台風接近

またまたとってもご無沙汰していましたcoldsweats01

9月から10月にかけては、毎週末に何かと予定が入り(運動会やら野球の試合やら…)、バタバタと過ぎていきました。そして気がつくとナツが発症&入院した10月4日も過ぎました。

ナツが発症してから丸5年が過ぎました。いよいよ6年目に突入ですshine

今年の10月4日は、市の陸上競技大会の日でした。ユウが初めて公式な陸上競技大会に出ることができました。結果は…まだまだ満足のいくものではなかったのですが、(6人で走って4位、優勝の子とは1秒も遅かった)秋晴れのすごく気持ちのいい日でした。

あの頃はまだ保育園児だったユウもホントに大きくなりました。そして5年後にナツがポンプをつけているなんてあの時は夢にも思わなかったなぁ~~confident

今日は朝から台風接近でお天気が崩れています。朝のニュース番組で「近畿上陸は2004年以来5年ぶり」なんて話していたのを聞いて、

ナツが発症した年やんsign03

そうなんです。ナツが発症して入院していたときに台風が何度も上陸しました。

今でも覚えているこわ~~~~~いエピソードをここで書いてみたいなと思います。

ナツが注射も測定もできるようになって、短い時間からすこしずつ外出許可が出ました。最初は食事から食事の間の2時間、そして食事も挟んでの5時間、そして週末一泊などなど。

そんなある日、10月19日の朝になって、看護師さんから個室を他に使う必要のある子がいて、大部屋に移って欲しいと要請がありました。でも個室での快適な生活に慣れきってしまって今さら大部屋sign02と思ったので、それならもう退院させて欲しいと切り出してみました。

結果、退院の手続きが間に合わないのでとりあえず3泊外泊の許可が出ました。そして4日目に戻ってそのまま退院という運びに…。なので身の回りの荷物はもう全て持って出ることにしました。実質の退院です。

さぁ大変、1人で荷物を全てまとめ、突風の中、駐車場に止めていた車に運び、バタバタと帰りました。

そして帰宅したら、主人から電話。電車が止まってしまって家まで帰って来れないので途中の駅まで迎えに来て…と。

風も雨もどんどん強くなっているのに…。そしてその駅というのはわたしは今までに一度も行った事がない。駅に隣接しているショッピングセンターがあって、そこの駐車場に何とかたどり着けばよいのですが、ナビだけど頼りに出かけました。もちろんナツも一緒。そして持って帰ってきたばかりの測定器、注射器、補食のセットも一緒。

視界も悪く、道も川の水が氾濫していて道と田んぼの区別もないような道。しかもナツに3時にホットケーキを焼いて食べさせてまだまだ手探りで超速効も打っていたsign03

もし今低血糖になったら…補食は持っているけれど意識がなくなったら、救急車さえ呼ぶこともできない、呼んでも今自分が走っている道もわからないのに…。

それを考えるとぞっとしました。ナツには何度も動く車内で測定をさせました。今考えても怖いです。

無事にたどり着いて主人と会えた時には心底ホッとしました。そこから家までは主人に運転してもらいながらまたまた後ろの座席で測定をしつつ家に帰りました。

いきなりだけど、今思うとよい経験だったのかなぁとも思います。何かあったら困る時は高めにコントロール、そしていつでも補食は持ち歩く。生きていく中で非日常や予期できない事は多分これからもいっぱいいっぱいあるんですもんね。

しかし…それ以来台風は少しトラウマです。

今日も実は落ち着きません。朝から家の周りの飛びそうなものを全て片付けて、何とかみんなが無事に家に帰ってきますようにとひたすらそればかり考えていますhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

