べていたら何とかもつと思うんですが、多分ポカリを飲んだんだと思います。でも飲み物だけだと朝までもたないんです。」

事前にお願いして就寝前があまりにも低い時は宿舎でおにぎりを作ってもらうように頼んでいました。急には用意できないので2夜とも何もなくてもおにぎり2個を用意してもらうようになっていました。

「じゃぁ食べたものを聞いて何だったらおにぎりを1個食べておいてもらいましょうか」

「そうですね。運動量も多いので2個とも食べさせておいてください、そのほうが本人も安心できると思うので」と電話を切りました。一体ナツは何を根拠に100まで上がるなんて言ったんだろう。何だかおかしくって笑ってしまいました。

しばらくしてまたまた電話。

「今確認したらおにぎりを1個食べていました。その前にはカロリーメイトとチョコを食べたようです。」

ちゃんと考えて食べたんだ。安心しました。親がいなくてもちゃんとできるんだ。

結果次の日の朝は200近くあったようですが、これで正解だと思うのです。

帰ってきたナツに色々聞いてみると…

スキーの講習に行く前にはブドウ糖を口にしてから行った。でも講習中に下がったときもあったけれど、我慢した。…いつ食べたのかはわからないけれど、ポカリもカロリーメイトも消費していました。

近くで滑っていた担任の先生はメッチャ上手だった。…ブドウ糖を携帯してナツの近くをウロウロしてくださることになっていました。

1日目は寝る前80あったのになかなか寝付けなくて、みんな寝ているのに眠れないからサスペンド(ポンプのべーサルを止めること)をしたらすぐに眠くなって気がついたら朝まで止めたままで寝ていた。…低いと眠れないよっていつも言っていたからなぁ。こういう場合こそ補食をして欲しかったのに…sweat02

同じ班の女の子に色々病気の事を聞かれて、その子曰く「糖尿病って過食症やろ」…実は同じ部屋の5人のうち彼女が一番ネックでしたsweat01ああだこうだと説明していたら、「もういいやん」って友だちが助け舟を出してくれた。

お風呂はバンドエイドで隠そうと思って持って行ったのに、透明なバンドエイドだったので役に立たなかった…でも結局はみんな自分のことで精一杯で誰も気付かなかった(お風呂の時間が15分しかなかったらしい)

1日目の夕食がすき焼きですごくおいしかった。女の子でも7杯ぐらいご飯をおかわりしていた子もいたようで、それを思うと補食のおにぎりはやはりみんなの前では食べにくかったようでした。

今回の旅行ではおやつは持っていけないことになっていて、それならおにぎりを用意してもらうほうが補食を色々持たせるよりもまだ良いかなと思ったのです。

いつも思うことだけど食べ物が薬、これは小学校の時も難しいけれど、こんなに食べ盛りの中学生の時でもなかなか周りからは理解してもらいにくいことなのかも知れません。

そうそう、肝心のスキーはとても楽しかったそうで、リフトがこわかったぁ~~、全然知らない人にぶつかったぁ~とかとにかく楽しそうでした。天候に恵まれたということもありますが、担任の先生も学級通信の中でこんなに上達の早い学年は初めてですと書かれていました。

夜間も先生たちが交替で見張り番をされていたようで、帰りのバスではみんな爆睡。

何はともあれ無事に帰ってこれたことに感謝感謝です。

養護の先生も校長先生も本当にホッとされた表情が印象的でした。

担任の先生は…すごく疲れた様子でしたcoldsweats01

ナツがいない間は何だかわたしも献立を色々考える気にもなれず、いつもはどんどん減っていく冷凍庫も3日たっても変わらないぐらい。いつもより少なめに作ったつもりの関東煮やカレーライスも思いっきり残って丸3日食べたのでした。

いかにナツがたくさん食べているか、改めて感心しました。でもポンプのおかげでそういう生活が送れている、ほんとうにありがたいことです。

あっもちろんポンプの不具合もなく、交換の必要もありませんでした。

帰宅して翌日にいつもどおり針の差し替えをしたら、装着していた針の先は少し曲がっていました。スキーで激しく動いたりしたせいかな…と言っていましたが、それでもちゃんとインスリンは入っていました。

終わってしまうと本当に呆気ないぐらいどうってことではないんだけど、それまで、そして行っている間の心境は経験したものにしかわからないものですよね。

今回も長文です。最後までお付き合いくださった皆様、ありがとうございましたheart04

|

« 今日からスキー旅行 | トップページ

「学校生活」カテゴリの記事

コメント

なっちゃんママさん こんばんは。

 なっちゃん おかえりなさ~い♪
 無事のおかえり なによりです!

 宿舎のHPで 子供たちの様子がわかるだなんて すごいですねー!
 なっちゃんが真ん中で写っていたんやぁ♪


 1日め、夜中じゅう サスペンドしていたのに 高血糖にならなくて 元気に過ごせて
そして、
2日めでは 考えて きちんと補食していて
さすがは なっちゃん!

 お風呂もあっけなくクリアだったのですね。 
スキー旅行を無事に終えられ 「また1つ 病気があっても なんでもできる!」が 実証されましたね。

 これからも お手本となってくださ~い。

投稿: keiko | 2010年1月30日 (土) 23時09分

なっちゃん色々とあったみたいですけど
あっけなくクリアーしたのですね私だったら
夜そのまま寝ていてきずいたら病院だった
と思いますさすがなっちゃんですね

投稿: あっこ | 2010年1月31日 (日) 07時02分

keikoさんへheart04ありがとうございます。
お手本だなんてとんでもないです。
いつもそうだけど、何とかなっていくもんだなぁって思います。

今度は2年生の就業体験(トレイヤルウィークと呼んでいます)や3年生の修学旅行、そして高校受験と…色々ありますが、トライ&エラーでやっていこうと思いますshine

投稿: なっちゃんママ | 2010年2月 3日 (水) 08時20分

あっこさんへheart04たったの3日間だけど、ホントに色々ありますね。
その間の血糖値はまだ見ていないんですが、短い間なのでまずは無事に過ごせたら良し…かな。

投稿: なっちゃんママ | 2010年2月 3日 (水) 08時22分

はじめまして、フラフラとネットをさまよっていて、娘さんと私のIDDM発症年齢が似ていたので思わずコメントさせていただきました。
楽しそうに学校生活を送られているなつちゃん、よかったです!
お母さんのがんばり、私の母の姿とつい重ねてしまいます。
私の発症時と違って、社会情勢が違う中、学校の先生方もとてもがんばっていらっしゃいますね。

なつさんも、ご家族皆さんも、どうぞ楽しく生活されてください!!

投稿: zero | 2010年6月21日 (月) 16時46分

That's great that we are able to take the loans and this opens up new opportunities.

投稿: Shannon21Conner | 2011年12月 4日 (日) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47488/33171993

この記事へのトラックバック一覧です: 無事に帰ってきました。:

« 今日からスキー旅行 | トップページ