その後のユウ

 その後のユウの話です。

念のためにと受けた関節液の培養検査の結果は-でした。いくら大丈夫と思っていても聞くまでは少し不安でした。

「もう全然痛くない」とは言っても、病院であっちやこっちにひねられたり曲げられたりすると、時には「痛い」という事もあって、

「まだ炎症が残っています。もう一度月曜日に来てください」と言われました。

「じゃぁ学校はsign02

「まだ無理です。薬が効いているから痛みがないだけかもしれません。痛み止めをやめて様子をみます。」

転院を決めたわたしはそのままユウを学校に行かせました。わたしの医師に対する不信感は頂点に達していました。

これが先週の木曜日、一週間前のことです。

そして原則送り迎えをして、学校では絶対に走らないように言いましたが…

痛みがないのでそりゃぁ走るでしょうcoldsweats01

夜にはまた少し痛み出したようで…

ネットで調べた隣市の病院に土曜日に連れて行きました。

その病院の先生は、股関節が専門でスポーツドクターの認定医でした。

いつから運動ができるのか、その確認をしたかったからなのですが、今までの経過を説明して、

「そろそろbaseballの練習を再開させたいのですが」と言ったら、

baseballなんてまだまだ無理です。そんな事をしたら、お母さん、この子に一生恨まれますよ」と言われてしまいましたcoldsweats02

その先生の説明では、

「単純性股関節炎は安静2週間、運動ができるまで4週間かかります、普通なら、入院して足を牽引しておくのが一番いいんですが」

看護師さんからも「安静しか治す方法がないんですよ」と言われて、わたしもやっと覚悟が決まりましたshock

エコーで水のたまり具合を見てもらいました。誰でも多少は水が貯まっているものなので、異常のない左足と比べます。

かなり右の方が多いです。発症して10日、本当ならもう少し減っているはずなのに…つまり治りが遅いweep

原因についての説明も前の病院とは少し違いました。

前の医師は、「普段動き回りすぎるような子が、特に激しい運動をした時になる病気」

今回の先生は、「本当は幼稚園から小学校の低学年に多い病気」だけど、ユウは背も低く、体格的には低学年並み、骨もまだまだ軟骨が多いみたい、なのに高学年並みの激しい運動をそれも他の子以上に行なうから、無理が生じた…ということでした。

これにはわたしも納得できました。これから少しずつ体が出来てきたら再発も防ぐ事ができるからpunch

そのドクター曰く、最近の整形外科医は高齢者の関節痛や膝、腰の痛みを診る機会は多いけれど、子どもの整形を専門としている医師はとても少ないそうです。

最初の病院できちんとした治療計画を相談していれば、こんな事にはならなかったのに、と言われました。

それでも、学校に行きたい、いかせたいという気持ちは尊重してくださって、松葉杖を貸してもらえることになりました。

日常生活でも、例えば椅子に腰掛ける場合と正座に座る場合では股関節にかかる負担や圧が全然違うそうで、そういうことを少しずつでも注意して生活するのとしないのでは、治り方も違ってくるのです。

そういうわけで、今ユウは松葉杖を使って学校生活を送っています。送り迎えはわたしがしています。もちろん運動は全て無理。

家では楽しそうに杖を使っていたユウですが、月曜日に一日学校に行っただけで、爆発しましたbomb

「もうこんな杖使わへん、重たいしみんなと同じように歩かれへん。それにこんなことしても自然学校行けるかどうかもわからへんし…」と大泣きされました。

わたしもちょっと凹みました。

でもね…どんなに今は大変でも、ユウの抱えているものは有限なんだよ。

いつかはきっと治る、いつかはきっと走って野球もできる。それまでの辛抱。

終わりのないナツたちの生活に比べたら、絶対に乗り越えられる。

色々な話をして、ようやくユウも今の状態を受け入れることができたようで、

「もし松葉杖が嫌なら、またしばらく学校休んで家にいてもいいよ」と言ったのですが、また火曜日からは元気に登校していきました。

「表情が変わった」と担任の先生も言われました。

嬉しいこともあります。

同じクラスの野球部の子から、「監督がすごく心配して待ってるよ、ユウが野球部をやめちゃうんじゃないかなって心配して、色々聞かれたよ」って言われたそうで。

それだけ必要とされているんだよね。戻れる場所があることって何だか嬉しい。

学校に送っていって色々他の先生たちと話をすると決まって最後にはこう聞かれます。

「なっちゃんは元気ですかsign02」って。

ありがたい事ですよね。

それにしてもナツの自然学校の時、(もう2年前か…)も、出発までやきもきしていたけれど、ユウはな~~~んにも問題ないから楽だわって思っていたのに、こんな事になるなんてびっくりです。

何とか無事に全てのメニューを消化して楽しんでこれますようにheart04

そしてまた以前のようにbaseballをしているユウが見れますようにshine

| | コメント (8) | トラックバック (0)

1000人に1人の確立

今日はユウの話です(でも少しIDDMに関係ありますが…)

月曜から学校も再開し、火曜日から朝の陸上練習も始まり、毎朝1時間早く登校して、短距離や高跳びや幅跳びの練習をしていたユウが、「足が痛い」と言い出しました。

単なる筋肉痛よsign01と深く考えないで午後は友だちとbaseballをしたり、火曜日には体操教室にも行っていたのですが、

木曜日、帰宅した時にはちゃんと歩けないほど痛がり、足を少し引きずっていました。

筋肉痛じゃない、もしかしてひびが入ったとかsweat01

さすがに「病院に行かなきゃ」と思ったのですが、以前に行った整形外科は木曜日で休診、仕方がないので違う病院に行きました。

レントゲン、問診、触診などの後で言われた病名は

『股関節炎』でしたsweat02

「大体押さえても痛くないのなら筋肉痛のはずがないのに…痛がるのに運動なんてさせるから」とひどく叱られてしまいました。

そして

「今日から丸1日、ベッドの上でずっと過ごしてください、学校もお風呂も駄目、トイレは…できればお母さんが抱いてでも連れて行って、とにかく絶対に動かさないようにdanger」と言われてしまいました。

そして

「99%は『単純性股関節炎』ですが、稀に1000人に1人ぐらい『化膿性股関節炎』のこともあります。微熱もでていることだし」

えっ微熱sign02

そういえば測らされた体温は37.4度でしたが、ユウは平熱が高いので熱が出ていると思われたようで、

「この子はいつも平熱が高いんです」と言ったのに、聞いてもらえなかったweep

で、それを調べるには血液検査や関節液穿刺検査など大そうな検査をしないとわからないと言う説明を受けて、とりあえず薬をもらって帰りました。

帰宅して主人に話したら「そんなに安静にしていなくても普通に生活して運動さえしなければいいやん」と言われたし、ネットで病名を検索してもそんなことは書いてなくて、ほおっておいても10日間から2週間運動を控えたら自然に治るなんて書いてありました。

それでも言われるままに安静にさせながら、(さすがにトイレは自分で行ったし、食事もテーブルに座って食べたけど…)翌日、また病院に連れて行きました。

痛みはかなり楽になっていたけれど、そんなに完全に1日で治りきるはずも無いのに…

まだ痛みが残っているからという理由で、その大そうな検査を受けさせられてしまいましたcrying

待合室でちょっとトイレまで歩いていただけなのに、

「ふ~~ん、痛みが楽になったら自由にさせているんだ」っていやみを言われるし…

この時点で嫌な医者downと思ってしまった。こんな病院来なければよかったpout

そして

「昨日あれからまた熱はでませんでしたかsign02

「熱は全くありません。もともと平熱が高いんです」って言ったのに無視されたsad

そしてまた同じ説明sign03

1000人に1人の確立で『化膿性股関節炎』の可能性があります。もしそうなら2、3ヶ月は安静にしていないといけなくなって大変な病気です。血液検査の結果、炎症反応を示す数値が少し高いようなので、その確立が少し高くなりました。

扁桃腺炎を起こす最近が関節に入り込んだりすることが原因のようで、

喉を見て、「少し腫れているし膿が付いている」なんて言われたり…。

でもいくらこどもでも膿が出るほど扁桃腺が腫れていたら、普通に食事なんてとれるはずもないのに…。

このあたりで完全に医師に不信感を持ちました。

でも

1000人に1人の確立をあり得ないと思えない情けない自分がいる。

家に帰って主人に話したら、

1000人に1人だろう、絶対にそんな病気のはずないよ」と言われました。

でもじゃあナツは何なのsign0210万人に1人の発症率なのに…

普通の人なら絶対にそんな事ないsign01って思うんだろうかsign02

わたしはナツのことがあるから、真剣に心配してしまうんだろうかsign02もしその病気のほうだったら、1ヶ月後に控えている自然学校には参加できなくなってしまう。baseballの夏の大会にも参加できない。ついつい悪い方の可能性を考えてしまう自分がいた。何だかナツの発症時のことを思い出して滅入ってしまった。

でもね…

ネットで今度は『化膿性股関節炎』のほうを調べてみると…

もしそっちならもっと高い熱がでるし、見た目に腫れていたり、穿刺の検査でも膿が確認されたり…となんだか違う

ナツの発症の時にはネットで調べれば調べるほど、あまりにもナツの症状に似ていて、単に母親の勘ですが、悲しいぐらい当たっていると思ってしまったので、今度はやはり勘だけど、違うはずと思いました。

仮に万が一(イヤ、千に一ね)そうだとしても、手術を受けて3ヶ月入院したら完治するわけで、それなら別にそんなに怖い病気でもないやんと思って…

少し安心しましたcoldsweats01

結果は月曜にでます。その結果を聞いて、『単純性股関節炎』の方と診断されたら、そのまま学校に行かせようと思いました。

もしそうでも違っても、結果さえ聞いたら、もうこんな病院には絶対に行かないpunch

それと今回思ったのは、ユウの場合、症状がとれることが全てではなくて、また以前のように運動ができるのか、陸上はsign02baseballsign02 再発の可能性はsign02

そういうことも含めて相談できる病院にかかりたかったなぁとつくづく思いました。

よい勉強になりましたconfident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

親がかり

 ユウがスポ小の野球部に入って1ヶ月になります。最初は雨で練習が中止になったり、新入部員なので低学年と一緒の練習メニューだったり、、、でしたが、先々週あたりからいよいよ本格的に練習できるようになりました。

土曜日は半日練習です。(午前だったり午後だったり)

日曜日はお弁当riceballを持って朝の9時から5時まで丸一日練習です。お昼の休憩はしっかり1時間とってくれます。

ユウが初めて丸一日練習に参加した日、たまたま夕方から保護者ミーティングがあって行って来ました。

その場で色々耳にしたこと。

まず、子どもたちの持ってきているお茶の量では全然足りない。急に暑くなったせいもあるのですが、

「新入部員の子たちも急に増えて、まだ自分の子どもさんの必要量がわかっていらっしゃらないせいもありますが、お茶が足りない子が続出して、役員さんに急遽ジャグを用意してもらいました。」

「お昼のお弁当も食中毒には一切責任はもてませんので、できれば11時ごろに届けてもらえたら一番いいんですけど、、、、朝からもたせる場合はしっかり保冷剤を入れてもらって、、、」

「着替えを一式持たせてください」などなど。

まったく知らない世界に入っていくって色々わからないことが多すぎます。本当なら親がもうちょっとまめに練習を覗きに行ってやればよかったのでしょうが、ついつい面倒でほったらかし。

お茶が足りなくなった子って、まさかcoldsweats02

はい、うちの子もでした。

「お母さん、オレを殺す気かsign02」と言って帰ってきました。

2リットルでは一日もたなかったそうです。

言い訳ですが、4月ごろから入っていたら少しずつ飲む量が増えて様子もわかるのですが、急にこんなに暑い時期から入ったものでcoldsweats01

他にも水筒が空っぽになった子も多かったようで、アクエリアスの差し入れがなかったら倒れていたかも、、、だそうです。

ふむふむ、つまり朝送り出して、お昼前にお弁当を届けて、午後にはお茶が足りているかチェックに行って足りない分は補給してやって、5時ごろに迎えにいってやる。これが平均的な親の役目のようです。

うちの場合は歩いても近いので一人で歩いていきますが、ほとんどの子たちは親が送迎します。もちろん全員が校区内なので、普段は歩いて登校している距離なのに、、、

スポ小がこんなにも親がかりとは知りませんでしたweep

それでも「練習で初ヒットを打った」とか「監督に誉められた」とか「今日はフライを捕った」とか何かしら毎日喜んで帰ってきます。

昨日はやっとユニフォームがもらえて(背番号は18番)嬉しそうに眺めていました。

わたしも昨日はちょこちょこ覗きに行ってやり、少しずつですがスポ小の母親になりつつあります。お昼も同級生の子たちと嬉しそうにお弁当を食べていました。暑さで練習中にダウンする子がちらほらいる中で、元気だけがとりえのユウは、まだ緊張しているせいもあるのでしょうが、今のところは休まず頑張っています。

しかし、暑いsunsun

ちょっとグラウンドに顔を出すだけでも暑くてたまらないのに、こんな中で長いズボンをはいて一日中練習しているってすごいshine

さてさてナツは、、、というと、今までともすれば自分が中心のような家族の中で最近はユウの野球の話題でもちきりで、ちょっとご機嫌斜めのようです。

「わたしもグローブ買ってとか、バット買ってぇ~」とかうざいangry

週末は朝寝坊もできず、お弁当まで作らないといけないし、週明けにはバテバテです。水曜、木曜あたりにゆっくりお昼寝でもしてエネルギーを蓄えてまた週末は頑張りますhappy01

| | コメント (14) | トラックバック (0)

目指すは…?

 今日の記事はユウのことです。

6月の中旬のことでした。ユウがいきなり「野球部に入りたい」と言い出した。小学校のスポーツ少年団(略してスポ小)のことです。

ユウたちの小学校のスポ小はサッカー、バレーボール、そして野球baseballの3つ。もともと人数が少ない学校なので、何年生からという決まりはなく、上の子と一緒に1年生から入っている子もいる。でもほとんどの子が3年生か4年生ぐらいから入部。

そんなだから正式な入部説明会なんかもなく、随時受付中で、時々体験とか部員募集とかのチラシをもらってきていたんだけど、、、、

ちなみにユウたちの学年は10名ほどの子が3年生の時にサッカーsoccerに入りました。ユウにも何度か「サッカー入ったら~」と勧めたのですが、首を縦には振らなかった。ちなみに野球部は2名だけ。友だちはみんなサッカー部のほうです。

もとより、自分から何かをしたいということがあまりない子だった。(ゲームは別だけどね)

ECCも体操教室もいろんな夏のイベントやサマースクールもあれもこれもしたいというナツとは正反対に自分からやりたいがなかっただけにちょっとびっくり。そんなユウが友だち誘って、体験に行きたいと言いだして、普通なら親が監督やら団長やらに色々聞いて手配しないといけないはずなんだけど、同じクラスに監督の子どもさんがいて、その子に時間やら持ち物やら聞いて申し込んできたようで、、、わたしは当日付いて行くだけbleah

で、午後から2時間ほど体験で練習に参加させてもらって、終わるやいなや、入部を決めてしまいました。

まぁいいか、本人がやりたいのならと反対する理由もなく。実はお母さん仲間に特に親しい人がいないのでちょっと心細い(わたしがね)でもそんな事は言っていられない。

で、早速ユニフォームやら、帽子やらバックやらを買い揃えに奔走し、忙しくしています。で、毎晩遅くまでキャッチボールにつき合わされ肩は痛いし、指はつき指するし(グローブはめてるんですけどcoldsweats01

ユウには野球部に入るために条件を出しました。。とにかくしっかり食べること、好き嫌いをしないこと、練習までに宿題を済ませること。今のところちゃんと守っています。

日曜日に卒業した子からお古のバットを譲ってもらって、それ以来毎日嬉しそうに振っています。

毎朝、起きたら素振りを50回。夕食済ませたらまた素振り。

昨日は図書館で借りてきた『野球が上手になる本』というのを喜んで読んでいました。

今まで家でゲームばかりの休日と違ってこれからが大変です。暑くなるし、練習も段々厳しくなるし。でも男の子だから体力もつけて欲しいし、よかったかも、、、と思っています。

バットにボールが当たるのだ嬉しくて毎晩バッティングピッチャー役のわたし。もう肩が動かないbearing

でもって目指すは、、、sign02プロ野球sign02甲子園sign02

なんて大それた事は言いません。

何とかレギュラーにしてもらって試合にでること、ついでに活躍すること。

2年後が楽しみshine

でも少しだけ、ユウが遠くに行ってしまったような、わたしからこうして段々と離れていくんだろうな、家にいる時間も一緒に過ごす時間も減っていくんだろうなと淋しさを感じてしまうのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

言葉が足りない

 今朝のことです。

ナツたちの学校は町ごとに登校班で集団登校します。ナツの町は人数が多いので、住むところで2つに分けています。上班、下班と呼んでいます。上班はナツたちの下班の集合場所を通って学校へと向かいます。いつも上班が早く行きます。

今朝、たまたま窓から見ていたら、いつものように上班がやってきました。が、よく見ると旗を持って先頭に立っているはずの班長の姿がないcoldsweats02最後尾についているはずの副班長の姿もないcoldsweats02

もしかしてふたりとも欠席sign02でも様子が変、通り過ぎないで下班の集合場所でたむろしてる。みんな集まって道のど真ん中でなんやらかんやら。

仕方がないので、行ってみました。上班の子たちが口々に言うには…

班長と副班長がふたりで学校と反対方向に歩いていってしまった。なので仕方ないから、みんなでここまで来た…というわけ。

何それsign02sign02

話が全然見えないので、下班の元気な5年生の男の子がランドセルを置いて、上班の集合場所に走って戻ってくれました。そこから学校方向に反対のほうまで行ったら、ちょうど班長と副班長が戻ってくるところだったので、一緒にこっちに来ました。

話を聞いている時間がないので、とにかくそのまま学校に行きましたが、…

何だか頼りない今の6年生。ナツも含めてそうだけど最上級生の自覚がないんだよね。

実は一週間前には、下班の班長が集合時間を15分すぎてもこなくて、その時も窓から何気に見たら、まだボーーーーーっと待っていて、仕方がないから出て行ったのです。

ちなみにナツは下班の副班長です。班長が来なかったら呼びにいくなりしないと駄目じゃない…とコンコンと言いました。結局その時は時間がなかったのでわたしが携帯で電話をして、先に班長を残して登校させました。

今回の場合でも…どうして下級生に「先に行っておいて」とか「ここで少し待っていて」とかそういう一言が言えないんだろう。勝手にふたりで行ってしまうと残されたものは不安になるよね。そういう気持ちがなぜわからないのだろう。事情はナツが帰ってこないとわからないけれど、ちょっとした声賭けがあれば、こんなことにはならないはずなのに…。

最近の子どもたちって、何となくこういう声賭けができない気がする。いらない事はいくらでもしゃべるのに。

実は、我が家の姑はこういう声賭けのできない人で、多分自分の方が目上だから言う必要ない…そういう態度にわたし、何年嫌な思いをしてきたことか。だから今回みたいなこともなぜか無性に腹がたつ。自分たちは最上級生だから下の子になんか一々言わなくてもいい。そんなことないのに。

同じ家に住んでいるのに、どこに出かける時も黙って行く人。行き先も帰る時刻も何にも言わないで、夕飯を食べてくることも言わないで出かける人。さすがに泊りがけの時だけは言いますbleah

結婚した時に最初に姑が言ったのは、一々誰とどこに行くとか言わないでお互いに干渉しないで自由にしましょう…的なこと。お互い干渉しない、自由にnotes聞こえはいいけれど、それって家族って言わないよね。

わたしが玄関の横で洗濯物を干していて、その横を通って出かけるときにも一言も言わない。ここまでくると自由を通り越して無視sign03だよね。

夕食を食べてくるときも前もっては言わない。急に食べることになった…という顔をして帰ってくる。1年ほど前にわたしが切れてそれ以来言ってくれるようにはなったけど、いつも直前、もう夕食の買い物も済ませた頃にしか言わない。

究極は義妹親子が来たときに、お墓参りに行くわと言いながらでかけてそのままラーメンを食べてきたsadお墓は家のすぐ近くなんですけど。

そんな姑が育てた主人は…というと、やっぱり言わない人、言葉が足りない人。

今朝いつもの時間に起こしたら、何となく様子が変、起きる気配がない。

ピンときたflairそっかあ、世間はGWなんだ、多分今日は休みをとっているんだ。だったらちゃんと言ってよ~~poutpoutpout

子どもたちにはちゃんと言葉をかけることの必要性を教えて育てようhappy01

いつもながらまとまりのない文章でしたhappy02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新ケータイ^^

少し前にもちょこっと記事にしましたが、携帯電話を新しくしました。これで、4台目の携帯になります。

3台目まではナツ父(某電話会社に勤めている)が、勝手に機種も色も決めてしまっていたので、今回は初めてわたしの希望も取り入れてもらってhappy01

と言いたいところですが、お財布事情もあり、ちょっと型落ち、で色はピンク在庫切れでちょっと時間がかかると言われ、無難な白に落ち着きました。(内心、また白だbearing

3月19日のことです。主人から電話。

「今日の午後っていうか、もしかしたらもう今でもケータイつながらないと思うけどいい?」

いい?ってもうそうなってんのなら仕方ないやんと思いつつ、「うん、いいよ」

「今日新しい携帯もって帰るから」

やった~~~heart04お願い、今日は飲まないで帰ってね。(網棚にでも忘れられたら困るhappy02

急に話が変わりますが、今わたしが習っているトールペイントの先生が、年に数回、某有名デパートで、製作された作品の即売会というのをされています。いつも来てね~~と言われるのですが、今までに一度も行ったことがありません。なぜならその辺の地理に疎いので、運転に自信がsad

ナビで何とかたどりつけても駐車場に入れるとかが不安。

で、ちょうど今回は3月18日から21日までだったので、20日の祝日に主人に乗せて行ってもらいました。

そしたら先生、ちょうど今回は携帯電話のペイントもされていて、その場で(と言っても20分ほどかかる)携帯電話に好みの図案、色でペイントをしてもらえるのです(1台1,050円ねtulip

すごいラッキーshine昨日手に入ったばかりのケータイ、あと2日主人がもって帰ってくるのが遅かったら、間に合わなかった、しかも色も白にしておいてよかった。もちろんピンクや赤でもそれなりに映えるのですが、やっぱり白が一番素敵になります。

しかもお値段少しおやすくしてもらっちゃった(大きな声では言えません)

で、こんな風になりました。130_3076

実はこのケータイちょっと変わった材質になっていて、ちょうどペイントしてもらったところが、レザーのようになっています。なので定着はよいのだけど、逆にペイントはすごくしにくいのです。もちろんわたしの腕ではまだまだ無理です。

う、嬉しいsweat02大事にしなくっちゃheart04です。

でも肝心の中身のほうですが、とにかく機能が豊富で今までのように使いこなせません。まず着信音と待ち受け画面をさくさくと変えて…と言いたいところですが、ここでつまずいた。

登録の着メロとか画面が今までのようにない。っていうよりも、自分でダウンロードしなきゃ駄目みたい。これがなかなかsweat01

折角のデコメールも宝の持ち腐れと思いきや、ナツが適当に触って打ってくれるようになりました。バカみたいに大きな文字もやっと普通サイズに直してくれたしweep

子どもにケータイ操作教わるようになるなんてgawk

何はともあれ、ナツ発症以来、家では肌身離さず身に着けている携帯ですが、今回のが一番軽いかもeye

どうかこの携帯から、ナツが低血糖で…なんていう連絡は聞きたくないからね。これからもナツが6年生、そして中学入学、1年生2年生とよろしくね、携帯ちゃんheart02

追記、

我が家の下の子チワワのチョコくん、昨日で満1歳になりました。昨年9月に迎えてからはや7ヶ月、すっかり家族の一員です。これからもよろしくねdog

131_3153

| | コメント (4) | トラックバック (1)

今日は…

 今日はナツの11回目の誕生日です。おかげさまで11歳になりましたshine

「ナツもやっと11歳になったね」loveletterクラスメートからのお祝いメールにちょっと不機嫌gawk

いつもいつも一番最後にやっとみんなの年齢に追いつくナツです。

デモね、ナツ。お母さんは春の気配を感じるこの素敵な季節にお母さんになれたこと、今でもとってもとっても嬉しく思い出すのです。一生涯で一番幸せな日でしたannoy

ナツの産まれた日のことを思い出していたら、元気だった頃の両親のことを思い出しちゃって、ちょっぴり淋しい今日です。ナツを最初に抱いてくれたのはわたしの父でした。初孫だったので、わたしの両親にとっても大きな大きな記念日でした。あの日から、まだ11年しかたっていないのに、こんなに早くいなくなるなんて思わなかったなぁ。

ナツを産んだあと、わたしはナツと一緒に1ヶ月実家で過ごしました。退院の日は両親が迎えにきてくれて、ナツを連れてそのまま実家に帰るはずだったのですが、ここで義母から注文がcoldsweats02

「退院したら、一度はこっちの家に帰って欲しい、それから実家の方に行けばいいのでは…」と。でも、病院から我が家と実家は正反対の方向、産まれて1週間の赤ちゃんを車に乗せて、1時間以上かかってしまう。そのまま実家に向かえば20分で帰れるというのに。しかも運転するのはわたしの父です。

しぶしぶ、直接実家に帰ることは了解したものの、それならせめて主人が会社から病院へ行って、一緒に実家に行くという条件付。

でも主人の仕事の時間繰りがつかず、病院で主人が来るのを散々待った挙句、「やっぱり間に合わないので先に帰っておいて」との連絡(当時はまだ携帯もなかったなぁ)。もう~~~~~angryって退院の日からぶつぶつ言いながら帰ったんだよね。

今となっては笑い話です。でも両親は文句も言わず、嫁に出した娘だからと、婚家のいうことにしたがってくれたのでした。そして実家に着くなり、おなかをすかせていたナツは大泣き。それ以来、いつもいつもナツに振り回されている母です。赤ちゃんの頃は、よく泣く、あまり寝ないという典型的な育てにくい子でした。ゆっくりコーヒーを飲んだのも、ゆっくりお菓子を食べたのもナツがうんと大きくなってからのような気がします。それでもそうして新米母はゆっくりナツと一緒に成長できたんだよね。

この11年間は本当に本当にいろんなことがありました。おかげでわがままで未熟だったわたしも少しは大人になれたんだよね。

今日は特別な事は何もしません。実は密かに2日前にに3人で神戸に遊びに行ってきたのです。

コースはいつも大体同じ、「ユザワヤ」で可愛い文具をゲット。そのあとはハーバーランドで、今回お天気がすごくよかったので観覧車に乗りました。海もとってもきれい。久しぶりに思いっきり楽しんだ気がします。

そしてもちろんケーキcakeもしっかりと…。130_3095

今回ナツは珍しくチーズケーキを食べました。

楽しい1日でした。

が、houseについてからびっくりすることが。

なんと使った針のキャップだけあるのに中の針がありませんsign02

この日打ったのは3回。当然3個の使ったあとの針。キャップをつけてはずしてポーチに入れたはずなのに、1個は中身の肝心の針がないのです。でもそんなに簡単にはずれるはずはないのに…。しかもキャップだけ残っている、つまりキャップのない状態の針を落としてしまったということ。拾った方、知らずに触ったら針が刺さったかもcoldsweats02

こんなこと初めてsign03

改めて気をつけないとだめだなと反省です。すみませんshock

それにしても、いつもrvcarで移動することの多い子どもたち、公共の交通機関は苦手です。

行くときは座ってゆっくり行こうと快速で…そしたら、「まだ着かないのsign02、あとどれぐらいbearing」ってうるさいし、駅で電車を待ってると、「まだ来ないの~sign02」ってぼやくし。帰りは新快速に乗ったら「すわるとこ、ない~~bearing

思えば、切符の買い方も自動改札の通り方も教えないと当たり前だけどわからないわけで、こうして電車で出かけることも必要だなとしみじみ思ったのです。

田舎で暮らしていると、海も見えないし、高層ビル群もマンションも目にしない。エスカレーターの左にはじっと立っていてはいけないこともわからないわけで、大勢の人込みも経験しない。

そんなわけで長期の休みにはなるべく神戸に出かけるようにしています。少しは満員電車にも慣れてくれて大阪のDM VOXにも行けるようにならなきゃぁ。っていつのことやらhappy01

取り留めのない長い長い日記になってしまいましたが最後までお付き合いくださった方、ありがとうございますheart02

| | コメント (13) | トラックバック (0)

風邪?花粉症?

 昨夜、寝る前から鼻がぐすぐす。花粉飛んでるんだぁ~、布団なんか干さなきゃよかったbearingと思いながら寝ました。

朝起きると喉が痛い。えっもしかして風邪引いたsign02

思えば花粉症とのお付き合いは相当長いのですが、いまだに、風邪なのか、花粉症なのかがわからない時があるのです。自分の身体ながら情けないですsweat01

見極めポイントone喉の痛み…でも最近では花粉症の時にも喉の奥がひりひりするような感じがするし、

もうひとつのポイントtwo全身症状。倦怠感とか食欲とか…朝食が全然おいしいとは思えなくて、やっと風邪ひいたんだぁって思いましたgawk

もちろん熱が出たらもっとわかりやすいんだけど、そこまでひどくならない風邪の方が多いです。

今週は不調です。

↓の記事で日曜に食べたバイキング、なぜかわたしだけ身体に合わなかったようで、その日の夕方からお腹がシクシク痛み出して、約1日腹痛に悩まされました。食事も取れなくて近所の医院へ。点滴してもらったからすぐに元気になれたんだけど、どうやらそこで風邪をもらってしまったようです。

実は珍しく今週は何の予定も入っていない1週間です。こういう時って気持ちが緩んで風邪ひくんですよね。

仕方がないので、カーボカウントの勉強をしたり、家の片付けしたりしながらまったり過ごそうと思います。

『かんたんカーボカウント』の本をこの前の外来の時に貸して貰いました。「患者さんでまわして読んでもらっています。もし興味があったら、買ってもらってもいいんですけど、必要なところはコピーしてもいいんで、一度見てみてください」って借りてきました。

半分ぐらい読み進んで、少しずつですがカーボ取り入れていこうと思います。前回の食事指導の時はナツ、まだ7歳だったので、隣に座って聞いていてもまったく興味はなかったようです。でも今回は少し興味も持ってきているようなので、まずはわたしが勉強してちょっとずつ教えていこうと思いますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入学お祝い

 お見舞いの次はお祝いです。先週の日曜日、姪っ子(主人の妹の子)の大学入学のお祝いをもって、家族5人で出かけました。

姪っ子、仮にAちゃんとします。Aちゃんは一人っ子です、そしてナツとユウにとってはただひとりのいとこです。思えばわたしが結婚したのは、Aちゃんが幼稚園の時でした。結婚式にはピンクのワンピースを着て、花束贈呈をしてくれました。それ以来、小学校入学、中学入学、高校入学、そして今回は大学入学のお祝いです。(今度持って行くのは結婚のお祝いかなheart04

小さい時から見ているので、本当に大きくなったものだなぁと思います。秋には早々と推薦で合格し、この春から片道40分かけて車で通学するそうです。この話、最初に聞いたときはちょっと驚きました。ただ電車の便が悪い地域なので、いっそひとりでマンションでも借りて暮らすか、またはこんな風に車で通うかsign02どっちにしても親は心配だと思うのです。

そして…何より大学入学、ただでさえお金yenがかかります。その上、自動車学校だの車だの、一体いくらかかるんだろう、気が遠くなりそうbearing

しかもAちゃんのお父さん、昨年の秋に退職して、起業してまだそっちのほうが軌道に乗っていないので、家のローンやら何やら、さぞ大変だろうなと思っていました。当然、おばあちゃんであるうちの義母が相当援助しているのは、うすうす感じていました。

仕方がないというか、当たり前というか、別にかまわないんだけど…。

義母が経済的にひとりで自立して暮らしているのなら、どれだけ援助しようが自由です。わたしたちには関係ない。

でも、そうじゃなくって、義母は現在我が家に、1ヶ月24000円入れてくれるだけで、実際のところ、主人が扶養しています。内職程度の仕事をしているけれど、それだって家に帰ったら、夕食が目の前に出てくるんだから(わたしが用意しているので)、働けるのです。

しかも義妹の家が、明日の生活にも困るというぐらい困窮しているのならまだしも、それなりに…というか、我が家よりははるかにリッチな生活を送っているようです。

だから、なんとも嫌な気分がするんですよね。

そんな義母を乗せて車で約35分、久々に5人で出かけました。気の重いわたしとは正反対にナツたちはご機嫌でした。お昼前について、一緒にお昼ご飯restaurantを食べることになっているからなのです。

そしていざ、義母がお祝いを渡したら、Aちゃん、ちょっと驚いて、「えっおばあちゃんからは、この前お祝いもらったよ」

coldsweats01正直ですよね。

そしたら、義母はとってもあわてて、「あれは…あのぅ合格した時のお祝いよ…こっちは入学のお祝いで、…気持ちだけやから…ほんとに気持ちだけ…ね」としどろもどろcoldsweats01

「おばあちゃん、お金なくなっちゃうよ」と言いながら受け取っていました。

それなら、「わたしは、もう先に渡しているから」って言えばいいのに…って言うか、渡していることを隠しておきたいぐらいの額をあげたから、そういうお芝居しているってバレバレです。

いっそ隠し通したいのなら、Aちゃんに事情を話して、口裏を合わせておけばいいやん。横で見ていた義妹夫婦は黙っていました。

どうりで、お祝いをいつ届けるかということを話したときも全然乗り気じゃなくって、4月に入ってからでもいいし…なんて言ってたわけだgawk

お昼は、そこから車でさらに20分ほど走って、とあるホテルのバイキングを食べに行きました。(これは義母のリクエストです&総勢8人分、義母のおごりです)

バイキング、嫌いではないんだけど、実はわたしちょっと苦手かも…その話はまた機会があればdespair

ナツもちょっと苦手かも…炭水化物があんまり食べれなくて、いつもは8単位ほど打つのにこの時は5単位しか打ちません。

でも、2時間後のBS105でしたnotes

ナツが大学に入学するのはまだ7年後です。でもその時困らないようにしっかりyen貯めとかなきゃと思いながら帰りました…でもわたしの場合、子離れするほうが、大変かもwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